わたしたち(韓国映画)

友達になれる、何度でも

映画『わたしたち』のフル動画を無料視聴する方法をリサーチしてレコメンドしています! わかりやすさはどこよりも一番。
今すぐ『わたしたち』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The World of Us / 韓国(2016年) / 日本公開:2017年9月23日 / 94分 / 制作: / 配給:マジックアワー、マンシーズエンターテインメント

名匠イ・チャンドン監督が企画!韓国の俊英ユン・ガウン監督『わたしたち』予告

© 2015 CJ E&M CORPORATION. And ATO Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED

動画
▼『わたしたち』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 高画質

VOD2 Huluで動画を見る 多機能視聴

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。

▼『わたしたち』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及スピードはピカイチ!
現代社会の鞭に打たれてボロボロになった私たちの心を解きほぐすのは子どもたちのヒューマンドラマ。そんなストレスから解放されるドラマを観たいのであれば、動画配信サービスを活用してみましょう。見たい作品が必ず配信されているかはわかりませんが、もし配信されているのならばこれを逃すのはもったいないです。レンタル店よりも確実に視聴できますし、家でじっくり見るにせよ、好きなメディアで鑑賞できるというメリットもあります。

「無料」で感謝!
加えて、スタートラインに立ったあなたにビギナーブーストで背中を押します。それこそ無料お試しという最高の救済補助です。動画サイトは無料だけど、映画は商品なので有料コンテンツなのは当然。でもVODの初回時はお試しの機会を設けてくれているので、それに飛びつけば遊び放題で大満足空間。「動画を観終わったから退会するというのはOK?」「それはやっぱり卑怯と言われてしまうのかな」という質問も多いですが、できればそのままずっと使い続けてほしいのが本音ですが、それは個人の自由。やめるぶんには好きにして構いません。ユン・ガウン監督の「わたしたち」も配信後すぐ。

リスキーな動画からは逃げて!
なお、巷に溢れる重大すぎる問題を抱えるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで素直な感動を与えてくれる「わたしたち」の鑑賞はああいう場所ではダメです。1回ならまだしも高頻度で何回も再生停止となってしまう、カクカクと映像がつっかかる、音飛びや音割れが起こる、映像がぼやけている、本編がフルでは見れない…そうした挙げだすとキリのない劣悪なマイナスポイントだらけで、ひたすらに疲れがドッとたまり続けるのでうんざりです。オフィシャルは100%の有用性が保証済み。これを上回るものはないと現状は言い切れるので迷わず使ってください。

あなたの選択は自由!
作品がデジタル配信で一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。でも厄介なトラップも多数。「始めようと登録しても、自分の鑑賞したい動画がない」そういう実は配信が終わっていたという、ヘコんでしまう失敗も起こりえます。涙が止まらない「わたしたち」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページで疑問に思っていることをスッキリさせましょう。フルムビバースでは鑑賞できるVODを各作品ごとにアイコンで視覚的に整理。適宜、情報更新もされているので参考として役立つはずです。むやみやたらに公式動画サービスで作品探しに明け暮れるよりも、こちらで動画配信の有無をざっくり監視する方が時短になります。「また今度でいいかな」と体験チャンスを後回しにしていると、自分の待ち時間なんて気にもすることなく、本当に動画が見たいときに配信が綺麗さっぱり無くなっているというオチもありえます。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースではいくつもの映画鑑賞をサポートする便利機能で補完。そのひとつ「ウォッチリスト」はその名のとおり、ウォッチしたい映画のリストを作れます。なんとなく気になる新作を見かけたのでメモ代わりに…という利用形態でもOK。もうすでに頭で覚えておく必要は一切ありません。ウォッチリストに追加したい映画があったら、各記事内の「Favorite」ボタンを押しましょう。これで終わりです。このリストは勝手に他人に見られることはないです。韓国映画の隠れた名作「わたしたち」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く己の視聴アクセスへとつなげて一気に視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

動画はフルの方がいい
映画を途中までしか見られないなんてお預け状態は勘弁願いたいものですが、VODは当然そんなことにはなりません。たとえお試し期間中であっても動画はフルで最後までお楽しみいただけます。民放TV番組にあるようなカットされてばかりの穴抜けのものではないですし、特定の作品を番組表で流している映画チャンネルにあるような限られた時間にしか見れないものでもないです。好きなようにフル満喫できる最高の味方です。「わたしたち」をフル視聴(full)できるわけですから、他のCMに邪魔されてしまうようなテレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

高評価作品は観る価値あり
映画探しはそれだけでアドベンチャーであり、宝くじのようにアタリ・ハズレで一喜一憂するのも一興。しかし、そんな時間に費やすことはできないなら、高評価作品だけに絞って鑑賞するのも名案です。例えば、賞の受賞作。こういうものはわかりやすく見つけやすいです。批評家称賛のものであれば、万人受けを必ずしも保障はできませんが、とっておきの作品群が揃っているのは確実。優れた見識を持つ専門家の意見は素直に聞いておいて損はないので、モノは試しです。ドラマチックな「わたしたち」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のあるトリプルセットで見ごたえありな映画に触れることで新しい扉が開けます。

海賊版サイトは無料ではありません
巷で感染症のように社会を蝕んでいる違法なアップロード動画が並ぶ海賊版ウェブサイトは無料というワードで誘い込んできますが、それは被害しか手に入りません。その詳細なサイトを教えるわけにはいきませんが、動画の鑑賞には役に立ちません。アクセス者のプライバシーに関連する情報を収集し、どこか別のブラックマーケットに流布するような怖いところもあります。「わたしたち」が無料視聴可能という雰囲気を英語サイトのわけがわからないテキストを適当に翻訳して理解したつもりでもそれは危険。きっと利用規約の長文英語までは読んでいないでしょう。そこに有料などの罠があったらもうおしまいです。不注意1秒で損害永遠です。

『わたしたち』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『わたしたち』をさらに知る

名匠イ・チャンドンが見出した新鋭ユン・ガウン監督が、自身の経験をもとに、いじめやスクールカースト、家庭環境の格差など、現代社会が抱える問題を盛り込みながら、人生で初めて抱く友情や裏切り、嫉妬といった感情に戸惑い、葛藤しながら成長していく子どもたちの姿を描いたドラマ。人間関係はいつも不安定だから、支え合うことが大事。学校でいつもひとりぼっちだった11歳の小学生の少女ソンは、ある時にやってきた転校生のジアと親しくなり、友情を育んでいくが、新学期になると2人の関係にある変化が訪れる。その変化は2人の心の移ろいを誘発し、関係性は揺らいでいく。また、共働きの両親を持つソンと、裕福だが問題を抱えるジアの家庭の事情の違いからも、2人は次第に疎遠になってしまう。その溝は深まっていくばかりで、ソンはジアとの関係を回復しようと努めるが、些細なことからジアの秘密をばらしてしまい…。

★『わたしたち』のスタッフ


監督:ユン・ガウン
脚本:ユン・ガウン

★『わたしたち』のキャスト


チェ・スイン、ソン・ヘイン、イ・ソヨン、カン・ミンジュン、チャン・ヘジン

★『わたしたち』の評価

IMDbRTMETA
7.6??%??
映画comY!FM
?????4.1
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『わたしたち』の感想

●『わたしたち』映画無料夢心地
別にお涙頂戴な映画じゃないのに、感動を露骨に売るような作品でもないのに、観ながらも観終わってからもずっと涙が止まらなかった。この気持ちは何なのだろう。冒頭のドッジボールシーンが本当に秀悦。本当にこれだけで一気に世界観に引き込まれる自分がいる。韓国映画だけど日本の作品っぽい。好きな監督として是枝裕和を挙げるだけあり、小道具の使い方や即興演出など共通する部分が伺える。これからユン・ガウン監督が楽しみになってくる。
●『わたしたち』BILIBILI 
この作品も日常を描く作品だと思う。たぶん学校内ではどこでも起こっているようなこと。今もマスコミを賑わせる「いじめ」までとはいかないかもしれないけど、いわゆるスクールカーストの話である。そもそも「いじめ」だって特別な悪行ではない。大人は当たり前にやっていること。そしてその大人も子ども時代には普通に身近にあったこと。結局、わたしたちはこの問題とずっと隣り合ってきたのだ。あとはそれと向き合う気持ちになるかどうかだ。
●『わたしたち』DAILYMOTION 
小学生の目線から描かれる世界。忘れていたものがそこにあった。思春期よりちょっと前の女の子たちの、やわらかくて染まりやすい、繊細で素直な無垢すぎる心の動きが見事に描かれています。これは私の中では2017年のベストムービーに堂々とランクインしました。誰もが一度は経験のある思春期の入り口のあの時期。女の子じゃなくても共感は出来る筈。ユン・ガウン監督は女性と聞いて何故か納得がいった。本当に素敵な作品に出会えました。