マザー! / Mother!

ジェニファー・ローレンス主演、狂気のスリラー

映画『マザー!』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! どこに動画があるか即座に判断できます。
今すぐ『マザー!』を見るなら動画リンクをチェック。

『ブラック・スワン』の鬼才ダーレン・アロノフスキー監督が、アカデミー主演女優賞を受賞経験もある若手実力派のジェニファー・ローレンスを主演に迎えて描くサイコミステリー。製作はダーレン・アロノフスキー、スコット・フランクリン、アリ・ハンデル、マーク・ヘイマン。郊外の一軒家に暮らす一組の夫婦のもとに、ある夜、不審な訪問者が現れたことから、夫婦の穏やかな生活は一変。翌日以降も次々と謎の訪問者が現れるが、夫は招かれざる客たちを拒む素振りも見せず、受け入れていく。それがどんな意味はあるのか、理解もできないままにただ流されていくしかない妻。そんな夫の行動に妻は不安と恐怖を募らせていき、やがてエスカレートしていく訪問者たちの行動によって事件が相次ぐ。もはや生活どころではない状況に大混乱。そんな中でも妊娠し、やがて出産して母親になった妻だったが、そんな彼女を想像もしない出来事が待ち受ける。

原題:Mother! / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開:2018年4月(DVDスルー) / 115分 / 制作:Paramount Pictures / 配給: / 製作費:3000万ドル / 興行収入:

mother! movie (2017) – official trailer – paramount pictures

(C)2017 Paramount Pictures. All rights reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『マザー!』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

刺激的な動画を堪能!
衝撃を受けるような体験というのはなかなかできないものですが、映画でならそれが経験できたりするのが面白いところ。そんなサプライズな作品を観たいのあれば、動画配信サービスを利用することでお得に観れます。ネット配信なので、レンタル店と違って、貸し借りの手間はなし。加えて、スマホからパソコン、テレビまで、自由な鑑賞スタイルを選択可能。最近はテレビを持っていない人もいますが、それでもじゅうぶん楽しめることができます。

「無料」より安いものなし!
しかも、利用者が最も喜ぶビギナーズ・ギフトとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「上手い話には裏がある。登録にてこずるのでは?」と信じていない人も楽勝。要するにアカウント作成と同じ。パパッと済ませれば、最速でも1分はかからないでしょう。審査も無しです。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「マザー!」の視聴はダメです。アクセスした人を騙すフィッシングサイトや危険なプログラムを走らせるマルウェアサイトなどはGoogleのウェブスパムレポートによる報告で除去されることも多いですが、万能なセキュリティウォールとしては残念ながら機能していません。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

どれを選べばいい?
新作の配信は大々的に宣伝されながらアピールされているので、使っていれば気づくのは難しくないでしょう。ただし、勢いまかせで登録してしまった後に配信が無いことに気づくとガッカリです。覆水盆に返らず。悔いを残すことにならないためにも、確認はしておきましょう。「マザー!」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。とにかく新サービスが頻発するVODですが、フルムビバースはその名に恥じないようにフルで対応。新入り動画も見逃しません。配信は永遠ではありません。あとで観ればいいやと放置していると、いつのまにか動画が消えていることもありえるので要注視です。

登録情報は最小限
登録にとても膨大な書類や本人確認が必要になったりしたら、それだけで嫌になるものです。でもVODは普通のメールアカウント作成と同類で、すぐに登録することができます。その作業にかかる時間は本当に一瞬で、数分で終わるので、動画を観たいと思った瞬間に実行すれば何一つ待たされることなく、完了可能。クレジットカードを入力したらすぐさまお金の支払いになるのだろうかという疑念に関して、それはあなたが無料お試し適用者なら料金はまだ生じないので焦ることもないです。あとは「マザー!」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

パスワードは大事
バリエーションに富むVODを最初に使い始める際に、たいてい必要なのがアカウント作成。そのときに設定するパスワードではセキュリティに気をつけましょう。情報管理が徹底している企業がほとんどですが、万が一、本来は関係ない他の粗雑なサービスで同様の情報が流出すると大変です。そのためにも、パスワードは複雑なものにすること(「password」「123456」などはダメ)、パスワードの使い回しをしないこと…この留意事項を必ず順守です。安全な「マザー!」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

悪いサイトを追い出すために
「フィルタリングがあるから大丈夫だろう」そんな考えは甘いです。既存のブラックリストを確認してみると問題サイトのいくつかは登録されていないために影響は受けていません。ドメインをコロコロ変えることで正体を掴めないようにしているものもあります。どうすればいいのか。ひとつの有効策として専門家が推奨しているのでは優れたサービスの拡大。安価で便利であればわざわざ危ない不安定な動画を使用する人は減るので、大衆の関心を引っ越しさせるという作戦はかなり有効的です。「マザー!」合法視聴方法を拡散しましょう。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「マザー!」の鑑賞はそれで終わるのではなく、SNSで感想を流すことでさらなる変化が生まれます。バズることで映画が大ヒットするかもしれませんし、思わぬ発見につながって映画の楽しさを発掘できるかもしれません。友人との輪を強固にして、さらなるフレンドの増加にもつながることも。どんな媒体でもいいので鑑賞報告をしてみるだけでもぜひともお試ししてみてください。

『マザー!』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『マザー!』をさらに知る

★スタッフ
監督:ダーレン・アロノフスキー(関連作品:『ノア 約束の舟』)
脚本:ダーレン・アロノフスキー
撮影:マシュー・リバティーク
音楽:ヨハン・ヨハンソン

★キャスト
ジェニファー・ローレンス、ハビエル・バルデム、エド・ハリス、ミシェル・ファイファー、ドーナル・グリーソン、クリステン・ウィグ、ブライアン・グリーソン

★雑学(トリビア)
・当初は2018年1月19日に日本公開が予定されていたが、パラマウント・ピクチャーズの意向で劇場公開が中止となった。

★『マザー!』の評価

IMDbRTMETA
6.769%75
映画comY!FM
?????3.4
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『マザー!』の感想

●無料ホームシアター
妊娠中のジェニファー・ローレンスとハビエル・バルデムの夫婦が暮らす家に謎の来客が次々と訪れるワンシチュエーション型のホラー。この家がどんどん予想外の方向に狂気化していく様に、逆に笑ってしまうほどの衝撃を受けた。カオスという言葉がふさわしい気がする。最後はなんだこれ…で終わる。監督の宗教観なのかは知らないが、もうめちゃくちゃなセンスにただただ唖然。これは絶対にネタバレを見ずに映画を鑑賞した方がいいのは間違いない。
●シネマトゥデイ
それはもう不条理で不愉快極まりない映画で、世間がこの作品に厳しい評価を出すのも頷ける。しかし、本作は鋭利に研ぎ澄まされた刃物のようにピンポイントで一部の人間だけに突き刺さる映画だろう。それは映画のストーリー自体が物語っている。普通の客人たちに「帰れ」と言っても何かと理由をつけて帰ろうとしない。そして次々と絶え間なく訪れる、招かれざる客たちの数が増えていくにつれラストは狂気を増していく。狂気を知る映画だった。
●イオンシネマ
この映画を見るにはキリスト教に関するある程度の知識が必要です。全てはキリスト教についての皮肉です。ジェニファーは母なる大地、作家は神。家に訪れる人々は信者。聖書は全世界のベストセラーらしいので、そういうふうに考えてみたら理解できる部分が増えてくるのではないでしょうか。キリスト教は女性差別をしていた過去があります。キリスト教は最も戦争を起こす宗教とも言われており、宗教の偽善性を暴く作品にもなっているのです。