あさひなぐ(実写映画)

なぎなたに青春をかける少女たち

映画『あさひなぐ』のフル動画を無料視聴する方法を自由気ままにレコメンドしています! 視聴を妨害する広告は排除しています。
今すぐ『あさひなぐ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:あさひなぐ / 日本(2017年) / 日本公開:2017年9月22日 / 105分 / 制作: / 配給:東宝映像事業部

9.22公開 映画『あさひなぐ』予告編映像【公式】

(C)2017 映画「あさひなぐ」製作委員会(C)2011 こざき亜衣/小学館

動画
▼『あさひなぐ』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 多機能視聴

VOD2【Huluで動画を見る サブスク動画

VOD3【TSUTAYAで動画を見る

VOD4【-

VOD5【-

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『あさひなぐ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あちこちに普及しています
ずっと支えてきたアイドルたちが映画に出演するならば応援するのがファンの努めというもの。何度でも鑑賞して目に焼き付けておきたいです。そんなときは動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信で作品を視聴できるこのサービスは、何度も観たいときには適しています。ちょっと観たいときはレンタルで借りるのでOKですし、ずっと見たいのであれば購入したり、もし見放題であれば何の気兼ねもなく、常に鑑賞できる状態になります。

「無料」は全て初心者のため!
初散歩ならぬ初VODならば無料お試しトライアルの切符をゲット。これは各サービスで用意済みなのでチャンスは多め。どんなサービスでも最初は不安があるもので、自分に合わないものだったらどうしようなどとミスマッチを不安視しますが、初回無料ならば実際に触って感触を確かめることが可能。「登録しても飽きたらすぐにやめられるのかな」「使用中の停止はいつでも実行できないと不安で登録もできないのだけど」もちろんこちらの本音はずっと使ってほしいと願っていますが、ユーザーの気持ちは止められませんので、そのときは自由に利用停止しても構いません。英勉監督の「あさひなぐ」もアリ。

それは信頼ができますか?
違法な動画サイト等にはどんなに融通が利きそうな流れがあっても気を付けてください。それで西野七瀬出演の「あさひなぐ」の再生はダメです。第3者機関によって精度の高い上質セキュリティソフトと認定されているサービスで検査するとその怖さはよくわかります。その検知はとにかく明確で、すぐに危険は判明。ブラウザへの不要なアクセス、カメラ機能への侵入、CPUの異常な負荷…その問題点を挙げだせば無限大であり、不使用が最善です。リカバリーできるとは思わないでください。損害の程度によっては1回の再生で取り返しのつかない問題に苦悩します。

迷ったときは?
公開してまだ真新しい作品でもネット配信はそこまで待機しなくても大丈夫な時代です。ウキウキと試せます。サブスクリプション・ビデオオンデマンドの難点は関連メーカーの多さです。配信映画数も膨大であり、簡単に一発でモニターできるような総合比較サイトが求められてきました。桜井玲香出演の「あさひなぐ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。人生はやることでいっぱい。一日のタイムスケジュールがギッシリの中、少しでも時間の節約をしたい人は、このページで配信VODの確認を短時間で済ますことができます。サイトを粗探しするよりもはるかに楽です。取り扱っているVODの多さには自信があります。最新のものから昔からあるものまで、その数は10種類を超えており、ほぼコンプです。ずっと機会があるとは考えないでください。焦らせるつもりはありませんが、でも事実なので伝えないといけないです。残念ながらいつかは配信も終わります。せっかくの無料動画でも意味なしです。

配信はいつ終わる?
いつか終わるが来るというのは避けられない運命なのかもしれないですが、VODは作品配信の終了日をアナウンスしているものもあります。それはユーザーならばチェックしたいところ。しかし、目立たないので気づいていない人も多いです。フルムビバースでは専用のページで各大手の配信終了状況をスケジュール的に整理しています。この日にはこの映画が配信から消えるということがひとめでわかるので、参考程度に活用するのも良いでしょう。松村沙友理出演の「あさひなぐ」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときにスケジュールに組み込みながら視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

原作もついでに見よう
日本でも海外でも小説や漫画の映画化は完全にスタンダードとなり、あらゆる有名作から名作まであちこちで映像化が進んでいます。すでに定番なので「またか」という感じです。となると原作を見てみたくなるのも頷けます。VODの中にはオールマーケットなコンテンツサービスを自称し、電子媒体で原作も同一機能として提供しているものもあります。これならばわざわざ購入のために本屋などに行かなくても済むのです。もちろん「私は応援の気持ちも込めてちゃんとカタチとして買っておきたい!」という意見も尊重しますので、上手く使い分けてください。「あさひなぐ」も必読。

悪いサイトを追い出すために
違法アップロード動画が何万と並ぶ海賊版サイトは、無料という釣り針であなたを釣り上げ、最後はまな板の上で殺されます。そんな話は多少オーバーですが、でも深刻性は変わらないものですし、大損害を受けるのは同じです。そんな危ないサイトの蔓延を防ぎ、ネットの海から駆除するために、最良のクリーンアップ手段となるのは魅力的な代替サービスを提供すること。VODは安く、手軽で、作品数も膨大と、全てにおいて上位互換であり、不正サイトを駆逐するパワーを秘めています。普及させることは業界の利益になるので白石麻衣出演の「あさひなぐ」合法視聴方法を拡散しましょう。

俳優好きにも必須
映画を観る時は視線は真っ先に映像内で活躍する俳優の皆さんに注がれているかもしれません。思わず夢心地になるような魅惑的な笑顔やクールなパフォーマンスをアピールされたらもう骨抜きにされてしまいます。これは本当にたまらないもので、ファンになるのも当然。VODではキャストで作品検索できるものもあるので、ファンの想いにもバッチリ受け答え可能です。「西野七瀬」の絶技が光る役者魂はそれはもう素晴らしいです。ファンを増やしたいな…と思っているなら、それであればVODで布教活動をしていくのが効率的に上手くいきます。勧めやすいですし、DVDよりも手軽です。

『あさひなぐ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年1月19日時点での『あさひなぐ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『あさひなぐ』をさらに知る

人気アイドルグループ「乃木坂46」のメンバー西野七瀬の主演で、なぎなたに青春をかける少女たちを描いた、こざき亜衣による漫画「あさひなぐ」を実写映画化。『あさひなぐ』のエグゼクティブプロデューサーは古澤佳寛、プロデューサーは金森孝宏、梶原富治、林辰郎。中学まで美術部だった東島旭は二ツ坂高校に進学し、「なぎなたは高校部活界のアメリカンドリーム」というかなり綺麗な謳い文句に興味を惹かれ、なぎなた部に入部。しかし、やはり部活は部活。そこは厳しい世界だった。一学年先輩の宮路真春に憧れ、同じく新入部員の八十村将子や紺野さくら、2年生の野上えり、大倉文乃らとともに厳しい稽古に励む。いつしか勝負のときに栄光を掴むために。やがて3年生にとって最後の試合となるインターハイ予選を迎えるが、そこは百戦錬磨のツワモノが集う場所であり、圧倒的な強さを誇る1年生・一堂寧々を擁する國陵高校に決勝で敗退。野上を新たな部長にして心機一転で再スタートを切ったなぎなた部は、さらなる強さを手に入れるために過酷な夏合宿のなかで成長していき…。

★『あさひなぐ』のスタッフ
監督:英勉(関連作品:『トリガール!』)
脚本:英勉
撮影:江崎朋生
音楽:未知瑠

★『あさひなぐ』のキャスト
西野七瀬、桜井玲香、松村沙友理、白石麻衣、伊藤万理華、富田望生、生田絵梨花、松本妃代、岡野真也、江田友莉亜

★インタビュー
・富田望生「クランクインの2か月ほど前からなぎなたの練習をしたので、撮影に入る頃にはある程度、筋肉がしなやかになっていた気がします」
・伊藤万理華「私は最初のなぎなたの撮影がリズムなぎなただったんです。ダンスをずっとやってきたこともプラスに働いた気がしますね。競技としてなぎなたをするシーンでは、まず演じるために一人一人が型を紙に書いて覚えるんです。暗記力が必要でした」

★『あさひなぐ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.44.013.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『あさひなぐ』の感想

●『あさひなぐ』無料ホームシアター 
これを乃木坂のための映画と呼ぶかどうかは人それぞれ。まず薙刀の映画はというのが斬新です。今までいろいろな部活モノがありましたけど、薙刀はフレッシュでそれだけでもユニーク。乃木坂のメンバーもみんな予想以上に演技が上手いし、特に伊藤万理華が才能を発揮していたと思います。世の中には薙刀を知らない日本人もいるそうで、そんな人のための普及にも一役買ったのではないでしょうか。薙刀の入門映画として気軽におすすめできる作品です。
●『あさひなぐ』BILIBILI 
作品自体は、キャスト補正ありと言えども大満足の出来で、ファンなら大喜びできるだろう。監督に一抹の不安はあったが、一本の映画として完成されていたので申し分ない。続編を作ってもよし、作らずに完結させてもよし。個人的にはやはり期待してしまうところではある。一番は何より3年前から応援し続けているメンバーが映画の主演を務めるまでに成長したこと。その逞しい姿に感動し、大きな躍進を見守り、この先の更なる活躍に期待したい。