アントマン(1作目)

小さすぎるヒーローが爆誕!

映画『アントマン』のフル動画を無料視聴する方法をシリーズ網羅でレコメンドしています! 視聴サイトがどれかすぐに判別できます。
今すぐ『アントマン』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Ant-Man / アメリカ(2015年) / 日本公開:2015年9月19日 / 117分 / 制作:Marvel Studios / 配給:ディズニー / 製作費:1億4000万ドル / 興行収入:5億2000万ドル / 次作:『アントマン&ワスプ

映画『アントマン』予告編

(C)Marvel 2015


▼『アントマン』の動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】機能充実
VOD2【Hulu】字幕or吹替
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『アントマン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

いち早く見るなら注目!
作品が出るたびに人気がどんどん上がっていくシリーズであるマーベル映画。話がつながっているので可能な限り全て観てしまいたいのですが、なるべくお得に観るにはどうすればいいのか。そんなときは動画配信サービスがベストです。無料のお試しキャンペーンを用いることで、設定された期間は無料で作品動画を視聴できます。その期間内に退会すれば、料金を請求されることはもちろんありません。解約自体の作業は面倒くさいものではなく、数ステップで終わるので安心してください。なかにはマーベル作品を一気に配信しているものもあるので、最新作公開のタイミングなどはとくにチェックをしましょう。動画配信サービスはたくさんありますが、では自分の見たい作品を配信しているのはどれなのか。そんな悩みについては、このページが解決の手助けになります。安易に同じVODだけをごり押しするようなことはしていません。あなたに合ったサービスを探して見ましょう。

「無料」を見逃すな!
「有料でしょう?」と諦め半分で失望するのは早いです。無料お試し可能なインセンティブ施策が用意済み。映画を観たらお金を払うのは当たり前の世の理。でも、それはお試しというマジカルワードによってある瞬間の初回コースというかたちで一時的にではありますが、なかったことにできます。これぞ贅沢というものです。「本当に無料で動画が見られるの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。ペイトン・リード監督の「アントマン」もアリ。

リスクは小さくない!
不正な動画ウェブサイトは巨大すぎる悪意を持っており適法性・実用性の二点で非推奨。それでポール・ラッド主演の「アントマン」の視聴はダメです。広告というのはサイトの運営に必要で、それがなくなると維持することもできなくなってしまいますから、一概に排除はできません。無断に掲載されるものでもないので無下にはできません。ただし、それが不正広告なら話は別。個人の重要情報を勝手に奪い取るような身勝手極まりないものは論外です。どんな手段を講じようともリスクを無かったことにはできないのであり、結局は危ない橋を渡らないのが動画でも最良の手です。

いちはやくウォッチ!
バラエティに富む多様な映画が並べば、あなたの「観たい欲」を満たせるのは確実。目移りするほどの充実さ。動画鑑賞への展望を削ぐのはVOD配信の急激な変化についていけるかということです。レンタルショップ以上に商品陳列がめまぐるしく変わるのは予想外に厄介だったりします。エバンジェリン・リリー出演の「アントマン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。ググってみても表示されるのは一部のVODのみ(自社サービスであるYouTubeばかりが推薦されます)。このページならもっと広域にわたって配信可能性の高めなサービスをフェア精神でフリーレコメンドしており、有用性抜群です。安全な動画を保証するフルムビバースは、掲載する動画リンクは正規のものであり、不快な誘導などをするページはひとつもなし。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

あなたはどっち派?
日本映画よりも圧倒的に海外映画を観る機会が多い人もいるでしょう。そこで話題になるのが「字幕or吹替」の選択問題。双方ともに揃っている場合はどちらが良いのか。自分の作品体験を向上してくれるものは…。完全な好みの判断ですが、これは譲れないという人もいるはず。また、意外な活用方法もあって、英語音声&英語字幕で語学勉強に駆使すれば、リスニング教材に早変わりします。VODの中にはこんなことも可能なものも。コリー・ストール出演の「アントマン」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、平等なレコメンドが最重要なポリシーです。他サイトだと「この作品を視聴するならこのサービスです」と特定の名称を挙げて推してくるものもありますが、それはたいていが単なるビジネス的な宣伝に過ぎません。そんなものではユーザーの気持ちは無視されます。本来はどのサービスが適切なのかはユーザーの皆さん個人で異なるものです。誰にも万能なサービスはありません。単純に「アントマン」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

高画質で見られる?
細部まで作りこまれた映画なのですから、最高水準の高画質で鑑賞したいものです。VODの画質は貧相で荒いと思っているそんな先入観はだいぶ薄まってきましたが、あらためて高品質であることは保証します。なるべく映画をじっくり見るには良い映像でないとダメですから。今ではスマホですら4Kレベルの解像度再生ができたりする時代。パソコンでもディスプレイの性能の良いものも比較的高価でもありません。VODはそれらスペックのある視聴機器との相性が抜群。画質は選択できることも多く、あなたのネット環境に合わせてチューニングしながら「アントマン」の動画を楽しみましょう。

俳優好きにも必須
多彩な魅力を合わせ持つ映画エンターテインメントの立役者はまさしく俳優です。マッチョなあの人、セクシーなあの方、アバンギャルドな異彩を放つあの子、自分の好みにストレートアタックを決められてしまい、熱狂してドハマりになってしまうファンが生まれるのも納得の唯一無二のカリスマ性。そんなムービー・スターの出ている動画を抽出できるのも、検索機能を持つVODの強みです。「ポール・ラッド」の本気が突き刺さる迫力には参ってしまいます。この役者のファンをひとりでも多く生み出したい…そんな応援の情熱もVODならばサポート可能。ガンガンと「これがいいよ」と推薦しまくって伝染させましょう。

『アントマン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月9日時点での『アントマン』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『アントマン』をさらに知る

「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」など数々のヒーロー映画を成功させているマーベルスタジオが送り出す、体長1.5センチのヒーロー「アントマン」の活躍を描いたアクション作品。製作総指揮にはルイス・デスポジート、アラン・ファイン、エドガー・ライト、スタン・リーなどが名を連ねる。仕事もクビになり、養育費が払えないため最愛の娘にも会えない惨めな生活をおくるスコット・ラング。窃盗をしていた昔の仲間とともに再び犯罪に手を染めてしまうしかなかった。そんな私生活も崖っぷちのスコットに、謎の男ハンク・ピムから一風変わった仕事のオファーが届く。それは通常の汚れ仕事依頼ではない。なんと体長わずか1.5センチになることができる特殊スーツを着用し、「アントマン」になるというものだった。どうやらこのアントマンのスーツはいろいろな歴史の中で生まれたものらしい。あまりの経験したこともない出来事に困惑を隠せないが、選択の余地がないスコットは渋々ながらもアントマンとなることを決める。人生をやり直すため、トレーニングに汗を流し、アリとの絆も深めて鍛えていく。一方で、特別な力を求めて悪が暗躍していた。

★『アントマン』のスタッフ
監督:ペイトン・リード(関連作品:『イエスマン“YES”は人生のパスワード』)
原案:エドガー・ライト、ジョー・コーニッシュ
脚本:エドガー・ライト、ジョー・コーニッシュ、アダム・マッケイ、ポール・ラッド
撮影:ラッセル・カーペンター
音楽:クリストフ・ベック

★キャスト(キャラクター)
ポール・ラッド(スコット・ラング/アントマン)、エバンジェリン・リリー(ホープ・ヴァン・ダイン)、コリー・ストール(ダレン・クロス)、ボビー・カナベイル(パクストン)、マイケル・ペーニャ(ルイス)、ティップ・“T.I.”・ハリス(デイヴ)、ウッド・ハリス(ゲイル)、ジュディ・グリア(マギー)、デビッド・ダストマルチャン(カート)、マイケル・ダグラス(ハンク・ピム)、アビー・ライダー・フォートソン(キャシー)、アンソニー・マッキー(サム・ウィルソン/ファルコン)、ヘイリー・アトウェル(ペギー・カーター)、ジョン・スラッテリー(ハワード・スターク)、マーティン・ドノバン(マイケル・カーソン)

★『アントマン』の評価

IMDbRTMETA
7.382%64
映画comY!FM
3.83.973.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『アントマン』の感想

●無料ホームシアター 
こんなにも愉快で、何よりも身近なアメコミ映画があっただろうか。今までのアメコミは話が壮大過ぎた部分もあったが、今作ではファミリードラマに収まっているので安心だ。MCUで一番娯楽作品としてクオリティが高いのは本作じゃないかと思うくらいの王道さで「楽しい」の一言に尽きる。ケイパーものとしてもヒーローものとしても無駄のないタイトな構成が複雑な世界観を気にすることなく楽しめる、シンプルなストーリーが一番の魅力だ。
●FILMAGA 
今作のヴィランはなかなか純粋に正統派な悪役やってて嫌いじゃない。科学者のはずなのに最後は自分でスーツを着て戦うという肉弾戦法もいいじゃないですか。サイズ変化という設定からして、日本の特撮っぽく、そこの相性も良かったのかな。勝手なイメージでは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」みたいに軽い感じかと思っていたのですが、そこまでお気楽ではなく、中身のドラマはかなりしっかりしている、泣ける親子ドラマでした。
●TOHOシネマズ 
愉快で最高! アリの特性をフル活用で攻め込む作戦やアタッシュケース内の戦闘がアントマンならでは。普段は何気ないおもちゃでも小さくなると怖いという、トーマスのインパクトは痛快。宇宙最強の戦士ファルコンが無職の泥棒とのタイマンの末に敗北してしまうという、明らかにファルコンの貫禄ゼロなのですが、そこも許してしまう面白さ。「キャプテンには内緒にしてくれ」というお茶目なセリフも聞けたし、大満足なのですけども。