フラットライナーズ(2017)

臨死体験が心の闇を解き放つ

映画『フラットライナーズ』のフル動画を無料視聴する方法をズラリとレコメンドしています! どこに動画があるか即座に判断できます。
今すぐ『フラットライナーズ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Flatliners / アメリカ(2017年) / 日本公開:2017年12月22日 / 110分 / 制作:Columbia Pictures / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

映画『フラットライナーズ』予告
動画
▼『フラットライナーズ』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 和訳オプション

VOD2 Huluで動画を見る 多機能視聴

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『フラットライナーズ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

一度使えばハマる!
かつて映画館を騒がせたあの名作がリメイクされると聞くとついつい気になってしまうものです。そんな映画を原作含めて見てみたいなら、動画配信サービスがオススメです。ネット配信ということは知られていると思いますが、これは単品レンタルと、見放題タイプの2種類があり、サービスによって両方を兼ね備えているものや、片方だけのものもあります。どちらかによって利用スタイルも変わってくるので、よく確認して間違えないようにしましょう。

「無料」で感謝!
普通でも役に立つのにさらなるメリットとして、お試しが無料で可能という、サービス利用の促進策が初心者オンリーで使えたりします。支払いの発生は普通は初月からなのですが、初回お試しが適用されると、設定された期間の後になります。つまりお金を払うのを保留にする感覚です(2か月分払う等はないです)。「中途半端な尺の視聴お試しではなくフル動画であることは大事だよ?」「完全に映画動画を視聴できないと困るから」もちろんです。これはテスト鑑賞ではなくてきちんとしたサービスの体験利用なので機能が損なわれるなどの残念経験には繋がったりしません。ニールス・アルデン・オプレブ監督の「フラットライナーズ」もアリ。

アウトサイトには要注意!
不正な動画ウェブサイトは説明不要なくらいなのですが適法性・実用性の二点で非推奨。それでエレン・ペイジ出演の「フラットライナーズ」の視聴はダメです。危険をもたらす手口は巧妙。メールアドレスを入手し、ランサムウェアで乗っ取り要求したり、リモートデスクトッププロトコルで機器自体を支配下に置いたり、ソフトウェアの脆弱性を巧みに突いたり、ただの動画視聴が引き金になることもあり得ます。シネマティックな日々を過ごすのに不正空間に身を投じる必要はありません。何も自分の手を汚してまでする価値はないです。

あなたの選択は自由!
作品のデジタルビデオ供給は今や一般化しており、ディスクよりもVODで見ている人の方が多数派になる勢い。サブスクリプション・ビデオオンデマンドの難点は関連メーカーの多さです。配信映画数も膨大であり、簡単に一発でモニターできるような総合比較サイトが求められてきました。ディエゴ・ルナ出演の「フラットライナーズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。SNSや人に聞いても不確かな情報しか返ってきません。こちらのページでは幅広いVODの中から配信中のものをダイジェスト的にピックアップして紹介。他者に教えたいときもこのページを紹介しましょう。同目的のサイトも多々ありますが、フルムビバース・イチオシのポイントはVODのゴリ押しをせずに、情報整理と深掘りに徹している点です。なお、どんなに配信状態を正確にリアルタイムで反映していたとしても、それは変化するので油断大敵。今日の中身は今日、自分でラスト確認するのを推奨します。

あなたはどっち派?
あなたの好きな視聴スタイルは「字幕」ですか、「吹き替え」ですか。これは大きな違いです。下手をすると作品の印象をガラリと変えてしまいます。まるで2種類のバージョンがあるような雰囲気で、選択が慎重になるのも当然。それぞれのこだわりは無限にあるでしょう。「私は絶対に字幕じゃないと嫌だ」「いや、文字を追いかけるのは面倒すぎるし、吹替の方がいい!」そんな終わりのない論争も映画好き界隈では突発的によく起こります。ニーナ・ドブレフ出演のショッキングホラー「フラットライナーズ」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は古いとかその前に再生機器の条件を満たす必要が「フラットライナーズ」でもあります。「大画面が一番でしょ」という人にはテレビでの鑑賞は外せないところですが、それでVODを利用するには対応テレビかChromecastなど専用機器は必要なので要確認。ネット接続も当たり前に重要になってきます。「ほどよい画面サイズでいいや」という人ならパソコン。これはたいていの機種に限らず有名ブラウザには対応済みなので安心。「手持ちでどこでも観たい」という人にはスマホ。これはアプリのインストールでOKなので最もフレキシブルかつイージーに楽しむことが可能です。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は重大な問題があるわけではないですが魅惑的であり、でもどこまでが無料なのか。ジェームズ・ノートン出演の「フラットライナーズ」は? 絶対に確認すべきなのは一点だけ。見たい映画は「見放題対象」なのか、それとも「個別購入」なのか。前者ならば迷うこともなく、そのまま一定の期間、無料というかたちで見られます。後者ならば、貰えるポイントを使うことになるのでその範囲で無料になります。少し整理しましょう。ポイントを使いすぎればそのぶんは有料になるので注意です。このワンポイントだけ把握しておく必要がありますが、この情報さえ常にキャッチしておけばあとは何もなしです。

表現規制を避けるなら
映画は映画倫理機構という組織の元でレイティングシステムが運用されています。区枠は「G」「PG12」「R15+」「R18+」となっており、とくにR18になってしまえば広告やCMでの宣伝が著しく規制され、劇場公開も激減します。またモザイク処理などで映像本来の意図が伝わらないことも。そういうのは映画には不愉快です。しかし、VODにはそのような余計なお世話となりかねない審査に邪魔されません。クリエイターにとってもやりたいことができる喜びがありますし、視聴者にとっても刺激的な動画を鑑賞できる嬉しい貴重な場になります。カーシー・クレモンズ出演の「フラットライナーズ」も規制なしでどうぞ。

『フラットライナーズ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月30日時点での『フラットライナーズ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『フラットライナーズ』をさらに知る

1990年に公開された同名映画のリメイク版であり、その後の物語を描くSFサスペンス。臨死体験の実験により過去の罪に苛まれる学生たちの姿を描く。『フラットライナーズ』の製作総指揮にはマイケル・ベダーマン、ロバート・ミタス、デビッド・ブラックマン、ブライアン・オリバーなどが名を連ねる。ネルソン・ライトが巻き込まれた事件から28年が経過した。事件の記憶が風化したせいか、またしても医学生たちは模擬臨死体験に挑んでしまった。その好奇心はさらなる恐怖の扉を開いてしまうとは知らずに。特別な力を手に入れたかのような錯覚に陥るなど、興奮がおさまらないなか、臨死体験から生還した彼らには恐ろしい副作用との壮絶な戦いが待ち受けていた。この代償をどう乗り越えていけばいいのか、そして若者たちの運命は…。

★『フラットライナーズ』のスタッフ


監督:ニールス・アルデン・オプレブ(関連作品:『デッドマン・ダウン』)
脚本:ベン・リプリー
撮影:エリック・クレス
音楽:ジェイコブ・グロス

★『フラットライナーズ』のキャスト


エレン・ペイジ、ディエゴ・ルナ、ニーナ・ドブレフ、ジェームズ・ノートン、カーシー・クレモンズ、キーファー・サザーランド、シャーロット・マッキンニー、ボー・マーショフ、スティーヴ・バイヤーズ、タイラー・ハインズ、ダニエラ・バルボーザ、マディソン・ブリッジス、ジェニー・レイヴン、ステファーノ・ディマッテオ、リチャード・ヤング

★『フラットライナーズ』の評価

IMDbRTMETA
5.25%27
映画comY!FM
2.83.042.9
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『フラットライナーズ』の感想

●『フラットライナーズ』無料ホームシアター 
キーファー・サザーランドが主演し、ジュリア・ロバーツ、ケビン・ベーコン、ウィリアム・ボールドウィン、オリバー・プラットら当時の若手スターの豪華共演が話題になった1990年のサスペンス映画「フラットライナーズ」。それをエレン・ペイジなど今を代表するピチピチの若手でリメイク。昨今のリメイクブームは凄まじいものですが、まさかこの映画までその波が及ぶとは…。ともあれファンは温かい目で見守ってほしいところです。
●『フラットライナーズ』シネマトゥデイ  
医学生のグループが危険な臨死実験を行うというYoutuber的な承認欲求の塊の奴らが目立ちたがりでハメを外すのかと思ったら、もっとヤバいことが起こっていた! 起こりうる事態もオカルトだが、それ以上に罪の意識、良心の呵責に押しつぶされる若者たちの姿が絶望的。これは完全に精神攻撃でした。トラウマの海で溺死させるみたいなものです。目立ちたがりって言ってごめん…。ホラーテイストバリバリ展開するので、苦手な人は辛いかもですね。
●『フラットライナーズ』TOHOシネマズ 
ちょっと新鮮で変わったホラーを体験できます。大学生のまだ大人になりきれていない考え方の未熟さが悲劇を招くというプロットはあらゆる同ジャンルの定番なのですが、臨死による恐怖がフレッシュ。といってもこの作品はリメイク。今の役者でリニューアルを図るのが目的だった気もします。キーファー・サザーランドはリメイク版にも出ると言うので期待していましたが、当然と言えば当然、メインではなく、おまけ程度でした。前作との関係は一体…。