南瓜とマヨネーズ(2017)

女は過去の恋をひきずらない、なんてウソ

映画『南瓜とマヨネーズ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! どこに動画があるか即座に判断できます。
今すぐ『南瓜とマヨネーズ』を見るなら動画リンクをチェック。

漫画家・魚喃キリコの代表作を『ローリング』の冨永昌敬監督、臼田あさ美主演で実写映画化。スタイルジャム、クロックワークス、S・D・P、TBSサービス、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、コンテンツ・ポテンシャル、スターキャットが製作。プロデューサーは甲斐真樹、アソシエイトプロデューサーは佐藤公美。ミュージシャンを目指す恋人せいいちの夢を叶えるため、ツチダは内緒でキャバクラで働いていた。ツチダがキャバクラの客と愛人関係になり、生活費を稼ぐためにキャバクラ勤めをしていることを知ったせいいちは、これではダメだと思い知る。仕事もせずにダラダラと過ごす日常から心を入れ替えてまじめに働き始める。それで少しでも状況が好転していけばいいと思っていた。そんな折、ツチダが今でも忘れることができないかつての恋人ハギオと偶然に再会。ツチダは過去にしがみつくように自分の感情が注ぎ込んでいってハギオにのめり込んでいくが…。

原題:南瓜とマヨネーズ / 製作:日本(2017年) / 日本公開:2017年11月11日 / 93分 / 制作:スタイルジャム / 配給:S・D・P

『南瓜とマヨネーズ』予告編

(C)魚喃キリコ/祥伝社・2017「南瓜とマヨネーズ」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『南瓜とマヨネーズ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなにも魅力が拡散中!
人間の心に抱えた様々な感情をそのまま巧みなシナリオと役者の演技で体現して見せる映画たち。そんな作品に触れたいのであれば、人気も上昇中の動画配信サービスを利用しましょう。今ではレンタル店以上に盛り上がりのあるこのサービス。借りるためにわざわざ店に行く必要もなく、返すための時間を気にする必要もない。さらには見たいときにすぐに視聴できるなど、メリットも多く、ユーザーの満足度も高いサービスです。

「無料」より安いものなし!
しかも、利用者が最も喜ぶビギナーズ・ギフトとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「上手い話には裏がある。登録にてこずるのでは?」と信じていない人も楽勝。要するにアカウント作成と同じ。パパッと済ませれば、最速でも1分はかからないでしょう。審査も無しです。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「南瓜とマヨネーズ」の再生はダメです。広告というのはサイトの運営に必要で、それがなくなると維持することもできなくなってしまいますから、一概に排除はできません。ただし、それが不正広告なら話は別。個人の重要情報を勝手に奪い取るような身勝手極まりないものは論外です。「閃きました、動画をダウンロードするのは?」そんなことは即刻アウトです。映画館でも散々注意広報を見たはずです。

どれを選べばいい?
新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「南瓜とマヨネーズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。Google検索時にすぐ上部に示されるVODは一部に過ぎずYouTubeばかりを優遇するので意味はあまりありません。このページなら確認作業短縮ができるわかりやすいアイコン表示で全VODをリストアップ中。動かぬ岩のように内容が微動だにしないなんてことはなく、フルムビバースは更新頻度は適切に設定しており、なるべく有用な情報を探せます。一生に一度というのはオーバーかもしれないですが、無料体験というのは初回のメモリアルな時期だけのスペシャルチケットなのでゲットするしかないです。

フェアにオススメします
VODをフェアに扱うサイトはあまりないです。なぜならスポンサーやパートナーシップの関係上、ある程度の優遇や推薦をすることが多いからです。しかし、フルムビバースはフェアなレコメンドを重視しており、法令遵守を最優先にしつつ、ユーザーに多くの選択肢を提示しています。勝手な押しつけはしません。サービスが肌に合うかは各自で体験判断するのが最善だとこちらも知っているからです。単純に「南瓜とマヨネーズ」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

邪魔な広告は無し!
巷に溢れる非公式なサイトでは、大量の広告バナーをあちこちに並べているものがいっぱいありますが、運営上の収益として必要というのはわかるとしても、なるべく画面は綺麗にスッキリしてある方が良いに決まっています。フルムビバースはそうしたユーザーの需要に応えるために身を削りながら、見やすさを保証し、「南瓜とマヨネーズ」視聴を妨げません。スマートフォンでのサイト閲覧では広告がしつこいほどに画面に表示され続けるという嫌な体験をした人もいるでしょう。しかし、このページにはそんな邪魔広告はありません。間違ってタップしてしまうこともないです。

無料動画サイトとの違い
従来、無料で動画を見る手段といえば、スタンダードにセレクトされるのが動画サイトの存在。それを知らない人はいません。しかし、大手の巨大サイトでもツギハギだらけのボロ鞄のように穴がいっぱい生まれます。例えば、詐欺に近い質の低い動画コンテンツが溢れ、しかもそれが削除対応が追い付くことなく放置されています。かなり数は減ってきた方ですが、いまだに不正サイトへの誘導が目的のテキスト動画もしぶとく残っていたりも。VODはそれらの心配が一切ない、「南瓜とマヨネーズ」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

海賊版サイトは無料ではありません
巷でひっそりと拡大している違法なアップロードによる動画が揃った海賊版サイトは一見すると無料で視聴できるように見えますが、実は利用者は損失を受けています。あなたのIPアドレス、住所、アカウント情報などプライバシーを入手し、不正使用することが悪質サイトの真の狙いです。「南瓜とマヨネーズ」が無料視聴可能という雰囲気を英語サイトのわけがわからないテキストを適当に翻訳して理解したつもりでもそれは危険。きっと利用規約の長文英語までは読んでいないでしょう。そこに有料などの罠があったらもうおしまいです。不注意1秒で損害永遠です。

『南瓜とマヨネーズ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『南瓜とマヨネーズ』をさらに知る

★スタッフ
監督:冨永昌敬(関連作品:『ローリング』)
脚本:冨永昌敬
撮影:月永雄太
音楽:やくしまるえつこ

★キャスト(キャラクター)
臼田あさ美(ツチダ)、太賀(せいいち)、浅香航大(寺尾)、若葉竜也(田中)、大友律(川内)、清水くるみ(可奈子)、岡田サリオ(尚美)、光石研(安原)、オダギリジョー(ハギオ)

★インタビュー
・臼田あさ美「この作品の大事なメッセージでもあるのですが、私たちのこのありふれた平凡な日常は、実はとても壊れやすくて、失わないことは奇跡なんだって私は観たときに思えました。皆さんもどうか楽しんでください」
・太賀「せいいちはミュージシャンとしての夢をあきらめきれない、自分の感情が立ち止まってしまったキャラクター。それでもツチダが支えたくなるような、親しみ、愛嬌みたいな部分を意識して演じれば、ハギオのライバルになれるのかなと考えました」

★『南瓜とマヨネーズ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.53.333.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『南瓜とマヨネーズ』の感想

●無料ホームシアター 
身につまされる思いとはこのこと。「私、あなたのためにこんなに頑張ってるのよ」とか言っちゃう女はどこかで自問自答した方がいい。共依存の男女関係がゆっくり破綻してゆく様を描いたこの作品を観ることでその不安を映像化できるかもしれない。壊れていく関係性は修復不可能で、なぜなら最初から破城しているので、もう無理になっている。それに気づけば、案外楽になれるかもしれない。悲しい感情じゃなくてラブリーな気持ちで終われるので安心できるが。
●FILMAGA 
愛というより支配じみた共依存で、それは人間の弱さの補い方としては定番。自分がどうしたいかではなく相手を囲うことで安心を得るという構図はどこにでもある。しかし、それを上から目線で批判したり、冷笑したりするのも違うと思う。だってこの映画を観ている人たちも創造物に依存しているじゃないか。だから別に頼ったり、一方的に寄せ合うのは普通のこと。問題なのはそこで可能な限り傷をつけ合うのを避けていくのがベターなのだということだ。