女は冷たい嘘をつく(2016)

消えた娘とベビーシッターの謎とは?

映画『女は冷たい嘘をつく』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! どこに動画があるかすぐにわかります。
今すぐ『女は冷たい嘘をつく』を見るなら動画リンクをチェック。

正体不明のベビーシッターに子どもを連れ去られたシングルマザーが繰り広げる5日間の追跡劇を描き、大ヒットした韓国製サスペンススリラー。あなたは自分の知らない嘘の存在に気づいてしまう。1歳の娘ダウンの親権をめぐって元夫と調停中のジソンは、住込みの中国人ベビーシッターの女性ハンメに娘の世話を任せ、自らは仕事に追われる多忙な日々を送っていた。これではろくに家族の時間を作るなど不可能だが、忙しさは待ってくれない。そんなある日、ハンメとダウンがこつ然と姿を消してしまう。突然のことで戸惑うジソン。しかも、その絶望的状況がさらに深まるように、警察や家族さえも相談しても信じてもらえず、養育権訴訟中に起こした自作自演ではないかと疑われてしまう。自分への追い込みばかりが強まり、困り果てるしかないジソン。周囲に疑われ追い込まれたジソンはたった1人でダウンの行方を追うが、やがてハンメの名前も年齢も全てが嘘だったことが判明し…。

原題:Missing: Sarajin Yeoja / 製作:韓国(2016年) / 日本公開:2017年10月30日 / 100分 / 制作: / 配給:クロックワークス

娘はどこに…!映画『女は冷たい嘘をつく』予告編

(C)2016, DICE FILM & MEGABOX PLUS M, ALL RIGHTS RESERVED


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『女は冷たい嘘をつく』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使いたいなら迷うことなし!
緊迫感溢れるサスペンスは誰でも思わず手に汗握るような体験に巻き込まれますが、韓国映画はその中でも特にサスペンスが得意です。そんな個性の強い作品を観たいのあれば、動画配信サービスを上手く使ってお得に観ましょう。利点はたくさんありますが、検索機能が充実しているので、他作品も連続して視聴できるのが病みつきになります。関連作を観ていけば、どんどん映画ライフから抜け出せなくなります。

「無料」で感謝!
普通でも役に立つのにさらなるメリットとして、お試しが無料で可能という、サービス利用の促進策が初心者オンリーで使えたりします。ビデオオンデマンドと呼ばれるサービスの多くで採用されている初回限定の無料施策。とりあえず言えることはユーザーにとってまたとない大きなお手軽チャンスだということです。「退会の時期に制限はあるのか?」という質問に関しては、そのような制約はないと回答できます。携帯キャリアとは違って縛りのようなものはありません。好きなタイミングで辞められます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「女は冷たい嘘をつく」の鑑賞はダメです。直接的に怪しいサイトにアクセスしなくても、今は巧妙にそうしたサイトに誘導させるリーチウェブサイトもあります。例えば、ランキング系サイトはサイトを順位付けして表示しますが、その中に危険度大のサイトが紛れ込んでいることもあります。どうせならちゃんと製作者に還元できる視聴をしましょう。それが応援であり、次の作品を生む原動力にもなるのです。

迷ったときは?
新作は蚊帳の外なんていう時代でもありません。その無料チャンスが手招きしているなら喜んでダイブしたいはずです。「動画を観るぞ!」と意気込んでいると思わぬぬかるみに足がハマるかもしれないです。お目当ての作品配信が終了していたり…なんていう失望絶望は経験しない方が良いのは当然です。「女は冷たい嘘をつく」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題は早急に解決してしまいましょう。「すぐさま配信しているVODの名前が判断できるといいな」という願望を叶えるページがここです。むやみにリンクを踏みまくる必要はありません。他の類似サイトと違って、フルムビバースでは情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。無料動画的な体験をしたいならば、登録済みのものよりも初利用となるVODを選択しないといけないので、各自のベストコースをぜひ。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「女は冷たい嘘をつく」でもあります。テレビの場合は、対応済みのテレビか、専用機器(Chromecastなど)が必要です。パソコンの場合は、Windows・Macでも対応のブラウザ(基本はGoogle Chrome・Internet Explorer・Firefox・Edge)を利用しましょう。場合によってはAdobe Reader SilverlightなどのプラグインやJavaScript Cookieが有効でなければいけないこともあります。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

動画はフルの方がいい
このサイト名が「フル」ムビバースであるとおり、こちらでは必ずフル動画を紹介しています。VODのフルは正真正銘のオール・フルです。テレビ民放放送のように時間枠におさめるためにシーンをカットしたりはしません。これぞVODの隠れたメリットでもありますが、タイムリミットがないのでフルコンテンツを提供していることがほとんどなのです。クレジット後のオマケまで余すところなく全編を鑑賞可能です。「女は冷たい嘘をつく」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

表現規制を避けるなら
映画ならば避けられない表現規制の映像制限。パブリックな劇場やテレビ放映ではレーティングによって表現の自由と対象への配慮の妥協点を見いだしてはいますが、それでもせっかくの作品に手が加えられ、見苦しい感じになるのは不快だという人もいます。なるべく製作陣の作りたかった、見せたかったものを味わいたいのがファンの素直な気持ち。そこで、独立系のVODであれば、かなり自由に映画を配信しているので、そんな自主規制もなんのそので、映像をノーカット・ノー編集で味わい尽くせます。「女は冷たい嘘をつく」も規制なしでどうぞ。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「女は冷たい嘘をつく」も2回3回4回と鑑賞してみれば印象は変わってきますよ? そんな繰り返しは時間の無駄という意見もわからなくもないですが、ぜひとも少しでも1日の余裕があるなら、ネット配信で試しましょう。とくに他人の感想や分析を見ながらの再鑑賞は新しい気づきを与えてくれて、つまらないと思った作品も名作に変わることも。おカネがない人でも最小限の料金で何回も見れるというのは今の時代だからこそのデジタル万歳なメリット。せっかくなら満喫しましょう。

『女は冷たい嘘をつく』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『女は冷たい嘘をつく』をさらに知る

★スタッフ
監督:イ・オニ
脚本:イ・オニ、ホン・ウンミ
撮影:キム・ソンアン
音楽:シム・ヒョンジョン

★キャスト
オム・ジウォン、コン・ヒョジン、キム・ヒウォン、パク・ヘジュン

★『女は冷たい嘘をつく』の評価

IMDbRTMETA
6.4??%??
映画comY!FM
?????3.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『女は冷たい嘘をつく』の感想

●FILMAGA 
よく練られたストーリーと悲しみの連鎖が畳み掛け、謎が明かされる様は観るものを惹きつける一級品のサスペンスでした。特にオム・ジウォンとコン・ヒュジンの演技は圧倒的な存在を放っており、韓国映画の底力を見せつけられました。根底にあるものは母親とベビーシッターそれぞれの子への愛。愛ゆえの行動だからといって擁護しようとかはないが、一概に冷たい嘘と呼ぶことはできないのがツラい部分。不思議と根底の部分に温かさもありました。
●ユナイテッドシネマ 
ラブコメの女王、コンヒョジンがこんなにも母親役にハマるなんて、意外な発見でした。テーマは子育て。韓国映画らしい社会の闇も見えます。日本だと女性側の有責でも親権は8~9割は母親側に行くとどこかで聞いた事があるのですが、韓国は事情が違うのかもしれません。ジェットコースター並の展開で、この社会の歪みを切り裂き、一瞬で駆け抜ける。凄い作品です。雑に絡んだ糸が少しずつほぐれていく脚本も良いし、ラストの切ない決着も見事。
●DAILYMOTION 
これはネタバレ厳禁ですね。他国籍のお嫁さんへの暴力、臓器売買、シングルマザーの子育て…国の問題にスポットを当てつつ、ラスト30分伏線の回収も含めて主人公達の心の機敏にしっかりフィットする。社会風刺とドラマがぴったり一致する。これぞ韓国映画の真骨頂。徐々に明かされていくベビーシッターの過去、唯一できた光が閉ざされた時の喪失感。お隣の国だけど、この問題はきっと日本でもある。排斥する社会圧の強まりにそう感じました。