月と雷(2017)

直木賞作家・角田光代の小説を映画化

映画『月と雷』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! どこに動画があるかすぐにわかります。
今すぐ『月と雷』を見るなら動画リンクをチェック。

直木賞作家・角田光代の同名小説を安藤尋監督のメガホンで映画化し、20年前に半年だけ共に暮らしていた亡き父の愛人の息子が現れたことで人生が変わり始めていく女の姿を描いたドラマ。エグゼクティブプロデューサーは加藤和夫と村上比呂夫、プロデューサーは川崎岳と宮崎大。子どもの頃に母が家出したため、普通の家庭を知らぬまま大人になった泰子。スーパーのレジ打ちの仕事をしながら、家と仕事場を往復する変化のない毎日を地道に過ごしていた。婚約者もでき、亡くなった父が残してくれた持ち家で暮らす日々は、大きな喜びこそないが小さな不幸もない、穏やかな生活だ。泰子のそんな平穏で静かな日々が、父の愛人の息子・智が現れたことで、大きく揺らいでいく。関係性の乱れはどうなっていくのか。

原題:月と雷 / 製作:日本(2017年) / 日本公開:2017年10月7日 / 120分 / 制作: / 配給:スールキートス

『月と雷』予告

(C)2012 角田光代/中央公論新社 (C)2017「月と雷」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『月と雷』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及率が抜群に伸びている!
静かな人間のドラマにじっくり浸りたい。そんなときも毎日のどこかであったりします。でもなるべくお得に作品を観たいと思ったとき、オススメなのが動画配信サービスの活用です。もうすでに使っている人もいるという方も多いでしょうが、実はこのサービスは各社でたくさんの種類が登場しています。もちろん気に入れば、そのサービスを利用し続けるのがいいのですが、ユーザーにとってぴったりなものに巡り合えるかどうかは試すほかありません。

「無料」を嫌う人はいない!
新入生のようにワクワクの気持ちでこの動画パラダイスにやってきたのなら、無料のトライアルをどうぞ持っていってください。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。公式サイトでもよく説明がされている「動画が無料で視聴できるのは本当ですか?」という質問ですが、どうしてもそんな都合のいい話があるわけはという不安が見え隠れしますが大丈夫です。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「月と雷」の再生はダメです。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

いちはやくウォッチ!
バラエティに富む多様な映画が並べば、あなたの「観たい欲」を満たせるのは確実。目移りするほどの充実さ。当サイトでは闇雲な楽観主義で紹介するのではなく、多くの人に知ってほしいアテンションとして注意事項も喚起しています。真っ先に覚えるべきは配信確認という最優先ステップです。「月と雷」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページで疑問に思っていることをスッキリさせましょう。フルムビバースでは鑑賞できるVODを各作品ごとにアイコンで視覚的に整理。適宜、情報更新もされているので参考として役立つはずです。安全な動画を保証するフルムビバースは、掲載する動画リンクは正規のものであり、不快な誘導などをするページはひとつもなし。未体験VODの存在があるなら、それは初心者スタートのサポートを受けられるチャンスです。これを見逃せば次は保証できません。

登録情報は最小限
初めてVODに登録する際に入力する情報は、名前、メールアドレス、アカウントパスワード、生年月日、電話番号などだけです。電話が来たら迷惑極まりないですが、それはないですし、メールすらも頻繁には届きません(アカウント設定でOFFにすると良いです)。入力情報は必要なものに限るので、無駄にプライバシーを侵害するリスクも少ないです。VODのストイックなシンプルさは事前にクレジットカードの登録を要求することで、ユーザーの信頼性を確認しているゆえです。あとは「月と雷」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどウェブブラウザはパソコンでの動画視聴には必須の存在ですが、ときおり困ったトラブルが起こったりして歩みを妨害してきます。例えば、外部リンクをクリックすると「ポップアップ・ブロック」となったり、急にブラウザが落ちたり、CPUが暴走して急激に負荷がかかったり…。これらは拡張機能の停止で解消されることがあります。とくに広告ブロックツールは余計な挙動をする場合もあるので、無頓着に過信しないように。「月と雷」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料動画サイトとの違い
従来、無料で動画を見る手段といえば、スタンダードにセレクトされるのが動画サイトの存在。それを知らない人はいません。しかし、大手の巨大サイトでもツギハギだらけのボロ鞄のように穴がいっぱい生まれます。例えば、詐欺に近い質の低い動画コンテンツが溢れ、しかもそれが削除対応が追い付くことなく放置されています。かなり数は減ってきた方ですが、いまだに不正サイトへの誘導が目的のテキスト動画もしぶとく残っていたりも。VODはそれらの心配が一切ない、「月と雷」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。その解約が「完了するまでの作業が複雑すぎる」「退会ページを発見しにくい」といったデメリット的落とし穴があるのではと警戒したくなる人もいると思いますが、問題ないです。もしそんなサービスがあるとしたら当の昔に行政指導されるような事態になって炎上してしまいます。少なくとも今はかなり退会に関してはシンプルな構成になっているので安心です。アカウントを削除するのも一瞬で終わります。利用を再開するのも容易なのでカジュアルです。

『月と雷』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『月と雷』をさらに知る

★スタッフ
監督:安藤尋(関連作品:『花芯』)
脚本:本調有香
撮影:鈴木一博
音楽:大友良英

★キャスト(キャラクター)
初音映莉子(泰子)、高良健吾(智)、藤井武美(佐伯亜里砂)、黒田大輔(山信太郎)、市川由衣(吉村)、村上淳(泰子の父)、木場勝己(岡本)、草刈民代(東原直子)

★『月と雷』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.33.393.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『月と雷』の感想

●無料ホームシアター 
安藤尋監督は成人映画出身というだけあって、濡れ場が重要な位置を占める作品が多い。ただ、近年の市川由衣主演「海を感じる時」、村川絵梨主演「花芯」は文芸調と官能シーンの相性が中途半端で乗り切れなかったという不満もあった。だが「月と雷」はいい。実に素晴らしかった。愛されてた記憶ってどんどんなくなっていくし、生まれてきた子供を育てる中で思い出していく。その過程の優しさに包まれていくのがなんとも心地がいいのだった。
●FILMAGA 
初音映莉子がとても魅力的。脱いだ姿がまた、筋肉の筋が見えるほどの痩身から哀しみを漂わせているようで切ない。3年ぶりの映画出演のようだが、もっと出演作を見たいと思わせる女優だ。共演陣では、草刈民代がイメージを覆すアルコール依存症の中年女を好演。味わい深い映画でした。おそらくタイトルの月と雷って一緒にいることはない存在の比喩なのかもしれないとか、いろいろ想像の余地があるのもまたいい。味わい尽くしてほしい。
●DAILYMOTION 
「何かが始まったらもう終わるってことはないの。それでどんな風にしたって切り抜けられんの」そんな人生観が詰まっている。残念ながら人の生きる道にはさまざまな理不尽や苦痛がある。あるとき一瞬で何かを失う時もあるし、つまらない時間を浪費するときもあれば、大切な時間はすぐに過ぎ去る。それでも生きていくしかない。誰かとときにつながりながら。「この人たちは、どこかの街で本当に生きてる」そう思わせてくれた映画でした。