ローガン・ラッキー(2017)

スティーブン・ソダーバーグ監督の映画監督復帰作

映画『ローガン・ラッキー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! わかりやすさはどこよりも一番。
今すぐ『ローガン・ラッキー』を見るなら動画リンクをチェック。

スティーブン・ソダーバーグ監督が久しぶりに長編作品を撮った、アメリカ最大のモーターカーイベントNASCARレースを舞台に一攫千金を狙った計画に挑む強盗団の姿を、アダム・ドライバー、チャニング・テイタム、ダニエル・クレイグらの共演で描くクライム・コメディ。製作はグレゴリー・ジェイコブズ、マーク・ジョンソン、チャニング・テイタム、リード・キャロリン。足が不自由で仕事を失い、家族にも逃げられて失意の人生を送るジミー・ローガンは、まもなく開催されるNASCARレースのさなかに大金を盗み出すという大胆な計画を練る。これによって退屈な人生を一発逆転できると考えていた。戦争で片腕を失った元軍人で冴えないバーテンダーの弟クライドと、美容師でカーマニアの妹メリーを仲間に加えたものの、これでもまだ計画の実行には足りないかもしれないと考える。不運続きな自分たちだけでは心もとないジミーは、服役中の爆破のプロ、ジョー・バングに協力を求めるが…。

原題:Logan Lucky(「ローガンラッキー」) / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開:2017年11月18日 / 119分 / 制作: / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、STAR CHANNEL MOVIES / 製作費:2900万ドル / 興行収入:

映画『ローガン・ラッキー』日本版予告編
Take Me Home Country Road (Logan Lucky)

(C)2017 Incarcerated Industries Inc. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ローガン・ラッキー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

痛快ドラマは見やすい!
テンポよく軽快にストーリーが進むクライムサスペンスは気軽に鑑賞するのに最適な一作。そんな映画を観たいときは動画配信サービスで楽しみましょう。スマホで移動中に視聴するも良し、パソコンでじっくり見るも良し、テレビでどっぷり映像に浸るも良し。自分に合った鑑賞スタイルを選べます。動画自体は簡単に再生でき、複雑なものではないので、一般的な動画サイトと変わりありません。身近なツールとして愛着もわくでしょう。

「無料」で感謝!
しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたい初心者救済もたいていは実施されています。本来は月額料金がかかったりするのが普通ですが、初期利用者に限って初回アカウント作成から一定期間無料に。まずは実験的に触れてみたいという人にピッタリです。「動画を観終わったから退会するというのはOK?」という質問も多いですが、できればそのままずっと使い続けてほしいのが本音ですが、それは個人の自由。やめるぶんには好きにして構いません。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ローガン・ラッキー」の鑑賞はダメです。1回ならまだしも高頻度で何回も再生停止となってしまう、カクカクと映像がつっかかる、音飛びや音割れが起こる、映像がぼやけている、本編がフルでは見れない…そうした挙げだすとキリのない劣悪なマイナスポイントだらけで、うんざりです。オフィシャルは100%の有用性が保証済み。これを上回るものはないと現状は言い切れるので迷わず使ってください。

迷ったときは?
今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴も可能ならさっそく試す行動に出たいところです。煩わしい面倒部分があるとすれば、それは「一体自分の見たい映画はどこにあるのだろう?」と探さないといけないことであり、これがまた猫の手も借りたいです。「ローガン・ラッキー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この作品ページでは、配信中のVODはコレとコレです…といった具合に、瞬間的に把握できる手助けをするヘルプ機能を持っています。まずはざっくりと全体の動向を知りたいときに便利です。他にも似たサイトはありますが、フルムビバースでは特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。実際に試してみた人の大半は「満足している」とおおむね高評価。すっかりハマってしまい、重度の映画趣味になった人も少なくありません。

あなたはどっち派?
さあ、いつでも突発的に発生する「字幕がいいのか、吹替がいいのか」という不毛なバトルがやってきました。字幕派は俳優の声が聴きたいんだ、それこそが映画本来の原書を読んでいるようなものじゃないかと豪語。一方の吹替派は映像が文字で汚れるなんてそれこそ映画への冒涜だと非難。この戦いは終わりそうにない。きっと未来永劫続くのでしょう。でもVODならそんな喧嘩は起きません。「ローガン・ラッキー」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

配信はいつ終わる?
VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、一部のサービスではある程度事前に公表しているので、フルムビバースでも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、結局はサイトで当日に確認するまでわからないのが現状です。「ローガン・ラッキー」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

フェアにオススメします
一括チェックツールにもなるフルムビバースは、氾濫するVODの配信変化地獄をわかりやすく整理するだけでなく、その扱いを公平性を重点に徹底しています。よくありがちなグダグダと説明したあげくに結局はひとつのサービスを紹介するにとどまるようなことはしません。ユーザー適正は個人の問題であり、それを無視して押し付けることは玄関をガンガン叩く悪徳勧誘でしかないので絶対にしません。単純に「ローガン・ラッキー」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

俳優好きにも必須
俳優はなぜあんなにも美しいのでしょうか。眼福という言葉はまさにこの瞬間にあるようなものです。同じ人間とは思えない至高の存在を眺めているだけで身も心も浄化されていくようで、本当に幸せいっぱいになれます。VODは俳優でも検索できるのをご存知でしょうか。出演作がズラッと並ぶとニヤニヤが止まらない気持ちになります。「チャニング・テイタム」の怪演に圧倒されたいのでは? その強い欲求はあなたがいつのまにかそのパフォーマンスに魅入られている証拠。けれどもおカネのハードルは無慈悲。そこでVODの手を借りるのは悪くはないです。

『ローガン・ラッキー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ローガン・ラッキー』をさらに知る

★スタッフ
監督:スティーブン・ソダーバーグ(関連作品:『恋するリベラーチェ』)
脚本:レベッカ・ブラント
音楽:デビッド・ホームズ

★キャスト
チャニング・テイタム、アダム・ドライバー、セス・マクファーレン、ライリー・キーオ、ケイティ・ホームズ、キャサリン・ウォーターストン、ドワイト・ヨーカム、セバスチャン・スタン、ブライアン・グリーソン、ジャック・クエイド、ヒラリー・スワンク、ダニエル・クレイグ

★『ローガン・ラッキー』の評価

IMDbRTMETA
7.193%78
映画comY!FM
3.53.593.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ローガン・ラッキー』の感想

●無料ホームシアター 
全く期待を裏切らないソダーバーグ。登場人物みんなツボすぎる。全員がプロフェッショナルとまでは言えず、どこか抜けている。だからハラハラするという危なっかしい犯罪計画。ダニエルクレイグさえも今作ではアホだ。しかもここの持ちギャグが自虐的で、どれもオカシイ。アダム・ドライバーなんて完全に某SF大作ネタだし、真顔で笑いをとってくるからもうお腹が痛い。バカな奴らが華麗な犯罪を夢見て、努力する。そんな姿が印象的。
●シネマトゥデイ 
古き良きアメリカの雰囲気がいろんなところで表現されている。登場人物は全員ゴリのつくマッチョだし、カントリーロードに一貫される郷愁が、男の心に響く。衰退するアメリカの田舎の最後の誇りみたいなものを感じる。もう田舎の白人の皆さん、トランプではなくて、アダムドライバーを大統領にすればいいのではないですか。彼なら自分の腕を犠牲にしてでも国に身を捧げてくれますよ。でも、お金がなくなっているかもしれませんけど。
●ユナイテッドシネマ
オーシャンズシリーズで有名なスティーブン・ソダーバーグのクライムアクション。終始ゆるいテンションなので、割とのほほんと見られる。緊迫感よりもシュールさの方が面白い。「ホワイト・トラッシュ」の逆襲に繋がる大事な伏線が隠されていたりと、意外としっかり社会批評をしているのが監督、凄いなと。もがきあがく人たちを尻目に、ポップコーンとコーラ、ジョン・デンバーの曲に耳を傾けながらのんびりと観て欲しい作品でした。