ザ・インターネット(1995)

サンドラ・ブロック主演、電脳サスペンス・スリラー

映画『ザ・インターネット』のフル動画を無料視聴する方法をネット中心でレコメンドしています! どこに動画があるかすぐにわかります。
今すぐ『ザ・インターネット』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Net / アメリカ(1995年) / 日本公開:1996年1月20日 / 114分 / 制作: / 配給:コロンビア、トライスター映画

1995 – The Net – Trailer

▼『ザ・インターネット』の動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】初心者有利
VOD2【Hulu】高水準
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『ザ・インターネット』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及率が抜群に伸びている!
旧作作品は映像としても世界観としても古めですが、時代を超えて別の見方ができるようになるなど、面白い楽しみ方もできます。そんな作品に触れたい人は、動画配信サービスを効果的に使いましょう。このサービスは利用者も増加中で、最近のアンケート調査では6人に1人が使用しているというデータもあるなど、今ではレンタル店に並ぶほど身近なサービスになっています。利用していない人もどんどん新しく参入していくチャンスです。

「無料」より安いものなし!
利用者の生の声として目立つものは「無料お試しで思っていた以上に動画が見まくれた!」というテンション高めのもの。ビデオオンデマンドと呼ばれるサービスの多くで採用されている初回限定の無料施策。とりあえず言えることはユーザーにとってまたとない大きなお手軽チャンスだということです。「動画がフルで見られるわけではないとか?」「ネット動画はいつでもそこにあるとは限らないし…」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。アーウィン・ウィンクラー監督の「ザ・インターネット」もアリ。

危険に満ちたネットの罠!
なお、巷に溢れるブロックしきれないイリーガルな動画サイトに手を出すとアウトです。それでサンドラ・ブロック主演の「ザ・インターネット」の鑑賞はダメです。第3者機関によって精度の高い上質セキュリティソフトと認定されているサービスで検査するとその怖さはよくわかります。不正プログラムの抽出がどんどん押し寄せてくるものです。ブラウザへの不要なアクセス、カメラ機能への侵入、CPUの異常な負荷…その問題点を挙げだせば無限大であり、不使用が最善です。どう考えても問題点だらけの世界から立ち去りたいでしょう。公式保証のサービスでベスト体験をすべきです。

迷ったときは?
新作の配信は大々的に宣伝されながらアピールされているので、使っていれば気づくのは難しくないでしょう。視聴意欲が急上昇する中でおあずけする嫌がらせをしたくはないのですが、VODは10を超える種類が各社で乱立しており、一体どれがベストなチョイスなのか悩んでしまいます。ジェレミー・ノーサム出演の「ザ・インターネット」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページで疑問に思っていることをスッキリさせましょう。フルムビバースでは鑑賞できるVODを各作品ごとにアイコンで視覚的に整理。適宜、情報更新もされているので参考として役立つはずです。フルムビバースはその名のとおり「ユニバース」なので、世の中のあらゆるVODの情報が一挙に勢揃いしています。未体験VODの存在があるなら、それは事前に用意されているであろう初心者スタートのサポートを受けられるチャンスです。これを見逃せば次は保証できません。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどウェブブラウザはパソコンでの動画視聴には必須の存在ですが、ときおり困ったトラブルが起こったりして歩みを妨害してきます。例えば、外部リンクをクリックすると「ポップアップ・ブロック」となったり、急にブラウザが落ちたり、CPUが暴走して急激に負荷がかかったり…。これは通常のネットサーフィンもできなくなるので困惑です。これらは拡張機能の停止で解消されることがあります。とくに広告ブロックツールは余計な挙動をする場合もあるので、無頓着に過信しないように。デニス・ミラー出演の「ザ・インターネット」も見れないかも?オカシイと感じたらとにかく作業を中断してブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

パスワードは大事
最近も各ニュースで報じられていますが、アカウント乗っ取り被害は恐ろしいものです。これの原因はまずパスワードの使い回しです。ひとつのサービスで流失すれば、芋づる式で他にも影響を受けてしまうので、防御力などゼロの状態。こうなってくるともはやお手上げです。これではVODがいくら頑張って強固な守りを施しても意味ないです。まずはパスを複雑にして(英数字や記号を入れましょう)、管理は専用アプリなどを使うと便利です。繰り返しますが、安易な使い回しはご法度なので忘れずに。安全な「ザ・インターネット」動画体験をするには必然となる大事な基礎ルールです。

動画はフルの方がいい
映画を観る手段はいろいろですけども、見られる内容が同一とは限りません。例えばテレビで放映される映画。昔から気軽に鑑賞できる形態として一般化していますが、これは編集が加えられ、シーンカットされているケースが多いです。大事なあのシーンもなくなっているかも。尺を放送時間におさめるための避けられないことなのですが、フルで見れないので、映画の重要シーンや展開が削られていたりも。VODは制約無しなのでそんな心配は要りません。ダイアン・ベイカー出演の「ザ・インターネット」をフル視聴(full)できるというテレビメディアもありますし、番組も良いのですがそれらと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を「ザ・インターネット」視聴前に気にする人もいるでしょう。その解約が「完了するまでの作業が複雑すぎる」「退会ページを発見しにくい」といったデメリット的落とし穴があるのではと警戒したくなる人もいると思いますが、問題ないです。そうした事態は起こらないことをしっかり確認できます。もしそんなサービスがあるとしたら当の昔に行政指導されるような事態になって炎上してしまいます。少なくとも今はかなり退会に関してはシンプルな構成になっているので安心です。アカウントを削除するのも一瞬で終わります。利用を再開するのも容易なのでカジュアルです。

『ザ・インターネット』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月10日時点での『ザ・インターネット』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ザ・インターネット』をさらに知る

すべてがコンピュータに管理される高度情報化社会を舞台に、見えない敵にたった一人で立ち向かうヒロインの姿を描いたサスペンス・スリラー。製作はアーウィン・ウィンクラーとロブ・コーワン。優秀なコンピュータ・アナリスト、アンジェラ。その有能さは評価されるのも当然の才能だった。インターネットを通じて、政府の機密データにからむ陰謀にアクセスした彼女は、まさかの事態に見舞われる。その裏に潜む巨大な組織により、個人データを犯罪者のものとすり替えられ、一変した自分の存在に困惑する暇もなく、命を狙われる。しかも、唯一の味方だった昔の恋人までもが無残に殺されてしまい、これでは危険なほどの絶体絶命のピンチを迎えた。しかし、彼女はキーボードとマウスを武器に、果敢にもたったひとりでこの電脳の戦いに挑む…。

★『ザ・インターネット』のスタッフ
監督:アーウィン・ウィンクラー
脚本:ジョン・ブランカトー、マイケル・フェリス
撮影:ジャック・N・グリーン
音楽:マーク・アイシャム

★キャスト
サンドラ・ブロック、ジェレミー・ノーサム、デニス・ミラー、ダイアン・ベイカー、ウェンディ・ガゼル、ケン・ハワード、レイ・マッキノン

★『ザ・インターネット』の評価

IMDbRTMETA
5.936%??
映画comY!FM
3.1???3.2
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ザ・インターネット』の感想

●映画無料夢心地 
やっぱり1990年代半ばの映画ということもあり、時代性を感じる。まさに当時注目を集めていたインターネットの流行の始め。出てくるツールやアイテムがとにかく古い。フロッピーディスク、横置きデスクトップ…これは今の小学生にはちんぷんかんぷんではないかと思う。少なくとも逆に新鮮さを感じさせてしまうかもしれない。そんなジェネレーション・ギャップを実感したいのならこの映画はその期待には応えてくれるはずだ。そういう視点も良い。
●TOHOシネマズ  
この映画が公開された頃、日本ではインターネットに接続するのに既存の電話回線を使っていました。通信も当然のように遅く、接続も不安定で、たいしたデータ量のやりとりもできません。今では考えられないです。それがこの20年以内でここまで進歩するとは、想像できませんよ。そういう意味ではこの映画は時代を予見していました。「こんなことは起こりえないだろう」と思っていたら、それ以上のことが現在では起こっているなんて、凄すぎて…。
●DAILYMOTION  
キーになるフロッピーディスクなどマクガフィンでしかないあたりは完全にヒッチコック風のサスペンスになっています。無論、古臭い情報機器も含めて、内容からして明らかにクラシックですらあります。これをそう呼ぶのはまだ早い気もしますが、時代の変化がそうなので。インターネット社会の危険性を警告しつつも、その利便性も最後には描きつつ、バランスをとった展開は皮肉ととるべきなのか。サンドラ・ブロックは可愛かったです。