ジオストーム / Geostorm

世界中が大混乱! 驚異の映像でおくるディザスター大作

映画『ジオストーム』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! どこに動画があるか即座に判断できます。
今すぐ『ジオストーム』を見るなら動画リンクをチェック。

『インデペンデンス・デイ リサージェンス』で製作・原案・キャラクター創造・脚本を手がけたディーン・デブリンの監督デビュー作で、世界を驚異の災害が襲うディザスターパニック。製作総指揮はハーバート・W・ゲインズ、マーク・ロスキン、ドン・グレンジャー。さまざまな自然災害を経験したのちに、世界中の指導者が集まり、気候をコントロールする人工衛星を開発する。それは人類の平和を築く大切な要。しかし、人類を守るはずだったシステムが謎の暴走をしてしまい、地球破壊規模の自然災害が次々と発生するのだった。この未曽有の事態に人類はどう立ち向かうのか。

原題:Geostorm / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開:2018年1月19日 / 109分 / 制作:Warner Bros. Pictures / 配給:ワーナー・ブラザース映画 / 製作費:1億2000万ドル / 興行収入:

映画『ジオストーム』本予告【HD】2018年1月19日(金)公開

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ジオストーム』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

いち早く見るなら注目!
スペクタクル満載の大迫力映像を見るのであれば、必ず高画質で観るべきです。残念画質が映画の魅力を大きく減退させてしまいます。そこで動画配信サービスを利用してみましょう。これによってあなたにあった画質を選ぶことができます。最高画質を選択すれば、映画館以上に鮮明な映像を体験することができます。最近ではスマホでもかなりの性能があるので、それを活かさない手はありません。しかも、無料お試し期間を活用することで、その期間中は見たい作品をタダ感覚で視聴することもできます。どの動画配信サービスで見られるのか迷った場合は、このページで紹介されているVODを参考にしましょう。配信されているVODを一覧にして整理しています。情報は随時更新されていくので、安心してください。確認作業のステップが大幅に低減されます。

「無料」を嫌う人はいない!
これでお腹一杯になるのは早いです。ファーストタッチである利用者には無料のトライアルでまずは前菜が食べられます。映画全部をディスクで購入できるほどリッチな人はそういません。それができるのはよほど財布に余裕ある人だけ。これなら初回に限定されますが倹約的にデジタル鑑賞を試せます。「登録ってよくわからないのだけど…」そんな漠然とした疑問はクリーンアップしましょう。やればすぐにわかりますが、基礎の登録内容は単純明快で、躓かずストレートに完了します。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ジオストーム」の視聴はダメです。被害報告事例をひとつ解説しましょう。例えば、ある人が何気なくその問題サイトで動画を再生したとします。最初は動画見れるのでシメシメと見続けます。するとあなたの知らない間にパソコン内でバックグラウンド・プログラムが始動。個人情報が盗まれています。どんな手段を講じようともリスクを無かったことにはできないのであり、結局は危ない橋を渡らないのが動画でも最良の手です。

配信しているのはコレ!
最近公開された新作&準新作から昔の旧作、ビデオスルー作まで、新旧混合映画は魅惑的で今すぐ見たくなります。そうは極上体験をさせてくれない現実のジレンマも。というのも、VODはどれも一律で同じということはなく、配信のラインナップリストは常に変化してしまう不安定さがあります。「ジオストーム」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページでは作品ごとに個別に配信中のVODを整理しています。情報は基本的に記事更新日(ページ上部に記載)の状況をベースにしていますので、目安にするにはじゅうぶんな材料です。他サイトであれば意味のないランキングorアンテナサイトでユーザーをたらい回しにするものもありますが、フルムビバースは無意味な誘導リンクはゼロです。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

字幕・吹替、選択は自由
外国語映画(英語など)を見るなら、視聴者は「字幕」か「吹き替え」の二者択一を迫られます(もちろんオリジナル音声でOKな語学力のある方は別)。それぞれは一長一短で、どちらも捨てがたいものです。字幕独自の俳優演技重視、吹替独自のユニークな翻訳の妙、両方とも面白いです。できれば2種類を楽しむために2回鑑賞してほしいといいたいところですが、そうもいかなかったり。VODではしっかり対応済みの作品なら2パターンを見れて、ダブルで「ジオストーム」の面白さの発見につながるかもしれません。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「ジオストーム」でもあります。「大画面が一番でしょ」という人にはテレビでの鑑賞は外せないところですが、それでVODを利用するには対応テレビかChromecastなど専用機器は必要なので要確認。「ほどよい画面サイズでいいや」という人ならパソコン。これはたいていの機種に限らず有名ブラウザには対応済みなので安心。「手持ちでどこでも観たい」という人にはスマホ。これはアプリのインストールでOKなので最もフレキシブルかつイージーに楽しむことが可能です。

高画質で見られる?
DVD映画をパソコンに取り入れる方法や、DVD映画をコピーする方法を検索するような人はきっと高画質なまま動画を自由な端末で観たいという要望があるのでしょう。しかし、それはプロテクトのかかっているものであり、つまり禁止事項であります。だからこそのVODです。今は各メーカーにてパソコンやスマホでの鑑賞ならVODを選択するというのがお約束。もちろん画質がDVDやブルーレイに劣ることはありません。場合によっては4K画質も用意済み。もはやディスクいらずでクリアな「ジオストーム」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
できれば最高水準の再生環境で映画を観たいですよね? だとしたら何がベストか。超高価格のハイスペックパソコン? 特大サイズのテレビ? いいえ、理想は視野いっぱいのホームシアターです。今や少し値段もお手頃になってきたこの家庭シアターの存在は映画好きでなくとも欲しくなるプライベート空間です。「ジオストーム」も最高級に。プロジェクターが必要になるのですが値段はマチマチです。しかし、買えないような金額ではありません。音響にこだわるのならばオーディオ機器も完備することになりますが、これはあなたの家の構造なども考慮するとなお良いです。

『ジオストーム』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ジオストーム』をさらに知る

★スタッフ
監督:ディーン・デブリン
脚本:ディーン・デブリン、ポール・ギヨー
撮影:ロベルト・シェイファー
音楽:ローン・パルフェ

★キャスト(キャラクター)
ジェラルド・バトラー(ジェイク・ローソン)、ジム・スタージェス(マックス・ローソン)、アビー・コーニッシュ(サラ・ウィルソン)、アレクサンドラ・マリア・ララ(ユーテ・ファスバインダー)、ダニエル・ウー(チェン)、エウヘニオ・デルベス(ヘルナンデス)、エド・ハリス(レオナルド・デコム)、アンディ・ガルシア(アンドリュー・パルマ)、リチャード・シフ(トーマス・クロス)

★『ジオストーム』の評価

IMDbRTMETA
5.413%21
映画comY!FM
3.43.693.6
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ジオストーム』の感想

●映画無料夢心地
映画ファンをいろいろな意味で圧倒させた『インデペンデンス・デイ リサージェンス』で原案やキャラクター創造、そして脚本に関わり、いわば生みの親のひとりともいえるディーン・デブリンが監督デビューして誕生したディザスター映画です。もうこの時点でお察しなのですが、内容はその予想の右斜め上を剛速球で突き進む、トンデモな感じになっています。一体何回地球を壊そうとするのでしょうか、この製作陣。もはや執念ですね。
●FILMAGA
ディザスター映画にはストーリーもドラマも要らない、ド迫力の映像だけがあればいい。そういう思想を信仰する人たちによって作られた究極の映画である。どう究極かといえば、その作品バランスが偏り過ぎている。まず地球全体の天候を操るシステムが開発されたという時点で、もうこの世界は映画の作り手の思うがままになることは運命づけられてしまった。これは壮大な自己満足な実験場である。俳優の皆さん、お疲れ様でした。
●ユナイテッドシネマ
ローランド・エメリッヒと組んで、これまで数々の大破壊ディザスター映画ばかりを作ってきたディーン・デヴリンがついに自ら監督となって世に問うた新たなディザスターパニック。でも、どっかで見たことある映像ばかりじゃないか! ただ、立ったまま凍り付いた人とか、雷であちこちが爆発するとか、そういう映像のバカさ加減は嫌いじゃない。迫力の映像がウリなのに映画館で見ようという意欲がわかないのが不思議。作業しながら視聴でいいレベル。