ダイ・ハード2(2作目)

「ダイ・ハード」シリーズ第2作

映画『ダイ・ハード2』のフル動画を無料視聴する方法をオススメしています! 視聴を妨害する広告は排除しています。
今すぐ『ダイ・ハード2』を見るなら動画リンクをチェック。

偶然事件に巻き込まれた刑事を主人公とした人気アクション「ダイ・ハード」シリーズの第2弾。製作はローレンス・ゴードン、ジョエル・シルバー、チャールズ・ゴードン。1年前、テロ集団に襲われたロサンゼルスの高層ビルから多くの人質を救ったジョン・マックレーン刑事。それはすでに過去の話。ロスに住む妻ホリーと一緒にクリスマス休暇を過ごすため、吹雪の中ワシントンのダレス国際空港に迎えに来ていた。もうあの時のような大波乱に巻き込まれるのはうんざりであり、今は平穏を求めていた。テレビではラテン・アメリカの麻薬王エスペランザ将軍の到着を報じており、不穏な空気が漂う。それもこちらにまで何か動きがあるようだった。反共主義者の元陸軍大佐スチュワートの姿を空港内で見かけていたマックレーンは大佐の部下らしき軍人たちがうろついているのに不審を覚え、後をつける。それを悟った彼らと荷物到着室で銃撃戦となるが…。

原題:Die Hard 2 / 製作:アメリカ(1990年) / 日本公開:1990年9月21日 / 124分 / 制作:Silver Pictures / 配給:20世紀フォックス / 製作費:7000万ドル / 興行収入:2億4000万ドル / 前作:『ダイ・ハード』 / 次作:『ダイ・ハード3


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ダイ・ハード2』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

続編も連続視聴可能!
人気シリーズ映画はぜひとも連続して鑑賞することで一気に楽しみたいものですが、レンタル店では2作目だけないといった悲しい事態も起こったりします。そういうのはイライラのもとですから、可能な限りおさらばしたいもの。そこで動画配信サービスを使って確実に視聴できるような環境を整えましょう。これはネット配信なので借りられることもないですし、パッケージよりもはるかに安い値段でお得に鑑賞することができます。

「無料」を嫌う人はいない!
初めてというのはハンデではありません。それはむしろ有利な武器になるものであり、トライアル無料チャンスです。アカウントを作ったらそのままお金が請求されるのは、ちょっと怖いものです。なにせまだサービスを試してもいないのですから。初回時ならばじっくり吟味したいものです。「無料で動画を見られる期間もいつのまにか終わったら嫌だな」そんな不安は払拭できます。期間の終わりがアナウンスされないことはなく、メール通知もあるので、動画に夢中でも安心です。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ダイ・ハード2」の視聴はダメです。危険性の具体例はこのとおり。消しても消しても消えない悪質な広告、一向に再生が進まずに画質も低い劣悪な動画の品質、さらにはプライバシーを密かに盗む有害性、パソコンやスマホに極端な負荷を与えるダメージなど、嫌なことだらけ。どうせならちゃんと製作者に還元できる視聴をしましょう。それが応援であり、次の作品を生む原動力にもなるのです。

配信しているのはコレ!
「うわー、こんな名作とか新作もラインナップにあるじゃないか!」これはもう動画を見るしかない状況でしょう。視聴意欲が急上昇する中でおあずけする嫌がらせをしたくはないのですが、VODは10を超える種類が各社で乱立しており、一体どれがベストなチョイスなのか悩んでしまいます。「ダイ・ハード2」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。人生はやることでいっぱい。一日のタイムスケジュールがギッシリの中、少しでも時間の節約をしたい人は、このページで配信VODの確認を短時間で済ますことができます。サイトを粗探しするよりもはるかに楽です。映画の始まりのオープニングから最後の余韻が残るエンディングまで、フル動画をたっぷり満喫できるのがVODの素晴らしさ。実際に試してみた人の大半は「満足している」とおおむね高評価。すっかりハマってしまい、重度の映画趣味になった人も少なくありません。

字幕・吹替、選択は自由
「やっぱり役者さんの演技の声を聴きたいので字幕は必須だよね~」「字幕なんて省略されて翻訳されているから吹き替えの方が自然だよ」「いやいや吹き替えは芸能人起用で最悪のケースもあるし…」そんな喧々諤々のエンドレスな討論もVODには無縁です。どちらがいいかは選択可能(作品によりますが)。映画を英語字幕で見て外国語学習に応用することもできたりします。どちらが間違いということもなく、別の価値があるこそ、双方を体感してこれまで気づかなかった「ダイ・ハード2」の面白さの発見につながるかもしれません。

登録情報は最小限
動画共有サイトと違って基本は登録しないと利用できないVOD(そのぶん最高の環境が整っています)。登録する際の個人情報入力に懸念を持っている人は多いはず。このご時世、何に悪用されるのかもわかりません。でもその危険性はそこまでの心配はいりません。少なくとも躊躇するほどではないです。なぜなら登録内容は最小限ですし、その中身は変更も容易いので、問題発生時もすぐさま対応できて、利用範囲も限定されています。あなたがそのパスワードをうっかり漏らさないなら大丈夫。あとは「ダイ・ハード2」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

動画はフルの方がいい
気づかずに動画を見ている人もいますけど、テレビ放送で流れる映画はフルではなく、時間の制約上、いくつかのシーンをカットして編集していることがあります。これが意外に重要な場面だったりして、作品の印象を大きく左右する場合も。これではなんだか消化不良です。しかし、VODならば完全なフル動画を提供しています。意図的な短縮版ではないのです。じっくり最後までの鑑賞を確約できます。「ダイ・ハード2」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「ダイ・ハード2」の視聴をして「ああ~、満腹満腹」と自己満足に浸っているのもいいのですが、少しSNSに手を伸ばしてみませんか。というのも今はネットで評判が拡散することで話題が生まれ、視聴者もアップするという時代です。あなたのコメントでも反響が起きるかもしれませんし、意外なバズりを見せるかも。文章力や絵(イラスト)に自信があるなら頑張ってみては? 一言でもツイートするだけでも違います。

『ダイ・ハード2』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ダイ・ハード2』をさらに知る

★スタッフ
監督:レニー・ハーリン
脚本:スティーブン・E・デ・スーザ、ダグ・リチャードソン
撮影:オリバー・ウッド
音楽:マイケル・ケイメン

★キャスト(キャラクター)
ブルース・ウィリス(ジョン・マクレーン)、ボニー・ベデリア(ホリー・マクレーン)、ウィリアム・サドラー(スチュアート大佐)、フレッド・ダルトン・トンプソン(トルドー)、アート・エバンス(レスリー・バーンズ)、デニス・フランツ(カーマイン・ロレンゾ署長)、フランコ・ネロ、ジョン・エイモス、ウィリアム・アザートン、レジナルド・ヴェルジョンソン、シーラ・マッカーシー

★『ダイ・ハード2』の評価

IMDbRTMETA
7.170%??
映画comY!FM
3.63.923.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ダイ・ハード2』の感想

●FILMAGA
1のビルと変わって今度は空港。前作から予算も増えて、できることが増量。空港でのドンパチや飛行機何機も爆発してたりして予算が沢山あったことが嫌でもよくわかります。閉鎖感や孤軍奮闘という感じは欠片もないほど無くなりましたが、マクレーンのボロボロになりながらも闘い続ける姿はシリーズの定番になっていきます。まさになかなか死なない状況。もう観客は「どうせコイツ死なないだろ」という安心感で観ていますから。
●DAILYMOTION  
またもやクリスマスシーズンにテロ事件に巻き込まれるマクレーン。不幸体質というか、完全にマクレーンそのものがテロ誘発道具みたいになっている。等身大のヒーローから、スーパーマン的なヒーローに変身したので、設定については真面目に考えるだけバカを見ます。大袈裟&仰々しい展開の連続に脳みそがどっと疲れてきますが、これはハイカロリーなエンタメなのでそのへんの覚悟と一緒に入店してください。じゃないと死ぬからね。
●VUDU  
世の中にはツイテない人がたくさんいると思いますが、この主人公ほど極端な奴はいない。スタローンの傑作雪山サスペンス「クリフハンガー」を撮った監督のレニー・ハーリンがまたやってくれた今作。アクション娯楽映画の大作として純粋にパワーアップしまくり、もう手が付けられない状況に。こういうひたすらドンパチだ!みたいな映画は911以降めっきり作られなくなっていったので、今となっては懐かしいノリです。