Death Note デスノート(2017)

「デスノート」をハリウッド実写映画化

映画『Death Note デスノート』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 視聴を妨害する広告は排除しています。
今すぐ『Death Note デスノート』を見るなら動画リンクをチェック。

大場つぐみ(原作)と小畑健(作画)による日本の人気漫画で国内でも何度も映画化されたことがある「デスノート」を、Netflixによるハリウッド実写映画化したサスペンス・ホラー。死神が落としたノートを駆使し、悪人を葬り去る闇の存在となったライト・ターナー。だが謎の名探偵、そして1人の同級生の存在が、その運命を大きく変えていく。それは惨劇と支配の始まりであり、取り返しのつかない闇の世界への入り口だった。

原題:Death Note / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開:2017年8月(Netflix配信) / 100分 / 制作:Vertigo Entertainment / 配給:ワーナー・ブラザース

ハリウッドで実写映画化!『Death Note/デスノート』予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT×】
VOD2【Hulu×】
VOD3【TSUTAYATV×】
VOD4【Videomarket×】
VOD5【dTV×】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る

▼『Death Note デスノート』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あちこちに普及しています
日本でも大人気のあの作品がハリウッド映画化と聞くと、その内容がどんなものなのか興味が湧いてくるというもの。そこで動画配信サービスを試してみましょう。とくにNetflixはオリジナル作品が多め。ここでしか見れない作品に重視がされているので、他とは違って毎回似たり寄ったりな配信ラインナップになっているようなことはありません。オリジナルは質が低いのでは?と思うかもしれませんが、そのクオリティは劇場公開作に負けていないので、ぜひ注目しましょう。

「無料」より安いものなし!
耳寄りな情報はこれだけではありません。利用者歓喜のビギナーズ・プレゼントが無料体験というビッグな宝箱です。この耳寄りな情報は今の作業を一旦中断してでもメモしておきたいものです。なにせ一定の期間に限るかたちで無料お試しが可能なのですから、それはまるで無料動画スタイルです。「登録自体の難しさに不安が残る…」そんな心配も払しょくできます。やってみればすぐにわかりますが、肝心の登録内容は実にシンプルで、子どもでも入力できるような基礎ばかりです。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「Death Note デスノート」の再生はダメです。第3者機関によって精度の高い上質セキュリティソフトと認定されているサービスで検査するとその怖さはよくわかります。ブラウザへの不要なアクセス、カメラ機能への侵入、CPUの異常な負荷…その問題点を挙げだせば無限大であり、不使用が最善です。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

迷ったときは?
公開してまだ真新しい作品でもネット配信はそこまで待機しなくても大丈夫な時代です。ウキウキと試せます。そうは極上体験をさせてくれない現実のジレンマも。というのも、VODはどれも一律で同じということはなく、配信のラインナップリストは常に変化してしまう不安定さがあります。「Death Note デスノート」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。SNSや人に聞いても不確かな情報しか返ってきません。こちらのページでは幅広いVODの中から配信中のものをダイジェスト的にピックアップして紹介。他者に教えたいときもこのページを紹介しましょう。紹介している文章がどの作品もみな同じということはなく、個々の映画に合わせてのフィッティングによって質と適正を適度に維持しています。「また今度でいいかな」と体験チャンスを後回しにしていると、本当に動画が見たいときに配信が綺麗さっぱり無くなっているというオチもありえます。

あなたはどっち派?
さあ、いつでも突発的に発生する「字幕がいいのか、吹替がいいのか」という不毛なバトルがやってきました。字幕派は俳優の声が聴きたいんだ、それこそが映画本来の原書を読んでいるようなものじゃないかと豪語。一方の吹替派は映像が文字で汚れるなんてそれこそ映画への冒涜だと非難。この戦いは終わりそうにない。きっと未来永劫続くのでしょう。でもVODならそんな喧嘩は起きません。「Death Note デスノート」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「Death Note デスノート」でもあります。例えば、今では誰でも所有しているスマートフォンですが、映画などの大容量動画の長時間再生となると、それなりのスペックが求められます。少なくとも安い低価格スマホだと、再生がカクつくこともあるかもしれません。スマホで映画鑑賞するなら、大画面で高画質&優れたCPU性能のものを選択すると後悔しません。ただし、スマホならば各VODごとに専用アプリがあるので、そこまで真剣に機能性を考えなくても視聴に不便しないです。

無料動画サイトとの違い
従来、動画を無料で見る方法といえば、動画サイトがありました。しかし、これには数多くのマイナス点も指摘され、問題視する声もありました。まず無関係の質の低い動画コンテンツが無数に存在して、ユーザーの動画探しを妨害すること。中には詐欺のようにタイトルで騙してユーザーを釣るものも少なくありません。また、再生される動画の中身も視聴しないとよくわかりません。加えて違法にアップロードされた動画もあったりします。VODはそれらの心配が一切ない、「Death Note デスノート」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

表現規制を避けるなら
映画は映像が命。何を伝えるにも真っ先にビジュアルが大きな役割を占めます。すると問題になるのが映像規制。テレビ放送や映画館上映ではレーティングというのがあり、この作品は何歳まではならOKとか、この言葉や演出はアウトなのでカットするなど、自主規制が発生します。しかし、それは本当に制作陣が見せたかったものではないです。VODならばモノにもよりますがかなり独自のクリエイティブ優先主義を貫くサービスもあるので、既存の日本の規制に囚われないフリーダムさがあります。

『Death Note デスノート』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『Death Note デスノート』をさらに知る

★スタッフ
監督:アダム・ウィンガード(関連作品:『ブレア・ウィッチ』)
脚本:チャーリー・パルラパニデス、ヴラス・パルラパニデス、ジェレミー・スレイター
撮影:デヴィッド・タッターサル

★キャスト
ナット・ウルフ、マーガレット・クアリー、キース・スタンフィールド、シェー・ウィガム、ウィレム・デフォー

★『Death Note デスノート』の評価

IMDbRTMETA
4.639%43
映画comY!FM
?????2.6
フルムビバース独自ランク
D(珍作・迷作)

★『Death Note デスノート』の感想

●映画無料夢心地 
かなり評判悪いので期待しないで観たら意外に面白かったですね。ちゃんとハリウッドらしいアレンジがなされています。原作に忠実な映画化はもういいですし、こうやってどんどん大胆に改変していくほうがいいと思います。米国版学園ものっぽく話しもそれなりに作り込まれており続編を期待できるかのような終わり方は2を製作する気満々なのだろうか? 見る前はやはりハードルを下げてから見るのが楽しむには1番のスパイスかもしれない。
●シネマトゥデイ 
これは原作とは別物だと割り切って視聴しないと肩透かしを食らう。原作にあった頭脳戦がこの作品にはない。キャラクターは皆直情的で物事を深く考えずに発言する。でもこの点については最近の邦画も同じ、というかこれ以上に酷かったので、今作は相対的に凄くマシに見えます。まずゴア表現でインパクトをだそうという心意気は良いです。血ドバーですからね。ライトはちょっと小物感が増しましたが、だんだん悪に染まっていく感じがGOOD。
●TOHOシネマズ
ストーリーも大筋は一緒ですが細かいアレンジや展開の意外性など、オリジナルとは一線を画す出来で、日本は日本、ハリウッドはハリウッド版の良さがあると感じました。テンポの良さやクライマックスにかけての盛り上がりは良かったです。ヒロインのミアもダークさを兼ね備えて且つ可愛いです。序盤の『ファイナル・デスティネーション』的死に様博覧会展開は笑えるし、デスノートという設定の本質的なバカさ加減をよくわかっている。