レディ・バード(2017)

批評家が絶賛した青春ムービー

映画『レディ・バード』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 配信サイトを一覧化して整理しています。
今すぐ『レディ・バード』を見るなら動画リンクをチェック。

女優のグレタ・ガーウィグが初の単独監督作としてメガホンをとり、自身の自伝的要素を盛り込みながら描いた青春映画。製作はスコット・ルーディン、イーライ・ブッシュ、エブリン・オニール。閉塞感漂う片田舎の町でカトリック系の女子高に通う17歳のクリスティン(自称「レディ・バード」)が、高校生活最後の年を迎えて、友人やボーイフレンド、家族、そして自分の将来について悩み、揺れ動く様子を、みずみずしくユーモアたっぷりに綴る。この世界で生きるには私には物足りない。2002年、クリスティン・マクファーソンはサクラメントにあるカトリック系の高校に通っていた。そこは厳格な宗教を重んじているためにいろいろなルールも厳しい。レディ・バードは両親と上手く行っていなかったが、ジュリアン・ステファンズという親友はいた。不満を語り合うこともできたが、脱することはできない。そんなとき、レディ・バードとジュリーは授業の一環で観劇に行き、そこでダニーという名前の青年と出会った。レディ・バードはダニーと急速に親密になっていき、ダニーの家の感謝祭の夕食会に招かれた。

原題:Lady Bird / アメリカ(2017年) / 日本公開:2018年6月1日 / 93分 / 制作:Scott Rudin Productions / 配給:東宝東和

映画『レディ・バード』予告

(C)2017 InterActiveCorp Films, LLC./Merie Wallace, courtesy of A24


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『レディ・バード』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

名作もバッチリ!
青春は人それぞれ体感しているものは違いますが、映画を観ることで違った青春を疑似体験したり、眺めてみることで客観視できたりします。そんな貴重な経験を提供してくれる作品を観たいときは、動画配信サービスがオススメです。このサービスはスマホでもパソコンでもテレビでも視聴可能なので、自由に自分に合った鑑賞スタイルを選択できます。今は個人によって生活様式が全く違うので、このような柔軟性はとても便利です。

「無料」はやっぱり魅力的!
しかも、無料お試しトライアルコースというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。「プライベート的に劇場に足を運ぶ時間がとりづらいので、それこそ無料ホームシアターのようにエンジョイしたい」そんな願いに答える仕組みとして、お試し期間が展開中。「アカウントは具体的に何に使うのですか?」その漠然とした問いかけに答えるなら、VODで見た動画などの視聴状況を把握し、支払いを管理するものです。詳しくは各社サイトをご確認ください。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトに手を出すとアウトです。それで「レディ・バード」の鑑賞はダメです。現在も確認されている不正サイトの実例を解説すると、例えばブログランキングサービスへの過剰誘導があります。これは動画を見れるかのようなテキストリンクで誘ってきますが完全な嘘です。中は理想の動画につながらない雑多なサイトのゴミ箱状態です。「選択に良いも悪いもない、個人の自由だ」と主張する人もいるかもしれませんが、法的に禁止ならばそれは紛れもなくバッドです。

これに決めた!
何も興味ないなんて強がっていられるのも今のうち。配信ラインナップは誘惑の魔境。映画動画はあなたを待っています。でもVODの配信作品は数千から数万と莫大。この中の顔ぶれは日々変化し、観たい作品の状況を追跡するのは、蠢くアリの群れの1匹を注目し続けるくらいに疲れてきます。「レディ・バード」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。人生はやることでいっぱい。一日のタイムスケジュールがギッシリの中、少しでも時間の節約をしたい人は、このページで配信VODの確認を短時間で済ますことができます。サイトを粗探しするよりもはるかに楽です。本サイトは「フルムビ」の名のとおり、フルでムービーの情報を完備しています。痒い所に手が届く、他のデータベースにはない情報も密かに掲載中です。配信は永遠ではありません。あとで観ればいいやと放置していると、いつのまにか動画が消えていることもありえるので要注視です。

あなたはどっち派?
今さら字幕や吹き替えでイチイチ揉めたくはないですが、でもこればかりは人のこだわりとして譲れない場合もあり、軽視はできません。DVDなどでは両方あるので選べますが、VODはどうでしょうか。これが普通のネット動画なら片方だけなこともありますが、しっかりしているVODは選択機能があって切り替えが可能です。中には英語字幕を表示できるものもあるので、勉強に使いたいならベスト。「レディ・バード」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。海外の調査機関による研究によれば、フィルタリングやブロッキング、サイトの取り締まりなどの従来的な規制に頼った対策よりも、より魅力的でユーザーを夢中にさせる安価なサービスを普及させることの方が、有効であるというレポートも発表されています。まさにVODはそのパイオニアであり、不正なサイト利用者にこそ広めていくことが業界を救う大切な役割を果たすので「レディ・バード」合法視聴方法を拡散しましょう。

俳優好きにも必須
俳優の姿にキャーキャーと黄色い悲鳴を上げるのも映像コンテンツの醍醐味であり、ついつい夢中になってしまうこと。あんなドキドキのセリフ、刺激的な仕草、目線の動き、大胆な熱演、メロメロな愛嬌…全てがご褒美になる嬉しい大サービスです。VODは俳優出演作の抽出ができるので、イチオシをプッシュするのもラクです。「シアーシャ・ローナン」の名演を見物したいでしょう? マニアでなくとも関連登場作に目がいくのであれば、その本能に従いましょう。でもなかなか骨が折れるのもわかります。だからこそVODに頼ってしまっていいのです。

高評価作品は観る価値あり
あなたは見る映画をどのように選んでいますか? ランダムで運任せ? それともビジュアル重視でインスピレーションを刺激されるもの? いやいや俳優でストレートに選ぶ? それとも友達やネットのオススメ? こちらとしては評価の高い作品も良いですと推薦したいところ。映画賞を獲っている作品はとりあえず観ておけばその価値を探ったりしてさらに深掘りできる楽しみがあります。解説も豊富なことが多いのでそこもGood。「レディ・バード」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『レディ・バード』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『レディ・バード』をさらに知る

★スタッフ
監督:グレタ・ガーウィグ
脚本:グレタ・ガーウィグ
撮影:サム・レヴィ
音楽:ジョン・ブライオン

★キャスト(キャラクター)
シアーシャ・ローナン(クリスティン・マクファーソン)、ローリー・メトカーフ(マリオン・マクファーソン)、トレイシー・レッツ(ラリー・マクファーソン)、ルーカス・ヘッジズ(ダニー・オニール)、ティモシー・シャラメ(カイル・シャイベ)、ビーニー・フェルドスタイン(ジュリアン・ステファンズ)、スティーヴン・ヘンダーソン(ラヴィアッチ神父)、ロイス・スミス(サラ・ジョーン)、ローラ・マラノ(ダイアナ・グリーンウェイ)、ジョーダン・ロドリゲス(ミゲル・マックファーソン)、ジョン・カルナ(グレッグ・アンルー)、オデイア・ラッシュ(ジェンナ・ウォルトン)、ジェイク・マクドーマン(Mr.ブルーノ)、キャスリン・ニュートン(ダーリン)

★『レディ・バード』の評価

IMDbRTMETA
8.399%94
映画comY!FM
3.83.713.9
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『レディ・バード』の感想

●無料ホームシアター
こじらせ系女子の青春ティーンムービーながら、極端な重いテーマもなく、親子、恋愛、友情、田舎からの脱出というシンプルで普遍的なテーマが芯にある。なので、どこの国でも全員が共感できるオーソドックスな作品といえるだろう。家族が崩壊したりする大げさなドラマもないが、あくまでリアリティが伝わる現実的な感情の揺れ動きが楽しめる。みんな必死で生きているのは一緒なのにどうして他人は理解できないと思ってしまうのか。それもまた人生。
●シネマトゥデイ
噛めば噛むほど味のある、何度でも見たくなる青春映画。主人公は少し破天荒なキャラクターだけど不思議と魅力的。微妙な親子関係だったり、友人関係や恋人関係も、絶妙なセリフによってゆったりと展開していって、言葉に込めきれない意味や思わず人を傷つけてしまうところも含めて、言葉というものの本質を見つめ、大切にする監督なんだなと感じた。カトリックの高校を舞台にして、その厳しい校則をちょっと笑い物にしているのもいい。