ザスーラ(2005)

ゲームをクリアしなければ宇宙から出れません!

映画『ザスーラ』のフル動画を無料視聴する方法を自由自在にレコメンドしています! 視聴を妨害する広告は排除しています。
今すぐ『ザスーラ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Zathura / アメリカ(2005年) / 日本公開:2005年12月10日 / 110分 / 制作:Columbia Pictures / 配給:ソニー・ピクチャーズ / 製作費:6500万ドル / 興行収入:6400万ドル / 前作:『ジュマンジ

ザスーラ – 予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】翻訳対応
VOD2【Hulu】初心者有利
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
FOD ▼FOD(1か月)

▼『ザスーラ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画で大冒険気分に!
ファミリー向けのエンタメ作は軽いものも多いですが、実は心に響く大切な体験を提供してくれる、意外な良作でもあります。そんな作品を観たいのであれば、現在も人気上昇中の動画配信サービスを利用してみましょう。このサービスは最初に登場した時は知る人は一部でしたが、その後に一気にユーザーが増えて、今では身近になり、レンタル店よりも便利さがあるので、支持も広がりました。欠かせない映画鑑賞の方法といえます。

「無料」で感謝!
しかも、ありがたいことに無料で動画をウォッチ可なお試しによって、入り口ドアをノックできないでいるのを支援します。動画サイトは無料だけど、映画は商品なので有料コンテンツなのは当然。でもVODの初回時はお試しの機会を設けてくれているので、それに飛びつけば遊び放題で大満足空間。「映画はフルでないと話にならないのだけど」「欠けている動画を楽しむ人なんていないですよね」そんな要望にも難なくお答え。お試しだからと何かの視聴制限がかけられることはないので、本来のフルクオリティで欠落もなく、映画全編を完璧に楽しめます。ジョン・ファブロー監督の「ザスーラ」もアリ。

その場所は危険で充満!
なお、巷に溢れる行けば被害を受けてしまうイリーガルな動画サイトに手を出すとアウトです。それでジョシュ・ハッチャーソン出演の「ザスーラ」の鑑賞はダメです。ダメージレポートとしての具体例を紹介しましょう。例えば、動画を見る目的でアクセスすると真っ先に再生ボタンをクリックします。それは普通の動作範囲に思えるので無警戒です。すると変なページに飛びます。消そうとするとさらにおかしなページに飛び、いつのまにか不正アプリのインストールに誘導されます。たった1秒の動画再生が永遠の被害を背負う結末になることもあるのです。こんなバッドエンディングは誰でも嫌です。

これに決めた!
「無料と聞いて黙ってはいられない!」と血気盛んに動画鑑賞モードに突入したら、そのまま登録に突進しましょう。でも厄介なトラップも多数。「始めようと登録しても、自分の鑑賞したい動画がない」そういう実は配信が終わっていたという、ヘコんでしまう失敗も起こりえます。ジョナ・ボボ出演の「ザスーラ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページで疑問に思っていることをスッキリさせましょう。フルムビバースでは鑑賞できるVODを各作品ごとにアイコンで視覚的に整理。適宜、情報更新もされているので参考として役立つはずです。似たサイトが蔓延する中で、フルムビバースは一歩先を行くために、情報量の多さと鮮度で勝負しており、見る価値はあります。レコメンド・テキストは長々と文章だけで終わりません。ましてや全ての中身が同じにもなりません。それを読めば詳細はわかりますが、基本はアイコンで無料視聴VODをプレゼント・フォー・ユー。

あなたはどっち派?
外国映画を観る時のチェックポイントは「字幕」を選ぶか「吹き替え」を選ぶかという二択。片方しかないこともありますが、ネット配信時はどちらでも選べたりする機会が多いので悩むものです。別にこれではないといけないというものはありません。好きなように選んでいいのですが、このこだわりは譲れない人もいます。外野の意見は気にせずに自分の趣味で構いませんので、VODならではのお手軽さで遊んでみるのも良いのではないでしょうか。ダックス・シェパード出演の「ザスーラ」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

フェアにオススメします
一括チェックツールにもなるフルムビバースは、氾濫するVODの配信変化地獄をわかりやすく整理するだけでなく、その扱いを公平性を重点に徹底しています。フェアである理由はとても重大であり、贔屓は不利益につながります。よくありがちなグダグダと説明したあげくに結局はひとつのサービスを紹介するにとどまるようなことはしません。ユーザー適正は個人の問題であり、それを無視して押し付けることは玄関をガンガン叩く悪徳勧誘でしかないので絶対にしません。単純にクリステン・スチュワート出演の奇想天外ユニーク作「ザスーラ」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。ティム・ロビンス出演の一大ファンタジー「ザスーラ」鑑賞完了後に解約もアリ。キャリアスマホの解約はなにかと面倒な契約の縛りばかりでうんざりしていたことも多いものでした。しかし、VODの解約はその心配は捨て去って結構です。そういうものは何かとリスクが多いものという偏見は捨てましょう。なにせワンクリックで瞬時に退会ページへ進み、そのままの流れで解約できます。変な制限はなく、電話確認もないので、実質1分程度で終わって済ますことができ、あなたの望む日に完了。これにより動画を観終わってもう必要ないと思った人でも、すぐさまにストップできます。もちろん再開もすぐにできます。

ホームシアターのススメ
できれば最高水準の再生環境で映画を観たいですよね? だとしたら何がベストか。超高価格のハイスペックパソコン? 特大サイズのテレビ? いいえ、理想は視野いっぱいのホームシアターです。それは超高額というわけでもなくなってきました。今や少し値段もお手頃になってきたこの家庭シアターの存在は映画好きでなくとも欲しくなるプライベート空間です。宇宙を舞台にアドベンチャーが展開される「ザスーラ」も最高級に。今すぐにでもと浮足立つのは理解できますが、はやる気持ちをおさえてじっくり思考しましょう。熟慮は大事。なにせ結構な準備も必要ですし、失敗もしたくありません。詳しい人や専門店に行って設備機器を目視してみるのもグッドジョブです。

『ザスーラ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年1月31日時点での『ザスーラ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「FOD」です。

▼『ザスーラ』をさらに知る

幼い兄弟がボード・ゲームの不思議な力によって本当に宇宙空間を旅するSFアドベンチャー。製作はウィリアム・ティートラー、スコット・クルーフ、マイケル・デ・ルカ。パパが仕事で家を空けてしまい、6歳のダニーは、あまり仲が良くない10歳の兄ウォルターに遊び相手になってもらおうとして、逆に怒らせる。これではつまらないだけで、何か面白いものを探す。地下室に閉じ込められたダニーは、ザスーラという古いボード・ゲームを発見。これこそ今求めていたもので、とにかくやってみようと、リビングに戻ったダニーは早速ゲームを始めてみる。しかし、宇宙船のコマが動き出して1枚のカードが飛び出すと、彼らの住んでいる家は宇宙に漂い始めた。その状況があまりにも唐突で、理解に迷っていても事態は改善しない。緊急事態に戸惑った兄弟は、姉のリサに助けを求めるが、二人の言うことに耳に貸さない彼女は、いつのまにかゲームの力によりバスルームで凍りついてしまう。こうなってはできることはひとつ。もはやゴールに辿り着いてゲームを終わらせるしか術がないと気づくが…。

★スタッフ
監督:ジョン・ファブロー(関連作品:『エルフ サンタの国からやってきた』)
脚本:デビッド・コープ、ジョン・カンプス
撮影:ギレルモ・ナバロ
音楽:ジョン・デブニー

★キャスト
ジョシュ・ハッチャーソン、ジョナ・ボボ、ダックス・シェパード、クリステン・スチュワート、ティム・ロビンス

★『ザスーラ』の評価

IMDbRTMETA
6.275%??
映画comY!FM
3.23.413.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ザスーラ』の感想

●FILMAGA
ジョン・ファブローはどうしてこんなにも子どもへの愛が溢れる作品を作れるのでしょうか。「ジュマンジ」とは比べものにならないほど、今作は子どもの絆がテーマになっています。大人は完全に物語から排除され、兄弟のつながりだけにスポットが当てられた一作に、最後はすっかり胸がいっぱいになりました。SFファンも楽しめる構成で、極力CGを使わずに、ロボットを再現したりと、特撮好きは手を叩いて喜ぶ最高のエンタメ映画にもなっています。
●ユナイテッドシネマ
あの宇宙飛行士の正体を理解していない人がいるようでショック…。あそこまで説明されておきながら、わからないなら、もうどうしようもないです。この映画ではずっと兄弟が喧嘩しており、観ている観客の中にはイライラする人もいるはず。でも、それが実がこの映画の唯一のテーマになっていると知った時、感動があるのです。なんて優しい、寄り添ったメッセージなのでしょうか。この監督のまるで父親のような温かい子を想う気持ちにホッとしました。
●イオンシネマ
「ジュマンジ」の続編ではないけれど同じ作者の同名絵本が原作の「宇宙版ジュマンジ」みたいな映画です。クリステン・スチュワート演じるお姉ちゃんが美人で羨ましい。あんなスタイルの良い姉がいたら、男友達が群がってくるでしょうに。しつこいぐらい喧嘩させてて徹底的に兄弟の物語に特化している本作ですが、この姉が解決になるわけでもなく、恋愛担当になりそうで、それすらならないのもユニーク。CGに頼らない特殊効果も魅力的でした。