ビジランテ(2017)

容赦しない運命が暴れだす

映画『ビジランテ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 視聴サイトがどれかすぐに判別できます。
今すぐ『ビジランテ』を見るなら動画リンクをチェック。

入江悠監督によるオリジナル脚本作品。大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太の主演で、入江監督の地元である埼玉県深谷を舞台に地方都市特有の暗部を生々しく描いていくサスペンス。エグゼクティブプロデューサーは加藤和夫と江守徹、プロデューサーは佐藤現と平体雄二。高校時代に行方をくらまして存在の消えた長男の一郎、市議会議員を務める実直なキャリアを歩む次男の二郎、デリヘルの雇われ店長をして厳しい社会の底辺を味わう三男の三郎。三兄弟はあまりにもかけ離れた世界の異なるそれぞれの道を自分なりに懸命に生きてきた。それは交わることはないが、それでも兄弟の繋がりは消すことはできない。しかし、兄弟の父親が亡くなり、失踪していた一郎が30年ぶりに突然帰ってきたことが、それまでの壁を壊してしまう大きな異変を生む。抑えられていた感情はこの引き金により、こぼれだす。三兄弟の運命が交じり合い、欲望や野心、プライドがぶつかり合う中で、三兄弟を取り巻く事態は手が付けられないほどに凄惨な方向へと歩みだしていく。

原題:ビジランテ / 製作:日本(2017年) / 日本公開:2017年12月9日 / 125分 / 制作: / 配給:東京テアトル

ビジランテ – 映画予告編(15歳未満は見ちゃダメ)

©2017「ビジランテ」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ビジランテ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも注目中です
人間のうちにあるさまざまな喜怒哀楽を遠慮なくストレートに描き出すのも映画ならではの魅力。そんな感情が爆発するような作品を浴びるように見たいなら、利用者も増えている動画配信サービスを駆使しましょう。これはネット配信ですが、その特性を活かしてさまざまなメリットを享受できます。例えば、レンタル店と違って、わざわざ店に行き貸し借りする手間がかかりません。作品をすぐに見つけられるのでストレスなしです。

「無料」で感謝!
基本機能でも最高に楽しいのですが、無料サービスお試しという期間限定の無料動画鑑賞可能な施策がさらに救ってくれます。無料で試せる範囲に制約はありません。一部の機能のみという限定的な解放ではないので、扱われている動画を自由に選択して自己環境でセルフトライして、使い心地を確認できます。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「ビジランテ」の再生はダメです。さすがにそこまで楽観的な平和主義な人はいないと思いますが、ネットの世界の中でも特にデンジャーゾーンなのがこういう不法サイト。マルウェアを仕組まれて会社のパソコンが広域で大損害を受けたり、個人のアカウントを乗っ取られたり、被害例は後を絶ちません。無料に釣られて変なサイトの術中にハマらないように、必ず公式の提供する安心さを享受して映画人生を彩りましょう。

迷ったときは?
新作は蚊帳の外なんていう時代でもありません。その無料チャンスが手招きしているなら喜んでダイブしたいはずです。ところが、避けることのできない障害物として道を塞いでいるのが、VODの配信流動性の問題。変化が止まらない配信作品を個別チェックするのは大変で目が疲れます。「ビジランテ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「今はとにかく私が見たいこの映画を配信するVODだけが知りたい!」そういう強い願望にもストライクに回答。Yahoo知恵袋なんかよりも明確にお教えできます。アイコン表示が全てです。むやみやたらに公式動画サービスで作品探しに明け暮れるよりも、こちらで動画配信の有無をざっくり監視する方が時短になります。「無料動画のチャンスをメモしておこう。いつか見るために」そう思っている人に忠告ですが、配信はずっとではないので見逃しに注意。

登録情報は最小限
初めてVODに登録する時に「それは簡単なのかな?」と不安を持つかもしれません。でも安心。基本的な流れはこのとおり。まずはEメールアドレスを入力。普段使っているものでも、新しく作ったものでも良いです。次にパスワード。使い回しは厳禁。続いて、名前と生年月日。正確に嘘偽りなく答えましょう。そしてお支払方法です。その後は「利用規約およびプライバシーポリシーに関する声明に同意する」にチェックを忘れないようにして、全行程がきっちりクリアです。あとは「ビジランテ」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて全然ページに移動しない! そんな困った事態が起きていませんか? それは広告ブロックツールに原因がある可能性があります。AdBlockやGhosteryといった広告強制非表示の拡張機能は一見すると便利ですが、何の問題もないサイトの挙動にも影響を与え、動画視聴や購入を妨害することがたまに報告されています。「ビジランテ」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。一般的に認知されているフィルタリングという手法がありますが、これであれば特定のリストアップされたサイトをブロックできます。しかし、防げるのはほんの一部に過ぎないので抜け穴だらけです。最も大事なのは適切なサービスをクローズアップして、何よりも目立つ存在にさせること。正規のものにスポットライトをあてることで困っている動画業界を支援もできるので「ビジランテ」合法視聴方法を拡散しましょう。

表現規制を避けるなら
映画が映像媒体である以上、不可避の問題が表現レギュレーション。対象年齢や倫理的な事項を鑑みて、一部の表現がカットされたり、ボカされたり、フルで見られない状況もたびたび発生します。劇場上映やテレビ放映はそういう事態も起こりやすく、不満を持つ人もいたことでしょう。どうせなら製作陣が作った素のままを楽しみたいです。VODでは基本的に業界が異なるのでレーティング対応も違ってきます。独立性の高いサービスもあるので、気になる人はその観点を判断の材料にするのも有用です。

『ビジランテ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ビジランテ』をさらに知る

★スタッフ
監督:入江悠(関連作品:『22年目の告白 私が殺人犯です』)
脚本:入江悠
撮影:大塚亮
音楽:海田庄吾

★キャスト(キャラクター)
大森南朋(神藤一郎)、鈴木浩介(神藤二郎)、桐谷健太(神藤三郎)、篠田麻里子(神藤美希)、嶋田久作(岸公介)、間宮夕貴(サオリ)、吉村界人(石原陸人)、般若(大迫護)、岡村いずみ(亜矢)、菅田俊(神藤武雄)、坂田聡、浅田結梨、八神さおり、宇田あんり、市山京香、たかお鷹、日野陽仁

★インタビュー
・入江悠監督「限界への挑戦のような日々。今だから笑って話せますけど、今日お三方にお会いするのが怖かった。当時の恨みを晴らされるじゃないかって(笑)。スタッフ、キャストがひとりでも欠けたら成立しなかった。オリジナルの脚本でここまでできるんだということを示せた」

★『ビジランテ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.53.243.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ビジランテ』の感想

●無料ホームシアター
これは入江監督史上屈指の衝撃作ではないだろうか。観終わってしばらく放心状態になった後、凄いものを見たことを体感が遅れる様に伝わってくる。徐々にアドレナリンが高まっていって今さら混乱しだす。当然、立つこともできない。まさにこの映画の意義はタイトルにハッキリと嘘偽りなく詰まっている。現代的批評ともいえる自警的な正義の暴走、その行き着く先を残酷なまでに描くことで、これは私たち社会の未来の暗示でもある気がした。
●FILMAGA
ビジランテというのは本当に今の世界ではフィクションではなくなっている。自分の意志で悪に制裁をかすという行為。何が悪なのかも自分で決める。それはカッコいいことに思うかもしれないが、実際はどうだろうか。その現実が今作には克明に刻まれている。遺産相続、アウトレットモール建設、外国人差別など、プロットの設定から嫌な気配があるが、そのどれもが日本のどこかで毎日起こっていること。その怒りや不満が今日も爆発しているのだろう。
●TOHOシネマズ
これは社会における本当の現実にありうる、いや今まさに起こっていることだ。無視できないし、そうすべきではない。もちろんそこは汚い世界、見苦しい世界かもしれない。でも綺麗な社会なんてあり得ない。それを見て見ぬふりするのは無理がある。そんな実像をフォトリアルに映し出す暗黒アルバムのような映画だった。役者の演技が仕事には見えず、そこにあるのは生々しい姿にしか見えない。それくらいの恐怖をぞわぞわと感じてしまった。