ナラタージュ(2017)

松本潤と有村架純が禁断の愛を熱演

映画『ナラタージュ』のフル動画を無料視聴する方法を揃えておいてレコメンドしています! わかりやすさはどこよりも一番。
今すぐ『ナラタージュ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:ナラタージュ / 日本(2017年) / 日本公開:2017年10月7日 / 140分 / 制作: / 配給:東宝、アスミック・エース

『ナラタージュ』WEB限定予告

(C)2017「ナラタージュ」製作委員会

動画
▼『ナラタージュ』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 良質環境

VOD2 Huluで動画を見る ノイズ無し

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『ナラタージュ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

過激なドラマに釘付け!
世間的にも多くのファンを獲得している俳優たちが共演している作品はついつい気になってしまいます。そんな映画を観たいのであれば、利用者増加中の動画配信サービスがオススメです。今ではユーザーが増えて、レンタル店よりも当たり前の鑑賞スタイルになったサービスですが、貸し借りの必要がないなどのメリットはもちろん、出演俳優の関連作を連続で視聴することもできるので、お腹いっぱいで作品動画を堪能できます。

「無料」より安いものなし!
しかも、ビギナーズの皆さんに朗報です。無料体験の提供がプレゼントされているのはほぼスタンダードになってます。無料で試せる範囲に制約はありません。一部の機能のみという限定的な解放ではないので、扱われている動画を自由に選択して自己環境でセルフトライして、使い心地を確認できます。「動画を観終わったから退会するというのはOK?」「そんな手を使ってしまうのは反則になるのかな」という質問も多いですが、できればそのままずっと使い続けてほしいのが本音ですが、それは個人の自由。やめるぶんには好きにして構いません。行定勲監督の「ナラタージュ」もアリ。

心が乱されてしまう!
不正な動画ウェブサイトは有害な侵略が始まるだけなので適法性・実用性の二点で非推奨。それで松本潤主演の「ナラタージュ」の視聴はダメです。常設や市販のウイルス対策ソフトでなんとか危険は回避できるのではないの?と思っている皆さんは認識が甘いです。それこそがこちらの人生を壊滅させるのです。こういう不利益をもたらすサイトを完全にバスターするなどはできず、たいていは防御システムの穴をすり抜けて、有害な影響を与えてきます。たった1秒の動画再生が永遠の被害を背負う結末になることもあるのです。こんなバッドエンディングは誰でも嫌です。

迷ったときは?
新作映画でも配信の速度はかなり早いので、それに応じて無料視聴の選択幅は広がるばかり。試すのもウズウズしてきます。しかし、VODは流動的すぎるという難点がこびりついています。展開する企業の多さも尋常ではなく、配信作品の顔ぶれも毎日のように変化して、追いかけるのもやっと。有村架純出演の「ナラタージュ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページで疑問に思っていることをスッキリさせましょう。フルムビバースでは鑑賞できるVODを各作品ごとにアイコンで視覚的に整理。適宜、情報更新もされているので参考として役立つはずです。普通の映画データベースサイトは数あれど、フルムビバースは数多のVODから個人感想ブログまで網羅しているのが特色です。「ナラタージュ」に特化。無料体験はその性質上、一生で何度も繰り返し味わえるものではないので、あなたのチャンスはあなたしだいです。これを契機にして自分の映画愛を燃え上がらせる燃料にしてみましょう。

登録情報は最小限
動画共有サイトと違って基本は登録しないと利用できないVOD(そのぶん最高の環境が整っています)。登録する際の個人情報入力に懸念を持っている人は多いはず。このご時世、何に悪用されるのかもわかりません。でもその危険性はそこまでの心配はいりません。冷静に考えればそんな危ういサービスがあるなら生き残れません。少なくとも躊躇するほどではないです。なぜなら登録内容は最小限ですし、その中身は変更も容易いので、問題発生時もすぐさま対応できて、利用範囲も限定されています。あなたがそのパスワードをうっかり漏らさないなら大丈夫。あとは大西礼芳出演の「ナラタージュ」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

原作もついでに見よう
日本でも海外でも小説や漫画の映画化は完全にスタンダードとなり、あらゆる有名作から名作まであちこちで映像化が進んでいます。となると原作を見てみたくなるのも頷けます。VODの中にはオールマーケットなコンテンツサービスを自称し、電子媒体で原作も同一機能として提供しているものもあります。どんどんそれは使い勝手良し。これならばわざわざ購入のために本屋などに行かなくても済むのです。もちろん「私は応援の気持ちも込めてちゃんとカタチとして買っておきたい!」という意見も尊重しますので、上手く使い分けてください。「ナラタージュ」も必読。

動画はフルの方がいい
映画を観る手段はいろいろですけども、見られる内容が同一とは限りません。例えばテレビで放映される映画。昔から気軽に鑑賞できる形態として一般化していますが、これは編集が加えられ、シーンカットされているケースが多いです。これはかなりの問題と受け止めることもあるでしょう。尺を放送時間におさめるための避けられないことなのですが、フルで見れないので、映画の重要シーンや展開が削られていたりも。VODは制約無しなのでそんな心配は要りません。坂口健太郎出演の「ナラタージュ」をフル視聴(full)できることが大事ですか。テレビメディアのプログラムと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

俳優好きにも必須
作品鑑賞の最大のチェックポイントは俳優であると断言する人は少なくありません。それだけの魅力がこの俳優陣にはあります。スター級の大物から、ちょっと話題のトリックコメディアン、芸能界を揺るがす時の人、はたまた個人的に応援したいあの人。他にもまだまだ大勢存在しています。そんなそれぞれの推しに対して、VODでは検索することでより身近になります。その魅力がファンを増大させている「有村架純」の演技をたっぷり堪能して、その一挙手一投足に心を躍らせるのも最高です。知らなかったその人の意外な一面を覗けることもあったり? ますますファンになって夢中になるかも!

『ナラタージュ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月14日時点での『ナラタージュ』の動画配信
  • 「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ナラタージュ』をさらに知る

2006年版「この恋愛小説がすごい」第1位に輝いた島本理生の同名小説を松本潤と有村架純の共演で映画化し、禁断の恋に落ちる高校教師と元生徒が織り成す純愛を描くサスペンス・ロマンス。『ナラタージュ』のエグゼクティブプロデューサーは豊島雅郎と上田太地、プロデューサーは小川真司と古賀俊輔。大学2年生の泉のもとに、高校時代の演劇部の顧問・葉山から、後輩たちの卒業公演への参加を依頼する電話がかかってくる。その人物は自分の過去に深く刻まれた存在だった。高校時代、泉は学校になじめずにいた自分を助けてくれた葉山に思いを寄せていたが、その関係性に対する期待を打ち砕くことが起こるとは思いもしなかった。卒業式の日に起きたある出来事を胸にしまったまま、葉山のことを忘れようとしていた。しかし、1年ぶりに葉山と再会したことで、忘れることにしていた心の奥で封じ込めて抑えていた恋心を再燃させてしまう。一方、葉山もまた泉に対して言葉にはしづらい複雑な思いを内に抱いていた。

★『ナラタージュ』のスタッフ


監督:行定勲(関連作品:『ジムノペディに乱れる』)
脚本:堀泉杏
撮影:福本淳
音楽:めいなCo.

★『ナラタージュ』のキャスト


松本潤、有村架純、坂口健太郎、大西礼芳、古舘佑太郎、神岡実希、駒木根隆介、金子大地、市川実日子、瀬戸康史

★インタビュー


・有村架純「撮影前に監督や脚本家の方と、お互いのイメージを共有し合ったんです。泉は何を言われても動じない、本当の強さを持った凛とした女性だという話が出ました。そこで監督に観るように勧められたのが、成瀬巳喜男監督の『浮雲』でした。ヒロインが泉っぽいということで、参考にさせていただいたんです」

★『ナラタージュ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.33.273.2
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ナラタージュ』の感想

●『ナラタージュ』無料ホームシアター 
行定監督の雰囲気が全面に出ている一作で、本人も思う存分にできたのではないでしょうか。映像が綺麗で、無理な演技が無くて好きな映画になりました。恋愛の不可解さや残酷さを丁寧に描き出しているのが一番の特徴です。本作は簡単に言ってしまえば男女の三角関係を描いた良くある話なのですが、それでも決して平凡にもならず、かといって無駄にドラマチックにもならず、恋愛の苦しい部分をひたすらに描く、その真面目さが好きです。
●『ナラタージュ』BILIBILI
恋愛というのはそれだけで人を傷つけるという残酷性を描いているという点では、今の若者向けのキラキラした青春映画とは真逆といえる。それを体現する男側である松本潤は、安易なイケメン役でもなく、どことなく情けなさを漂わす存在感が上手くフィットしている。一方で、ヒロインの有村架純もまた、安直な美少女ではなく、半端な想いを振りまく未熟さがよく出ている。両者ともこの人間としての欠けている感じが全体の味になっているのだ。
●『ナラタージュ』フリムビミテル 
ハッピーエンドのラブストーリーではないことはわかると思いますが、人によっては自分の恋愛経験によって号泣必須になるでしょう。エンドロールもズルい。作詞作曲が野田洋次郎なのだから余計にです。恋の苦い部分が凝縮されたドラマ展開に胸がつぶれそうになるのですが、それも現実なので何も言えない。高校の先生に初恋をするという内容からは思えないほど、シリアスに進む展開に、人を選ぶことは間違いないですが、良い作品でした。