アガサ・クリスティー ねじれた家 / Crooked House

アガサ・クリスティの傑作ミステリーを映画化

映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 迷惑な広告や余計なリンクはありません。
今すぐ『アガサ・クリスティー ねじれた家』を見るなら動画リンクをチェック。

1949年に発表されたミステリーの女王アガサ・クリスティの長編小説「ねじれた家(Crooked House)」の映画化。製作総指揮にはポール・B・エンバーリー、ティム・スミス、ジェームズ・スウォーブリックなどが名を連ねる。第2次世界大戦直後の英ロンドンを舞台に、大富豪の老人の殺人事件を発端とした裕福な一族の物語が繰り広げられるドラマ。その事件は起こってしまった。ねじれた家に住む心のねじれた老人が毒殺された。根性の曲がった家族と巨額の財産を遺して、この世から消えた人物。その真相はどこにあるのか。わかることと言えば、状況は内部の者の犯行を示唆し、若い後妻、金に窮していた長男などが互いに疑心暗鬼の目を向け合う。それだけでもじゅうぶんに不穏だった。しかし、そんな中、恐るべき第二の事件が起こってしまう…。

原題:Crooked House(「クルックド・ハウス」) / 製作:イギリス(2017年) / 日本公開:2019年4月19日 / 115分 / 制作:Brilliant Films / 配給:KADOKAWA

「アガサ・クリスティー ねじれた家」予告編

(C)2017 Crooked House Productions Ltd.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『アガサ・クリスティー ねじれた家』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

その先の結末は予測できない!
上品さが溢れる硬派なミステリーは派手な映像作品とは違う面白さで私たちを楽しませてくれます。そんな作品をたくさん鑑賞したいなら、人気の動画配信サービスを利用しましょう。このサービスは、大作も揃っていますが、なかにはマイナー作やミニシアター系のインディーズ作品、ビデオスルー作品など普段はあまり目立たない映画もラインナップに加わっています。いつもと違った作品を体験したいときはぴったりです。

「無料」で感謝!
利用者の生の声として目立つものは「無料お試しで思っていた以上に動画が見まくれた!」というテンション高めのもの。アカウントを作ったらそのままお金が請求されるのは、ちょっと怖いものです。なにせまだサービスを試してもいないのですから。初回時ならばじっくり吟味したいものです。「なかなか動画にたどり着けないのでは?」と先行き不安を心配してもこのVODはノープロブレム。動画専用のサービスであるので「見れない」という事態は起こってしまえば沽券に関わるのですから。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「アガサ・クリスティー ねじれた家」の視聴はダメです。ダメージレポートとしての具体例を紹介しましょう。例えば、動画を見る目的でアクセスすると真っ先に再生ボタンをクリックします。すると変なページに飛びます。消そうとするとさらにおかしなページに飛び、いつのまにか不正アプリのインストールに誘導されます。無料に釣られて変なサイトの術中にハマらないように、必ず公式の提供する安心さを享受して映画人生を彩りましょう。

いちはやくウォッチ!
「見ることには積極的なので、VODもガンガン使ってみようかな」そんな好奇心は満たされていくべきです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「アガサ・クリスティー ねじれた家」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。全ての各社サービスをイチイチ目視チェックしていたら目が疲れてきます。そこでこのページは作業の大幅簡略化に貢献することが可能。アイコンを見れば、何となくな最近の動画傾向もわかるでしょう。むやみやたらに公式動画サービスで作品探しに明け暮れるよりも、こちらで動画配信の有無をざっくり監視する方が時短になります。提示されているアイコンのサービス群の中から、初見のものを選択しましょう。おそらく数分後にはあなたは無料で動画を見ることができているはずです。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、それぞれの各サービスを基本的には公平(フェア)に取り扱っているため、他サイトにときどき見られるように特定のものを贔屓したり、スポンサーとして特別扱いしていることはありません(コンプライアンスとして重視しています)。各々が固有の長所短所を持っているものなので、どれがフィットするかはユーザーしだいです。単純に「アガサ・クリスティー ねじれた家」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて全然ページに移動しない! そんな困った事態が起きていませんか? それは広告ブロックツールに原因がある可能性があります。AdBlockやGhosteryといった広告強制非表示の拡張機能は一見すると便利ですが、何の問題もないサイトの挙動にも影響を与え、動画視聴や購入を妨害することがたまに報告されています。「アガサ・クリスティー ねじれた家」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

悪いサイトを追い出すために
インターネットの動画は金鉱山のように魅惑と危険に満ちていますが、その中にある海賊版動画は爆弾のようなもので周囲を巻き込んで甚大な被害を与えます。それを一掃するにはどうすればいいのでしょか。先行研究の進んでいる専門家の指摘によれば、ブロッキングやフィルタリングは必ずしも完璧な効果を与える特効薬にはならないことがわかっています。そこでVODの役割は大事です。不正なユーザーを公正なサイトへの誘導して状態を健全化する、ネット自由度に影響も与えない、前向きな対策。「アガサ・クリスティー ねじれた家」合法視聴方法を拡散しましょう。

海賊版サイトは無料ではありません
巷でひっそりと拡大している違法なアップロードによる動画が揃った海賊版サイトは一見すると無料で視聴できるように見えますが、実は利用者は損失を受けています。あなたのIPアドレス、住所、アカウント情報などプライバシーを入手し、不正使用することが悪質サイトの真の狙いです。「アガサ・クリスティー ねじれた家」が見れるという誘い文句についていくと、無料どころが大損害でノックアウトされます。一度利用すればあなたの使用履歴は残ってしまうのですでに袋のネズミ。こうなっては後々のリカバーも難しいので、最初から関わらないのが得策です。

『アガサ・クリスティー ねじれた家』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『アガサ・クリスティー ねじれた家』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジル・パケ=ブレネール(関連作品:『ダーク・プレイス』)
脚本:ジュリアン・フェロウズ

★キャスト
グレン・クローズ、マックス・アイアンズ、テレンス・スタンプ、クリスティーナ・ヘンドリックス、ジリアン・アンダーソン、ステファニー・マティーニ

★『アガサ・クリスティー ねじれた家』の評価

IMDbRTMETA
6.357%??
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『アガサ・クリスティー ねじれた家』の感想

●海外コメント 
私がアガサ・クリスティ小説について愛しているのは、エレガンスで常に暗い秘密であるという理由です。私は何年も前にCrooked Houseを読んでいました。私はこの適応を愛しました。家族の邸宅と50年代のロンドンに美しい風景が広がっています。グレン・クローズから家族の長女マックス・アイアンズにキャスティングされ、古い魂を持つ若い探偵のように素晴らしい仕事をしています。最後のシーンの狂気っぷりが上手く演じられていて、それだけで満足。
●無料ホームシアター
名作は映像化によってもその輝きを失わないという真理を証明してみせました。俳優もさすがです。彼らはそれぞれのキャラクターを自分の謎にして、殺人犯が誰であるかを把握しようとすると、サスペンスに貢献します。ひとつでも破綻しようものなら、どうすることもできないプロットの墜落を無様に披露してしまうのに、そうはならないというのは上手い証拠。ミステリーのツボを押さえつつ、現代でもわかる楽しみを提供している、見事なアレンジ。
●TOHOシネマズ 
クリスティの本の優れた最初の映画の適応は、映画の真ん中の部分でさまざまなゆっくりとしたヒントや手がかりを使って緊張を作り、実際に誰が実際に犯罪を犯したかについて視聴者が推測し続けるように仕組まれている。私は映画自体が2時間近くにもかかわらず、非常にゆっくりと動き出したと感じました。殺人の謎としてその目的が忘れられない美しい映画は、陰謀と聴衆の興奮です。最終的な映像が導く啓示には素敵な驚きがあります。
●109シネマズ
いくつもの類似した作品を観てきましたが、特にこの物語は本当にショッキングなものでした! アガサ・クリスティ原作「ねじれた家」というのは著書としては複数のクラシックのうちのイチ構成員みたいなものですが、好きな人の多い支持者数でみれば数の問題ではなく、熱意が凄いものです。なので下手なことはできません。そして今作は明らかに上手くやっています。脚本はダウントン・アビーのジュリアン・フェロウズという点で外れはないのです。