ザ・コア / The Core(2003)

全てを救うため、地球の核へ

映画『ザ・コア』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! わかりやすさはどこよりも一番。
今すぐ『ザ・コア』を見るなら動画リンクをチェック。

地球の核“コア”が停止したことで滅亡の危機に立たされた人類を救うべく、6人の精鋭が地下深くで奮闘する姿を壮大なスケールで描くSFパニック・サスペンス。製作はクーパー・レイン、デビッド・フォスター、ショーン・ベイリー。アメリカのボストン。この日の午前10時30分、ペースメーカーを身に付けていた32名の人々が一斉に突然死を遂げた。それは普通では絶対に起こりえないことであり、専門家も首をかしげる。翌日、英ロンドンのトラファルガー広場。鳩の大群が突然方向感覚を失って暴れ始め、誰の目にも異常は明らかだった。その2日後、スペースシャトル・エンデバーが地球へ帰還途中、突如としてコントロールを失って制御不能に陥る。原因究明に急ぐ対策チームは地球に起きたある異変を突き止める。それは前代未聞の事象だった…。

原題:The Core / 製作:アメリカ(2003年) / 日本公開:2003年6月7日 / 134分 / 制作:Paramount Pictures / 配給:ギャガ=ヒューマックス / 製作費:8500万ドル / 興行収入:7400万ドル

ザ・コア

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ザ・コア』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ユーザー増加率も順調!
映像を全開で使って繰り広げられる大迫力のパニック・スペクタクル映画はいつ見てもワクワクするものです。そんなドラマチックな大作を見たいのであれば、動画配信サービスを駆使して鑑賞してみましょう。ネット配信は画質が良くないのでは?と心配する声もありそうですが、DVDと遜色のないクオリティの映像が楽しめます。テレビも利用できるので、大画面で観たいという需要にこたえることが可能です。

「無料」はやっぱり魅力的!
知っています。何よりも気になっているのは無料お試しトライアルでしょう。動画をタダで見るなら耳に必ず入れるべきです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「サービスの利用停止はすぐにできますか?」という質問は最も頻繁に寄せられるものです。その答えはいつもひとつ。とても簡単にできます。自由に退会ができないようなことはないのでご安心を。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトに手を出すとアウトです。それで「ザ・コア」の鑑賞はダメです。第3者機関によって精度の高い上質セキュリティソフトと認定されているサービスで検査するとその怖さはよくわかります。ブラウザへの不要なアクセス、カメラ機能への侵入、CPUの異常な負荷…その問題点を挙げだせば無限大であり、不使用が最善です。どうせならちゃんと製作者に還元できる視聴をしましょう。それが応援であり、次の作品を生む原動力にもなるのです。

使うべきはどれ?
「無料と聞いて黙ってはいられない!」と血気盛んに動画鑑賞モードに突入したら、そのまま登録に突進しましょう。しかし、VODは流動的すぎるという難点がこびりついています。展開する企業の多さも尋常ではなく、配信作品の顔ぶれも毎日のように変化して、追いかけるのもやっと。「ザ・コア」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページで疑問に思っていることをスッキリさせましょう。フルムビバースでは鑑賞できるVODを各作品ごとにアイコンで視覚的に整理。適宜、情報更新もされているので参考として役立つはずです。サイトコンテンツは変わらないと思っていませんか? フルムビバースは更新がされていき、作品によっては過去の配信まで確認できるオマケも。まだまだVOD体験が白紙ならば今こそ最初の足跡を残すべきです。初めての人ほどに有利な一面が積み重なるので、スーパーダッシュを決められます。

あなたはどっち派?
外国映画を観る時のチェックポイントは「字幕」を選ぶか「吹き替え」を選ぶかという二択。片方しかないこともありますが、ネット配信時はどちらでも選べたりする機会が多いので悩むものです。好きなように選んでいいのですが、このこだわりは譲れない人もいます。外野の意見は気にせずに自分の趣味で構いませんので、VODならではのお手軽さで遊んでみるのも良いのではないでしょうか。「ザ・コア」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどウェブブラウザはパソコンでの動画視聴には必須の存在ですが、ときおり困ったトラブルが起こったりして歩みを妨害してきます。例えば、外部リンクをクリックすると「ポップアップ・ブロック」となったり、急にブラウザが落ちたり、CPUが暴走して急激に負荷がかかったり…。これらは拡張機能の停止で解消されることがあります。とくに広告ブロックツールは余計な挙動をする場合もあるので、無頓着に過信しないように。「ザ・コア」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「ザ・コア」は? 別に難問でも難壁でもないのですが、基本軸は明快。初回(これは絶対です)の料金(サブスク的な支払いです)が一定期間(サービス毎に違ってきます)に限って発生しないということ。問題は作品対象。ポイント制ならば登録時に貰える範囲でやりくりできるもののみ(例えば400ポイント使って2作品とか)。見放題ならば考えはシンプルなので配信中の動画を好きに見まくれます。なるべく期間内にたくさん鑑賞するのが最終的な費用対効果が高くなります。

海賊版サイトは無料ではありません
巷で感染症のように社会を蝕んでいる違法なアップロード動画が並ぶ海賊版ウェブサイトは無料というワードで誘い込んできますが、それは被害しか手に入りません。アクセス者のプライバシーに関連する情報を収集し、どこか別のブラックマーケットに流布するような怖いところもあります。「ザ・コア」が見れるという誘い文句についていくと、無料どころが大損害でノックアウトされます。一度利用すればあなたの使用履歴は残ってしまうのですでに袋のネズミ。こうなっては後々のリカバーも難しいので、最初から関わらないのが得策です。

『ザ・コア』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ザ・コア』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジョン・アミエル
脚本:クーパー・レイン、ジョン・ロジャース
撮影:ジョン・リンドレー
音楽:クリストファー・ヤング

★キャスト
アーロン・エッカート、ヒラリー・スワンク、デルロイ・リンドー、スタンリー・トゥッチ、DJクオールズ、ブルース・グリーンウッド、リチャード・ジェンキンス、チェッキー・カリョ、アルフレ・ウッダード、レカ・シャーマ

★『ザ・コア』の評価

IMDbRTMETA
5.540%??
映画comY!FM
2.93.083.1
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ザ・コア』の感想

●FILMAGA 
科学という概念を地平線の彼方に放り捨てて知能指数を限りなくゼロに落とし込んだディザスター映画です。ツッコミどころが満載なのは言うまでもなく、もはや人間が地球という自分の星をいかに理解していないかを証明している作品でもありますが、そんな真面目な指摘はもういいでしょう。選ばれしものが地球を救うぜ!なテンションで音楽をガンガン鳴らして最後は自己犠牲で感動…この時代のアメリカは少しアホになりたかったのでしょうね…。
●TOHOシネマズ 
こういうアルマゲドン系作品はこの時期は増えたような気がします。今でもあるのですが。マグマであろうが一切ダメージを負わない機械に驚き、それだけの技術があるなら人間を乗り込ませず、自動遠隔操縦にしろよ!と言いたいが、そうしないと、ほら、感動ドラマにならないからね。全ての解決は核爆発というのが人類の限界を感じます。核兵器の使用で平和を描ける人はアメリカ人だけ。これはいつまで続くのか。そんなことを思いながらの鑑賞でした。
●ユナイテッドシネマ  
科学的な信憑性とかはどうでもいい。この映画はどれだけ心を無にしてドラマに感情移入できるかにかかっています。3200kmも掘るという「アルマゲドン」チームもびっくりの超難題プロジェクトに挑むのは、選りすぐりのスペシャリストたち。そんな彼らの活躍を描くこの大作は、後半はずっと地下などでそれなりの工夫である程度の予算に抑えながら、いざ公開してみると興収は予算にすら届かないという悲劇。地球は救えても、映画は救えなかった。