爪先の宇宙(2017)

伝えたいことがたくさんある

映画『爪先の宇宙』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! どこに動画があるか即座に判断できます。
今すぐ『爪先の宇宙』を見るなら動画リンクをチェック。

世界累計2500万ダウンロードを誇る漫画配信アプリ「comico」連載のmanni原作の同名漫画を、映画初出演で初主演となる歌手の桐嶋ノドカと俳優・声優の北村諒のダブル主演で実写映画化。製作は谷内田彰久、矢嶋健二、上野由洋、鈴木仁行。固く心を閉ざし、人とのかかわりを絶って生きてきた主人公の再生の物語を描く。店長の元恋人でラジオパーソナリティのしおり役を人気声優の名塚佳織が演じる。高校時代に親友から放たれたある一言がきっかけで心を閉ざし、親との関係も原因で思ったことを口に出すことができなくなってしまった吉河亜紀。これでは感情を閉じ込めたまま。自分を変えるために小さなカラオケボックスでアルバイトを始めた亜紀は、バイト仲間との交流を通して少しずつ変化していく。

原題:爪先の宇宙 / 製作:日本(2017年) / 日本公開:2017年11月17日 / 67分 / 制作: / 配給:メディアプルポ

『爪先の宇宙』予告編

(C)「爪先の宇宙」製作委員会・manni/comico


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『爪先の宇宙』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

いち早く見るなら注目!
「あの作品が気になってはいるけれど、お得に観たいなと思っている。できれば無料とか。さすがにそんな都合のいい話はないか…」いいえ、そんなことはありません。この世に存在する映画を全てタダで観ることはできませんが、ある程度作品を絞るのであれば、無料鑑賞も夢ではありません。もちろん合法的な方法です。それが動画配信サービスを利用する手段。この現在も人気上昇中のサービスは、無料お試し期間があるので、その期間内であれば、作品をタダで観ることができます。当然、観終わった時、もしくは観飽きた時、いつでも退会することはできるので、気軽に手を出して問題ありません。では実際に自分が見たい作品を配信しているのはどの動画配信サービスなのか。その悩みに答えを出す手助けに、ぜひこのページを参照してください。ここでは配信しているVODを作品ごとに整理し、情報を更新してまとめています。あなたの利用していないサービスがあれば、大きなチャンスです。

「無料」は全て初心者のため!
しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しトライアルコースというお得なメリットがあります。「今月はちょっとお金がピンチなんだよね…。でも見たい映画があって…」そういうタイミングで真価を発揮する初回トライアル。これはまたとないラッキーチャンスなのです。「退会させないトラップじゃない?」それはありませんと明言できます。某評判の悪いアレと違って解約にかかる手間はほぼないので、始めるのもやめるのも再開するのもかなり個人の好き勝手にできます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「爪先の宇宙」の再生はダメです。最近は厄介さが増しています。有害サイトにアクセスすればうんざりです。誰でも広告が大量に表示されると幻滅ですが、それで終わりません。さらなる深刻な悪質性ばかりで本当にイライラします。これでは不快な気持ちが蓄積されるだけです。あるネット問題に詳しい専門家の意見では「VODの普及で動画視聴は健全化し始めている」とも指摘されており、希望の光です。

これに決めた!
「もしかして、これって最高の動画鑑賞ベストチャンスなのでは?」と思うなら、今はそれを黙々と信じるのみです。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全て共通ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。「爪先の宇宙」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困ったときはこのページの動画リンク欄を確認してみてください。配信する可能性のあるVODをサジェストし、具体的に配信が開始したサービスをロゴアイコンで掲示しています。映画の始まりのオープニングから最後の余韻が残るエンディングまで、フル動画をたっぷり満喫できるのがVODの素晴らしさ。使い始めればもう後は毎日映画を見続けても観きれないほどの充実生活を送ることができるので、「最近、暇を持て余しているな」と思う人にこそお届けします。

お試し無料はいつまで?
無料で試せる期間はいつ終わるのかというのは把握しておくべきです。いつの間にか有料に更新されている可能性も起こりえます。幸いなことにメールなどで事前にアナウンスされるので、お知らせを見逃さないように、登録アドレスのチェックは入念にしておきましょう。すっかり忘れて大事な期間を無駄に過ごしてしまうと、気づいても「桐嶋ノドカ」を粗雑に見るだけで終わりたくないでしょう。それを回避するにはプライオリティの熟慮が必須。「私の観たい映画はコレとアレです」とハッキリしていればいいのですが…どうでしょうか?

フェアにオススメします
一括チェックツールにもなるフルムビバースは、氾濫するVODの配信変化地獄をわかりやすく整理するだけでなく、その扱いを公平性を重点に徹底しています。よくありがちなグダグダと説明したあげくに結局はひとつのサービスを紹介するにとどまるようなことはしません。ユーザー適正は個人の問題であり、それを無視して押し付けることは玄関をガンガン叩く悪徳勧誘でしかないので絶対にしません。単純に「爪先の宇宙」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

原作もついでに見よう
「原作を読みたい人は手を上げて~」そんな呼びかけを映画鑑賞後にすれば「ハイハ~イ」と元気よく手の指を上に向ける大勢の顔が目に浮かびます。そうです、映画視聴で最高の経験をした時は購買意欲がグングン上昇するもの。VODはエンタメ総合マーケットなので、原作小説や漫画のデジタル読書も可能なサービスだってあります。動画の後は本屋に行くことなく流れるようにレッツ・リーディング。シームレス・フル体験をできるのはこの万能な特徴を大きく底上げし、止まらないほど病みつきにさせてくれます。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ(違法コピーorアップロード動画)の問題は業界に大ダメージを与えるものですが、そのカウンターとしてVODは役立ちます。というのも、海外研究ではサイトアクセスを強制的に禁止にするブロッキングと比べても、多くのユーザーを素直に満足させる低価格で利便性の高いサービスの存在の方が、効果が高いという報告もあります。まさにVODはその機能を果たすピッタリな逸材。普及すればするほどに非合法なサイトをネット上で追い詰めることができるので「爪先の宇宙」合法視聴方法を拡散しましょう。

『爪先の宇宙』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『爪先の宇宙』をさらに知る

★スタッフ
監督:谷内田彰久(関連作品:『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』)
脚本:中野裕太
撮影:松尾真哉

★キャスト(キャラクター)
桐嶋ノドカ(吉河亜紀)、北村諒(アンジ)、加村真美(ユメコ)、美沙玲奈(朋子)、名塚佳織(しおり)、廣瀬智紀(ユウ)

★インタビュー
・原作者manni「爪先の宇宙が、呼吸を感じる甘く力強い桐嶋ノドカさんの歌声と、小林武史さんとsupercellのryoさんが生み出す優しく大きな音楽で包まれていくような不思議な安心感。ものすごいんです。とても幸せです。この思いを、桐嶋ノドカさんが演じてくださった亜紀と、私と共有していただけたらもっともっと幸せです」
・桐嶋ノドカ「この曲は主人公である亜紀ちゃんの言葉にならない様々な気持ちを代弁するように出来た曲なので、映画の映像と合わさった時どんな風に見えるのか、私自身とても楽しみにしていました。みなさんもぜひご覧ください」

★『爪先の宇宙』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
1.72.431.8
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『爪先の宇宙』の感想

●無料ホームシアター 
作品としては素晴らしいものなのだとは思います。原作ファンもいるわけですし、その愛は深いです。少しマイナーな作品だとは思いますが、なにも知名度だけが全てではありませんし、それを映画化するのも悪くはない企画です。しかし、映画になった結果のクオリティはどうしても作り手の熱意や作品に投資した意欲とお金で決まってきます。その点、この映画はまだまだ足りない部分もあったのでしょう。この映画だけで作品を評価はしないでほしいです。
●シネマトゥデイ  
友人が「なぜこうなったんだ!」と怒りモードになっていたので、これは観なければと謎の感情で観てみました。なるほど、こうなったのか…。自主制作映画風なのか本当に全力を出してこうなったのかはわかりませんが、いわゆる大作と比較してはダメなやつですね。おそらく一番に考えるべきだったファン層の需要を無視してしまったのは大きいと思うのです。作り手がどうしても自己満足に突っ走ると、白けてしまう。そんな問題が実体化しましたね。
●BILIBILI  
見ている人、いないのかな。鑑賞コメントが乏しいのが悲しい。なぜこの作品の映画化が持ち上がったのかはわからないのだけど、いかんせん早急に事を進め過ぎたのではないでしょうか。かなり雑というか、急いだ感じがあります。やっぱり映画はインスタントラーメンみたいには作れないです。今であれば、もっといろいろなプロモーションや配信の仕方があったでしょう。いきなり映画でどーんと見せるのは印象を悪くするだけだったのでは?