レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー

予想外の敵にも皆で立ち向かえ!

映画『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! わかりやすさはどこよりも一番。
今すぐ『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』を見るなら動画リンクをチェック。

ブロック玩具「レゴ」をモチーフに、2011年からアメリカ、デンマークなどで放送され、日本でも人気のテレビアニメシリーズの映画版。製作はダン・リン、フィル・ロード、クリストファー・ミラー、ロイ・リー。いつでも一緒ならどんな試練も乗り越えられる。平和なニンジャゴーシティに、悪の支配者・ガーマドンが手下とともに街を破壊しにやってきた。しかし、ただ黙ってやられる一方ではない。師匠のウー先生に率いられた、伝説の若きニンジャ・ロイドは、仲間のカイ、ジェイ、コール、ゼン、ニャーとともにニンジャゴーシティを守るため、好き放題に悪さをするガーマドンたちにチームワークで立ち向かう。

原題:The Lego Ninjago Movie / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開:2017年9月30日 / 101分 / 制作:Warner Animation Group / 配給:ワーナー・ブラザース

映画『レゴ®ニンジャゴー ザ・ムービー』予告【HD】2017年9月30日公開

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなにも魅力が拡散中!
レゴ・アニメ映画シリーズはキッズ向けと思われがちですが、実は大人からも支持が高い作品です。まだ観ていないという人も多いでしょうから、ぜひとも動画配信サービスを利用してお得に鑑賞してください。これはスマホでも、パソコンでも、テレビでも、自由に選択して視聴できるので、個人で需要が全く違う現在の状況にぴったり合うユーザーフレンドリーなサービスです。字幕でも吹き替えでも楽しめるので、自分の好みで楽しめます。

「無料」は全て初心者のため!
考える前にまずはもっと情報を聞いてください。あなたのような初心者には特別な無料トライアルがプラスされます。なんとも耳寄りな情報ではありますが、これは初期登録時点から設定された一定の期間、動画視聴を含むあらゆる機能を無料試用できるもので、フリーダムに使えます。「サービスの利用停止はすぐにできますか?」という質問は最も頻繁に寄せられるものです。その答えはいつもひとつ。とても簡単にできます。自由に退会ができないようなことはないのでご安心を。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの使用はストップすべきです。それで「レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー」の鑑賞はダメです。直接的に怪しいサイトにアクセスしなくても、今は巧妙にそうしたサイトに誘導させるリーチウェブサイトもあります。例えば、ランキング系サイトはサイトを順位付けして表示しますが、その中に危険度大のサイトが紛れ込んでいることもあります。どうせならちゃんと製作者に還元できる視聴をしましょう。それが応援であり、次の作品を生む原動力にもなるのです。

迷ったときは?
「(/・ω・)/新作を待ってたよ!」と配信待機している皆さんもただ待つだけではなく、理想的な無料視聴を逃さずに。ただし「これは見逃せない!」とすぐさま登録に手を出す前に、1回、熟慮する事項があります。それは今の時点で配信しているのかという重要な点です。「レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。無料動画を夢心地で見るためにも配信情報の収集は必須。このページでは最も肝心な該当作品を配信しているVODをアイコン表示。面倒な確認作業をショートカットして時間を有効活用できます。むやみやたらに公式動画サービスで作品探しに明け暮れるよりも、こちらで動画配信の有無をざっくり監視する方が時短になります。未体験VODの存在があるなら、それは初心者スタートのサポートを受けられるチャンスです。これを見逃せば次は保証できません。

字幕・吹替、選択は自由
外国語映画(英語など)を見るなら、視聴者は「字幕」か「吹き替え」の二者択一を迫られます(もちろんオリジナル音声でOKな語学力のある方は別)。それぞれは一長一短で、どちらも捨てがたいものです。字幕独自の俳優演技重視、吹替独自のユニークな翻訳の妙、両方とも面白いです。できれば2種類を楽しむために2回鑑賞してほしいといいたいところですが、そうもいかなかったり。VODではしっかり対応済みの作品なら2パターンを見れて、ダブルで「レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー」の面白さの発見につながるかもしれません。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー」でもあります。例えば、今では誰でも所有しているスマートフォンですが、映画などの大容量動画の長時間再生となると、それなりのスペックが求められます。少なくとも安い低価格スマホだと、再生がカクつくこともあるかもしれません。スマホで映画鑑賞するなら、大画面で高画質&優れたCPU性能のものを選択すると後悔しません。ただし、スマホならば各VODごとに専用アプリがあるので、そこまで真剣に機能性を考えなくても視聴に不便しないです。

高画質で見られる?
DVD映画をパソコンに取り入れる方法や、DVD映画をコピーする方法を検索するような人はきっと高画質なまま動画を自由な端末で観たいという要望があるのでしょう。しかし、それはプロテクトのかかっているものであり、つまり禁止事項であります。だからこそのVODです。今は各メーカーにてパソコンやスマホでの鑑賞ならVODを選択するというのがお約束。もちろん画質がDVDやブルーレイに劣ることはありません。場合によっては4K画質も用意済み。もはやディスクいらずでクリアな「レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー」の動画を楽しみましょう。

海賊版サイトは無料ではありません
巷で感染症のように社会を蝕んでいる違法なアップロード動画が並ぶ海賊版ウェブサイトは無料というワードで誘い込んできますが、それは被害しか手に入りません。アクセス者のプライバシーに関連する情報を収集し、どこか別のブラックマーケットに流布するような怖いところもあります。「レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー」が見れるという誘い文句についていくと、無料どころが大損害でノックアウトされます。一度利用すればあなたの使用履歴は残ってしまうのですでに袋のネズミ。こうなっては後々のリカバーも難しいので、最初から関わらないのが得策です。

『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』をさらに知る

★スタッフ
監督:チャーリー・ビーン
脚本:ヒラリー・ウィンストン、ボブ・ローガン、ポール・フィッシャー
音楽:マーク・マザースボウ

★キャスト
ジャッキー・チェン、デイブ・フランコ、ジャスティン・セロー、フレッド・アーミセン、アビ・ジェイコブソン、オリビア・マン、クメイル・ナンジアニ、マイケル・ペーニャ、ザック・ウッズ

★『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』の評価

IMDbRTMETA
6.055%55
映画comY!FM
2.93.363.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』の感想

●FILMAGA 
忍者風カンフー親子物語。わざとざらつかせた映像のロゴからのJ・チェンの実写アクションパートで始まり、明らかに最初から作品の方向性を全開にしている。ただ、日本でもこの作品のもともとの知名度が低いせいか、あまり注目されずに劇場公開が終わってしまった気もする。非常にもったいない。ビジュアルは子ども向けだが、ギャグセンスは大人でも笑えるものなので、臆することなく鑑賞していくといい。最高のエンタメです。
●イオンシネマ  
テレビシリーズとは設定が違い、面食らったが直ぐに別物として観れたのでOK。海外の人のニンジャに対する感覚が日本人と全く違うので「忍者」と「ニンジャ」の違和感に納得さえいけば、あとはスルーできてしまうだろう。それよりもカンフーしていることの方が問題ではないかと思うが…。街中でのバトルはLEGOムービーらしいハチャメチャさ。まさかの禁断の刺客も登場して、最強の敵はソイツなのかと誰もがツッコむはず。楽しいです。
●CRUNCHYROLL 
傑作「レゴバットマン」に続いて今度は日本のニンジャへのリスペクトたっぷりの作品。もとになっている作品はアメリカでの一定の人気があるのだが、日本ではイマイチなので、これが新作オリジナルだと勘違いしている人も多いのでは。高校生がロボを駆使してガーマドンに立ち向かう様は「パワーレンジャー」のようで、ものすごい日本を意識している。親子というテーマ、コテコテに、ストレートに泣かせる演出。それが意外に少なめでした。