セブン・シスターズ(2016)

1人7役の巧妙なSFスリラー

映画『セブン・シスターズ』のフル動画を無料視聴する方法を全部網羅でレコメンドしています! どこに動画があるかすぐにわかります。
今すぐ『セブン・シスターズ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:What Happened to Monday? / イギリス・アメリカ・フランス・ベルギー(2016年) / 日本公開:2017年10月21日 / 123分 / 制作: / 配給:コピアポア・フィルム

セブン ・シスターズ  トレーラー

(C)SEVEN SIBLINGS LIMITED AND SND 2016


▼『セブン・シスターズ』の動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】高水準
VOD2【Hulu】ノイズ無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Netflix ▼Netflix(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)

▼『セブン・シスターズ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

結末にドキドキ!
独特の緊迫感を携えたミステリアスなサスペンスは観客の心をつかんで離さない魅力があります。そんなハラハラドキドキを体験したいときは、動画配信サービスを駆使することで、お得に鑑賞することができます。ネット配信という特性を活かして、スマホ、パソコン、テレビなどさまざまな媒体を使いこなして、その時々で自分に合った鑑賞スタイルを選択できるのはこのサービスだけの利点です。思う存分満喫することができます。

「無料」より安いものなし!
しかも、初心者歓喜狂乱のスペシャルギフトになるのが無料体験提供であり、これをスルーしたらそれこそガッカリで凹みます。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「サービスの利用停止はすぐにできますか?」「いつでも自由にやめられるということは欠かせないのですが」という質問は最も頻繁に寄せられるものです。その答えはいつもひとつ。とても簡単にできます。自由に退会ができないようなことはないのでご安心を。トミー・ウィルコラ監督の「セブン・シスターズ」もアリ。

それは知るべきリスク!
なお、巷に溢れる甚大な問題を発生させてしまうイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでノオミ・ラパス主演の「セブン・シスターズ」の鑑賞はダメです。被害例の詳細を解説すると、よくあるのは動画再生時の広告乱発タブ開きによる嫌がらせです。どういう動作をしようともしつこく何度消しても消えません。その大半がアダルトか不正アクセス系のサイトなので無視すべきなのですが、閉じるという動作をあしらってくるので本当に迷惑です。「閃きました、動画をダウンロードするのは?」そんなことは即刻アウトです。映画館でも散々注意広報を見たはずです。

あなたの選択は自由!
デジタルな流通は増えるばかりであり、そのフィールドになっているVODは動画配信も連動的に順次始まっていきます。そうは極上体験をさせてくれない現実のジレンマも。というのも、VODはどれも一律で同じということはなく、配信のラインナップリストは常に変化してしまう不安定さがあります。グレン・クローズ出演の「セブン・シスターズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。いい加減に時間を無駄に浪費して大事な1日24時間を台無しにはしたくないものです。このページならば実際の配信状況をサイトで確認した情報をベースに、ある時点の視聴可能性をタイムメモしています。同目的のサイトも多々ありますが、フルムビバース・イチオシのポイントはVODのゴリ押しをせずに、情報整理と深掘りに徹している点です。無料動画的な体験をしたいならば、登録済みのものよりも初利用となるVODを自ら率先してチョイスするかたちで選択しないといけないので、各自のベストコースをぜひ。

邪魔な広告は無し!
大手ではないサイトでは、急に広告バナーが大画面で表示されたり、リンクをクリックすると全く関連性のない怪しいページが別タブで開いたり、とにかくユーザーの体感を邪魔するような鬱陶しいことをしてくるものもあって、腹の立つ思いをした人もいるでしょう。その点、フルムビバースは安心安全をモットーに、ウィレム・デフォー出演の「セブン・シスターズ」視聴を妨げません。どういう広告がアウトになるのかは、すでに業界団体が自主的に認定している基準というのがあり、それに当てはめながらの視認となりますが、原則的に他のどこよりも厳しく見ているので広告は極少です。

動画はフルの方がいい
気づいていない人も珍しくないですけど、テレビの民放ロードショー番組などでは映画放映時は多くのシーンがカットされ、放送枠におさまるように編集されています。時間の制限がある場合はそうしないといけないので仕方がないこととはいえ、映画の持ち味は完全に見れないことは、フル動画とは言い切れず、欠落は隠せません。しかし、VODにはその点もカバー。ネット配信の柔軟性は余計な編集を必要とせず、ラストまでじっくり鑑賞をお約束できます。マーワン・ケンザリ出演の予期せぬ展開に驚愕する「セブン・シスターズ」をフル視聴(full)するためには、テレビメディアのような既存媒体でも問題はないことも多いのですが、それらと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

海賊版サイトは無料ではありません
劇場で上映された映画やDVD・動画配信サイトにある動画を勝手に取得し、権利者に無断で別サイトにアップロードしたものは当然違法。それは自由な行為ではありません。これは無料のように偽り「FREE」という言葉を目立たせていますが、その実態は利用者に損害を与える無料とは真逆の有害だらけです。大損をするだけでしょう。クリスティアン・ルーベク出演の謎だらけSF映画「セブン・シスターズ」が鑑賞できると微かな期待をして手を出しても痛いしっぺがえしを受けます。無料とは時には都合のいい誘い言葉になります。もちろん本当に正しい無料もあります。その区別をするには明確な知識と網羅的な業界把握がいるので素人判断は危ういです。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと心の中では思ったことはありませんか? ポール・スベーレ・ハーゲン出演のミステリアスサスペンス「セブン・シスターズ」を何度も見るなんてモノ好きだと言うのですか? そんなことを言ったらファンに首を絞められてしまいますよ。もちろん強制するものではありません。動画を何度も見て自分の愛をエネルギーに変えてひたすらにLOVEを捧げる。それがファンダムの人たちが行う儀式みたいなものです。しかし、映画館でそれをするのはさすがにキツイ。それもわかる。そこでVOD。最も複数鑑賞がラクな手段であり、2回見ようが10回見ようが無料で追加料金はないので、この動画無限パラダイスで羽を伸ばしましょう。

『セブン・シスターズ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月11日時点での『セブン・シスターズ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「U-NEXT」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」です。

▼『セブン・シスターズ』をさらに知る

ノオミ・ラパスが、優等生、ヒッピー、反逆者、天才エンジニア、パーティガールなどバラバラな個性をもちあわせながらも、家の外では1人の銀行員としてふるまう7つ子の姉妹を1人7役で演じたSFスリラー。製作はラファエラ・デ・ラウレンティス、ファブリス・ジャンフェルミ、フィリップ・ルスレ。2073年、繰り返される戦争や難民問題で主要国は滅び、「ヨーロッパ連邦」が新たな超大国として君臨していた。しかし、致命的な問題が存在していた。人口過多と食糧不足から政府は厳格な一人っ子政策を発令し、2人目以降の子どもは親元から引きはがされ冷凍保存されてしまう。それが世界を救う理想的な方法だと政府は語る。保存される子どもは安全にスリープ状態にあるという。そんな世界で偶然生まれた7つ子は、週に1日ずつ外出し、共通の人格を演じることで監視の目をくらませてきたが、それが通用しなくなってしまう事態が起こる。ある日、7人のうちの1人、マンデー(月曜日)が帰宅しなかったことから、統率されていたはずの姉妹の日常が次第に狂い始めていく。

★『セブン・シスターズ』のスタッフ
監督:トミー・ウィルコラ(関連作品:『処刑山 デッド卍スノウ』)
脚本:マックス・ボトキン、ケリー・ウィリアムソン
撮影:ホセ・ダビ・モンテーロ

★キャスト
ノオミ・ラパス、グレン・クローズ、ウィレム・デフォー、マーワン・ケンザリ、クリスティアン・ルーベク、ポール・スベーレ・ハーゲン

★『セブン・シスターズ』の評価

IMDbRTMETA
6.959%??
映画comY!FM
?????3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『セブン・シスターズ』の感想

●FILMAGA
ノオミ姐さん1人7役と聞いて。さすがのテクニック、姐さんならやってくれると信じてました。未来のひとりっ子政策のなか、第二子以降は収容され冷凍保存という設定のなか隠れて生き延びる7つ子。この設定が狂っているじゃないですか。人口増加をおさえるための政策が「一人っ子」。実際にやっていた国もあるので、ありえなくもないですが、こうやって身分詐称している人もいるのかな。平和が一番。自分を偽らない世の中でありますように。
●イオンシネマ  
てっきり姉妹7人協力して政府と戦う燃える話だと思ってたら、結構早くから姉妹が一人、また一人と消えたり死んだりするという、重い展開の数々。ストーリーは厳格に管理された近未来社会が舞台のSFアクションというベタなものだが、主人公が7人いるので、それぞれの得意分野を十分に発揮させて、ちょっとしたヒーローチームもの風の雰囲気もあっただけに、ちょっと期待と食い違って困惑した。設定に面白さがあるので惜しくもある。
●VUDU 
アクション、サスペンス、ドラマいずれの要素も申し分無い、ツッコミをロマンで力強く駆逐するアグレッシブな快作。一人七役のノオミ・ラパスはアカデミーにノミネートされるべきで、その演技の多様さには驚かされる。少々、ウィレム・デフォーの活躍する場面が少なかったのが残念でしたが、全体のクオリティの欠点の消し飛ぶくらいのパワーは見ていて爽快感があります。いい意味で期待を裏切ってきましたし、こういう映画はいいですね。