ゴースト・ブライド(2016)

恐怖とともに花嫁が蘇る

映画『ゴースト・ブライド』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! どこに動画があるか即座に判断できます。
今すぐ『ゴースト・ブライド』を見るなら動画リンクをチェック。

19世紀の帝政ロシア時代から伝えられた死者をよみがえらせる儀式が現在に復活する恐怖を描いたロシア製ホラー。製作はウラジスラフ・セベールツェフ、ドミトリー・リトビノフ、ザウル・ボロタエフ。恋人のヴァンヤと婚約した女子大生のナスチャは、結婚式を挙げるためにヴァンヤの実家へと向かう。その先には体感したこともない恐怖が待っているとは知らずに。不穏を漂わす空気と謎めいた雰囲気を醸し出すヴァンヤの家に到着してから、ナスチャは数々の怪しげな幻想に襲われる。それは理屈ではわからない事態であり、ただ混乱するばかり。しかし、ナスチャが見た、死者をよみがえらせる惨劇の儀式の幻想は、単なる幻ではなかった。この現象の裏には自分の知らない暗躍めいた事情が隠れている。彼女はヴァンヤの曽祖母であるオルガを現世によみがえらせるための生贄として、この家に迎えられたことに気づき、その恐ろしい現実に戦慄する。異様な禁忌に触れてしまったこの事実から逃げることはできるのか。

原題:Nevesta(The Bride) / 製作:ロシア(2016年) / 日本公開:2017年11月25日 / 95分 / 制作:Force Media / 配給:インターフィルム

「ゴースト・ブライド」予告編

(C)2017, Force Media LLC


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ゴースト・ブライド』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

一度使えばハマる!
日本の映画やアメリカのハリウッド作ばかり見ている人も、ときにはもっと別の国の作品を観てみると新鮮な気持ちになります。そんな外国の作品も揃っているのが、動画配信サービスです。ヨーロッパからロシア、インド、南米などグローバルなラインナップになっています。特定の国の作品だけを観たいなら、国ごとの検索機能を備えたものもあるので、活用するといいでしょう。鑑賞メディアは選びませんので、自分に合ったものをぜひチョイスしましょう。

「無料」で感謝!
加えて、スタートラインに立ったあなたにビギナーブーストで背中を押します。それこそ無料お試しという最高の救済補助です。支払いの発生は普通は初月からなのですが、初回お試しが適用されると、設定された期間の後になります。つまりお金を払うのを保留にする感覚です(2か月分払う等はないです)。「別の動画サイトだと冒頭5分だけの試鑑賞になっていたけど…」そんな自体は一般的なVODにはありません。動画の図書館みたいなものなのでフル動画がライブラリーとしてズラッと整理されており、本編を見れます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの使用はストップすべきです。それで「ゴースト・ブライド」の鑑賞はダメです。危険性の具体例はこのとおり。消しても消しても消えない悪質な広告、一向に再生が進まずに画質も低い劣悪な動画の品質、さらにはプライバシーを密かに盗む有害性、パソコンやスマホに極端な負荷を与えるダメージなど、嫌なことだらけ。パーフェクトな安全性はあり得ないというのは詭弁で、そもそも安全を脅かしながら動画を見ること自体が根本的に間違いです。

あなたの選択は自由!
作品のデジタルビデオ供給は今や一般化しており、ディスクよりもVODで見ている人の方が多数派になる勢い。煩わしい面倒部分があるとすれば、それは「一体自分の見たい映画はどこにあるのだろう?」と探さないといけないことであり、これがまた猫の手も借りたいです。「ゴースト・ブライド」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。動画を探しまわることに疲れていませんか。いい加減にさっさと見たいはずですし、スッキリしたいものです。このページさえあれば今までの苦労なんて無かったように便利になります。必ずどんな作品でも同じVODを推薦してくるサイトもあり、それは量産型の方法でページが作られています。一方、こちらは全部がオリジナルで個別対応。無料のホームシアターなんて普通は手に入りませんが、VODならば使い方を工夫することで、環境しだいで疑似的な空間をコーディングできます。

配信はいつ終わる?
無限に配信され続けていればいつでも見れるので最高な状態なのですが、VODはストリーミング権などの問題から永遠を保障はしてくれません。いつかは配信が終わって消えてしまうので、観れるときに観るというのが鉄則になってきます。その終了日はサイト上で明示されていることもありますが、なかなか見つけづらいので、気づいてすらいない人も多め。やはり当日のチェックが最重要となってきます。「ゴースト・ブライド」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて全然ページに移動しない! そんな困った事態が起きていませんか? それは広告ブロックツールに原因がある可能性があります。AdBlockやGhosteryといった広告強制非表示の拡張機能は一見すると便利ですが、何の問題もないサイトの挙動にも影響を与え、動画視聴や購入を妨害することがたまに報告されています。「ゴースト・ブライド」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料動画サイトとの違い
従来、動画を無料で見る方法といえば、動画サイトがありました。定番どころだと子どもでも知っているあのサイトやこのサイトをすぐに思い浮かべることができるでしょう。ただ、これらの動画サイトは非常に身近なわりには頭の痛い問題を多数抱えています。例えば、無限大の量産されている動画の質の低さは言わずもがな、コンテンツの中にはダミーのような騙し動画もいまだにあります。さらには違法性の高いものと、欠点が山積です。VODはそれらの心配が一切ない、「ゴースト・ブライド」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「ゴースト・ブライド」を観終わって解約するのもアリ。解約の作業は登録以上にシンプル。だいたいの映画を観終わったので、もう心残りはないなと思ったら、すぐに退会に移行できます。ユーザーアカウント設定や「よくある質問」などから専用のページにアクセスして、パスワード等で本人確認。その後に「契約解除」とするだけ。それで完全に終了で、後に追加で作業するハメになったりはしません。またすぐに再開もできるので、退会したからといって二度と利用できないわけでもなく深刻に考えることもないです。

『ゴースト・ブライド』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ゴースト・ブライド』をさらに知る

★スタッフ
監督:スビヤトスラフ・ポドゲイエフスキー
脚本:スビヤトスラフ・ポドゲイエフスキー
撮影:アイバン・ブラコフ
音楽:ハーフダン・E・ニールセン、ジェスパー・ハンセン

★キャスト
ビクトリア・アガラコバ、ビアチェスラブ・チェブチェンコ、アレクサンドラ・レベノク、イゴール・クリプノ、ラダ・チュロブスカヤ、ビクター・ソロビヨフ

★『ゴースト・ブライド』の評価

IMDbRTMETA
4.7??%??
映画comY!FM
2.53.402.9
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ゴースト・ブライド』の感想

●シネマトゥデイ 
ロシアのホラーというのは新鮮で、かなりの興味がそそられるもので、どんなものかと鑑賞したら、ゴシック調のクラシックな作品でした。古典中の古典という感じで、昨今の妙にイマドキ感溢れるアレンジがされているハリウッド・ホラーや、完全にマンネリ化してアイドルムービーと成り下がったジャパニーズ・ホラーとは、全く異なる様相で古風な雰囲気が好きな人は楽しいはず。古めかしい恐怖を味わえる不思議な体験をぜひどうぞ。
●TOHOシネマズ
古い洋館。年月を感じるようなほこりにまみれつつ、独自の美しさを見せる装飾品。これらの要素が好きならこの映画は良い選択肢になるだろう。ビジュアル的には安っぽいジャケに反して、中身はしっかりと作り込まれているので、不安がることはない。肝心の幽霊描写も気合が入っており、メリハリのある演出も心を恐怖でキャッチ。ロシアの映画界でもこういうゴースト的なホラーの需要があるのだろうか。どちらかといえば怪物のイメージだったが。
●イオンシネマ 
物語は19世紀帝政ロシア時代から厳かに始まる。当時の写真技術はまだ黎明期にあったが、死者の瞼に瞳を描き、それを撮影すると、人の魂は写真機の銀板に保持されるという非常にオカルトっぽい説が唱えられていた。この設定を軸に展開される物語は、今ではデジタル化した世界では、古さを感じ、そこが魅力的になっている。そもそも心霊写真だって時代遅れ感さえあるので、こういうホラーは大切にしていきたい。田舎での結婚は怖いものなのか。