アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル

波乱万丈のフィギュアスケーターを描く

映画『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 配信サイトを一覧化して整理しています。
今すぐ『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』を見るなら動画リンクをチェック。

アメリカのフィギュアスケート選手として2度の冬季オリンピックに出場したトーニャ・ハーディングのスキャンダラスな半生を、マーゴット・ロビー主演で描いたドラマ。製作総指揮にはレン・ブラバトニック、アビブ・ギラディ、クレイグ・ギレスピー、ビンス・ホールデンなどが名を連ねる。貧しい家庭で厳しく育てられたトーニャは、努力と才能でフィギュアスケーターとして全米のトップ選手への上り詰めていく。そのパフォーマンスは圧巻だった。1991年のフィギュアスケート全米選手権。トーニャ・ハーディングはアメリカ人として史上初めてトリプルアクセルを成功させ、偉業を成す。瞬く間に時の人となり、世間の注目を一身に浴びる。1992年アルベールビル五輪に続き、94年のリレハンメル五輪にも出場するが、そのキャリアは思わぬかたちで転び始めてしまう。92年に元夫のジェフ・ギルーリーが、トーニャのライバル選手を襲撃して負傷させた「ナンシー・ケリガン襲撃事件」を引き起こしたことから、トーニャのスケーター人生の転落は始まっていた。

原題:I, Tonya / アメリカ(2017年) / 日本公開:2018年5月4日 / 121分 / 制作:LuckyChap Entertainment / 配給:ショウゲート / 製作費:1100万ドル / 興行収入:

I, TONYA [Trailer] Redband Trailer – In Theaters Now

Copyright (C) 2017 AI Film Entertainment LLC. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
dTV ▼dTV(31日間)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)

▼『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

熱演だって目撃できる!
俳優の普段は見れないようなとてつもなくとがった演技や姿が見れるのは映画ならではの醍醐味。そんな作品を観たいときは、動画配信サービスがオススメです。俳優の他の出演作を検索することもできるので、とても便利。鑑賞できるメディアは、自由自在。スマホでもOKですし、自分の持っているノートパソコンでも可能。テレビで大画面で観ることもできるので、その時々によって選べるのが大きなメリットになります。

「無料」を嫌う人はいない!
利用者の生の声として目立つものは「無料お試しで思っていた以上に動画が見まくれた!」というテンション高めのもの。いくら便利便利と連呼されても自分の目が最大の信頼源ですから、初回無料を活用してサービスが自分の趣味嗜好やライフスタイル、保有機器に適しているか判断しましょう。「退会は決められた時期にしかできないの?」という問いについて、問題ないですと回答できます。あなたを縛り上げる制約はありません。好きな時期時間にすぐさま利用ストップできるので万全。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」の視聴はダメです。強制表示される広告はアダルト系のものが多いですが、中には登録しないと動画が見れないかのように誤認させるものも。それで登録でもしてしまえば、プライバシーはなくなると思ってください。流出騒ぎになってからではもはや手遅れとなります。危ないリスク大のサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得。

どれを選べばいい?
「(*‘∀‘)え~っと、新作は結局見れるのですか?」ネット配信されさえすれば、見れない事態は考えにくいです。でも、誰もが思うツッコミも。VODは多すぎるということ。その数は増えているので、名前を挙げると凄い大変です。加えて配信が流動性があってどんどん変わるのでお手上げに。「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。悩み過ぎても頭が痛くなるだけ。無用な苦しみから解放されるために、このページ内に掲載中の視聴可能なVODアイコンを確認していきましょう。それだけで完了するのでテキストは忙しいなら無視してもOKです。普通の映画データベースサイトは数あれど、フルムビバースは数多のVODから個人感想ブログまで網羅しているのが特色です。使い始めればもう後は毎日映画を見続けても観きれないほどの充実生活を送ることができるので、「最近、暇を持て余しているな」と思う人にこそお届けします。

配信はいつ終わる?
配信はいつかは終わります。その時期は作品ごとに違ってきます(オリジナル作品だとずっと配信継続していることもありますが)。たいていはサイトで作品ごとに明記してあるのですが目立ちません。終了日時が不明なものもあったり、延長されるものもあります。とにかく不安定です。当日確認が結局はベストアプローチになるでしょう。動画配信が終わっているのに登録するのは誰でも嫌ですから。「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

見たい動画をメモしよう
こちらの各ページ内にある「Favorite」ボタンはウォッチリストへの登録が可能ということです。それをタップすれば専用のページに作品が一覧化できます。それはあなただけが見れるマイリストになるので個人でメモ代わりに使えるものです。とくにアカウント作成しなくても利用できます。ただし機能はいつでも調整中なので場合によってはメンテナンスもしくは機能停止するときがあります。そのときはご了承ください。「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

俳優好きにも必須
俳優を見るのは好きですか? 映画鑑賞が趣味なら当然俳優だって見るはずです。まさか役者がでるたびに目をつぶっている人はいないでしょう。そんな動画鑑賞の素晴らしいサポートになってくれるVODは俳優別に作品を検索できるという大きなメリットがあります。これならば「あの人の顔をずっと見ていたい!」という要望にもお応え。「マーゴット・ロビー」の本気が突き刺さる迫力には参ってしまいます。この役者のファンをひとりでも多く生み出したい…そんな応援の情熱もVODならばサポート可能。ガンガンと「これがいいよ」と推薦しまくって伝染させましょう。

高評価作品は観る価値あり
受賞作品は気になるのではないでしょうか。「う~ん、なんだか難しいんじゃないかな」「やたらと高尚な作品やアート寄りな映画を自分には理解できる自信がない」そういう気持ちもわかりますが、かといって毎度同じ映画ジャンルを見ていても飽きやすいです。大事なのは新規開拓をする心です。10本見て1本のお気に入りが見つかればいいと考えましょう。普通に動画を見るだけと思えばそんな難攻不落でもありません。「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』をさらに知る

★スタッフ
監督:クレイグ・ガレスピー(関連作品:『ザ・ブリザード』)
脚本:スティーヴン・ロジャース
撮影:ニコラス・カラカトサニス
音楽:ジェフ・ルッソ

★キャスト(キャラクター)
マーゴット・ロビー(トーニャ・ハーディング)、セバスチャン・スタン(ジェフ・ギルーリー)、アリソン・ジャニー(ラヴォナ・ハーディング)、マッケンナ・グレイス(子供の頃のトーニャ・ハーディング)、ポール・ウォルター・ハウザー(ショーン・エックハルト)、ジュリアンヌ・ニコルソン(ダイアン・ローリンソン)、ケイトリン・カーヴァー(ナンシー・ケリガン)、ボヤナ・ノヴァコヴィッチ(ドディ・ティーチマン)

★『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』の評価

IMDbRTMETA
7.789%76
映画comY!FM
3.8???3.9
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式・映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター
1990年代始めに、フィギュアスケート界を賑わせTVの話題を一世風靡したトーニャ・ハーディンのナンシー・カラガン暴行事件。若い人は知らないだろうが、ショッキングな事件でした。この映画は主にトーニャにスポットを当てて、当時の様子をインタビュー形式で描いています。第4の壁を破ったり、視点で話を変えたり、アプローチに非常に凝った一作で、伝記映画だから退屈なんてことは全くない。トーニャのぶっとんだ人生にぴったりな映画です。
●シネマトゥデイ
マーゴット・ロビーが暴れまくっている。これは「スーサイド・スクワッド」以上にはまり役かもしれない。トーニャ本人とはそこまでそっくりなわけではなく、独自の存在感があるのだが、それがまた良い味を出している。まさに映画のマジックだ。また、「gifted ギフテッド」で印象的な演技を見せた女の子、マッケンナ・グレイスもトーニャの子ども時代を熱演しているので、そこもファンは注目ポイントだろう。非常に役者目当てで見ると楽しい。