ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル

ドウェイン・ジョンソンになっていざゲームの世界へ!

映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 配信サイトを一覧化して整理しています。
今すぐ『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』を見るなら動画リンクをチェック。

1995年に公開された『ジュマンジ』の続編で、前作から20年後を舞台にゲームの中に閉じ込められた高校生たちの冒険を描いたアクション・アドベンチャー。製作総指揮にはデビッド・ハウスホルター、ジェイク・カスダン、ドウェイン・ジョンソン、ダニー・ガルシアなどが名を連ねる。学校の地下室を掃除するように言われたスペンサー、ベサニー、アンソニー、マーサの4人は、掃除中にコンピュータゲーム版「ジュマンジ」のソフトを偶然にも発見する。ここで掃除するのはつまらないので、このゲームが良い暇つぶしになるはずと考え、掃除をサボって「ジュマンジ」をプレイしようとした4人だったが、思わぬ事態が起こる。突然にしてテレビ画面の中に吸い込まれ、それぞれ自分が選んだアバターとしてジャングルの中に放り出されてしまう。そこは完全なゲームの中で、自分たちにはステータスとライフ、そして固有に割り当てられた特別な能力があった。4人は元の世界に戻るためにゲームをクリアしようと必死に奮闘するが…。

原題:Jumanji: Welcome to the Jungle / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開:2018年4月6日 / 119分 / 制作:Columbia Pictures / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント / 製作費:9000万ドル / 興行収入:

映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』超特報

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

全員で大満足の動画鑑賞!
何も考えずにただ素直にエンターテインメントの世界にどっぷり浸かれる映画は最高に楽しい体験ができます。そんな愉快な作品を観たいなら、動画配信サービスには数多くの娯楽作が揃っています。人気作もありますし、中にはマイナーな隠れた名作もあったり、リメイクの元になった映画も。スマホで観ることも可能ですが、テレビにも対応しているので、大画面で鑑賞すればワイワイ楽しむことが可能で、満足できると思います。

「無料」を嫌う人はいない!
新入生のようにワクワクの気持ちでこの動画パラダイスにやってきたのなら、無料のトライアルをどうぞ持っていってください。いくら便利便利と連呼されても自分の目が最大の信頼源ですから、初回無料を活用してサービスが自分の趣味嗜好やライフスタイル、保有機器に適しているか判断しましょう。「きっと初期登録のハードルが高いのでは?」と厳しさを不安視する声もあるかもしれませんが、心配無用。アカウント作成は1分で終わるほどのシンプルさであり、一瞬で完了できます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトに手を出すべきではないです。それで「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」の鑑賞はダメです。最近は厄介さが増しています。有害サイトにアクセスすればうんざりです。誰でも広告が大量に表示されると幻滅ですが、それで終わりません。さらなる深刻な悪質性ばかりで本当にイライラします。これでは不快な気持ちが蓄積されるだけです。ウェブページは動画系であれば必ずそこが信用可能かの判断が必須です。無法サイトを紹介するものはすべからく危ないと断言できます。

これに決めた!
「もしかして、これって最高の動画鑑賞ベストチャンスなのでは?」と思うなら、今はそれを黙々と信じるのみです。ただし、最も肝心な配信リストは不変ではないのが厄介。つまり、毎度いつ覗いても配信している映画もあれば、ある期間で配信終了のものも混在しています。「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページは不健全で法令違反しているリーチサイトではありません。コンプライアンスに基づき、正しいリーチ・ルートを提供するものです。各作品ごとに提案するVODは当然ピンポイントで変わってきます。似たり寄ったりなサイトは無数にありますが、フルムビバースは意図的に紹介VODを絞ることはせず、平等な扱いにこだわっています。配信は常に同じではないので、今視聴可能だとしても、明日は無いかもしれません。どこかの誰かではないですけど「今でしょ」の言葉どおりです。

あなたはどっち派?
インターネット上に氾濫している不正動画ではトランスレーションありと記されていてもその中身は雑極まりないです。これでは映画を観たなんてとても言えません。VODは上品質の字幕と吹替を完備(映画によります)。プロフェッショナルによる文化的・社会的な要素を考慮した巧妙な翻訳はやはり公式でこそ。英語字幕を選択すれば外国語学習であなたの語学知識を深めることができます。「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

パスワードは大事
世の中の人はパスワードを軽視している人が多すぎる…というのは多くのセキュリティアドバイザーが指摘することです。「どうせ覚えやすいものにしないといけないし、誕生日とかでいいでしょ」それはもうハッカーにあなたのアカウントをプレゼントしたも同然。これを防ぐためにも厳重で流用しないパスを独自に設定すべきです。使い回しは絶対にしないでください。芋づる式で簡単に掌握されてしまいます。予測のつかない固有のパスで動画鑑賞を邪魔されずに快適にできます。安全な「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」は? 別に難問でも難壁でもないのですが、基本軸は明快。初回(これは絶対です)の料金(サブスク的な支払いです)が一定期間(サービス毎に違ってきます)に限って発生しないということ。問題は作品対象。ポイント制ならば登録時に貰える範囲でやりくりできるもののみ(例えば400ポイント使って2作品とか)。見放題ならば考えはシンプルなので配信中の動画を好きに見まくれます。なるべく期間内にたくさん鑑賞するのが最終的な費用対効果が高くなります。

俳優好きにも必須
俳優はなぜあんなにも美しいのでしょうか。眼福という言葉はまさにこの瞬間にあるようなものです。同じ人間とは思えない至高の存在を眺めているだけで身も心も浄化されていくようで、本当に幸せいっぱいになれます。VODは俳優でも検索できるのをご存知でしょうか。出演作がズラッと並ぶとニヤニヤが止まらない気持ちになります。「ドウェイン・ジョンソン」の名演を見物したいでしょう? マニアでなくとも関連登場作に目がいくのであれば、その本能に従いましょう。でもなかなか骨が折れるのもわかります。だからこそVODに頼ってしまっていいのです。

『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジェイク・カスダン(関連作品:『SEXテープ』)
脚本:クリス・マッケーナ、エリック・ソマーズ、スコット・ローゼンバーグ、ジェフ・ピンクナー
撮影:ギュラ・パドス
音楽:ヘンリー・ジャックマン

★キャスト
ドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラック、ケビン・ハート、カレン・ギラン、ニック・ジョナス、ボビー・カナベイル、プラブ・コリ、アレックス・ウルフ、マディソン・アイゼマン、サダリウス・ブレイン、モーガン・ターナー

★『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』の評価

IMDbRTMETA
7.277%58
映画comY!FM
3.73.833.8
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』の感想
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター
オリジナルのジュマンジとはほぼ一切関係ないので続編要素を楽しみにしてる人には期待値を大幅に下げて見ることをオススメします。その代わりに投入されているのは当然のようにロック様。もはやロック様たっぷりのそれだけ映画に仕上がっています。これはポスターや予告PVを見ればわかることですけどね。相変わらずの筋肉ネタ、下ネタのてんこ盛り。気軽に安心して見られるという意味ではパワーアップしていると言っていいのかな。
●シネマトゥデイ  
「ザスーラ」というやはりボードゲームで宇宙に行く続編的な作品が一応あるのですが、本作は「ジュマンジ」のラストから始まるので正統続編っぽい。ただ、原作にはないので、好き勝手やっちゃいましたという感じ。ボードゲーム「ジュマンジ」はテレビゲームになっちゃいました。イマドキなら仕方がない変更ですね。もうなんでコンピュータゲームにしたんだよと総ツッコミですが。アバターなどゲーム的システムを駆使した笑いは面白いです。
●109シネマズ  
異例のアメリカでの大ヒットを記録したこの映画。アメコミばかりが興収を貪る中で、このおバカ映画が存在感を発揮するというのは痛快です。アメリカの観客はわかっているなと。何がバカって、ドウェイン・ジョンソンです。この筋肉99%の男がジャングルで暴走するというだけで面白いに決まっているわけです。ゲームの世界に入ってしまったというのは日本のアニメや漫画でもよくある設定ですが、アメリカはやっぱり筋肉なんだなという証明ですね。