スターシップ・トゥルーパーズ(1作目)

野郎ども、虫けらをなぎ倒せ!

映画『スターシップ・トゥルーパーズ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 視聴を妨害する広告は排除しています。
今すぐ『スターシップ・トゥルーパーズ』を見るなら動画リンクをチェック。

未来の宇宙を舞台に、異星の昆虫型生物と若き兵士たちの死闘を描いたSF戦争アクション大作。製作はジョン・デイビソン、アラン・マーシャル。とある未来のある年代。地球連邦政府の支配の下、一般民は市民権を得るためには軍隊に志願し、兵役につくことが必要とされていた。それはこの世界の常識であり、盛んに軍隊参加を呼び掛けるメディアも展開されている。ブエノスアイレスのハイスクールを卒業したジョニー・リコは、宇宙海軍のパイロットを目指す恋人のカルメン・イバネス、俊才にしてエスパーのカールと共に軍を志願。まだその危険性を何も知らずに、ただ刺激なことが待っているといった漠然とした感情しかなかった。最も苛酷な機動歩兵部隊に配属されたリコは鬼教官ズィム軍曹の下、彼に恋する同級生のディジーと猛訓練の日々を経て、あらゆるシチュエーションに対応できる優れた兵士に成長する。そして、兵士たちは華々しく戦いに身を投じていく。

原題:Starship Troopers / 製作:アメリカ(1997年) / 日本公開:1998年5月2日 / 128分 / 制作: / 配給:ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『スターシップ・トゥルーパーズ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あの名作も視聴可能!
何も考えずにも盛り上がれるSFパニックは脳みそを使わなくても済むのでストレスフリーに楽しめます。そんな作品を満喫するなら動画配信サービスを活用しましょう。例え旧作であっても配信しているものはあります。レンタル店でDVDを借りるのとは違って、物理的なパッケージではないので劣化も汚れもなく、常に最新状態で楽しめます。さらに画質も悪いなんてことはなく、高画質で遜色ないクオリティを提供。サービスによっては超高画質を視聴できるものもあるので注目。

「無料」で感謝!
しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたい初心者救済もたいていは実施されています。利用料金を支払うことになるのが基本的な当たり前ですが、無料試用登録では一定期間が終了した後に、おカネの請求が発生するので、その間に利用を続けるか検討できます。「退会は決められた時期にしかできないの?」という問いについて、問題ないですと回答できます。あなたを縛り上げる制約はありません。好きな時期時間にすぐさま利用ストップできるので万全。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの使用はストップすべきです。それで「スターシップ・トゥルーパーズ」の鑑賞はダメです。そういうサイトは「Free Watch」などとオイシイ言葉を並べていますが、結局は動画の再生を中断させて悪質広告ページへと移動させて、副次的に個人情報をまんまと盗ろうとするものばかりです。油断していると好き放題にされます。オフィシャルは100%の有用性が保証済み。これを上回るものはないと現状は言い切れるので迷わず使ってください。

迷ったときは?
公開してまだ真新しい作品でもネット配信はそこまで待機しなくても大丈夫な時代です。ウキウキと試せます。ただし、勢いまかせで登録してしまった後に配信が無いことに気づくとガッカリです。覆水盆に返らず。悔いを残すことにならないためにも、確認はしておきましょう。「スターシップ・トゥルーパーズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。薄ぼんやりと考えていても一向にらちが明かないので、このページでサクッと解決しましょう。配信中の可能性高めなVODをアイコンでリスト化。情報はこちらで公式から目視確認したものを材料にしています。「VODなんてみんな同じでしょう?」なんて発言は見当違いもいいところ。実際はそれぞれに個性があり、パーソナライズできます。使っていないVODがありませんか? それは絶好のウルトラチャンスです。無料体験を手に入れられるのはその最初の出会いのときだけなのですから。

字幕・吹替、選択は自由
「やっぱり役者さんの演技の声を聴きたいので字幕は必須だよね~」「字幕なんて省略されて翻訳されているから吹き替えの方が自然だよ」「いやいや吹き替えは芸能人起用で最悪のケースもあるし…」そんな喧々諤々のエンドレスな討論もVODには無縁です。どちらがいいかは選択可能(作品によりますが)。映画を英語字幕で見て外国語学習に応用することもできたりします。どちらが間違いということもなく、別の価値があるこそ、双方を体感してこれまで気づかなかった「スターシップ・トゥルーパーズ」の面白さの発見につながるかもしれません。

古い作品ならもしかして…
言うまでもなく公正な動画サイトを使うべきですが、中にはそれ以外で合法性をともなって動画を無料でウォッチできる事例があります。これはオールレンジではないですが、その対象は昔の作品のいくつかです。具体的にはその映画がパブリックドメインという扱いになっている必要があります。これは法的な知的財産権が存在せず、今は誰の管理下にもない作品であり、ゆえに著作権切れとして扱われます。なので格安DVDが販売されていたりしますが、ネット上でもフル動画がアップされているものがあるのです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「スターシップ・トゥルーパーズ」は? ベーシックとなるのは初めてとなる1回目の月額料金、もしくは特定期間に限り支払いのない状態になる…つまり有料で利用する開始時期が遅くなるというものです。また、その無料中に見られる作品というのも各種事情があります。見放題なら全部OKですが、ポイント式のサービスならばその利用範囲内で無料感覚になるのでかなりニュアンスは変わってきます。この区別ができているかが混乱を生むかどうかの境なので、事前に注視しておきましょう。

ホームシアターのススメ
あなたは何で動画を見るのがお好きですか? スマートフォンは誰でも持っているでしょうが、もっと最高動画を楽しみたくないですか? お金をコツコツ貯めれば自宅にホームシアター環境をセットアップできます。今はかなりお買い得な値段で用意可能。まるで映画館が無料で手に入ったようなものです。「スターシップ・トゥルーパーズ」も最高級に。当然サンタクロースのプレゼントのように夢心地のうちに手に入るものではありません。それなりの設備投資が必要になります。詳しくは家電屋さんか、解説サイトを参照すべきですが、ひとつ言えるのは最初はお高くても達成感は格別ということ。

『スターシップ・トゥルーパーズ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『スターシップ・トゥルーパーズ』をさらに知る

★スタッフ
監督:ポール・バーホーベン(関連作品:『ショーガール』)
脚本:エドワード・ニューマイヤー
撮影:ヨスト・バカーノ
音楽:ベイジル・ポールドゥリス

★キャスト
キャスパー・バン・ディーン、ディナ・メイヤー、デニース・リチャーズ、ジェイク・ビューシイ、ニール・パトリック・ハリス、パトリック・マルドゥーン、クランシー・ブラウン

★『スターシップ・トゥルーパーズ』の評価

IMDbRTMETA
7.263%??
映画comY!FM
3.73.923.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『スターシップ・トゥルーパーズ』の受賞
第70回アカデミー賞で視覚効果賞にノミネート。

★『スターシップ・トゥルーパーズ』の感想

●FILMAGA
昆虫宇宙起源説を描いた真面目なSF…ではありません。昆虫なんて皆殺しだ!という殺戮映画です。おそらく人間がもっとも殺しまくっている肉眼で視認できる生物は虫でしょう。だから、本作で誇張するように描かれていることは、私たちがふだんからハエやら蚊やらゴキブリをあらゆる手段で殺すのと同じこと。日常における生物の殺傷をあえて擬似化して描くとなんて恐ろしいのかという映画なのかもしれないと解釈してみてます。怖いな、人間って。
●TOHOシネマズ 
分かる人にはフムフムと分かる。分からない人にはなんだこのアホな映画はといつまでも分からない。ヴァーホーベン流SF戦争超大作がここに爆誕。戦争万歳な映画と思いきや、監督曰くこれはナチスのプロパガンダのパロディだとか。確かにキャラクターの言動は明らかにわざとらしいほど宣伝的セリフばかり。それを信じて戦場に向かった主人公が見るのは地獄。この真剣に馬鹿馬鹿しいものを作っていくセンスが本当に大好きで、何度も見たいです。
●イオンシネマ
露骨に胡散臭いプロパガンダのCMなど、絶妙に毒がトッピングされていると思えば、さらりと戦争負傷者の痛々しい姿も映しだされるのが皮肉の良さ。内容自体がグロやナンセンスだらけなので確実に人を選ぶのが問題だが、そんなことを気にする奴が最初からお呼びじゃない。娯楽作として楽しめる反戦映画だが、この戦争反対は積極臭くないのが最高のポイントであり、その魅力に気づけないのなら帰っていいだろう。続編は無視しましょうか。