マッドバウンド 哀しき友情

大勢の批評家が大絶賛で、アカデミー賞にもノミネート

映画『マッドバウンド 哀しき友情』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 視聴サイトがどれかすぐに判別できます。
今すぐ『マッドバウンド 哀しき友情』を見るなら動画リンクをチェック。

ヒラリー・ジョーダンが2008年に発表した小説「Mudbound」を原作とし、ある田舎で農業を営む白人の家族と黒人の家族の交流と決裂を描いたドラマ。製作総指揮にはダン・ステインマン、テディ・シュワルツマン、ジェニファー・ロス、ポッピー・ハンクスなどが名を連ねる。31歳のローラは兄の上司であるヘンリー・マッカランに好意を寄せられていた。ローラの方はヘンリーに対して特に思い入れもなかったが、2人は結婚することになった。やがて、2人の間には子供が生まれた。その生活は普通よりも過酷そのもので資源も乏しいが、それでも幸せだった。一方、ハプ・ジャクソンは先祖代々の土地で農業を営んでいた。ハプは自らが小作農ではないことに誇りを持っていたが、自分の農地を手にしたいという願望は日に日に強まるばかりであった。しかし、その希望は大きな人種の壁によって絶対に叶うことはできそうにない。第二次世界大戦が始まったため、ヘンリーの弟であるジェイミーとハプの長男であるロンゼルが徴兵されることになった。戦場は苛烈でそこには人種どころか国境の壁すらも意味をなさない。そんな戦地から離れたこのアメリカで帰りを待つ家族。農地を買ったヘンリーは一家総出で引っ越し、そこでハプと出会う。

原題:Mudbound / アメリカ(2017年) / 日本公開:2017年11月(Netflix配信) / 132分 / 制作:Elevated Films / 配給:

オスカー有力候補作!Netflixオリジナル映画『マッドバウンド 哀しき友情』予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT×】
VOD2【Hulu×】
VOD3【TSUTAYATV×】
VOD4【Videopass×】
VOD5【dTV×】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る

▼『マッドバウンド 哀しき友情』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ここでしか見られない!
劇場公開作もいいですが、動画配信サービスだけのオリジナル作品も素晴らしいクオリティの作品がたっぷり揃っています。どうしてもオリジナル作品と聞くと、クオリティが低いのでは?と思うかもしれませんが、海外では賞をとっているくらい評価の高い作品が多数存在します。見逃すと惜しい作品が本当にあるので、ぜひ重点的に注目しておくのもいいでしょう。お得に高評価作品を観れるというのはなかなかない体験です。

「無料」を嫌う人はいない!
追加でお得なものもあります。プラスアルファというよりメインかもしれません。初回無料トライアル・エントランスです。アカウントを作ったらそのままお金が請求されるのは、ちょっと怖いものです。なにせまだサービスを試してもいないのですから。初回時ならばじっくり吟味したいものです。「フル動画でないと私は見向きもしないですよ」もちろんその需要はしっかり把握しており、そんな中途半端な動画を推薦したりは絶対にしません。お試しという言葉は動画のプレビューという意味ではないので大丈夫です。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「マッドバウンド 哀しき友情」の視聴はダメです。具体的な危険の事例を知りたい人も多いでしょう。例えば、動画再生途中にいきなり特大の広告が表示され、それを消そうとクリックやタップをすると別ページにリダイレクトされ、情報を盗むサイトに誘い込まれる…などの手口です。問題性が欠片もない公式サービスは何一つ気に悩むことも後ろめたいこともないのです。何を躊躇う必要があるでしょうか。

使うべきはどれ?
「見ることには積極的なので、VODもガンガン使ってみようかな」そんな好奇心は満たされていくべきです。気を抜くのはストップ。「登録して覗いてみたら自分の求めている動画作品はどこにもない!」という苦情は主に確認不十分のミスです。チェックを怠るとこうなります。「マッドバウンド 哀しき友情」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。Google検索時にすぐ上部に示されるVODは一部に過ぎずYouTubeばかりを優遇するので意味はあまりありません。このページなら確認作業短縮ができるわかりやすいアイコン表示で全VODをリストアップ中。確認済みの対応VODは、携帯キャリアのものから、TV局のもの、日本のもの、海外のもの。どこよりも数が広範であることをお約束します。もうVODビギナーとは言わせません。利用を開始すればもうあなたのパソコンやスマホは映画館に早変わり。観きれないほどの動画でエキサイティングです。

あなたはどっち派?
外国映画を観る時のチェックポイントは「字幕」を選ぶか「吹き替え」を選ぶかという二択。片方しかないこともありますが、ネット配信時はどちらでも選べたりする機会が多いので悩むものです。好きなように選んでいいのですが、このこだわりは譲れない人もいます。外野の意見は気にせずに自分の趣味で構いませんので、VODならではのお手軽さで遊んでみるのも良いのではないでしょうか。「マッドバウンド 哀しき友情」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。今は見る時間がないけど後で見るために…。気になる新作だから…。そんなときに映画の存在を忘れずにメモするために使えます。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「Favorite」ボタンをクリックorタップしてください。リストされた作品は専用のページで確認することができます。「マッドバウンド 哀しき友情」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

高評価作品は観る価値あり
手当たり次第に映画を貪るのもそれはトレジャーハントのようでテンションをあがりますが、忙しい現代人にとっては無駄なく生活したいので良作だけを鑑賞して効率性を重視したいかもしれません。普段は見たことがない傑作映画はそれだけの価値があるものです。基準となるのは著名な賞に輝いている作品、もしくは批評家や評論家に絶賛されている作品。専門家の見識や眼は侮れませんから、セレクト時の材料になります。「マッドバウンド 哀しき友情」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「マッドバウンド 哀しき友情」だって繰り返し鑑賞したくないですか? 何度も観ることでわかる新しい発見もありますし、思わぬ伏線に気づくこともあります。素敵な俳優の演技や名台詞、名シーンなら何度観ても損はしません。でもさすがに映画館だとおカネがかかりすぎます。1回の劇場料金ならまだしも2回、3回となれば数千円のコスト。熱狂的なファンならこんな出費も平気かもしれないですが、普通は躊躇います。でもVODは何度観てもそのたびに支払いは生じません。

『マッドバウンド 哀しき友情』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『マッドバウンド 哀しき友情』をさらに知る

★スタッフ
監督:ディー・リース
脚本:ディー・リース、ヴァージル・ウィリアムズ
撮影:レイチェル・モリソン
音楽:タマール・カリ=ブラウン

★キャスト(キャラクター)
キャリー・マリガン(ローラ・マッカラン)、ギャレット・ヘドランド(ジェイミー・マッカラン)、ジェイソン・クラーク(ヘンリー・マッカラン)、ジェイソン・ミッチェル(ロンゼル・ジャクソン)、メアリー・J・ブライジ(フローレンス・ジャクソン)、ジョナサン・バンクス(ヘンリーとジェイミーの父親)、ロブ・モーガン(ハプ・ジャクソン)、ケヴィン・ハリソン・Jr(ウィークス)、クラウディオ・ラニアード(パールマン医師)、ケネディ・デロシン(リリー・メイ・ジャクソン)

★『マッドバウンド 哀しき友情』の評価

IMDbRTMETA
7.596%85
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『マッドバウンド 哀しき友情』の受賞
第90回アカデミー賞で助演女優賞、脚色賞、撮影賞、主題歌賞にノミネート。

★『マッドバウンド 哀しき友情』の感想

●無料ホームシアター
このドラマを見れば多くの人が圧倒されてしまう。それと同時になぜ人種の壁が存在するのか直視できた気もしてくる。これまで人種差別の徹底した苛烈さを描いてきた作品はあったが、この映画のように意図的に対比させて描いた作品はないのではないだろうか。二つの家族に起こる悲劇は一見すれば同じに見えても、その根本的な部分は全く違っている。その現実があまりにも無残に刻まれる。残ったのは傷だらけの家族だけだった。
●シネマトゥデイ 
ネットフリックス史上、最高傑作なんていう大仰な宣伝文句が目に付くし、公式もオスカー最有力なんて謳っているので、そんなハードルあげて大丈夫かと思ったが、なんてことはない。余裕で越えてきた。俳優陣の見事すぎる熱演、卓越した脚本、強烈なメッセージ、そのすべてがダイナミックに融合している。これはぜひ映画館で鑑賞したらよいぐらいのレベルじゃないかとも追わせるほどのドラマの迫力が凄まじい。