デメキン(2017)

いじめられっ子が福岡の伝説の総長に!

映画『デメキン』のフル動画を無料視聴する方法をズラリとレコメンドしています! 視聴サイトがどれかすぐに判別できます。
今すぐ『デメキン』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:デメキン / 日本(2017年) / 日本公開:2017年12月2日 / 116分 / 制作: / 配給:AMGエンタテインメント

『デメキン』予告

(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ


▼『デメキン』の動画リンク▼
VOD1【U-NEXT】解約簡単
VOD2【Hulu】ノイズ無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)

▼『デメキン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなにも普及拡散中!
青春はキラキラしているだけじゃない。ギラギラした粗雑な生き方もひとつのかたち。そんな歪な若さが爆発する作品をたっぷり見たいなら、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信なので、レンタル店と違って、スマホでも視聴できるというメリットがあります。DVDのようなパッケージディスクを視聴できない人は、ぴったりなサービスです。ダウンロード機能もあるものもあるので、通信量を気にせず、安心して鑑賞もできます。

「無料」を嫌う人はいない!
これでお腹一杯になるのは早いです。ファーストタッチである利用者には無料のトライアルでまずは前菜が食べられます。アカウントを作ったらそのままお金が請求されるのは、ちょっと怖いものです。なにせまだサービスを試してもいないのですから。初回時ならばじっくり吟味したいものです。「中途半端な尺の視聴お試しではなくフル動画であることは大事だよ?」「全部が揃っていないと意味はないのだけどね」もちろんです。これはテスト鑑賞ではなくてきちんとしたサービスの体験利用なので機能が損なわれるなどの残念経験には繋がったりしません。山口義高監督の「デメキン」もアリ。

それは観るだけで危険?!
違法な動画サイト等は大事な問題を内包しており軽視できませんので気を付けてください。それで山田裕貴出演の「デメキン」の再生はダメです。被害報告事例をひとつ解説しましょう。例えば、ある人が何気なくその問題サイトで動画を再生したとします。最初は動画見れるのでシメシメと見続けます。普通に見えてしまうのでそうなると、あなたの知らない間にパソコン内でバックグラウンド・プログラムが始動。個人情報が盗まれています。無料に釣られて変なサイトの術中にハマらないように、必ず公式の提供する安心さを享受して映画人生を彩りましょう。

どれを選べばいい?
ニューシネマはいつの日かVODでも顔を見ることができます。そのネット登場の時期は意外に近いかもしれません。でも厄介なトラップも多数。「始めようと登録しても、自分の鑑賞したい動画がない」そういう実は配信が終わっていたという、ヘコんでしまう失敗も起こりえます。柳俊太郎出演の「デメキン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題は早急に解決してしまいましょう。「すぐさま配信しているVODの名前が判断できるといいな」という願望を叶えるページがここです。むやみにリンクを踏みまくる必要はありません。他サイトにありがちな形式文章で機械的に量産した紹介ページとは違って、こちらでは作品ごとのマッチしたレコメンドになるように調整済みです。本サイトは「フルムビ」の名のとおり、フルでムービーの情報を完備しています。それは情報精度以上に網羅性で負けません。痒い所に手が届く、他のデータベースにはない情報も密かに掲載中です。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースではいくつもの映画鑑賞をサポートする便利機能で補完。そのひとつ「ウォッチリスト」はその名のとおり、ウォッチしたい映画のリストを作れます。なんとなく気になる新作を見かけたのでメモ代わりに…という利用形態でもOK。新しい映画に出会ったらガシッと捕まえましょう。ウォッチリストに追加したい映画があったら、各記事内の「Favorite」ボタンを押しましょう。これで終わりです。このリストは勝手に他人に見られることはないです。今田美桜出演の「デメキン」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く自分のものにして視聴するためにもこのヘルプ機能をフル活用してみましょう。

原作もついでに見よう
漫画や小説を映画化した作品動画を見た後に「原作も見てみたいな~」と思ったことはありませんか? でもわざわざ本屋に足を運んで原作を探したり、ネットオンラインショップで漁るのも面倒だったりします。そういうシチュエーションでもVODは大きなサポートができます。動画を鑑賞したら、そのままの流れで原作も電子媒体で読むことができる機能を備えたものも登場。すべての動画と電子書籍を作品ごとに紐付けることでシームレスなエンタメ体験を実現しているので、経験すれば病みつきに!

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。一般的に認知されているフィルタリングという手法がありますが、これであれば特定のリストアップされたサイトをブロックできます。しかし、完全なプロテクトではないのは絶対にわかっておいてください。防げるのはほんの一部に過ぎないので抜け穴だらけです。最も大事なのは適切なサービスをクローズアップして、何よりも目立つ存在にさせること。正規のものにスポットライトをあてることで困っている動画業界を支援もできるので「デメキン」合法視聴方法を拡散しましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉はウズウズするくらいに魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。福山翔大出演の「デメキン」は? 絶対に確認すべきなのは一点だけ。見たい映画は「見放題対象」なのか、それとも「個別購入」なのか。前者ならば迷うこともなく、そのまま一定の期間、無料というかたちで見られます。その素直な理解は何も障がいにもならないでしょう。後者ならば、貰えるポイントを使うことになるのでその範囲で無料になります。ポイントを使いすぎればそのぶんは有料になるので注意です。このワンポイントだけ把握しておく必要がありますが、この情報さえ常にキャッチしておけばあとは何もなしです。

『デメキン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月9日時点での『デメキン』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」です。

▼『デメキン』をさらに知る

お笑い芸人「バッドボーイズ」の佐田正樹が福岡最大勢力の暴走族総長だった頃を描き、漫画化もされて大ヒットした同名自伝小説を実写映画化。エグゼクティブプロデューサーは加藤和夫、プロデューサーは佐藤現と木村俊樹。ギョロっとした二重まぶたというルックスから幼少期から「デメキン」と半ばバカにされて呼ばれ、いじめられていたツラい体験を持つ佐田正樹。ある日、このままではいけないと思い「強くならなきゃ」と覚悟を決めた正樹は、かつてのいじめっ子たちを返り討ちにするまでに腕を上げ、そこらのケンカでは敵なしの圧倒的に強靭な存在となっていく。その力はしだいに周囲にも噂になり、有名になる。赤髪リーゼントをトレードマークに中学、高校とケンカに明け暮れる毎日を送る中、それはどんどんと知れ渡って、やがて小学校からの親友である厚成から福岡一の暴走族チームを作ろうと提案される。そして、ついにチーム「亜鳳」を結成した正樹と厚成たちに、強い相手を求める血気盛んな敵が次々と待ち構えていた。

★『デメキン』のスタッフ
監督:山口義高(関連作品:『猫侍』)
脚本:足立紳
撮影:神田創
音楽:海田庄吾

★キャスト(キャラクター)
健太郎(佐田正樹)、山田裕貴(合屋厚成)、柳俊太郎(真木)、今田美桜(アキ)、高橋里恩(マーカツ)、田中偉登(ヨージ)、福山翔大(鮫島)、三村和敬(将)、藤木修大(沼部清人)、岩永ジョーイ(ミツグ)、神永圭佑(三浦)、成田瑛基(庄野崎源太)、笠松将(蘭忠次)、黒石高大(大八誠)、坂田聡(店長)、両角周(しょうじ)、本田聡(てつや)、中崎敏(ヒカル)

★『デメキン』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.23.793.2
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『デメキン』の感想

●無料ホームシアター
自伝小説を実写映画化なので、ある程度は実話なはず。どこまでがリアルなのかはわかりませんし、結構美化されている部分もそれなりにあると思います。フィクション半分な感じで楽しめばいいのでしょう。暴走族という、今ではすっかり古臭くなった感じもする存在に、ちょっと時代の流れを感じますが、それも含めて昔っぽさがあります。これは若い人には受けるのかな。ある時代はこういう人たちをカッコいいと表現したのでしょうけどね。
●シネマトゥデイ 
かなり単純明快なストーリーです。福岡最大勢力の暴走族「福岡連合」を率いる総長へと登りつめる話。これがどこまで凄い事なのかはわかんないけど。こういう青春もあったんだと思いながらぜひ鑑賞してください。同じような青春を過ごした人は限られると思うけど、個人的には懐かしい博多弁を違和感なく沢山聞かれて良かったし、久しぶりにバイク乗りたくなりました。誰だってバカをしていた時期があるのです。
●BILIBILI
長編映画初主演を飾った若手俳優・健太郎の演技は良かったです。「デメキン」はいわゆる不良系の作風の最新版という感じ。この不良という概念も時代を超えて使われるも、その姿は変化しています。一昔前の不良映画は見ていると懐かしさよりも芸人みたいになってきますからね。そんなわけで今作も一つの時代を象徴する、一過性の映画だと思えばいいでしょう。こういうワルもいたんですよと未来の世代は思ってください。