オリエント急行殺人事件(2017)

誰もが知る名作ミステリーを豪華キャストで映画化

映画『オリエント急行殺人事件』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 視聴サイトがどれかすぐに判別できます。
今すぐ『オリエント急行殺人事件』を見るなら動画リンクをチェック。

1974年にも映画化されたアガサ・クリスティの名作ミステリーをケネス・ブラナーの製作・監督・主演、ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファーら豪華キャストの共演で新たに映画化。製作総指揮はアディッティア・スード、マシュー・ジェンキンス、ジェームズ・プリチャード、ヒラリー・ストロング。製作にはリドリー・スコット、マーク・ゴードン、サイモン・キンバーグ、ケネス・ブラナーなどが名を連ねる。トルコ発フランス行きの寝台列車オリエント急行。この落ち着いた列車の環境は、富豪ラチェットが刺殺されたことで突如一変し、不穏な空気に包まれる。当然ながら犯人はこの中にいるはずだった。教授、執事、伯爵、伯爵夫人、秘書、家庭教師、宣教師、未亡人、セールスマン、メイド、医者、公爵夫人という目的地以外は共通点のない乗客たちと車掌をあわせた13人が、密室の中で起こった殺人事件の容疑者となってしまう。全員がそれぞれ何かの思惑を抱えていそうだが、真実は見えてこない。そして、この列車に乗り合わせていた世界一の探偵エルキュール・ポアロは、列車内という動く密室で起こった事件の解決に挑む。

原題:Murder on the Orient Express / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開:2017年12月8日 / 114分 / 制作:Kinberg Genre / 配給:20世紀フォックス映画

映画『オリエント急行殺人事件』予告C

(C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『オリエント急行殺人事件』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画のミステリーツアー!
豪華俳優が贅沢に共演しましたと聞けば、絶対に面白そうに思いますし、なんとなく見ても飽きることはない確実な良作以上を保証してくれます。そんな作品を観たいのであれば、動画配信サービスが強い味方になります。例えば便利な機能として挙げられるのが、出演者で検索できるもの。この気になる俳優は他にどんな映画に出ているのかな?という疑問もその場で解決です。また、スマホでも視聴できるので、テレビがない場合でも問題ありません。

「無料」はやっぱり魅力的!
「無料でお試し券が欲しい人は集まってくださ~い」そんな呼びかけは冗談にしても初回特典は多くのサービスで用意済みです。なんとも耳寄りな情報ではありますが、これは初期登録時点から設定された一定の期間、動画視聴を含むあらゆる機能を無料試用できるもので、フリーダムに使えます。「大事な瞬間に解約できないのは大問題だ!」それはそのとおりで、お試し期間中に解約ができないまま過ぎれば結局は無料から有料になってしまい、無意味。でも解約は自由にちゃんとできます。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「オリエント急行殺人事件」の視聴はダメです。広告というのはサイトの運営に必要で、それがなくなると維持することもできなくなってしまいますから、一概に排除はできません。ただし、それが不正広告なら話は別。個人の重要情報を勝手に奪い取るような身勝手極まりないものは論外です。シネマティックな日々を過ごすのに不正空間に身を投じる必要はありません。何も自分の手を汚してまでする価値はないです。

迷ったときは?
今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴も可能ならさっそく試す行動に出たいところです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「オリエント急行殺人事件」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。全ての各社サービスをイチイチ目視チェックしていたら目が疲れてきます。そこでこのページは作業の大幅簡略化に貢献することが可能。アイコンを見れば、何となくな最近の動画傾向もわかるでしょう。フルムビバースはその名のとおり「ユニバース」なので、世の中のあらゆるVODの情報が一挙に勢揃いしています。配信は永遠ではありません。あとで観ればいいやと放置していると、いつのまにか動画が消えていることもありえるので要注視です。

あなたはどっち派?
さあ、いつでも突発的に発生する「字幕がいいのか、吹替がいいのか」という不毛なバトルがやってきました。字幕派は俳優の声が聴きたいんだ、それこそが映画本来の原書を読んでいるようなものじゃないかと豪語。一方の吹替派は映像が文字で汚れるなんてそれこそ映画への冒涜だと非難。この戦いは終わりそうにない。きっと未来永劫続くのでしょう。でもVODならそんな喧嘩は起きません。「オリエント急行殺人事件」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

俳優好きにも必須
俳優の姿にキャーキャーと黄色い悲鳴を上げるのも映像コンテンツの醍醐味であり、ついつい夢中になってしまうこと。あんなドキドキのセリフ、刺激的な仕草、目線の動き、大胆な熱演、メロメロな愛嬌…全てがご褒美になる嬉しい大サービスです。VODは俳優出演作の抽出ができるので、イチオシをプッシュするのもラクです。「デイジー・リドリー」の本気が突き刺さる迫力には参ってしまいます。この役者のファンをひとりでも多く生み出したい…そんな応援の情熱もVODならばサポート可能。ガンガンと「これがいいよ」と推薦しまくって伝染させましょう。

海賊版サイトは無料ではありません
巷でひっそりと拡大している違法なアップロードによる動画が揃った海賊版サイトは一見すると無料で視聴できるように見えますが、実は利用者は損失を受けています。あなたのIPアドレス、住所、アカウント情報などプライバシーを入手し、不正使用することが悪質サイトの真の狙いです。「オリエント急行殺人事件」が無料で見られるからといって迂闊に手を出しては行けません。最悪の場合、甚大な被害を受けて後悔することになります。そうしたサイトとはきっぱり縁を切って、無料お試しも可能な合法的な正規のサービスを利用しましょう。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「オリエント急行殺人事件」だって繰り返し鑑賞したくないですか? 何度も観ることでわかる新しい発見もありますし、思わぬ伏線に気づくこともあります。素敵な俳優の演技や名台詞、名シーンなら何度観ても損はしません。でもさすがに映画館だとおカネがかかりすぎます。1回の劇場料金ならまだしも2回、3回となれば数千円のコスト。熱狂的なファンならこんな出費も平気かもしれないですが、普通は躊躇います。でもVODは何度観てもそのたびに支払いは生じません。

『オリエント急行殺人事件』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『オリエント急行殺人事件』をさらに知る

★スタッフ
監督:ケネス・ブラナー(関連作品:『シンデレラ』)
脚本:マイケル・グリーン
音楽:パトリック・ドイル

★キャスト(キャラクター)
ケネス・ブラナー(エルキュール・ポアロ)、ペネロペ・クルス(ピラール・エストラバドス)、ウィレム・デフォー(ゲルハード・ハードマン)、ジュディ・デンチ(ドラゴミロフ公爵夫人)、ジョニー・デップ(エドワード・ラチェット)、ジョシュ・ギャッド(ヘクター・マックィーン)、デレク・ジャコビ(エドワード・ヘンリー・マスターマン)、レスリー・オドム・Jr.(ドクター・アーバスノット)、ミシェル・ファイファー(キャロライン・ハバード)、デイジー・リドリー(メアリ・テブナム)、オリビア・コールマン(ヒルデガルデ・シュミット)、トム・ベイトマン(ブーク)

★『オリエント急行殺人事件』の評価

IMDbRTMETA
6.758%52
映画comY!FM
3.43.523.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『オリエント急行殺人事件』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン 
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター
豪華な出演陣という部分だけを徹底的に売り出しているような気もする映画。それもそうだろう。ストーリーについては変な言及はできない。原作はあまりに有名な推理小説。少し調べれば犯人なんてすぐわかってしまう。当然、オチを知ることはこの作品の面白さを半減させてしまう。それ以外ではネタバレなしで褒めるなら、映像が非常に作りこまれており、キャラクターの配置にさえも気遣っている。ぜひ注目してほしい。
●シネマトゥデイ  
本ほど人物相関の深みが感じられないけども、みんな名優すぎて素晴らしかった。ケネス・ブラナーの一癖も二癖もある名探偵ポアロのキャラが非常に濃い。気になるのはオチを知っていても面白いのかということ。でも心配ないのではないだろうか。最後に待ち受けるエンディングを理解しているはずなのに、豪華、かつ実力派の役者たちによる演技がまさか違う結末が待ってるのでは?と勘繰らせるほど、謎めいていた。