ダイ・ハード(1作目)

「ダイ・ハード」シリーズ第1作

映画『ダイ・ハード』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 視聴を妨害する広告は排除しています。
今すぐ『ダイ・ハード』を見るなら動画リンクをチェック。

テロ事件に偶然巻き込まれた1人の刑事の活躍と戦いを描く「ダイ・ハード」シリーズの第1作。製作総指揮はチャールズ・ゴードン、製作はローレンス・ゴードンとジョエル・シルバー。ニューヨークの刑事ジョン・マックレーンは、クリスマス休暇を妻ホリーと2人の子供たちと過ごすためロサンゼルスへやってきた。久しぶりに羽を伸ばしてリラックスしようという気持ち。ホリーは日本商社ナカトミ株式会社に勤務し、夫と離れこの地に住んでいるのだった。ジョンは、クリスマス・イヴの今日、ナカトミの社長タカギの開いている慰労パーティに出席している妻を訪ね、さまざまな現代ハイテク技術の粋を極めたテクノロジーの塊で建つ34階建ての超高層ナカトミビルに向かうのだった。仕事に関してはいろいろな悩みもあった。ホリーは単身赴任によって、結婚と仕事の両立に苦しんでいたが、再会したジョンを目にすると改めて彼への愛を思いだしていく。まだやれると思いを固めた、その矢先だった。ところがパーティも盛りあがりをみせた頃、13人のテロリストがビルを襲い、大パニックの中で混乱に陥る。

原題:Die Hard(「ダイハード1」) / 製作:アメリカ(1988年) / 日本公開:1989年2月4日 / 131分 / 制作:Gordon Company / 配給:20世紀フォックス / 製作費:2800万ドル / 興行収入:1億4000万ドル / 次作:『ダイ・ハード2


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ダイ・ハード』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あの名作で今日も興奮!
大人気のシリーズは意外に1作目を観ていないという人もいるのではないでしょうか。少し昔の作品となるとなかなか手が届かないかもしれません。そんなときは動画配信サービスを用いてシリーズの原点に触れてみましょう。ネット配信が多数揃うこのサービスは、シリーズものに強いです。なぜなら関連作を続けて視聴するのに適しているからです。一気に観ることでさらに世界観に浸れて感動も増していくこと間違いなしです。

「無料」で感謝!
知っています。何よりも気になっているのは無料お試しトライアルでしょう。動画をタダで見るなら耳に必ず入れるべきです。なんともグッドニュースではありますが、これはスタート時点から一定の期間に限って、動画視聴も自由気ままに無料試用可能で、機能制限は基本ないので安心です。「解約できないというトラブルが怖い…」そんな気持ちもよくわかりますが、そのような厄介な事態にはなりません。なぜなら解約ステップは単純で、思いついた時にすぐにアカウント削除が可能。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの使用はストップすべきです。それで「ダイ・ハード」の鑑賞はダメです。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

使うべきはどれ?
「友達にこれがいいとプッシュされていた作品をいい加減に見てようか」そんなタイミングにピッタリとフィット。煩わしい面倒部分があるとすれば、それは「一体自分の見たい映画はどこにあるのだろう?」と探さないといけないことであり、これがまた猫の手も借りたいです。「ダイ・ハード」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。動画を探しまわることに疲れていませんか。いい加減にさっさと見たいはずですし、スッキリしたいものです。このページさえあれば今までの苦労なんて無かったように便利になります。他サイトにありがちな形式文章で機械的に量産した紹介ページとは違って、こちらでは作品ごとのマッチしたレコメンドになるように調整済みです。無料のホームシアターなんて普通は手に入りませんが、VODならば使い方を工夫することで、環境しだいで疑似的な空間をコーディングできます。

あなたはどっち派?
インターネット上に氾濫している不正動画ではトランスレーションありと記されていてもその中身は雑極まりないです。これでは映画を観たなんてとても言えません。VODは上品質の字幕と吹替を完備(映画によります)。プロフェッショナルによる文化的・社会的な要素を考慮した巧妙な翻訳はやはり公式でこそ。英語字幕を選択すれば外国語学習であなたの語学知識を深めることができます。「ダイ・ハード」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

広告ブロックに気をつけて
すぐさま動画を見たいのは当然の欲求であり、何かしらのサイトのリンクをクリックすることになるのですが、でも全然反応しない事態に遭遇したことはありませんか? 「ポップアップがブロック…?」という聞きなれないエラーメッセージに大慌て。あたふたしていると時間だけが過ぎていく。先ずこうなったときは広告ブロックツールを疑いましょう。もしくはセキュリティソフトです。一度それらを停止にしてみて同じ症状がでるかを確認するのです。「ダイ・ハード」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

俳優好きにも必須
作品鑑賞の最大のチェックポイントは俳優であると断言する人は少なくありません。それだけの魅力がこの俳優陣にはあります。スター級の大物から、ちょっと話題のトリックコメディアン、芸能界を揺るがす時の人、はたまた個人的に応援したいあの人。そんなそれぞれの推しに対して、VODでは検索することでより身近になります。「ブルース・ウィリス」の怪演に圧倒されたいのでは? その強い欲求はあなたがいつのまにかそのパフォーマンスに魅入られている証拠。けれどもおカネのハードルは無慈悲。そこでVODの手を借りるのは悪くはないです。

古い作品ならもしかして…
「映画を合法的に無料で視聴可能!」なんてセールストークみたいなものは典型的な都合のいい話であり、いかにも怪しい裏がありそうです。実際に違法性のあるものを除き、そのとおりの体験が実現できるのはVODの無料お試しが主。しかし、それ以上の別の手段がないわけではなく。それはパブリックドメインという特殊な事例。これは古い映画に当てはまることですが、著作権が消滅したゆえにネットに法律上の問題なくアップされているのです。アーカイブサイトで発見できるので50~70年前の旧作は要チェックです。

『ダイ・ハード』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ダイ・ハード』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジョン・マクティアナン
脚本:ジェブ・スチュアート、スティーブン・E・デ・スーザ
撮影:ヤン・デ・ボン
音楽:マイケル・ケイメン

★キャスト(キャラクター)
ブルース・ウィリス(ジョン・マクレーン)、ボニー・ベデリア(ホリー)、レジナルド・ベルジョンソン(パウエル)、ポール・グリーソン、デブロー・ホワイト、ウィリアム・アザートン、ハート・ボックナー、ジェームズ繁田、アラン・リックマン、クラレンス・ギルヤード・Jr

★『ダイ・ハード』の評価

IMDbRTMETA
8.293%??
映画comY!FM
4.04.483.9
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『ダイ・ハード』の感想

●FILMAGA 
髪がふさふさのブルース・ウィリスがとても新鮮。パチモン臭い感じすらする。本人には失礼だけど。クリスマス映画の定番といえばやはりコレ。助演・脇役に至るまで隙がない。この伝説的な作品を観ていないのなら、今すぐ観た方がいい。損はしないから。予算のない中で工夫を重ねて面白くしているのもこの映画の成功の秘訣だと思う。映画に大事なのは金じゃない、創意工夫のアイディアだ!とはまさにこの映画を示している。
●DAILYMOTION  
クリスマス映画の定番は「ホームアローン」ではなく「ダイ・ハード」。それは譲れない。不死身の男、ジョン・マクレーンの伝説はここから始まった。もしかしたら以前にも騒動を起こしていたかもしれないが。映画自体はすっかり古い作品になってしまったが、古さは全く感じない。ド派手なアクション! 殴り合い!爆発! そして無能な警察ども! このセットが揃っていれば、たいていの映画は面白くなる。時代を超えて愛される!
●イオンシネマ  
何度見ても面白い。どうしてこんな傑作が生まれたのだろうか。パーティー会場にテロリストが乗り込んでからは最後の最後まで休む間も無しのノンストップ・サスペンス。最近は007やミッションインポッシブルシリーズのような全世界を飛び回る豪快なビックスケールなアクションが主流だが、こういう限られた空間でのアクションもやっぱり良いもの。この映画に日本も関わっていることになぜか誇らしさを感じてしまった。