ウインド・リバー(2017)

カンヌが絶賛! 脚本家テイラー・シェリダンの監督作

映画『ウインド・リバー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! わかりやすさはどこよりも一番。
今すぐ『ウインド・リバー』を見るなら動画リンクをチェック。

『ボーダーライン』や『最後の追跡』の脚本家テイラー・シェリダンが監督したスリラー。製作総指揮にはエリカ・リー、ジョナサン・ファーマン、ブレイデン・アフターグッド、クリストファー・H・ワーナーなどが名を連ねる。ワイオミング州ウィンド・リバー保留地。FWS(アメリカ合衆国魚類野生生物局)の職員、コリー・ランバートは荒野のど真ん中で少女の死体を発見した。それは無残な状況であったが、こんな場所にあるということは何かから逃げていた可能性もある。FBIは事件の捜査のために、新人捜査官のジェーン・バナーを現地に派遣した。自然の過酷さを甘く見ていたバナーは、捜査が上手くいかず苦労する。このままでは事件の真相すらもうやむやになってしまうかもしれない。そこで、バナーはランバートに捜査への協力を依頼して、事態を進展させようとする。2人は荒れ狂う自然と剥き出しの暴力に直面しながらも、ネイティブ・アメリカンの村社会の闇を暴き出していく。

原題:Wind River(「ウィンドリバー」) / 製作:アメリカ(2017年) / 日本未公開:2018年7月27日 / 111分 / 制作:Acacia Entertainment / 配給:KADOKAWA

映画『ウインド・リバー』予告編

(C)2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVE


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ウインド・リバー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あの高評価作も鑑賞可!
緊迫感溢れるサスペンスとその背景にある深く鋭い社会風刺が合わさった作品が好みなら、気になる映画も多いはず。そんな作品を観たいときは、動画配信サービスを活用してみましょう。AndroidやiPhoneなどスマホでも視聴できますし、テレビでも鑑賞は可能です。また、字幕や吹き替えも揃っているので、安心して自分の好きな方を選べます。サービスによっては英語字幕も選択できるので、語学勉強の役に立つこともできます。

「無料」はやっぱり魅力的!
お気づきでしょうか。このVODの真価はここからだということを。無料お試しを知らずして語ったとはいえません。この無料試用の機能は基本はリミテッドな企画ではなく、常時解放されているものがほとんどで、とりあえずサービスにそのお試しが実施されているかはトップページに行けばわかります。「フル動画は当然だけどテレビでも見られるのだよね?」そのとおりです。よってDVDと変わらない感覚で視聴できます。インターネットだからといってパソコンやスマホの小画面に限定されるわけではないのです。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ウインド・リバー」の視聴はダメです。ダメージレポートとしての具体例を紹介しましょう。例えば、動画を見る目的でアクセスすると真っ先に再生ボタンをクリックします。すると変なページに飛びます。消そうとするとさらにおかしなページに飛び、いつのまにか不正アプリのインストールに誘導されます。ベストは何かという話ではなく、マストで気を付けるべきことであり、あなたの動画体験の味方は正しさを基準にすべきです。

迷ったときは?
今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴も可能ならさっそく試す行動に出たいところです。無料動画に飛びつきたいところですが、まずは焦らず配信の有無を確認しないといけません。でないと、登録しても配信がなければ無料でも意味のない状況になります。「ウインド・リバー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。無料動画を夢心地で見るためにも配信情報の収集は必須。このページでは最も肝心な該当作品を配信しているVODをアイコン表示。面倒な確認作業をショートカットして時間を有効活用できます。他にも似たサイトはありますが、フルムビバースでは特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。残り物には福があると言いますが、VODの場合は残っているだけでは何一つ良いことはありません。兎にも角にも登録しなければ始まらないのです。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「ウインド・リバー」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。無線LANを利用している人は視聴端末をルーターに近づけるか、無線LANの電波を強化するようなシステム(中継機の活用がベスト)を用意するのが良いです。別の特定の無線チャンネルの通信が不安定になっている可能性もありうるので、無線チャンネルを変更するのも効果的な手です。

動画はフルの方がいい
ノーシンキングなのだとしたら一回は関心を持ってほしいのですが、テレビ放送の映画の放映で満足していませんか? それはカットされているので本来のフル動画ではないですよ。こんなものでは「あの映画、面白かったよね~」と語っても「え、あのシーン、観てないの?」なんて言われてしまいます。でも、VODは余計な手を加えることなく、オープニングからスタッフクレジットまでしっかりウォッチ可能です。「ウインド・リバー」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

表現規制を避けるなら
表現の規制はやむを得ない場合もあります。どうしても子どもには見せられない映像はありますし、それを避けるのは教育的にも必須。一方で全部が子ども向けになるのは困るので、なんとかバランスをとりたいところです。VODは基本的な制約はないので、割と暴力的な内容でもセクシャルな描写でも遠慮なく規制なしでぶっこんでくれるという、産地直送・添加物なしの提供をしてくれることが多いです。もちろんレーティングで作品は分類されていますから、しっかり事前に対応しながらの付き合いができます。「ウインド・リバー」も無規制で。

高評価作品は観る価値あり
あなたは見る映画をどのように選んでいますか? ランダムで運任せ? それともビジュアル重視でインスピレーションを刺激されるもの? いやいや俳優でストレートに選ぶ? それとも友達やネットのオススメ? こちらとしては評価の高い作品も良いですと推薦したいところ。映画賞を獲っている作品はとりあえず観ておけばその価値を探ったりしてさらに深掘りできる楽しみがあります。解説も豊富なことが多いのでそこもGood。「ウインド・リバー」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『ウインド・リバー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ウインド・リバー』をさらに知る

★スタッフ
監督:テイラー・シェリダン
脚本:テイラー・シェリダン
撮影:ベン・リチャードソン
音楽:ニック・ケイヴ、ウォーレン・エリス

★キャスト
ジェレミー・レナー、エリザベス・オルセン、ギル・バーミンガム、ジョン・バーンサル、ジュリア・ジョーンズ、ケルシー・チャウ、グラハム・グリーン、マーティン・センスマイヤー、タイラー・ララッカ、ジェラルド・トカラ・クリフォード、ジェームズ・ジョーダン、エリック・ラング、イアン・ボーエン、ヒュー・ディロン、マシュー・デル・ネグロ、テオ・ブリオネス、タントゥー・カーディナル

★『ウインド・リバー』の評価

IMDbRTMETA
7.886%73
映画comY!FM
3.93.954.0
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ウインド・リバー』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
「ボーダーライン」や「最後の追跡」で小難しい映画ファンを黙らせた、恐るべき才能を見せる脚本家テイラー・シェリダンの監督作。この宣伝文句だけで映画ファンは絶対に見に行かなければならない使命感にかられる。相変わらず緊張感MAXなサスペンスが最高に上手い。ドラマから一瞬も目が離せず、緩んだ隙に一気に展開される強弱が巧み。やはりストーリーテリングの天才なのかと実感させられる。これはサスペンス好きには外せない一本だ。
●FILMAGA  
ハンターとして家畜を狙う熊や狼を殺す仕事をしている職業感と、ネイティブアメリカンの現状、アメリカの地方の現実。これらの要素が役に関わり、生まれる緊迫感と世界のひっ迫感がジリジリとした雰囲気を作り、思わず息をひそめて映画をみてしまう。テイラー・シェリダンはこういう分野を得意としていることもあって、これから絶対にアメリカ映画に名を刻んでいく才能として存在感を増し続けているのではないかと確信させる映画だった。
●ユナイテッドシネマ  
歴史的な社会問題、様々な差別、そして、西部劇的なストーリー。「最後の追跡」の脚本家テイラー・シェリダンらしい作品でした。描かれるネイティブインディアンに対する構造的暴力と身体的暴力は日本人である我々には全く身近ではないにせよ、これがアメリカの裏にあるもうひとつの世界なのでしょう。雪と沈黙に覆われた環境が、語られるべき歴史を消しており、それがフッと表出する瞬間を切り取った素晴らしいサスペンスでした。