エンドレス・ポエトリー

ホドロフスキーが贈る本当に生きる意味

映画『エンドレス・ポエトリー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! どこに動画があるかすぐにわかります。
今すぐ『エンドレス・ポエトリー』を見るなら動画リンクをチェック。

アレハンドロ・ホドロフスキー監督による自伝的作品『リアリティのダンス』の続編。製作総指揮はアレハンドロ・ホドロフスキー、モイセス・コシオ、アッバース・ノクハステ、浅井隆。故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住したホドロフスキー一家。さまざまな悩みや葛藤を抱えたアレハンドロ青年は、後に世界的な詩人となるエンリケ・リンやニカノール・パラら、若きアーティストとの運命的で刺激的な出会いにより、自分が囚われていた現実からしだいに解放される。

原題:Poesia Sin Fin(Endless Poetry) / 製作:フランス・チリ・日本(2016年) / 日本公開:2017年11月18日 / 128分 / 制作: / 配給:アップリンク / 前作:『リアリティのダンス

映画『エンドレス・ポエトリー』予告編

(C)2016 SATORI FILMS, LE SOLEIL FILMS Y LE PACTE


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る

▼『エンドレス・ポエトリー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及率が抜群に伸びている!
才能あふれる映画監督が生み出す世界は唯一無二のオリジナリティが光っています。そんな才能に触れているだけで満たされる気持ちになるもの。そうした作品を観たいのであれば、動画配信サービスを使ってお得に視聴しましょう。映画鑑賞をする方法はさまざまですが、最近ではレンタル店は不便さも目立ち、ネットの発達にともない、ネット配信の重要性が増しています。今ではスタンダードな視聴スタイルになりました。

「無料」で感謝!
加えて、スタートラインに立ったあなたにビギナーブーストで背中を押します。それこそ無料お試しという最高の救済補助です。支払いの発生は普通は初月からなのですが、初回お試しが適用されると、設定された期間の後になります。つまりお金を払うのを保留にする感覚です(2か月分払う等はないです)。「登録しても飽きたらすぐにやめられるのかな」もちろんこちらの本音はずっと使ってほしいと願っていますが、ユーザーの気持ちは止められませんので、そのときは自由に利用停止しても構いません。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「エンドレス・ポエトリー」の鑑賞はダメです。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。どう考えても問題点だらけの世界から立ち去りたいでしょう。公式保証のサービスでベスト体験をすべきです。

使うべきはどれ?
「無料と聞いて黙ってはいられない!」と血気盛んに動画鑑賞モードに突入したら、そのまま登録に突進しましょう。しかし、VODは流動的すぎるという難点がこびりついています。展開する企業の多さも尋常ではなく、配信作品の顔ぶれも毎日のように変化して、追いかけるのもやっと。「エンドレス・ポエトリー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。無料動画を夢心地で見るためにも配信情報の収集は必須。このページでは最も肝心な該当作品を配信しているVODをアイコン表示。面倒な確認作業をショートカットして時間を有効活用できます。他にも似たサイトはありますが、フルムビバースでは特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。配信は常に同じではないので、今視聴可能だとしても、明日は無いかもしれません。どこかの誰かではないですけど「今でしょ」の言葉どおりです。

登録情報は最小限
初めてVODに登録する際に入力する情報は、名前、メールアドレス、アカウントパスワード、生年月日、電話番号などだけです。電話が来たら迷惑極まりないですが、それはないですし、メールすらも頻繁には届きません(アカウント設定でOFFにすると良いです)。入力情報は必要なものに限るので、無駄にプライバシーを侵害するリスクも少ないです。VODのストイックなシンプルさは事前にクレジットカードの登録を要求することで、ユーザーの信頼性を確認しているゆえです。あとは「エンドレス・ポエトリー」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

無料動画サイトとの違い
従来、無料で動画を見る手段といえば、スタンダードにセレクトされるのが動画サイトの存在。それを知らない人はいません。しかし、大手の巨大サイトでもツギハギだらけのボロ鞄のように穴がいっぱい生まれます。例えば、詐欺に近い質の低い動画コンテンツが溢れ、しかもそれが削除対応が追い付くことなく放置されています。かなり数は減ってきた方ですが、いまだに不正サイトへの誘導が目的のテキスト動画もしぶとく残っていたりも。VODはそれらの心配が一切ない、「エンドレス・ポエトリー」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

動画はフルの方がいい
映画はそれなりの上映時間があり、1~2時間、長いものだと3時間を超えることもあります。しかし、長すぎるゆえにテレビ放送などでは編集されて部分的にカットされたバージョンになっていることも。これではフル動画は見れません。そこでVODの出番です。ネット配信には時間の制約はないので、初めから終わりまで作品の完全版を堪能し、隅々までしゃぶりつくせます。動画がフルなのは保証できます。「エンドレス・ポエトリー」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

高評価作品は観る価値あり
映画探しはそれだけでアドベンチャーであり、宝くじのようにアタリ・ハズレで一喜一憂するのも一興。しかし、そんな時間に費やすことはできないなら、高評価作品だけに絞って鑑賞するのも名案です。例えば、賞の受賞作。批評家称賛のものであれば、万人受けを必ずしも保障はできませんが、とっておきの作品群が揃っているのは確実。優れた見識を持つ専門家の意見は素直に聞いておいて損はないので、モノは試しです。「エンドレス・ポエトリー」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『エンドレス・ポエトリー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『エンドレス・ポエトリー』をさらに知る

★スタッフ
監督:アレハンドロ・ホドロフスキー
脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
撮影:クリストファー・ドイル
音楽:アダン・ホドロフスキー

★キャスト
アダン・ホドロフスキー、パメラ・フローレス、ブロンティス・ホドロフスキー、レアンドロ・ターブ、イェレミアス・ハースコビッツ

★『エンドレス・ポエトリー』の評価

IMDbRTMETA
7.794%78
映画comY!FM
3.83.994.1
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『エンドレス・ポエトリー』の感想

●映画無料夢心地 
「リアリティのダンス」から地続きの物語なので、そちらを見てからの方がずっと楽しめると思います。前作も非常に素晴らしく、今作の期待も膨らむばかりでしたが、期待以上に最高の体験ができました。ホドロフスキーの人生が描くというだけではない、創作とか生とかそういう活力が全てみなぎっている映画です。魂の謳歌という言葉がふさわしい、エネルギーの爆発でした。年齢とか関係ない、全ての人に生きる渇望を思い出させる作品です。
●FILMAGA
シーンの展開とこちらの理解の壮絶な追いかけっこの末に辿り着くのは、生きることの全肯定。甘過ぎないのがいい。一筋縄じゃいかない。自分で自分の機嫌をとって正直に生きていきたいな…。現在のアレハンドロの言葉はいちいちずっしりきた。なんか言葉にするのはとても難しくて、でも、自分が求める存在が見えてくる気がする。もし人生に迷っている人がいるなら、この映画を見るのはオススメです。きっと道しるべになってくれるはずだから。
●TOHOシネマズ
ホドロフスキー88歳、自身の青春期を真っ直ぐに見つめ直し、生と死を鮮やかに描いた大傑作! ちょっとした奇抜な演出や芸術性は、これまで通り予想していたけれど、こんなにも愛に溢れたものになっているとは思わなかった。街並みを当時の風景に変える、舞台の切り替えみたいなセットも、実際は予算不足のすえの苦肉の策らしいけどアイデアだなぁという感じだし、衰え知らずのホドロフスキー。永遠に映画を作らせたい監督のひとりです。