バトル・オブ・ザ・セクシーズ

勝つのは男か、女か

映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』のフル動画を無料視聴する方法をオール提供でレコメンドしています! 配信サイトを一覧化して整理しています。
今すぐ『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Battle of the Sexes(「バトルオブザセクシーズ」) / アメリカ(2017年) / 日本公開:2018年7月6日 / 121分 / 制作:Decibel Films / 配給:20世紀フォックス / 製作費:2500万ドル / 興行収入:

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』11.2先行デジタル配信/12.5ブルーレイ&DVDリリース

(C)2017 Twentieth Century Fox

動画
▼『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 和訳オプション

VOD2 Huluで動画を見る 動画中無広告

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも注目しています
スポーツ映画の面白さはアツいバトルと人間ドラマが合わさってエネルギッシュに展開していくこと。思わず映像に夢中になってしまいます。そんな作品を観たいときは動画配信サービスを駆使してお得にみるといいでしょう。観ている最中にこの俳優は気になるなと思ったことはありませんか。そんなときは俳優の他の出演作も連続して視聴することもできます。いろいろな作品を観ていけば、その俳優の才能を実感することもできます。

「無料」を嫌う人はいない!
初めてというのはハンデではありません。それはむしろ有利な武器になるものであり、トライアル無料チャンスです。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「試用と聞くと何か不十分なテストのような印象を受ける」「重大な欠落があるか、序盤だけというオチでは?」と思っている人もいるでしょう。しかし、実際は何も制約もない完全なフルサービスを試せるものなので、そんな心配は全く気にすることはないと言えます。ジョナサン・デイトン監督の「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」もアリ。

アウトサイトは最大警戒を!
不正な動画ウェブサイトはずっとどこまでも問題が充満しているので適法性・実用性の二点で非推奨。それでエマ・ストーン出演の「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」の視聴はダメです。ネットは天国だけど地獄でもあります。ユーザーをノックダウンさせるハズレなサイトを引きあてれば無残なことに。映画を観るという状況ですらなくなります。「私はiPhoneだからOK」そんな古臭い先入観をいつまでも持っていると悪い奴らの格好のターゲットにされてあっけなくキャプチャーされてしまいます。ウェブページは動画系であれば必ずそこが信用可能かの判断が必須です。無法サイトを紹介するものはすべからく危ないと断言できます。

あなたの選択は自由!
ネットのデジタル流通の映画はDVDよりも先行することが多く、VODでも意外に早めにお目にかかれたりもします。ところが「無料ホームシアターサービス感覚で観たい作品を視聴だ!」という熱意を興ざめにしてしまいかねない難点があり、それがどれで配信しているかの判断問題です。スティーヴ・カレル出演の「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」フル動画を視聴できるVODはどれだろうと思い悩んでいても意味はないですし、気になると思います。全ての各社サービスをイチイチ目視チェックしていたら目が疲れてきます。そこでこのページは作業の大幅簡略化に貢献することが可能。アイコンを見れば、何となくな最近の動画傾向もわかるでしょう。ダイバーシティの時代ですが、VODだって数をマネジメントできないと意味はなし。その点、こちらでは10種類を超える対応数です。「こんな名前のVODは全然知らなかった」もしそんな出会いができれば、無料動画への道筋が目の前に開けてくるので、天の恵みみたいなものです。

あなたはどっち派?
日本映画よりも圧倒的に海外映画を観る機会が多い人もいるでしょう。そこで話題になるのが「字幕or吹替」の選択問題。双方ともに揃っている場合はどちらが良いのか。別に強制は何もしませんので大丈夫です。完全な好みの判断ですが、これは譲れないという人もいるはず。また、意外な活用方法もあって、英語音声&英語字幕で語学勉強に駆使すれば、リスニング教材に早変わりします。VODの中にはこんなことも可能なものも。アンドレア・ライズボロー出演の「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

配信はいつ終わる?
VODで扱われている無数の作品のそれぞれの配信が終了する月日をアナウンスしてくれるとかなり嬉しいですが、公式内でも目立たないことが多く、明記された月日どおりにならないことも。こうなってくると何で判断すればいいのかもわかりません。これはストリーミング権やコンテンツ権の問題なため、複雑な事情を抱えていますが、結局はサイトで当日に目視するのが妥当な手段になります。明日のことはわかりませんので、確実に見るなら今です。サラ・シルバーマン出演の感動ヒューマンドラマ映画「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」を見逃さずに。後悔しないためにも変な放置はやめてさっさと見るというのが一番思い残すこともない安全策です。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉はエンドレスに味わいたいほどに魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。ビル・プルマン出演のジェンダーに関するテーマもぶつかり合う「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」は? 絶対に確認すべきなのは一点だけ。見たい映画は「見放題対象」なのか、それとも「個別購入」なのか。前者ならば迷うこともなく、そのまま一定の期間、無料というかたちで見られます。後者ならば、貰えるポイントを使うことになるのでその範囲で無料になります。これを仕組みでしっかり理解しないとダメです。ポイントを使いすぎればそのぶんは有料になるので注意です。このワンポイントだけ把握しておく必要がありますが、この情報さえ常にキャッチしておけばあとは何もなしです。

高評価作品は観る価値あり
がむしゃらに映画を見まくるというのも今の時代ならばそこまで金もかけずに実現できるのですが、時は金なりですので、労力を節約したいときもあります。かといって1度に3作品同時鑑賞なんて荒業は精神的にも体力的にも推奨しません。どういう事情でも無限に映画を観る時間はないでしょう。そこで世間的に評価の高い映画から手を出すのがまずはとっかかりになります。受賞作はそれだけの有意な価値がある証拠ですし、アート的な観点で素晴らしい体験を与えてくれるものです。アラン・カミング出演の白熱のスポーツ映画「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的にどういう意味があるのかをサブテキスト解説ありきで知るのもいいです。

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月26日時点での『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』をさらに知る

世界的テニスプレイヤーである女性選手ビリー・ジーン・キングと男性選手ボビー・リッグスの1973年のテニスの試合を題材に、スポーツの枠を超えて性別を賭けた戦いを繰り広げる姿をユーモラスに描いたコメディ。『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』の製作はクリスチャン・コルソン、ダニー・ボイル、ロバート・グラフ。1943年生まれのテニスプレイヤーで、ウィンブルドンで20勝を達成した名選手であるビリー・ジーン・キング。テニス業界では男女の待遇格差があり、不満を持っている女性選手が声をあげていた。その彼女は1973年に元男子テニス王者のボビー・リッグスと対戦することになる。

★『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』のスタッフ


監督:ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス
脚本:サイモン・ボーファイ
撮影:リヌス・サンドグレン
音楽:ニコラス・ブリテル

★『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』のキャスト(キャラクター)


エマ・ストーン(ビリー・ジーン・キング)、スティーヴ・カレル(ボビー・リッグス)、アンドレア・ライズボロー(マリリン・バーネット)、サラ・シルバーマン(グラディス・ヘルドマン)、ビル・プルマン(ジャック・クレーマー)、アラン・カミング(テッド・ティンリング)、エリザベス・シュー(プリシラ・ウィリアン)、オースティン・ストウェル(ラリー・キング)、ナタリー・モラレス(ロージー・カザルス)

★『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』の評価

IMDbRTMETA
6.986%73
映画comY!FM
??3.743.7
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』の受賞


第75回ゴールデングローブ賞のコメディ/ミュージカル部門で最優秀主演男優賞と最優秀主演女優賞にノミネート。

★『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』の感想


・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』無料ホームシアター
本作の魅力は何と言ってもエマ・ストーン。彼女の演技力にまたもやただただ脱帽してしまう。最高の女優だと強く思います。コミカルでありつつも、しっかり芯のある女性を演じさせたら右に出るものはいないですね。テーマ的にもダイレクトに女性の権利を訴える映画とジャンル分けしていいのだけれども、そんな小うるさい説教はない。女性が活躍するスカッとできる内容でありながら、万人が楽しめるものにも仕上がっています。
●『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』シネマトゥデイ 
またジェンダー映画か…と少し食傷気味の人もご安心ください。この作品、まずガチのスポーツ映画として傑作ですから。テニスも練習して、実際にプレーしているという役者陣の名演もあって、試合の白熱さはプロ顔負け。もちろん、偏見の問題への言及も素晴らしいです。作中のビリージーンの「女はトップにならないと、言い分を聞いてもらえない」というようなセリフが心に響きました。男性キャラを嫌味な奴にしていないのも好感。