Seventh Code セブンス・コード

黒沢清監督と前田敦子のタッグ作

映画『Seventh Code セブンス・コード』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! わかりやすさはどこよりも一番。
今すぐ『Seventh Code セブンス・コード』を見るなら動画リンクをチェック。

黒沢清監督が前田敦子を主演に迎え、全編オール・ロシア・ロケて贈るミステリー・サスペンス。エグゼクティブプロデューサーは窪田康志と磯野久美子、プロデューサーは荒川優美と椋樹弘尚。ロシア・ウラジオストクを舞台に、想像を超える結末が待ち受ける。元々は前田敦子4枚目のシングル「セブンスコード」のミュージック・ビデオとして制作された。この街であなたの想像を超えることが起こるかもしれない。東京で知り合った男・松永のことが忘れられず、ロシアのウラジオストクまでやってきた高山秋子。しかし、再会を果たした松永は秋子のことを覚えておらず、「外国では人を信じるな」とだけ言い残して姿を消す。なぜそんなことを言うのかもわからず、さっぱりだったが、それはすぐに身に降りかかる。松永の後を追おうとした秋子はマフィアに襲われ、荷物も所持金も何もかも全てを奪われてしまう。完全に何もかもを失い、絶体絶命のような危機に陥る。荒野に捨てられた秋子は何とかして街に戻り、日本人の斉藤が経営するレストランに職住を得て、再び問題の松永を探し始める。そんなある日、店の前を松永が通り過ぎ、この機会を逃すまいと秋子はその後を追いかけるが…。

原題:Seventh Code セブンス・コード / 製作:日本(2013年) / 日本公開:2014年1月11日 / 60分 / 制作: / 配給:日活

映画『Seventh Code セブンス・コード』予告編

(C)2013 AKS


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『Seventh Code セブンス・コード』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

魅惑の作品を身近に!
著名な監督と有名な俳優が組み合わさることで思わぬミラクルが生まれ、無二の魅力が作品に付与されることも珍しくありません。そんな作品が観ないと判断できないもので、そういうときは動画配信サービスを上手く活用しましょう。このサービスの良いところは、出演俳優の関連作を連続して視聴できる部分。俳優のこれまで抱いていたイメージをどんどん覆すような作品が観れて面白いものです。気になるなら試さない手はないでしょう。

「無料」を嫌う人はいない!
初めてというのはハンデではありません。それはむしろ有利な武器になるものであり、トライアル無料チャンスです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「登録は絶対に必要なのですか?」その疑問については、わずかながら登録なしでも利用できるものもありますが、基本は登録が必須。アカウント作成しないと動画を見れないですがすぐ終わります。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「Seventh Code セブンス・コード」の視聴はダメです。直接的に怪しいサイトにアクセスしなくても、今は巧妙にそうしたサイトに誘導させるリーチウェブサイトもあります。例えば、ランキング系サイトはサイトを順位付けして表示しますが、その中に危険度大のサイトが紛れ込んでいることもあります。問題性が欠片もない公式サービスは何一つ気に悩むことも後ろめたいこともないのです。何を躊躇う必要があるでしょうか。

使うべきはどれ?
「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。しかし、VODは流動的すぎるという難点がこびりついています。展開する企業の多さも尋常ではなく、配信作品の顔ぶれも毎日のように変化して、追いかけるのもやっと。「Seventh Code セブンス・コード」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この作品ページでは、配信中のVODはコレとコレです…といった具合に、瞬間的に把握できる手助けをするヘルプ機能を持っています。まずはざっくりと全体の動向を知りたいときに便利です。他の類似サイトと違って、フルムビバースでは情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。無料動画的な体験をしたいならば、登録済みのものよりも初利用となるVODを選択しないといけないので、各自のベストコースをぜひ。

フェアにオススメします
一括チェックツールにもなるフルムビバースは、氾濫するVODの配信変化地獄をわかりやすく整理するだけでなく、その扱いを公平性を重点に徹底しています。よくありがちなグダグダと説明したあげくに結局はひとつのサービスを紹介するにとどまるようなことはしません。ユーザー適正は個人の問題であり、それを無視して押し付けることは玄関をガンガン叩く悪徳勧誘でしかないので絶対にしません。単純に「Seventh Code セブンス・コード」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

広告ブロックに気をつけて
インターネットは便利ですが、自分の理解できない突発的なエラーや問題が起こるのもそう珍しくありません。その一例は、リンククリック時に「ポップアップがブロックされた」と警告が出る場合。厄介なトラブルでイライラしてきますがまずは落ち着きましょう。この原因はひとつ。広告ブロックツールです。拡張機能でブラウザにそのようなサポートを導入していませんか。普段はプラスの機能ですが、アップデート時の不具合が起きたりもするのです。「Seventh Code セブンス・コード」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「Seventh Code セブンス・コード」鑑賞完了後に解約もアリ。キャリアスマホの解約はなにかと面倒な契約の縛りばかりでうんざりしていたことも多いものでした。しかし、VODの解約はその心配は捨て去って結構です。なにせワンクリックで瞬時に退会ページへ進み、そのままの流れで解約できます。変な制限はなく、電話確認もないので、実質1分程度で終わって済ますことができ、あなたの望む日に完了。これにより動画を観終わってもう必要ないと思った人でも、すぐさまにストップできます。もちろん再開もすぐにできます。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「Seventh Code セブンス・コード」を何度も見るなんてモノ好きだと言うのですか? そんなことを言ったらファンに首を絞められてしまいますよ。動画を何度も見て自分の愛をエネルギーに変えてひたすらにLOVEを捧げる。それがファンダムの人たちが行う儀式みたいなものです。しかし、映画館でそれをするのはさすがにキツイ。それもわかる。そこでVOD。最も複数鑑賞がラクな手段であり、2回見ようが10回見ようが無料で追加料金はないので、この動画無限パラダイスで羽を伸ばしましょう。

『Seventh Code セブンス・コード』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『Seventh Code セブンス・コード』をさらに知る

★スタッフ
監督:黒沢清(関連作品:『リアル 完全なる首長竜の日』)
脚本:黒沢清
撮影:木村信也
音楽:林祐介

★キャスト
前田敦子、鈴木亮平、アイシー、山本浩司

★『Seventh Code セブンス・コード』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.22.823.0
フルムビバース独自ランク
A

★『Seventh Code セブンス・コード』の受賞
第8回ローマ国際映画祭インターナショナル・コンペティション部門で最優秀監督賞と最優秀技術貢献賞を受賞。

★『Seventh Code セブンス・コード』の感想

●FILMAGA 
元はMVだそうですが、映画としてもそれなりには見れるしっかりした内容で、さすがは黒沢清監督作だなと思わされました。前田敦子は黒沢清との相性がいいことを痛感します。鈴木亮平のストーカー状態が妙に似合ってしまう前田敦子はさすがと言えばさすがの演技。やっぱりアイドルよりも役者の方が似合っていたのでしょう。しかし、前田敦子の食べっぷりが、半端じゃなかったですね、ガツガツ具合が何とも言えない変な感じで印象的でした。
●BILIBILI  
思えばここ数作における黒沢作品の男女のあり方は完全にひっくり返るように逆転してしまっている。90年代の黒沢映画においては、男性の主人公の力が明らかに絶対であり、女性はそれに従属する形で家庭にいることが多かったと思う。しかし、いつごろか、すっかりその立ち位置は変わった。これは世相の反映というよりは、黒沢作品の鋭い社会風刺も合わせて、必然の流れだったのだろう。これからも今作のような個性的な映画を作ってほしい。
●フルムビセブン
前田敦子はポテンシャルの高い女優だとあらためて思い知らされた。「もらとりあむタマ子」的な、恥も外聞もない演技の気持ちよさがある。既に素晴らしい女優なのだが、一部では過小評価されているのは元アイドルだからだろうか。だとしたら、ふざけた話である。そんな偏見でしかないのなら、その人は映画を見る才能はない。映像はやはり黒沢清タッチとしか言いようがない出来で、PVという扱いにするのはもったいない企画であった。