ユリゴコロ(2017)

人殺しの私を愛してくれた人がいた。吉高由里子が狂気を怪演

映画『ユリゴコロ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 視聴を妨害する広告は排除しています。
今すぐ『ユリゴコロ』を見るなら動画リンクをチェック。

「このミステリーがすごい!」国内部門第5位など数々の高評価を受けた沼田まほかるの同名ミステリー小説を実写映画化し、「人間の死」を心の拠り所にして生きる悲しき殺人者の宿命と葛藤を、過去と現在を交錯させながら描いたドラマ。エグゼクティブプロデューサーは千葉善紀、柳迫成彦、大熊一成。亮介は余命わずかな父の書斎で1冊のノートを見つける。それはとんでもない内容の書かれたものだった。「ユリゴコロ」と書かれたそのノートには、ある殺人者の記憶が綴られていた。にわかには信じられない、危険な殺意の実態。しかし、真実性の確証はない。その内容が事実か創作か、そして自分の家族とどんな関係があるのか、亮介は様々な疑念を抱きながらも言葉にできない関心を膨らませ、強烈にそのノートに惹きつけられていく。

原題:ユリゴコロ / 製作:日本(2017年) / 日本公開:2017年9月23日 /  / 制作:ジャンゴフィルム / 配給:東映、日活

映画『ユリゴコロ』予告編

(C)沼田まほかる/双葉社 (C)2017「ユリゴコロ」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ユリゴコロ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなが魅力にドハマり中!
あのテレビでもおなじみの俳優の普段は見せない姿を見られるのも映画の醍醐味。そんな作品に触れたいのであれば、利用者も増えている動画配信サービスを活用しましょう。非常に簡単に動画を見られるこのサービスは公式なので安全安心。レンタル店よりも便利で、貸し借りの手間もなく、ネット環境さえあればその場で鑑賞できます。ダウンロード機能を備えたものもあるので、通信量制限を気にすることなく使用できるのも利点です。

「無料」で感謝!
普通でも役に立つのにさらなるメリットとして、お試しが無料で可能という、サービス利用の促進策が初心者オンリーで使えたりします。この無料試用の機能は基本はリミテッドな企画ではなく、常時解放されているものがほとんどで、とりあえずサービスにそのお試しが実施されているかはトップページに行けばわかります。「動画を観終わったから退会するというのはOK?」という質問も多いですが、できればそのままずっと使い続けてほしいのが本音ですが、それは個人の自由。やめるぶんには好きにして構いません。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「ユリゴコロ」の再生はダメです。そういうサイトは「Free Watch」などとオイシイ言葉を並べていますが、結局は動画の再生を中断させて悪質広告ページへと移動させて、副次的に個人情報をまんまと盗ろうとするものばかりです。油断していると好き放題にされます。詳細な被害例は個人情報にあたるので迂闊には言えないですが、世間ではマズいサイトの使用で大損した人は無数にいます。

迷ったときは?
公開してまだ真新しい作品でもネット配信はそこまで待機しなくても大丈夫な時代です。ウキウキと試せます。無料動画に飛びつきたいところですが、まずは焦らず配信の有無を確認しないといけません。でないと、登録しても配信がなければ無料でも意味のない状況になります。「ユリゴコロ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この作品ページでは、配信中のVODはコレとコレです…といった具合に、瞬間的に把握できる手助けをするヘルプ機能を持っています。まずはざっくりと全体の動向を知りたいときに便利です。全く初期状態から更新もないような鈍感不動の紹介サイトとは違います。こちらの掲載内容は変化するので鮮度は一定のほどよさ。無料のホームシアターなんて普通は手に入りませんが、VODならば使い方を工夫することで、環境しだいで疑似的な空間をコーディングできます。

邪魔な広告は無し!
広告が動画再生途中に急に前触れもなく表示されて鑑賞が不可になる、リンクや検索窓に触れると無関係なページが開く…。こういった現象の起こるサイトは悪質性の高い有害サイトです。フルムビバースはそのようなことは皆無だと100%保証できます。全てにおいてセーフティな動画環境を確保することに全力を注いでおり、「ユリゴコロ」視聴を妨げません。パブリッシャーやサイトへの規制は広がっていても結局は広告を適宜審査しながら「これはダメだろう」というユーザー配慮が欠かせないものです。このページでは利用者第一で不快な広告をクリーンアップしています。

原作もついでに見よう
日本でも海外でも小説や漫画の映画化は完全にスタンダードとなり、あらゆる有名作から名作まであちこちで映像化が進んでいます。となると原作を見てみたくなるのも頷けます。VODの中にはオールマーケットなコンテンツサービスを自称し、電子媒体で原作も同一機能として提供しているものもあります。これならばわざわざ購入のために本屋などに行かなくても済むのです。もちろん「私は応援の気持ちも込めてちゃんとカタチとして買っておきたい!」という意見も尊重しますので、上手く使い分けてください。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ(違法コピーorアップロード動画)の問題は業界に大ダメージを与えるものですが、そのカウンターとしてVODは役立ちます。というのも、海外研究ではサイトアクセスを強制的に禁止にするブロッキングと比べても、多くのユーザーを素直に満足させる低価格で利便性の高いサービスの存在の方が、効果が高いという報告もあります。まさにVODはその機能を果たすピッタリな逸材。普及すればするほどに非合法なサイトをネット上で追い詰めることができるので「ユリゴコロ」合法視聴方法を拡散しましょう。

表現規制を避けるなら
映画は映像が命。何を伝えるにも真っ先にビジュアルが大きな役割を占めます。すると問題になるのが映像規制。テレビ放送や映画館上映ではレーティングというのがあり、この作品は何歳まではならOKとか、この言葉や演出はアウトなのでカットするなど、自主規制が発生します。しかし、それは本当に制作陣が見せたかったものではないです。VODならばモノにもよりますがかなり独自のクリエイティブ優先主義を貫くサービスもあるので、既存の日本の規制に囚われないフリーダムさがあります。

『ユリゴコロ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ユリゴコロ』をさらに知る

★スタッフ
監督:熊澤尚人(関連作品:『心が叫びたがってるんだ。』)
脚本:熊澤尚人
撮影:今村圭佑
音楽:安川午朗

★キャスト
吉高由里子、松坂桃李、松山ケンイチ、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶、木村多江

★インタビュー
・吉高由里子「(川の中に入るシーンは)機械で人工雪を降らせていたから、機械音がすごかったんです。その音のせいで声が録れないだろうから、きっと(あとで)アフレコだよね、何を言ってもわからないかもねなんて言いながらお芝居をやったりしました」
・松山ケンイチ「監督にも痩せてと言われていたので、極力食べないようにして。撮影中は現場でも食べなかったですね」

★『ユリゴコロ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.63.743.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ユリゴコロ』の感想

●シネマトゥデイ 
主軸となる話は、松坂桃李演じる亮介の「現代」パートと吉高由里子演じる美紗子の「過去」パートの二部構成を「ユリゴコロ」と呼ばれるノートを通して交差していくように綴られるという構成。幼少時からサイコパスな美紗子は一目惚れしたミルク飲み人形をあろうことかあんな場所からミルクを差し込むというクレイジーさ。でもこれくらいの意味不明言動、幼い子なら誰でもする気がするけど、今作はかなり不気味な雰囲気が全開です。
●BILIBILI 
ユリゴコロのノートには幼女期から異質であった彼女の半生が淡々と綴られており、グロくないけど中々エグい描写の連続。吉高由里子の無垢な残酷性のようなオーラが素晴らしく作品にマッチしている。原作を2時間に収めるため上手くストーリーを変更していたのですが、やっぱり原作ファンは不満も多いでしょう。でも映画らしい映像による暗い空気の描写など、別の魅力もあるのでそこで良しとしましょう。俳優は頑張っていました。
●MOVIX 
性の描写も生々しければ、リストカットのシーンなんて迫力ありすぎて、ゾッとするどころか、オエっとする。その手の事に関して嫌悪感を示す人からすればトラウマモノであるのは確実なので、気を付けて。現に映画館で観てられなくて吐き気を催し何度か席を立ってしまいそうになるのを堪えていた人もいるらしいし。吉高由里子パートだけでも、見ごたえがって、まさにドラマでは不可能な映画らしい表現の挑戦にゾクゾクしました。