ディザスター・アーティスト

そのヘンテコな男との出会いが全てを変えた

映画『ディザスター・アーティスト』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 配信サイトを一覧化して整理しています。
今すぐ『ディザスター・アーティスト』を見るなら動画リンクをチェック。

グレッグ・セステロとトム・ビゼルが2013年に上梓したノンフィクション「The Disaster Artist」を原作とし、史上最低の映画としてカルト的な人気を博している『The Room』の製作過程を描いたコメディ。製作総指揮にはスコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー、トビー・エメリッヒ、リチャード・ブレナーなどが名を連ねる。俳優になるべく演技学校に通っていたグレッグ・セステロは、そこでトミー・ウィソーという一風変わった男性と知り合いになった。その男はとにかく謎が多く、出自も何もかも確かなことはわからない。当初、ウィソーのオーバーな演技に唖然としていたセステロであったが、彼の独特な風貌とアクセント、エキセントリックな振る舞い、自分の過去を決して語らないという強烈なスタンスに好印象を持っていく。そして一緒に映画を作ることになる。

原題:The Disaster Artist / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開:2018年11月(DVDスルー) / 103分 / 制作:New Line Cinema / 配給: / 製作費:1000万ドル / 興行収入:

The Disaster Artist | Official Trailer HD | A24

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『ディザスター・アーティスト』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

爆笑の渦に巻き込む!
日本ではマイナーな扱いにとどまって、あまり世間では認知されていない映画作品というのは意外にもたくさんあります。そんな作品を観たいときは、動画配信サービスが役に立つかもしれません。このサービスには、有名な大作もいっぱいありますが、実はミニシアター系のインディーズ作品から劇場未公開でビデオスルーになった作品まで、隠れた一品もラインナップに加わっています。レアな映画を観たいマニアックな需要にも対応できます。

「無料」より安いものなし!
加えて、スタートラインに立ったあなたにビギナーブーストで背中を押します。それこそ無料お試しという最高の救済補助です。例えば最初の1か月は月額の支払いが無くなるというもので、サービスによってその期間は異なりますが、どちらにせよお得度が非常に高く、初心者に優しい親切設計だということです。「なかなか動画にたどり着けないのでは?」と先行き不安を心配してもこのVODはノープロブレム。動画専用のサービスであるので「見れない」という事態は起こってしまえば沽券に関わるのですから。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ディザスター・アーティスト」の鑑賞はダメです。被害例の詳細を解説すると、よくあるのは動画再生時の広告乱発タブ開きによる嫌がらせです。何度消しても消えません。その大半がアダルトか不正アクセス系のサイトなので無視すべきなのですが、閉じるという動作をあしらってくるので本当に迷惑です。毎年大勢の人が人知れずに大損害を受けているので、聞き流すことなく、マニュアルだと思ってオフィシャル一択にしましょう。

迷ったときは?
今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴も可能ならさっそく試す行動に出たいところです。でも、ダッシュするのはちょっと待ってください。うっかりお目当ての作品が存在しないVODに突っ込むヘマをしでかすかもしれません。それはなんとしても避けたいところ。「ディザスター・アーティスト」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。確認済みの対応VODは、携帯キャリアのものから、TV局のもの、日本のもの、海外のもの。どこよりも数が広範であることをお約束します。最終的に判断するのはあなたです。どれがジャストフィットするかは個人差があり、自分だけのベストVODを見つけましょう。

情報の充実度はピカイチ
「これができると痒い所に手が届く」そんな機能もフルムビバースには搭載中。例えば評価を調べたいと思ったとき、各種サイトを確認して回るのは大変です。意外にそれぞれでスコアも違ったりして見ていくと興味深いのですが、ひとめで確認したい。こちらではまとまっているのですぐにわかります。しかも独自のオリジナルレビューやSNS賛否チェッカーもあるので、その情報量はトップクラス級。他にも参考材料はたくさん。「ジェームズ・フランコ」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

広告ブロックに気をつけて
インターネットは便利ですが、自分の理解できない突発的なエラーや問題が起こるのもそう珍しくありません。その一例は、リンククリック時に「ポップアップがブロックされた」と警告が出る場合。厄介なトラブルでイライラしてきますがまずは落ち着きましょう。この原因はひとつ。広告ブロックツールです。拡張機能でブラウザにそのようなサポートを導入していませんか。普段はプラスの機能ですが、アップデート時の不具合が起きたりもするのです。「ディザスター・アーティスト」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料動画サイトとの違い
従来、動画を無料で見る方法といえば、動画サイトがありました。しかし、これには数多くのマイナス点も指摘され、問題視する声もありました。まず無関係の質の低い動画コンテンツが無数に存在して、ユーザーの動画探しを妨害すること。中には詐欺のようにタイトルで騙してユーザーを釣るものも少なくありません。また、再生される動画の中身も視聴しないとよくわかりません。加えて違法にアップロードされた動画もあったりします。VODはそれらの心配が一切ない、「ディザスター・アーティスト」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「ディザスター・アーティスト」の視聴はそれだけでも最高ですが、その気分を他人にお裾分けしましょう。余計なお世話になるんじゃないかという危惧は要りません。SNSを使えば爆発的な拡散によって映画を好きになってくれる人が急増することもあります。今の時代はそうしたバズるというムーブメントが映画宣伝には欠かせないもので、公式アカウントも積極的にフォローしたりリツイートしたりして支援してくれることもあります。

『ディザスター・アーティスト』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ディザスター・アーティスト』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジェームズ・フランコ
脚本:スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー
撮影:ブランドン・トゥロスト
音楽:デイヴ・ポーター

★キャスト
ジェームズ・フランコ、デイヴ・フランコ、セス・ローゲン、ジョシュ・ハッチャーソン、ザック・エフロン、アリ・グレイナー、ジャッキー・ウィーヴァー、ハンニバル・ブレス、アンドリュー・サンティノ、ジューン・ダイアン・ラファエル、ネイサン・フィールダー、アリソン・ブリー、シャロン・ストーン、メラニー・グリフィス

★『ディザスター・アーティスト』の評価

IMDbRTMETA
8.192%76
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ディザスター・アーティスト』の感想

●無料ホームシアター 
トミー・ウィソーが面白過ぎる。実在の人物にスポットをあてたいわゆるノンフィクションな伝記ものなのですが、こいつ、本当に存在したのかというくらいヤバい。笑ってはいけないけど、笑ってしまう。向こうは笑わせようとしていないのに、あふれ出る面白オーラ。笑いの神様に愛されているとしか思えない。しかも、プライベートの全てが謎過ぎるというオマケつき。映画から飛び出したフィクションの人物なんじゃないかと疑うレベル。最高です。
●シネマトゥデイ 
奇跡のクソ映画は天才的なアホによって生まれていた!という事実を見せてくれる。やはりバカと天才は紙一重なんだと痛感。ほぼ同一といってもいい。作品自体は、ジョークとシリアスの絶妙なバランスが心地よく、普通に大笑いできるだろう。この映画で描かれた人たちが実在して、実際にあんな感じで1本の映画が作られたという事実が信じられない。元ネタの知識や映画愛を求められるかもしれないがそこまで深く気にすることもないだろう。
●ユナイテッドシネマ 
巷で人気な有名俳優をゲストとして呼んだコント番組の超豪華2時間スペシャルみたいな感じだろうか。笑える人はゲラゲラと腹が痛くなるくらい笑えるでしょう。これを観た後は「The Room」を見たくなりますね。何より役者たちが楽しそうで、こっちまで幸せになってくる。ジェームズ・フランコが素晴らしい。トミー・ウィソー愛がひしひしと伝わってきます。セス・ローゲンも相変わらず面白いし。ザック・エフロンも出演していましたね。