バットマン(1989)

マイケル・キートン版バットマンの第1弾

映画『バットマン』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 視聴を妨害する広告は排除しています。
今すぐ『バットマン』を見るなら動画リンクをチェック。

DCコミックスによるアメコミ「バットマン」を原作とした実写映画。製作総指揮はベンジャミン・メルニカーとマイケル・E・ウスラン。犯罪都市ゴッサム・シティ。抑制の効かないギャングやチンピラが闊歩し、犯罪と暴力がはびこるこの無法状態の街に一人の怪人が現れた。それは神出鬼没で闇に紛れて犯罪者を次々と倒していく異形のボディスーツを纏った黒い怪人、その名はバットマン。正体は謎で、それでもその存在感は拡大していく。彼は制裁を加えた犯罪者たちに「仲間に自分のことを話せ」と言い残しては闇へと消えていったので、噂は広がっていった。いつしか“蝙蝠男”と呼ばれ都市伝説として街で流布されるこの噂に興味を持った人がいた。特ダネに目が無い新聞記者ノックスと聡明な女性カメラマン、ヴィッキー・ベールは周囲に冷やかされ理解されない状態でも少しずつこの謎の存在を追及していく。そんな中、二人はゴッサム一の大富豪である聡明な青年、ブルース・ウェインと知り合うが…。

原題:Batman / 製作:アメリカ(1989年) / 日本公開:1989年12月2日 / 127分 / 制作: / 配給:ワーナー・ブラザース / 次作:『バットマン リターンズ』


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『バットマン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あちこちに普及しています
アメコミ映画は昔から根強い人気がありましたが、マニアックなジャンルから世界的に広く愛されるまでになった現在があるのも昔の作品のおかげ。そんな作品を思い出すためにも振り返るなら、動画配信サービスが味方になります。関連作を連続で視聴することに長けているこのサービスは、次から次へと作品が移るように作品の世界観に浸りながら一気見もできます。ときには特集も組まれているので、ファンには嬉しい要素もたっぷりです。

「無料」は全て初心者のため!
考える前にまずはもっと情報を聞いてください。あなたのような初心者には特別な無料トライアルがプラスされます。どんなサービスでも最初は不安があるもので、自分に合わないものだったらどうしようなどとミスマッチを不安視しますが、初回無料ならば実際に触って感触を確かめることが可能。「VODって恥ずかしながらよく知らないのだけど」そんなビギナーにも安心。そもそもこれはそういう人向けにもできています。決してマニア向けに特化したものではなく、小難しい操作もありません。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「バットマン」の視聴はダメです。そういうサイトは「Free Watch」などとオイシイ言葉を並べていますが、結局は動画の再生を中断させて悪質広告ページへと移動させて、副次的に個人情報をまんまと盗ろうとするものばかりです。油断していると好き放題にされます。詳細な被害例は個人情報にあたるので迂闊には言えないですが、世間ではマズいサイトの使用で大損した人は無数にいます。

使うべきはどれ?
「無料と聞いて黙ってはいられない!」と血気盛んに動画鑑賞モードに突入したら、そのまま登録に突進しましょう。ただし、最も肝心な配信リストは不変ではないのが厄介。つまり、毎度いつ覗いても配信している映画もあれば、ある期間で配信終了のものも混在しています。「バットマン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「この作品を配信しているVODはこちらです」というアナウンス(厳密には補助情報)としてお役に立てることができるのがこのページであり、自力でなんとかするよりも作業工程を短縮できてスムーズに進みます。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フルムビバースでは質の高い情報を掲載しています。まだ見ぬVODの名を目にしたら、それは忘れないようにしてください。初回だからこそのチャンスがあるのですから、無料動画への鍵になります。

古い作品ならもしかして…
動画配信サービスを使わなくても映画を合法的に無料で見られる場合があります。これはその作品がかなり昔の映画の場合に限って使える手法です。その作品がパブリックドメインであれば、実はネットにアップロードされたフル動画を視聴しても何ら問題はありません。このパブリックドメインというのは、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことを指し、映画にも著作権が切れるタイミングがあるため、該当する作品は基本的に保護されておらず自由に扱えるというものです。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースは企業の枠を超えた総合集約的なデータベースなので、細かい情報がズラリと揃っています。主要制作スタッフやキャストの情報がわかるのは当然として、インタビュー抜粋やトリビア、ラジオなどの批評、感想など映画をさらに知り尽くすためのアシスタント・インフォメーションがいっぱい。予告動画を視聴して内容を探ってみるのも良し。レビューサイトの評価判断で参考にしてみるのも良し。「ティム・バートン」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

無料動画サイトとの違い
Youtubeなどの巨大な動画プラットフォームは無料であることもあり、今やプライベートでもビジネスでも、子どもでも大人でも、グローバルに利用されている日常化したサイトです。しかし、不便さもあるのは重々承知の事実。無料という言葉は品質を保証するものではなく、中身のないコンテンツも溢れており、映画をフルで見られると偽った嘘のタイトルやサムネイルの動画もあります。VODはそんな残念体験をさせません。心配事を杞憂にさせる、素晴らしいフル品質の、「バットマン」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。解約の作業は登録以上にシンプル。だいたいの映画を観終わったので、もう心残りはないなと思ったら、すぐに退会に移行できます。ユーザーアカウント設定や「よくある質問」などから専用のページにアクセスして、パスワード等で本人確認。その後に「契約解除」とするだけ。それで完全に終了で、後に追加で作業するハメになったりはしません。またすぐに再開もできるので、退会したからといって二度と利用できないわけでもなく深刻に考えることもないです。

『バットマン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『バットマン』をさらに知る

★スタッフ
監督:ティム・バートン
脚本:サム・ハム、ウォーレン・スカーレン
撮影:ロジャー・プラット
音楽:ダニー・エルフマン

★キャスト
マイケル・キートン、ジャック・ニコルソン、キム・ベイシンガー、ロバート・ウール、マイケル・ガフ、パット・ヒングル、ジャック・パランス、ジェリー・ホール

★『バットマン』の評価

IMDbRTMETA
7.572%??
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『バットマン』の感想

●FILMAGA
ティムバートン版を見ると、これがバットマンの最適なバランスだと再認識させられる。ゴシックな雰囲気を強めつつ、古典的な怪人のようなクラシカルスタイルを維持。ノーラン版の極端なダークで重々しい雰囲気に頼ることなく、コミックらしいユーモアも見せて、入りやすい入口を用意する。バットマンは超大作ではなく、あくまでみんなが楽しむ娯楽なんだということが大事なのだ。そんな起点となる本作を今一度DCは見直すべきときがきている。
●TOHOシネマズ 
古い作品なので最近のCGバリバリの作品と比べると見劣りしてしまうのは仕方ないところ。だが、それでも面白いものは面白い。ゴッサムシティのデザインとか空気感もなかなかどうして素晴らしいし、セットや小道具なんかも手が込んでいる。CGに頼らずともここまでできるのである。なんといってもジョーカー役のジャック・ニコルソンのユニークな怪演が光のもGOOD。私にとってはジョーカーはいつまでもこの俳優のまま時間が止まっています。
●DAILYMOTION
ご存知大人気作「ダークナイト」よりコミックテイストが強めのバットマン映画であり、作品としての好みは分かれるでしょうが、人によってはこれがベスト・バットマン・ムービーと宣言する人もいるくらいです。こちらはより、本来のアメコミ的かつティムバートンの闇的な憧れとバットマン、ヴィランのもつ闇が絶妙にシンクロしているのでアート的要素が高いでしょう。80年代当時の感覚で作られたゴシックなゴッサム・シティが堪らない。

DCエクステンデッド・ユニバース 作品を総復習!
・『マン・オブ・スティール』(2013年)
・『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年)
・『スーサイド・スクワッド』(2016年)
・『ワンダーウーマン』(2017年)
・『ジャスティス・リーグ』(2017年)
・『アクアマン』(2018年)
・『シャザム!』(2019年)

サイトについて

アクションアメコミ
フルで無料動画:フルムビバース