ザ・スター はじめてのクリスマス

キリストの物語を動物で表現したアニメーション

映画『ザ・スター はじめてのクリスマス』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 視聴サイトがどれかすぐに判別できます。
今すぐ『ザ・スター はじめてのクリスマス』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Star / アメリカ(2017年) / 日本公開:2018年10月(DVDスルー) / 86分 / 制作:Sony Pictures Animation

『ザ・スター はじめてのクリスマス』2018年10月3日(水)DVD発売/2018年12月5日(水)DVDレンタル開始
動画
▼『ザ・スター はじめてのクリスマス』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る

VOD2 Huluで動画を見る

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。

▼『ザ・スター はじめてのクリスマス』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
日本にはまだまだ知られていない素敵なアニメーション映画はたくさんあります。そんな作品に触れたいときは、動画配信サービスを利用してお得に観ましょう。海外のマイナーな作品でもズラリと勢揃い。テレビアニメもあるので、総合的にアニメが好きな人にも満足できるものです。複数の動画配信サービスを駆使すれば、相当な数のアニメ作品を一気に網羅することができます。今日からアニメ三昧で楽しい日々を過ごせます。

「無料」は全て初心者のため!
心の好奇心をウキウキさせるようなことはこればかりではなく、無料トライアルで動画視聴もお試しできて充実感を得られます。もういきなりおカネを払うような危険な飛び込みは必要ないのです。まずはサービス機能を一定期間無料で試利用してみましょう。これで夢みたいな使い心地かどうかも判断可能です。「解約したい時にできなかったら困る!」確かにそのとおりで、お試し期間中は無料でもその間に解約ができないなら半強制的に結局は有料になってしまうので意味ないです。でも解約可なので大丈夫。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ザ・スター はじめてのクリスマス」の鑑賞はダメです。具体例を紹介すると動画サイトに多く見られるのが「JS/Adware.Subprop」という悪意のある広告を強制表示させるアドウェアです。この悪名高きマルウェアは日本国内でも世界でも大量に検出されており、不正動画サイトが生息地のひとつになっています。どんな手段を講じようともリスクを無かったことにはできないのであり、結局は危ない橋を渡らないのが動画でも最良の手です。

これに決めた!
「私の中の鑑賞感情がムズムズと沸き上がってきた!」そうなったら我慢する方が自分の健康に悪いというものです。当サイトでは闇雲な楽観主義で紹介するのではなく、多くの人に知ってほしいアテンションとして注意事項も喚起しています。真っ先に覚えるべきは配信確認という最優先ステップです。「ザ・スター はじめてのクリスマス」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。スッキリ解決で心残りを消し飛ばしましょう。このページは役に立つはずです。作品ごとの配信リストアップで登録すべきVODを一発判明。字幕や吹き替えの選択は後でいいです。今は扱っているものを特定です。本サイトは「フルムビ」の名のとおり、フルでムービーの情報を完備しています。痒い所に手が届く、他のデータベースにはない情報も密かに掲載中です。無料体験はその性質上、一生で何度も繰り返し味わえるものではないので、これを契機にして自分の映画愛を燃え上がらせる燃料にしてみましょう。

字幕・吹替、選択は自由
海外映画を観る時の分かれ道となる分岐点は「字幕」「吹き替え」の選択肢です。ネット上では論争になっていることもしばしばですが、もうこれには明確な正解はありません。字幕だと俳優の音声がそのまま聞けるのでオリジナル派には必須。しかし、文字を追うのは大変(リスニング力があるならOKですが)。吹替は翻訳センスを問われるのでかなりの運試しでもあり、お墨付きの出来栄えなら安心できます。VODでいっそのこと見比べしてみるのも、見慣れた「ザ・スター はじめてのクリスマス」の面白さの発見につながるかもしれません。

お試し無料はいつまで?
魅惑なフレーズである「無料お試し期間」ですがそこにはひとつだけ飛び越えるべき大きな穴があります。それはその期間の長さ。これがまた各サービスで違ってくるために複雑。2週間、30日、31日、1か月、登録から月末までという場合も。登録前に必ずあなたのスケジュールを確認しましょう。もし忙しくて時間をとれないほどなら「ザ・スター はじめてのクリスマス」を粗雑に見るだけで終わりたくないでしょう。それを回避するにはプライオリティの熟慮が必須。「私の観たい映画はコレとアレです」とハッキリしていればいいのですが…どうでしょうか?

無料動画サイトとの違い
一般的な動画アップロードサイト(個人がアカウント作成して動画をアップできるもの)。これらは今では繁栄を極めており、個人レベルでも企業レベルでも多用されていますが、問題はそのクオリティの統一感のなさ。なにせ何でもありなので、中には酷いものもあります。利用規約などのポリシールールがあるのですがそこまで遵守されておらず不正コンテンツも増えては消えを繰り返すのみ。動画視聴しようにもこれでは無駄に時間を食うだけです。VODはその心配がオールクリア。「ザ・スター はじめてのクリスマス」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

動画はフルの方がいい
フル動画を視聴したいのは当然の反応。テレビ放映で映画が放送されることもありますが、尺の都合でカットされているパターンは多いです。本編ノーカットでもエンドクレジットは早送りというのはよくあります。しかし、このクレジットに仕掛けのある映画もあるのでできればそこもバッチリ観ておきたいところです。VODはそういう制限はないです。DVDと変わらない完全動画を保証していますのでフルムービーをどうぞ。「ザ・スター はじめてのクリスマス」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

『ザ・スター はじめてのクリスマス』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ザ・スター はじめてのクリスマス』をさらに知る

イエス・キリストの降誕を祝福する「初めてのクリスマス」の物語を、動物の視点でユーモアを交えて描く3Dアニメーション。『ザ・スター はじめてのクリスマス』の製作総指揮はデボン・フランクリン、リサ・ヘンソン、ブライアン・ヘンソン。イエス誕生の9ヶ月前、マリアは天使から救世主を身ごもっていると告げられた。それを盗み聞きしていたネズミのアビーは「救世主が降臨する。その証拠に、今まで夜空になかった星が出現したぞ」と他の動物たちに言って回った。新しい希望に期待する心を抑えることはできなかった。それから3ヶ月後、小麦を挽く作業にうんざりしていたロバはキャラバン隊に参加したいと思うようになった。その気持ちは捨てることはできず、何故そう思うのかは分からなかったが、強烈な使命感が彼にはあった。年老いたロバの協力を得て、自分がこれまでいた農場を脱出した彼は、マリアとヨセフの家に辿り着く。

★『ザ・スター はじめてのクリスマス』のスタッフ
監督:ティモシー・レッカート
脚本:カルロス・コトキン
音楽:ジョン・パエザーノ

★『ザ・スター はじめてのクリスマス』のキャスト
スティーヴン・ユァン、ジーナ・ロドリゲス、ザッカリー・リーヴァイ、キーガン=マイケル・キー、エイディ・ブライアント、ケリー・クラークソン、パトリシア・ヒートン、アンソニー・アンダーソン、クリスティン・チェノウェス、トレイシー・モーガン、タイラー・ペリー、オプラ・ウィンフリー

★『ザ・スター はじめてのクリスマス』の評価

IMDbRTMETA
5.844%42
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ザ・スター はじめてのクリスマス』の受賞
第75回ゴールデングローブ賞で歌曲賞にノミネート。

★『ザ・スター はじめてのクリスマス』の感想

●『ザ・スター はじめてのクリスマス』無料ホームシアター 
アメリカでクリスマス・シーズンに合わせて公開されたアニメーションで、題材もずばりキリスト教。聖書で最も有名な物語を動物たちに置き換えてCGで描くという大胆な挑戦だが、信仰的な教育においても親にとってはぜひ子どもたちに見せたいムービーとなっている。クリスマスらしさを感じる曲も次々登場し、しかもそれを豪華なスター勢揃いで歌う。このゴージャスさはいかにもアメリカの伝統的なクリスマス映画。日本受けは…どうだろうか。
●『ザ・スター はじめてのクリスマス』DAILYMOTION
かなりストレートに聖書を描く特殊なアニメーション。日本人には馴染みにくいが、文化的な解釈を踏まえつつ、鑑賞するのも良いと思う。それに曲については賞にノミネートされるくらいの評価の高さはあるし、難しく考えずに観れば楽しいだろう。また、ビジュアルは完全に動物たちのアドベンチャー的な雰囲気なので、あまり宗教要素は気にならない。登場する動物たちがそこまで多彩ではないのが、若干の映像の派手さのなさにつながっているけれど。
●『ザ・スター はじめてのクリスマス』CRUNCHYROLL 
ソニーピクチャーズアニメーションの作品で、比較的毎回他の大手とは違ったアニメを送り出すことで有名なスタジオだが、今作も変わっている。監督のティモシー・レカートが生み出した世界は、聖書を動物に例えた擬人化ならぬ、擬動物化した物語だ。イエス・キリストを描く作品はメル・ギブソンのアレなど比較的珍しくなハリウッド映画市場だが、動物にすり替えて敷居を低くするアイディアなんてよく考えたなと思う。宗教の勉強にもなる一作だ。