ディープ・ブルー(1999)

人類が創り出したのは史上最強に賢いサメだった

映画『ディープ・ブルー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 視聴を妨害する広告は排除しています。
今すぐ『ディープ・ブルー』を見るなら動画リンクをチェック。

海上のハイテク研究所を舞台に、DNA操作によって人間と同じ知能を持った驚異のサメが人々に襲いかかる恐怖を描いたSF海洋パニック・アクション。製作はアキバ・ゴールズマン、トニー・ルドウィグ、アラン・リッシュ。太平洋上に建造された、海洋医学研究施設(アクアティカ)。そこでは、凶暴なマコシャークの脳組織から新薬を製造する研究を行っていたが、その研究は思わぬ形でとんでもない悲劇の引き金となっていく。研究を急いだスーザン博士が鮫のDNAを操作したために、サメは巨大化し、高度な知識を持つ新種と化してしまった。それは人類の予想を超える進化であり、すでにコントロール不能な存在になっていた。やがて、人類と同様の知能を備えた巨大ザメは殺戮を開始。折しも海上は激しい嵐に見舞われ、海の孤島となった研究所では人類とサメとの壮絶な死闘が繰り広げられる…。

原題:Deep Blue Sea / 製作:アメリカ(1999年) / 日本公開:1999年10月9日 / 105分 / 制作:Village Roadshow Pictures / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:8200万ドル / 興行収入:1億6400万ドル

Deep Blue Sea – Trailer

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ディープ・ブルー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

恐怖を体感しましょう!
一部の映画ファンの心をつかんで離さないサメ映画というジャンルはなぜか見たくなる魅力を兼ね備えています。そんなシャーク・ウォッチングに勤しみたいなら、動画配信サービスがオススメです。パソコンで観れば家でもサメが襲ってくるし、スマホであれば移動中もサメと一緒。テレビを使えば大画面でサメに襲われる体験もできます。あらゆる場所で襲撃を体感できるのはマニアにとっては嬉しいポイント。パニック作品は皆で見るも良し、ひとりで見るも良しです。

「無料」で感謝!
基本機能でも最高に楽しいのですが、無料サービスお試しという期間限定の無料動画鑑賞可能な施策がさらに救ってくれます。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「無料期間真っ最中の間に退会はできたりする?」との問いには「YES」と答えられます。本音はずっと使ってほしいところですが、事情は個人の都合もあるので無理は言えません。継続の判断はご自由に。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ディープ・ブルー」の鑑賞はダメです。災厄とは言い過ぎですがとんでもない目に遭うのは明確な真実です。迷っている暇はありません。なにせその有害性はあなたの動画ライフスタイル一帯に拡散し、運が悪いどころではなくなります。ただ広告がうざい程度の問題ではないので気を付けましょう。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

迷ったときは?
公開してまだ真新しい作品でもネット配信はそこまで待機しなくても大丈夫な時代です。ウキウキと試せます。「動画を観るぞ!」と意気込んでいると思わぬぬかるみに足がハマるかもしれないです。お目当ての作品配信が終了していたり…なんていう失望絶望は経験しない方が良いのは当然です。「ディープ・ブルー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページで疑問に思っていることをスッキリさせましょう。フルムビバースでは鑑賞できるVODを各作品ごとにアイコンで視覚的に整理。適宜、情報更新もされているので参考として役立つはずです。他にも似たサイトはありますが、フルムビバースでは特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。残り物には福があると言いますが、VODの場合は残っているだけでは何一つ良いことはありません。兎にも角にも登録しなければ始まらないのです。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「ディープ・ブルー」の肝心な動画が連発で停止する、頻繁な遅延を起こしてしまう、画質が荒いものに切り替わる…そういうシチュエーションに遭遇したら家のネット設定環境などを再検討しましょう。無線LANはかなり障害物に弱いので1階にルーターがあると2階には届かないこともあります。また他の隣家などにある無線電波と競合してしまっていることも。こうなると大幅な見直しが必要かもしれません。

パスワードは大事
すでに諸々の注意として耳にしている人もいるかもしれませんが、アカウント乗っ取りはどんなサービスでも起きえます。VODも同じで、それ自体のセキュリティ対策は万全でも、他でパスワードが流出してそれを使われたらなすすべがありません。そこで絶対にパスの使い回しは厳禁です。たとえ安直な記号の羅列にしていなくともそのパス全部が他者に不正入手されては意味がありません。面倒かもしれませんが、個別に異なるパスを考えて厳重に活用してください。安全な「ディープ・ブルー」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

動画はフルの方がいい
気づいていない人も珍しくないですけど、テレビの民放ロードショー番組などでは映画放映時は多くのシーンがカットされ、放送枠におさまるように編集されています。仕方がないこととはいえ、映画の持ち味は完全に見れないことは、フル動画とは言い切れず、欠落は隠せません。しかし、VODにはその点もカバー。ネット配信の柔軟性は余計な編集を必要とせず、ラストまでじっくり鑑賞をお約束できます。「ディープ・ブルー」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

表現規制を避けるなら
映画ならば避けられない表現規制の映像制限。パブリックな劇場やテレビ放映ではレーティングによって表現の自由と対象への配慮の妥協点を見いだしてはいますが、それでもせっかくの作品に手が加えられ、見苦しい感じになるのは不快だという人もいます。なるべく製作陣の作りたかった、見せたかったものを味わいたいのがファンの素直な気持ち。そこで、独立系のVODであれば、かなり自由に映画を配信しているので、そんな自主規制もなんのそので、映像をノーカット・ノー編集で味わい尽くせます。「ディープ・ブルー」も規制なしでどうぞ。

『ディープ・ブルー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ディープ・ブルー』をさらに知る

★スタッフ
監督:レニー・ハーリン
脚本:ダンカン・ケネディ、ドナ・パワーズ、ウェイン・パワーズ
撮影:スティーブン・ウィンドン
音楽:トレバー・ラビン

★キャスト
トーマス・ジェーン、サフロン・バロウズDr. 、サミュエル・L・ジャクソン、ジャクリーン・マッケンジー、マイケル・ラパポート、ステラン・スカルスゲールド、LL・クール・J、アイダ・タートゥーロ、ダニエル・レイ、ブレント・ローム、ロニー・コックス

★『ディープ・ブルー』の評価

IMDbRTMETA
5.857%??
映画comY!FM
?????3.4
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ディープ・ブルー』の感想

●シネマトゥデイ  
サメ映画の中では一番バランスよくエンタメ要素が混ざり合っているので好きです。舞台設定というか、フィールドが作りこまれているのがいい部分。まるでゲームみたいです。序盤から紹介されていくさまざまな施設の要素。それがパニックが起こってから、しっかり活かされていく。普通に上手いです。しかも施設内の高低差や設備を含むあらゆる要素で観客を楽しませる。実に映画的で起伏にとんだ展開の詰め合わせにすっかり大満足です。
●DAILYMOTION  
スピルバーグの「ジョーズ」以降、人類の永遠の敵となってしまったサメ。今作はそのサメに対して、ただ浜辺で人を襲うだけではつまらないと、大幅なアレンジが加えられた。それがアトラクション的な舞台仕掛けを活かした遊園地的快感である。レニー・ハーリンは「ダイ・ハード2」や「クリフハンガー」など、大味大作を撮る人だが、この映画は役者ありきで力押しするようなこともなく、全ての登場人物が魅力的に輝くのも素晴らしい。
●イオンシネマ  
「サメ映画と言えばジョーズとディープブルー」それくらいの推薦も理解できるほど、この2大作は存在感がある。ジョーズ以来ずっと9割型粗製濫造の百鬼夜行状態であったカオスなサメ映画市場に一石を投じた偉大な作品であるのが、この映画であり、真面目に作れば案外面白いことを観客に教えてくれた。極上のジェットコースタームービーとしてベスト級の一本なのは間違いなく、これからも末永く愛され続けてほしいと思っている。