氷菓(実写映画)

米澤穂信の学園ミステリーの映画化

映画『氷菓』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! どこに動画があるかすぐにわかります。
今すぐ『氷菓』を見るなら動画リンクをチェック。

人気作家・米澤穂信による青春学園ミステリーで、アニメ化もされた「古典部シリーズ」の第1作を、山崎賢人と広瀬アリス主演で実写映画化。エグゼクティブプロデューサーは井上伸一郎、プロデューサーは小林剛と山形亮介。「やらなくてもいいことなら、やらない」という消極的な省エネを信条とする折木奉太郎は、入学したばかりの神山高校でも普通の平穏な日々を望んでいたが、姉の命令で廃部寸前の古典部に入るハメになる。全くやる気は無かったが、姉には逆らうことはできない。ある事情から古典部に入部してきた美少女・千反田えると出会った奉太郎は、好奇心のかたまりのような彼女の行動に巻き込まれ、その興味の勢いの流れで、学園内で起こる不思議な出来事を持ち前の推理力で次々と解き明かしていく。そんなある日、えるは奉太郎に「10年前に失踪した伯父が残した言葉を思い出させてほしい」という奇妙な依頼をする。それは彼女の心に残るひとつのしこりでもあった。そして、33年前に学園で起きた謎多きある事件に挑んでいく。

原題:氷菓(ひょうか) / 製作:日本(2017年) / 日本公開:2017年11月3日 / 114分 / 制作:角川大映スタジオ / 配給:KADOKAWA

映画「氷菓」予告編

(C)2017「氷菓」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『氷菓』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及率が抜群に伸びている!
人気作品を実写化は邦画では鉄板ですが、たくさんありすぎて追い付けません。映画館で見逃したという人はぜひ動画配信サービスで視聴することを考えてみませんか。ネット配信といっても、テレビの大画面で観ることも今では容易くできます。もちろんスマホで場所を問わずに観ることも簡単です。しかも無料のお試しがあるので、あらかじめ決められた期間であれば、タダで作品を視聴できます。限定的な無料動画の感覚です。ポイントをもらえるので、コンテンツ課金作品でも安心してください。さっそく見たいところですが、自分の見たい作品を配信している動画配信サービスを見つけなくてはいけません。そこでこのページです。フルムビバースでは視聴可能なVODをまとめており、日々変化する配信状況の把握をサポートするのに役に立つでしょう。もちろん配信の作品は流動的に変化するので、更新が追い付かないこともありません。そのため最後は動画サイト内でチェックするのも忘れずにしてください。

「無料」はやっぱり魅力的!
そして頭にカチッと記憶すべきなのが、無料トライアルのリミテッドなコースの存在。これが何よりも優先される重要点です。支払いの発生は普通は初月からなのですが、初回お試しが適用されると、設定された期間の後になります。つまりお金を払うのを保留にする感覚です(2か月分払う等はないです)。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「氷菓」の再生はダメです。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。これだけ忠告すれば選択肢はひとつ。100%安全のシネマ体験にはオフィシャルな動画サービスが絶対です。

配信しているのはコレ!
最近公開された新作&準新作から昔の旧作、ビデオスルー作まで、新旧混合映画は魅惑的で今すぐ見たくなります。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「氷菓」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。ググってみても表示されるのは一部のVODのみ(YouTubeばかりが推薦されます)。このページならもっと広域にわたって配信可能性の高めなサービスをフェア精神でフリーレコメンドしており、有用性抜群です。クリックしたらブログランキングサイトで全然お目当てのコンテンツが見つからない!…そういう経験はありませんか? フルムビバースにはそんなリンクは皆無です。このサイトはCookieの使用を前提にしているのでシークレットモードなどのブラウザでは機能しないこともあります。気をつけてください。

登録情報は最小限
初めてVODに登録する際に入力する情報は、名前、メールアドレス、アカウントパスワード、生年月日、電話番号などだけです。電話が来たら迷惑極まりないですが、それはないですし、メールすらも頻繁には届きません(アカウント設定でOFFにすると良いです)。入力情報は必要なものに限るので、無駄にプライバシーを侵害するリスクも少ないです。VODのストイックなシンプルさは事前にクレジットカードの登録を要求することで、ユーザーの信頼性を確認しているゆえです。あとは「氷菓」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどウェブブラウザはパソコンでの動画視聴には必須の存在ですが、ときおり困ったトラブルが起こったりして歩みを妨害してきます。例えば、外部リンクをクリックすると「ポップアップ・ブロック」となったり、急にブラウザが落ちたり、CPUが暴走して急激に負荷がかかったり…。これらは拡張機能の停止で解消されることがあります。とくに広告ブロックツールは余計な挙動をする場合もあるので、無頓着に過信しないように。「氷菓」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

原作もついでに見よう
「原作を読みたい人は手を上げて~」そんな呼びかけを映画鑑賞後にすれば「ハイハ~イ」と元気よく手の指を上に向ける大勢の顔が目に浮かびます。そうです、映画視聴で最高の経験をした時は購買意欲がグングン上昇するもの。VODはエンタメ総合マーケットなので、原作小説や漫画のデジタル読書も可能なサービスだってあります。動画の後は本屋に行くことなく流れるようにレッツ・リーディング。シームレス・フル体験をできるのはこの万能な特徴を大きく底上げし、止まらないほど病みつきにさせてくれます。

俳優好きにも必須
映画を観れば俳優だって目に入ってきます。時折見せるスタイリッシュなアクション、美しいプロポーション、セクシーな色気、コミカルなパフォーマンス…いろいろな姿を見物できるのもお腹いっぱいになるものです。VODでは俳優別で検索することもできるので、あの人だけの映画をズラリと並べることもできます。「氷菓」の絶技が光る役者魂はそれはもう素晴らしいです。ファンを増やしたいな…と思っているなら、それであればVODで布教活動をしていくのが効率的に上手くいきます。勧めやすいですし、DVDよりも手軽です。

『氷菓』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『氷菓』をさらに知る

★スタッフ
監督:安里麻里(関連作品:『劇場版 零~ゼロ~』)
脚本:安里麻里
撮影:月永雄太
音楽:林祐介、OLO

★キャスト(キャラクター)
山崎賢人(折木奉太郎)、広瀬アリス(千反田える)、小島藤子(伊原摩耶花)、岡山天音(福部里志)、天野菜月、眞島秀和、貫地谷しほり、本郷奏多(関谷純)、斉藤由貴(糸魚川養子)

★インタビュー
・広瀬アリス「“私、気になります”のシーンは監督からも、まばたきをしないでください、あごを引いてください、動かないでくださいとすごく言われていて。そのシーン以外は、こうしてくださいというのは全然言われてなかったんですが、あのシーンは“目を特徴にしたいので”とクランクイン前から言われていました」
・岡山天音「(この映画の見どころは)やっぱり、プライベートでも仲がいい賢人の親友役をやっているところです。そういう距離感の中から、自分たちが意図していないところで画面に映ったものもあると思うので、そこは楽しみにしてほしいです」

★『氷菓』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.71.892.8
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『氷菓』の感想

●無料ホームシアター 
原作やアニメは素晴らしいクオリティだった作品ですが、実写化はどうなることやら。そんなことを観る前は思っていましたが、やはり予期していたとおりの問題にぶちあたりました。まずキャスト。青春映画の邦画はどうしても俳優の年齢がキャラよりも上になってしまうデメリットがたいていあるのですが、今作はそれが目立ってしまいました。加えてこの作品のテーマの、シンプルじゃなさがダメ押しになってしまいました。ハードル、高かったかな。
●FILMAGA 
この作品は、いわゆるベタな青春映画ではありません。若い男女がキラキラの恋愛をする話でもないし、部活に打ち込んで爽やかなチーム活動に切磋琢磨するでもない。また、謎解きはするのですが、よくある「犯人はこいつだ」的なミステリーでもありません。つまり、一般受けはしづらいのです。それを映像化するのは普通はとても難易度が高い事です。それでも、そこに挑戦するのは悪くはないです。あとは実力がともなうか。そこだけですよね。
●MOVIX 
実写映画の方をみてガッカリした人は絶対にアニメ版を観てください。原作の良さが120%のリスペクトで発揮されています。キャラクターの再現性も、ストーリーの誠実さも完璧です。実写は…なかったことにしましょう。これは黒い過去です。製作者はどこかの誰かのように、責任をとって退学してくれて構いません。もちろん「叫ぶ」ことも許しません。火を放って燃え尽きるくらいがちょうどいいのです。誰もあなたの謎は解いてあげません。