ポセイドン(2006)

名作「ポセイドン・アドベンチャー」をリメイク

映画『ポセイドン』のフル動画を無料視聴する方法を見やすく並べてレコメンドしています! どこに動画があるかすぐにわかります。
今すぐ『ポセイドン』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Poseidon / アメリカ(2006年) / 日本公開:2006年6月3日 / 98分 / 制作: / 配給:ワーナー・ブラザース

Poseidon Trailer

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】高水準
VOD2【Hulu】マルチ対応
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『ポセイドン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及率が抜群に伸びている!
息が詰まりそうな急展開の連続にハラハラドキドキが止まらないアドベンチャーは映画でも人気のジャンル。そんな作品を観たいのならば、動画配信サービスが大活躍します。ネット配信ということもあり、画質の心配をする人も多そうですが、昔とは違って今の動画サイトはしっかりしているサービスであれば、ハイクオリティの映像を提供しています。DVDと遜色ないHD画像の鑑賞は当たり前。テレビでも再生できるので大画面でも楽しめます。

「無料」はやっぱり魅力的!
知っています。何よりも気になっているのは無料お試しトライアルでしょう。それはたいていの関心ポイントになる部分です。であるならば動画をタダで見るなら耳に必ず入れるべきです。この耳寄りな情報は今の作業を一旦中断してでもメモしておきたいものです。なにせ一定の期間に限るかたちで無料お試しが可能なのですから、それはまるで無料動画スタイルです。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。ウォルフガング・ペーターゼン監督の「ポセイドン」もアリ。

危険が浸水してくる!
なお、巷に溢れる沈没する船以上に面倒なイリーガルな動画サイトに手を出すとアウトです。それでカート・ラッセル出演の「ポセイドン」の鑑賞はダメです。1回ならまだしも高頻度で何回も再生停止となってしまう、カクカクと映像がつっかかる、不愉快さに直結する音飛びや音割れが起こる、細部が見えないほどに映像がぼやけている、本編がフルでは見れない…そうした挙げだすとキリのない劣悪なマイナスポイントだらけで、うんざりです。ネット上には自分の失敗で大損害を受けても泣き寝入りしている人ばかりなので、その仲間にはなりたくないでしょう。ダメージは回復できませんし、あなたの人生に汚点を残す必要性など皆無なのです。

どれを選べばいい?
まだ話題が冷めていない新作をネット動画配信で視聴するのも可で、実現性は夢ではありません。VODの棚に並ぶのもそこまでずっと未来ではないです。しかし、VODは流動的すぎるという難点がこびりついています。展開する企業の多さも尋常ではなく、配信作品の顔ぶれも毎日のように変化して、追いかけるのもやっと。ジョシュ・ルーカス出演の「ポセイドン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこの作品ページが絶大な効果を発揮。一日は24時間しかないですが、貴重な時間を無駄にはさせません。配信サービスをアイコン画像でわかりやすく整理して紹介しています。他サイトにありがちな形式文章で機械的に量産した紹介ページとは違って、こちらでは作品ごとのマッチしたレコメンドになるように調整済みです。未体験VODの存在があるなら、それは初心者スタートのサポートを受けられるチャンスです。初心者であることを最大限に活かしましょう。これを見逃せば次は保証できません。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際はどういう状況であろうとも再生機器の条件を満たす必要が「ポセイドン」でもあります。「大画面が一番でしょ」という人にはテレビでの鑑賞は外せないところですが、それでVODを利用するには対応テレビかChromecastなど専用機器は必要なので要確認。困ってしまうことにはならないでしょう。「ほどよい画面サイズでいいや」という人ならパソコン。これはたいていの機種に限らず有名ブラウザには対応済みなので安心。「手持ちでどこでも観たい」という人にはスマホ。これはアプリのインストールでOKなので最もフレキシブルかつイージーに楽しむことが可能です。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどウェブブラウザはパソコンでの動画視聴には必須の存在ですが、ときおり困ったトラブルが起こったりして歩みを妨害してきます。それは案外と見慣れないものだったりすると詳しい人でも困惑します。例えば、外部リンクをクリックすると「ポップアップ・ブロック」となったり、急にブラウザが落ちたり、CPUが暴走して急激に負荷がかかったり…。これらは拡張機能の停止で解消されることがあります。とくに広告ブロックツールは余計な挙動をする場合もあるので、無頓着に過信しないように。リチャード・ドレイファス出演の水難事故の恐怖が浮かび上がる「ポセイドン」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を「ポセイドン」視聴前に気にする人もいるでしょう。その解約が「完了するまでの作業が複雑すぎる」「退会ページを発見しにくい」といったデメリット的落とし穴があるのではと警戒したくなる人もいると思いますが、そこまでの不信感を増大させるほどの問題はないです。もしそんなサービスがあるとしたら当の昔に行政指導されるような事態になって炎上してしまいます。少なくとも今はかなり退会に関してはシンプルな構成になっているので安心です。アカウントを削除するのも一瞬で終わります。利用を再開するのも容易なのでカジュアルです。

ホームシアターのススメ
あなたは何で動画を見るのがお好きですか? スマートフォンは誰でも持っているでしょうが、もっと最高動画を楽しみたくないですか? お金をコツコツ貯めれば自宅にホームシアター環境をセットアップできます。時代はかなり便利になってきました。今はかなりお買い得な値段で用意可能。まるで映画館が無料で手に入ったようなものです。エミー・ロッサム出演のダイナミック災害スペクタル「ポセイドン」も最高級に。今すぐにでもと浮足立つのは理解できますが、はやる気持ちをおさえてじっくり思考しましょう。熟慮は大事。なにせ結構な準備も必要ですし、失敗もしたくありません。詳しい人や専門店に行って設備機器を目視してみるのもグッドジョブです。

『ポセイドン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月8日時点での『ポセイドン』の動画配信
  • 「U-NEXT」「U-NEXT」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ポセイドン』をさらに知る

1972年に製作されたパニック映画の名作「ポセイドン・アドベンチャー」を、ウォルフガング・ペーターゼン監督のメガホンで、カート・ラッセルとジョシュ・ルーカス主演によってリメイクしたパニック・アドベンチャー。製作総指揮はシーラ・アレン、ケビン・バーンズ、ジョン・J・ジャシュニ、ベン・ウェイスブレン。北大西洋の真ん中で大勢の乗客を乗せた豪華客船が、異常ともいえる大波を受けて転覆する。それは絶望的な状況で、誰もが死を覚悟した。客船がしだいに沈んでいく中で、人々は生き延びるために懸命に手を取り合い、力を振り絞って脱出を図ろうとする。しかし、想像を絶する危機が疲労した乗客たちに次々と襲い掛かり、パニックは拡大し、やがて苦渋の選択を迫られることに…。

★スタッフ
監督:ウォルフガング・ペーターゼン
脚本:マーク・プロトセビッチ
撮影:ジョン・シール
音楽:クラウス・バデルト

★キャスト
カート・ラッセル、ジョシュ・ルーカス、リチャード・ドレイファス、エミー・ロッサム、マイク・ボーゲル、ミア・マエストロ、アンドレ・ブラウアー、ケビン・ディロン、フレディ・ロドリゲス

★『ポセイドン』の評価

IMDbRTMETA
5.633%??
映画comY!FM
3.13.153.2
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ポセイドン』の感想

●シネマトゥデイ 
オリジナルもいいけどこのリメイクも失敗してないと思います。映像的な迫力はパワーアップしているし、何より鑑賞すれば水恐怖症になるのではというくらいの圧迫感。いつのまにか自分の息を止めて釘付けになってしまっていましたから。ハラハラドキドキが多いぶんエンターテインメントとして楽しいけど、それ以上に水の怖さを刻み込まれるという意味では完全なトラウマ映画です。船に乗りたくないな~。とくに大型客船とかは勘弁ですね。
●TOHOシネマズ  
巨大津波によって転覆した豪華客船の中で下から水が迫るなか、必死に上に逃げて船底のプロペラから脱出する海難アドベンチャーです。「タイタニック」みたいな恋愛メインで泣かせに来たりはしません。一人また一人と命を犠牲にしながら最終的には生還を目指す展開に、手に汗握るとはまさにこのこと。ビックな船がぐしゃんとひっくり返るのは心臓に悪すぎる映像。絶対にこれから観光客船で旅行するつもりの人はこの映画を見てはいけません。
●イオンシネマ  
70年代パニック金字塔の「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイクとして、ほどよく面白い。元を知らなくてもノー・プロブレム。当時にはなかったCGを使い、大津波と沈みゆく船のリアルさを表現しているので、完全に映像のパワーで押してきます。オリジナルに対してストーリーテリングやキャラクター設定がどうこうというのはもうどうしようもないこと。だったら本家を見ればいい話ですから。死亡フラグを突破する力が勝ったのです。