泥棒役者(2017)

「関ジャニ∞」の丸山隆平が映画単独初主演

映画『泥棒役者』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 視聴サイトがどれかすぐに判別できます。
今すぐ『泥棒役者』を見るなら動画リンクをチェック。

「関ジャニ∞」の丸山隆平が映画単独初主演を務めた、珍妙な泥棒コメディ。NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」、人気アニメ「TIGER & BUNNY」などで知られる脚本家の西田征史が2006年に作・演出を手がけた同名作品を映画用にリライトし、自身の2作目となる監督作品としてメガホンを取った。製作には村田嘉邦、隅田壮一、藤島ジュリーK.、加太孝明などが名を連ねる。かつて金庫破りとして闇社会での泥棒稼業にどっぷりつかっていた大貫はじめ。今では足を洗い小さな町工場で真面目に働き、恋人の美沙と理想的な幸せいっぱいの同棲生活を送っていた。その生活は決して裕福ではないが、身近な幸福を手に入れるのが楽しかった。しかし、刑務所から出所したばかりのかつての泥棒仲間だった畠山則男に「美沙に泥棒だった過去をバラす」と脅迫されたはじめは、どうすることもできず、則男とともに泣く泣くある豪邸に泥棒に入る。本当はやりたくない行為だが、選択肢はないので、今は完了することのみを考える。忍び込んだ豪邸で「豪邸の主人」「絵本作家」「編集者」と次々と別人に間違えられるはじめは、泥棒であることがバレたくないためにその場で間違えられた役柄を必死に演じることに腐心するが…。

原題:泥棒役者 / 製作:日本(2017年) / 日本公開:2017年11月18日 / 114分 / 制作: / 配給:ショウゲート

泥棒役者 本予告

(C)2017「泥棒役者」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『泥棒役者』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画でワクワクするなら!
人気アイドル主演作ともなれば鑑賞したいと思うファンが殺到するのは当然ですが、中には見逃がしてしまった人もいるはず。そんな場合は、動画配信サービスを使ってお得に観ましょう。これはネット配信で多数の作品を揃えるものですが、利便性も高くユーザーも増加中。ただ、ジャニーズ出演作品は取り扱いがセンシティブなので、配信状況は入念に確認する必要があります。その部分については気を付けながら活用しましょう。

「無料」はやっぱり魅力的!
知っています。何よりも気になっているのは無料お試しトライアルでしょう。動画をタダで見るなら耳に必ず入れるべきです。「ねえねえ、映画を無料で観られる方法って知っている?」「そんなのあるわけないじゃん」「実はね…」こんな秘密の裏技でもない、正々堂々の方法が無料お試しという選択肢です。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「泥棒役者」の再生はダメです。最近は厄介さが増しています。有害サイトにアクセスすればうんざりです。誰でも広告が大量に表示されると幻滅ですが、それで終わりません。さらなる深刻な悪質性ばかりで本当にイライラします。これでは不快な気持ちが蓄積されるだけです。「閃きました、動画をダウンロードするのは?」そんなことは即刻アウトです。映画館でも散々注意広報を見たはずです。

どれを選べばいい?
新作の配信は大々的に宣伝されながらアピールされているので、使っていれば気づくのは難しくないでしょう。でも厄介なトラップも多数。「始めようと登録しても、自分の鑑賞したい動画がない」そういう実は配信が終わっていたという、ヘコんでしまう失敗も起こりえます。「泥棒役者」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「今はとにかく私が見たいこの映画を配信するVODだけが知りたい!」そういう強い願望にもストライクに回答。Yahoo知恵袋なんかよりも明確にお教えできます。アイコン表示が全てです。フルムビバースでは初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。リコメンデーションしているアイコンの中をあれこれと探ってみるうえで、基準になるのは自分が使っていない未経験のもの。それなら無料はすぐそこ。

試写も良いけど…
公開前から映画を観る手段は非常に限られてくることですが、無いわけではありません。むしろ、うってつけの方法があります。試写会です。映画祭での上映もひとつの手ですが、それはかなりレアケースになってしまい、争奪戦になるので非現実的。でも広範に実施される試写会ならばいとも簡単に無料で映画を見れます。もちろんタダで見させてもらうのですから、それなりのマナーだけでなく、しっかりとした映画宣伝に寄与する姿勢も必要になってきます。事前のルールは必ず守って清く正しく映画に向き合いましょう。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「泥棒役者」でもあります。テレビの場合は、対応済みのテレビか、専用機器(Chromecastなど)が必要です。パソコンの場合は、Windows・Macでも対応のブラウザ(基本はGoogle Chrome・Internet Explorer・Firefox・Edge)を利用しましょう。場合によってはAdobe Reader SilverlightなどのプラグインやJavaScript Cookieが有効でなければいけないこともあります。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「泥棒役者」は? 別に難問でも難壁でもないのですが、基本軸は明快。初回(これは絶対です)の料金(サブスク的な支払いです)が一定期間(サービス毎に違ってきます)に限って発生しないということ。問題は作品対象。ポイント制ならば登録時に貰える範囲でやりくりできるもののみ(例えば400ポイント使って2作品とか)。見放題ならば考えはシンプルなので配信中の動画を好きに見まくれます。なるべく期間内にたくさん鑑賞するのが最終的な費用対効果が高くなります。

俳優好きにも必須
映画を観る時に最重要視するものとして俳優(アクター・アクトレス)を挙げる人は多いでしょう。熱烈な俳優ファンもたくさんいますし、そうでなくでもテレビに出ている有名人やモデルのあの人が気になる!という人も普通。VODでは特定の俳優の出演作を検索してそれだけを鑑賞するという楽しみ方もできます。「丸山隆平」や「市村正親」の名演を見物したいでしょう? マニアでなくとも関連登場作に目がいくのであれば、その本能に従いましょう。でもなかなか骨が折れるのもわかります。だからこそVODに頼ってしまっていいのです。

『泥棒役者』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『泥棒役者』をさらに知る

★スタッフ
監督:西田征史(関連作品:『小野寺の弟・小野寺の姉』)
脚本:西田征史
撮影:相馬大輔
音楽:遠藤浩二

★キャスト(キャラクター)
丸山隆平(大貫はじめ)、市村正親(前園俊太郎)、石橋杏奈(奥江里子)、宮川大輔(畠山則男)、片桐仁(高梨仁)、高畑充希(藤岡美沙)、峯村リエ(米村真由美)、ユースケ・サンタマリア(轟良介)

★インタビュー
・西田征史監督「舞台はお客さんの空気を感じて、演技を変えるので、役者さんに委ねる部分が大きい。映像の時も役者さんに預けるけれども、最後は信頼関係の中でコントロールしています。いかにほかの絵を入れるかを考えました。壁紙の色を変えたりして、閉塞感を感じさせないようにし、1作目よりもカット数も増やした」
・西田征史監督「書いている時、丸山くんにやってもらえればとは思っていました。実際に決まってから、(丸山用に)変えた部分もあります。人を見る目、寂しさなどプライベートで接する中で感じる部分もありました。なんとなくイメージして書いたので、なんとなく丸山くんにハマるのではないかと思っていました」
・高畑充希「バラエティで一番最初にお会いしたとき、丸山さんめっちゃブッ飛んでて会話が成立しなかったらどうしようと思ってたんですけど。現場ではめちゃくちゃ紳士的で気を使っていただいて、なんの違和感もなく目と目でコミュニケーションを取れたような気がします」

★『泥棒役者』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.7???3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『泥棒役者』の感想

●無料ホームシアター 
思った以上にコメディでした。すれ違いコントのような設定で始まり、中盤で登場人物それぞれの悩みも解決した上でぐいぐいとオチへ向かっていく脚本は王道喜劇としてクオリティも高いものでした。本筋には絡んでこないヒロイン役の高畑充希が映画のトーンを決める重要な役割を担っており、彼女がいることでバラエティー番組になってしまわない範囲におさめることができていたと思います。やはり上手い役者をひとりは配置しておかないとね。
●シネマトゥデイ  
もとが舞台らしいので、舞台でもこうやってドタバタしてるんだろうなと想像が浮かぶような構成。映画にするうえでは苦労もあったでしょう。全編ほぼ一つの建物の中で繰り広げられ、話の展開が二転三転しながら進んでいく対応なので、かなり映画としては異質。好みが分かれるかも。アンジャッシュのコントみたいなやりとりと大半の人が評するのも、観れば納得してもらえるでしょう。全体的には時間潰しで鑑賞するのが一番良いかもです。