火花(映画)|無料動画をフル視聴で試せます【スマホでもPCでも】

お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹の芥川賞受賞作を映画化

映画『火花』のフル動画を無料視聴する方法をジャストにレコメンドしています! どこに動画があるか即座に判断できます。
今すぐ『火花』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:火花 / 日本(2017年) / 日本公開:2017年11月23日 / 121分 / 制作: / 配給:東宝

映画『火花』予告

(C)2017「火花」製作委員会

動画
▼『火花』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 安定再生

VOD2 Huluで動画を見る サブスク動画

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu
⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3

▼『火花』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及率は絶好調!
若手ながらも実力のある俳優たちが熱演を披露して切磋琢磨する姿はリアルと重なって一層感動するものです。そんな名作をたっぷり拝みたいなら、動画配信サービスを上手く活用していきましょう。人気が上昇しているこのサービスは、レンタル店とは違って、貸し借りの手間もなく、商品を探す労力もないので、一気に支持を広げ、今では映画鑑賞の欠かせないスタイルになりました。ユーザー数は今も増えており、さらに身近になっていくでしょう。

「無料」はやっぱり魅力的!
お気づきでしょうか。このVODの真価はここからだということを。無料お試しを知らずして語ったとはいえません。難しい話ではありません。2度目以降ではない初回者に限定されるという点は必ず覚えておくべきですが、一定期間を無料で動画も見まくれるというのは絶対にキャッチしておきたいところです。「無料期間は視聴だけで退会作業はできない設定なの?」「あらゆる面で制限が発生してしまうのではないかな?」と疑問が浮かぶこともあるでしょうがタダは変わりありませんし、解約に進むことも可能。その気になれば登録日にあっさりやめるのだって構いません。板尾創路監督の「火花」もアリ。

危険は笑いでは防げない!
違法な動画サイト等はどういう映画であっても常に近づいてくるので気を付けてください。それで菅田将暉主演の「火花」の再生はダメです。具体例を紹介すると動画サイトに多く見られるのが「JS/Adware.Subprop」という悪意のある広告を強制表示させるアドウェアです。もちろんこれは一例ですが、この聞いたこともないであろう悪名高きマルウェアは日本国内でも世界でも大量に検出されており、不正動画サイトが生息地のひとつになっています。これだけ忠告すれば選択肢はひとつ。100%安全のシネマ体験にはオフィシャルな動画サービスが絶対です。

どれを選べばいい?
まだ話題が冷めていない新作をネット動画配信で視聴するのも可で、VODの棚に並ぶのもそこまでずっと未来ではないです。動画鑑賞への展望を削ぐのはVOD配信の急激な変化についていけるかということです。レンタルショップ以上に商品陳列がめまぐるしく変わるのは予想外に厄介だったりします。桐谷健太出演の「火花」フル動画を視聴できるVODはどれなのか気になると永遠に謎が増えてしまうと思います。このページで疑問に思っていることをスッキリさせましょう。フルムビバースでは鑑賞できるVODを各作品ごとにアイコンで視覚的に整理。適宜、情報更新もされているので参考として役立つはずです。同目的のサイトも多々ありますが、フルムビバース・イチオシのポイントはVODのゴリ押しをせずに、情報整理と深掘りに徹している点です。「あまり知らないサービスがあるけど…」という人はむしろ思わぬ幸運。そんなファーストタッチならば、無料視聴の可能性がすぐそこです。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の初ターンとなる料金の支払い方ですが、木村文乃出演の「火花」を目にするために登録&再生…の前にクレジットカードが必須です。「え、私はクレカを持っていないのだけど…」それならば家族のものを許可をもらって使うのでもいいですし、新しく自分のものを作成してみるのも一案(今はすぐに作れるクレカも多いです)。中にはキャリア決済に対応している場合もあり、これならば本来は求められているクレカはいらず。必ず登録カードは使えるものであるべきであり、過去に同サービスで一度使ったことのあるものを使うと初回お試しは適用されないので注意です。

邪魔な広告は無し!
急に広告画面がバッと表示されるサイトというのは、何かしらのユーザー不利益を発生させることもいとわないものです。だからこそ信用はできない気分になってきます。なるべくなら公式サイトを活用すべきであり、すぐさま鑑賞を安全にするものが必要です。導いてくれる案内板のようなものが。そこでフルムビバースのレコメンドサポートで、安全第一を確保しながら、川谷修士出演のエモーショナルなドラマストーリー「火花」視聴を妨げません。スマートフォンでのサイト閲覧では広告がしつこいほどに画面に表示され続けるという嫌な体験をした人もいるでしょう。しかし、このページにはそんな邪魔広告はありません。間違ってタップしてしまうこともないです。

俳優好きにも必須
俳優を見るのは好きですか? 映画鑑賞が趣味なら当然俳優だって見るはずです。まさか役者がでるたびに目をつぶっている人はいないでしょう。それでは映画を観るという状況ではありません。そんな動画鑑賞の素晴らしいサポートになってくれるVODは俳優別に作品を検索できるという大きなメリットがあります。これならば「あの人の顔をずっと見ていたい!」という要望にもお応え。「菅田将暉」の素晴らしい演技は最高のエンターテインメント・ショーであり、詩的な読み応えすらもあるかもしれません。まだ見ぬ一面にストレスも忘れて今日から新しいフォロワーになってしまうかも。

10回でも100回でも
自分自身で映画を何回も観たいと思ったことはありませんか? 三浦誠己出演のアツいヒューマンドラマ「火花」も2回3回4回と鑑賞してみれば印象は変わってきますよ? そんな繰り返しは時間の無駄という意見もわからなくもないですが、ぜひとも少しでも1日の余裕があるなら、ネット配信で試しましょう。これで状況は何が変わるのかというと、とくに他人の感想や分析を見ながらの再鑑賞は新しい気づきを与えてくれて、つまらないと思った作品も名作に変わることも。おカネがない人でも最小限の料金で何回も見れるというのは今の時代だからこそのデジタル万歳なメリット。せっかくなら満喫しましょう。

『火花』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月30日時点での『火花』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「TSUTAYA」です。

▼『火花』をさらに知る

お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹による第153回芥川賞受賞作で、ドラマ化もされた同名小説を、菅田将暉と桐谷健太の主演により映画化。『火花』のエグゼクティブプロデューサーは藤原寛と上田太地、プロデュースは片岡秀介と臼井央。精一杯頑張るもののまったく芽が出ない芸人・徳永は営業先の熱海の花火大会で先輩芸人・神谷と出会う。「あほんだら」というコンビで常識の枠からはみ出た漫才を堂々と披露した神谷の姿に魅了された徳永は、勢いもそのままに神谷に弟子入りを志願。その熱意に圧倒されながらも「俺の伝記を作ってほしい」という条件で神谷はその頼みを受け入れる。人間味にあふれ、他者には持っていない天才的な奇想の持ち主でもある神谷に惹かれる徳永。知れば知るほどにその人物に隠れる魅力は面白いことこのうえない。神谷もそんな徳永に心を開き、2人は毎日のように飲みに出かけては芸の議論を熱く交わし、実際の生活では仕事はほぼないものの充実した日々をたっぷりと過ごしていく。しかし、そんな2人の間にいつからか意識しない程度のわずかな意識の違いが生まれるようになり…。

★『火花』のスタッフ


監督:板尾創路(関連作品:『月光ノ仮面』)
脚本:板尾創路、豊田利晃
撮影:福本淳
音楽:石塚徹

★『火花』のキャスト(キャラクター)


菅田将暉(徳永)、桐谷健太(神谷)、木村文乃(真樹)、川谷修士(山下)、三浦誠己(大林)、加藤諒(鹿谷)、高橋努、日野陽仁、山崎樹範

★『火花』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.32.993.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『火花』の感想

●『火花』無料ホームシアター
原作も読んで、ドラマも見たけど、一番泣いてしまったのはこの映画版でした。本物の芸人である板尾さんの監督の手腕なのか、役者さんの演技の手腕なのか、笑えるシーンはちゃんと笑えて、シリアスなシーンはしっかり臨場感がある、その緩急のバランスが良かったからだと思います。本当にいつの間にか主人公達に感情移入して、思わず涙が出ていました。二人のコンビネーションが本当キラキラしていて、火花が鮮やかに消えてはまた煌めくのもGOOD。
●『火花』シネマトゥデイ 
お笑いの道で生きた2人の10年間の物語なので、2時間におさめると駆け足でダイジェスト的に終わるのではと思っていたのですが、しっかりとした物語の構成で映画版の中での新たな見解も用意されていて、なるほどなと思えました。劇中の音楽も切なくて良かったです。あと、主演2人の歌う主題歌の熱い歌いっぷりも。観た後にはしばらく苦さと切なさと暖かさが心に残る、味わい深い映画でした。俳優の持ち味を最大限に活かしているのでそういうのが好きなら。
●『火花』BILIBILI 
菅田&桐谷コンビは想像以上にピッタリで安心。原作も漫画も映画もオール大好きだが、やはり共通して最後のスパークスの漫才は泣きを誘発するのは自然の摂理。漫才は一人ではできない。二人以上いないと。でもホントは二人でもできない。世界に漫才師が1組だったら絶対にこんなに面白くなってない。だから一度でも舞台に立った奴らは、たとえ淘汰された奴らでも、無駄ではない。このセリフの思いには完璧にやられてしまうし、他の業界にも合致するなと。