ザ・ベビーシッター

いつまでも子どもじゃいられない!

映画『ザ・ベビーシッター』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! どこに動画があるか即座に判断できます。
今すぐ『ザ・ベビーシッター』を見るなら動画リンクをチェック。

『チャーリーズ・エンジェル』や『ターミネーター4』を手がけてきマックG監督がNetflixでおくる、内気な少年が美人ベビーシッターの裏の顔を知り、成長していく姿を描いたホラー・コメディ。いじめられてばかりのコールの一番の味方はベビーシッターの若い美女だった。そんなセクシーなベビーシッターを心の底から信頼し、一緒に遊ぶほどの親しい関係だったが、ある時、寝る時間を過ぎても起きていたコールは、美人のベビーシッターが悪魔崇拝集団の一員と知ってしまう。それはショッキングすぎるほどの残酷な光景。秘密を守るため、手段を選ばない連中の魔の手が少年に迫る。コールはひとりで無事、この異常な事態を生き延びることはできるのか。

原題:The Babysitter / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開:2017年10月(DVDスルー) / 85分 / 制作:Wonderland Sound and Vision / 配給:Netflix

YouTube

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT×】
VOD2【Hulu×】
VOD3【TSUTAYATV×】
VOD4【Videopass×】
VOD5【dTV×】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る

▼『ザ・ベビーシッター』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

いち早く見るなら注目!
動画配信サービスの大手にして今もっとも世界で配信のトップを独走しているNetflix。このサービスが他とは違う要素はたくさんありますが、そのひとつは、オリジナル作品の充実さです。VODというのはどうしても似たり寄ったりなラインナップになりがちですが、Netflixはここでしか配信していない作品がたくさんあります。映画製作にも力を入れて、独自性の高いコンテンツを幅広く押しているので、他にない映画を見たいなら真っ先にオススメできます。しかも、無料のお試しがあって、さらにこのNetflixは勝手に契約更新をすることなく、ちゃんと確認をとってくれるので親切です。逆に更新作業をしないと継続して利用できないので、気をつける必要がありますが、ユーザーを一番に考えているのがわかります。「ザ・ベビーシッター」はNetflix作品なので、見たいのであればぜひ利用しましょう。まだ利用したことがないのであれば、ラッキーです。無料で見れます。登録は簡単ですぐに終わるので、簡単に見れるようになります。すでに利用中の人は今すぐ視聴できます。あとは観終わったら、他のオリジナル作品を観るも良しです。快適な動画ライフをおくりましょう。

「無料」ですよ!タダ!
「月額はいくらなんだろう…」と考える前に、最初であれば試用ができるので、とにかくお金を後回しに使ってみるのも一案です。映画全部をディスクで購入できるほどリッチな人はそういません。それができるのはよほど財布に余裕ある人だけ。これなら初回に限定されますが倹約的にデジタル鑑賞を試せます。「あっけなくサービス終了とかないのかな?」と不安になりますが、実際のところVODが急に使えなくなるような事態はほとんど起こっておらず、運営母体が安定しているものばかりですので、お気にせずに。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ザ・ベビーシッター」の鑑賞はダメです。これらのセキュリティ・クラッシュなサイトは「無料動画」と宣伝されていても、まずそんな淡い欲望は粉々に打ち砕かれます。意味不明な外国語ページの出現とともに、エラー音やアダルト広告を伴って、気づかぬうちに危険な状況に突き落とされます。大多数の不正利用者は完全に油断しており「自分には関係ない」「騙されるわけない」と考えますが後悔先に立たずです。

あなたの選択は自由!
作品のデジタルビデオ供給は今や一般化しており、ディスクよりもVODで見ている人の方が多数派になる勢い。でも厄介なトラップも多数。「始めようと登録しても、自分の鑑賞したい動画がない」そういう実は配信が終わっていたという、ヘコんでしまう失敗も起こりえます。「ザ・ベビーシッター」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困ったときはこのページの動画リンク欄を確認してみてください。配信する可能性のあるVODをサジェストし、具体的に配信が開始したサービスをロゴアイコンで掲示しています。他サイトであれば意味のないランキングorアンテナサイトでユーザーをたらい回しにするものもありますが、フルムビバースは無意味な誘導リンクはゼロです。絶対の配信を確約するものではないですが(今日にも変化したりするので)、事前にサイト内で確認しておけば失敗を軽減できるので大丈夫です。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「いいね!」と思わずポチリたくなる利便性として、作品別のVOD配信状況を表示できます。全てはわかりやすくアイコンで整理中。これを自力でひとつひとつ確認しようとすると膨大な時間を浪費してしまいます。1つ2つならまだ我慢できますが、現実的に展開されているVODの数は10を超えるので、実際にやろうとするとそれだけで十数分とかかります。その作業を短縮するだけでも良し。「マックG」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

邪魔な広告は無し!
巷に溢れる非公式なサイトでは、大量の広告バナーをあちこちに並べているものがいっぱいありますが、運営上の収益として必要というのはわかるとしても、なるべく画面は綺麗にスッキリしてある方が良いに決まっています。フルムビバースはそうしたユーザーの需要に応えるために身を削りながら、見やすさを保証し、「ザ・ベビーシッター」視聴を妨げません。このサイトを見渡すとわかるでしょうが、明らかに広告量は少ないです。とくにスマホにありがちな追尾型のバナーやタップ連動型、画面変移型のうざったいものはゼロなので、嫌な思いをせずに済みます。

動画はフルの方がいい
あまり意識が向いていない人もいますが、TVでの映画放映は話題になりがちですが、それはフルではなくカットされていることが多々あります。中にはかなり重要なシーンがバッサリ削除されていることもあるので、映画本来の面白さを体験できません。VODは標準でフル動画を視聴可能。一方で長々としたエンドクレジットを見たくないなら、それを見ずにさっさと次の動画に移ることもできます。「ザ・ベビーシッター」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

表現規制を避けるなら
映画が映像媒体である以上、不可避の問題が表現レギュレーション。対象年齢や倫理的な事項を鑑みて、一部の表現がカットされたり、ボカされたり、フルで見られない状況もたびたび発生します。劇場上映やテレビ放映はそういう事態も起こりやすく、不満を持つ人もいたことでしょう。どうせなら製作陣が作った素のままを楽しみたいです。VODでは基本的に業界が異なるのでレーティング対応も違ってきます。独立性の高いサービスもあるので、気になる人はその観点を判断の材料にするのも有用です。

『ザ・ベビーシッター』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ザ・ベビーシッター』をさらに知る

★スタッフ
監督:マックG
脚本:ブライアン・ダッフィールド

★キャスト
ベラ・ソーン、ロビー・アメル、ハナ・メイ・リー、エミリー・アリン・リンド、サマーラ・ウェイビング、アンドリュー・バチェラー、レスリー・ビブ、ケン・マリーノ

★『ザ・ベビーシッター』の評価

IMDbRTMETA
6.371%??
映画comY!FM
?????3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ザ・ベビーシッター』の感想

●FILMAGA
美人ベビーシッターは子供を寝かしつけたら彼氏を連れ込んでやる事やっているという噂。真相を確かめたらベビーシッターはダチと一緒に人をぶっ殺して悪魔崇拝の儀式をしていました。内容はバカっぽいスプラッタ・コメディですけど、子どもから思春期への痛々しい転身をポップに描いた楽しい作品でした。エロへの好奇心が大人への階段を上らせてくれるという、成長物語をこうやって大胆に表現する。気持ちの良い映画だったと断言できます。
●シネマトゥデイ 
昼間は映画オタクのエロい美人ベビーシッター! 夜は悪魔崇拝のイカれた狂人オカルト女! テンポよく軽快に人が死んでいくので終始楽しい。グロい殺され方もそこまで気持ちが悪くもなく、でもちゃんと馬鹿々々しいほど派手にやってくれる。主人公の少年コール役のジュダ・ルイスも可愛く、理不尽な試練にコテンパンにされても前に進んでいく姿がキュートで、応援したくなる。頑張れ、少年。それでいいんだ、エロでも大人になれるんだ!
●イオンシネマ
暇つぶしに観るにはちょうどいい、お手頃なポップコーン・ムービー。親の不在時にベビーシッター・ビーが乱交しているのでは?と気になった思春期主人公は、ある日寝たふりで深夜のビーの行動を覗いてみると…まさかの血まみれ儀式の真っ最中。いろいろな意味で想像を超えた大人のイベントに、心臓バクバクの大事件。くだらないグロコメディかと思いきや、最後はちゃんと成長につなげる。こんなにテンション高い、最高のオチを見せてくれるとは!