嘘八百(2018)

冴えないコンビがどえらい仕掛けで一攫千金?

映画『嘘八百』のフル動画を無料視聴する方法を自由自在にレコメンドしています! 配信サイトを一覧化して整理しています。
今すぐ『嘘八百』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:嘘八百 / 日本(2018年) / 日本公開:2018年1月5日 / 105分 / 制作: / 配給:ギャガ / 次作:『嘘八百 京町ロワイヤル

中井貴一&佐々木蔵之介 W主演 映画『嘘八百』本予告

(C)2018「嘘八百」製作委員会


▼『嘘八百』の動画リンク▼
VOD1【U-NEXT】解約簡単
VOD2【Hulu】ノイズ無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Netflix ▼Netflix(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
FOD ▼FOD(1か月)

▼『嘘八百』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用度合いは賑やかに推移!
奇想天外な人間模様がコミカルに繰り広げられるユーモアたっぷりのヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを使いましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。ひとつは単体作品ごとにレンタルする都度課金タイプ。もうひとつは対象作品が見放題になる定額タイプ。どちらも有用ですが、使用感覚が異なるので要注目です。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「お金がかかる…」とためらうことはありません。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。映画全部をディスクで購入できるほどリッチな人はそういません。それができるのはよほど財布に余裕ある人だけ。これなら初回に限定されますが倹約的にデジタル鑑賞を試せます。「解約制限みたいなのはないのだろうか」「退会を素早くできることは絶対に欲しいのだけど」との素朴な疑問の答えは「ご安心を」です。登録したらいつどのタイミングでも自由に解約はできますし、退会する作業になんら負担は発生しませんので、大丈夫です。武正晴監督の「嘘八百」もアリ。

それは信用してはいけない!
違法な動画サイト等はうっかりミスでは済まされないものなので気を付けてください。中井貴一出演の「嘘八百」もダメです。これらのセキュリティ・クラッシュなサイトは「無料動画」と宣伝されていても、まずそんな淡い欲望は粉々に打ち砕かれます。味方には絶対になってはくれません。意味不明な外国語ページの出現とともに、エラー音やアダルト広告を伴って、気づかぬうちに危険な状況に突き落とされます。懺悔をしても誰も救いの手を差し伸べてくれるわけでもありません。自分をセルフでディフェンスできないといけません。

あなたの選択は自由!
ネットのデジタル流通の映画はDVDよりも先行することが多く、VODでも意外に早めにお目にかかれたりもします。けれども障害物がドシンと横たわっており、それをどけるべきです。その課題は配信作品の変化。毎週頻度でガンガンと変わってしまうので把握は面倒だらけです。佐々木蔵之介出演の「嘘八百」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。頭を抱えて安易に諦める前に、このページのアイコンを確認しましょう。表示があればあとは動画リンクをたどっていくのみ。この独自の2段階確認システムで確実性を視覚的に高めています。ブログを羅列したランキングサイトが無数にあるページに誘導するサイトもありますが、それは上位狙いでアクセス数をミスクリックで稼ぐカラクリの動画無関係な妨害行為です。残り物には福があると言いますが、VODの場合は残っているだけではそれ以上の嬉しさが発生することもなく何一つ良いことはありません。兎にも角にも登録しなければ始まらないのです。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の最初のターンになるための料金の支払い方ですが、友近出演の「嘘八百」を見るには飛び越えるべき段差がひとつ。まずはクレジットカードです。VODは支払い情報先が必須。これで信頼性を獲得しています。キャリア決済もある場合もあって、それだとスマホ料金と一緒になります。その方が便利だという家庭もあるでしょう。簡単に買えるプリペイド系はユーザーを偽装できるので原則使えないのがほとんどです。クレジットカードが未所持の人もいるでしょうがノープロブレム。代わりのやり方を使いましょう。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。一般的に認知されているフィルタリングという手法がありますが、これであれば特定のリストアップされたサイトをブロックできます。なので子ども相手くらいには多少の予防策にはなります。しかし、防げるのはほんの一部に過ぎないので抜け穴だらけです。最も大事なのは適切なサービスをクローズアップして、何よりも目立つ存在にさせること。正規のものにスポットライトをあてることで困っている動画業界を支援もできるので「嘘八百」合法視聴方法を拡散しましょう。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか? 人間の駆け引きと喜怒哀楽が織りなされる「嘘八百」だって繰り返し鑑賞したくないですか? 何度も観ることでわかる新しい発見もありますし、思わぬ伏線に気づくこともあります。素敵な俳優の演技や名台詞、名シーンなら何度観ても損はしません。でもさすがに映画館だとおカネがかかりすぎます。1回の劇場料金ならまだしも2回、3回となれば数千円のコスト。熱狂的なファンならこんな出費も平気かもしれないですが、普通は躊躇います。でもVODは何度観てもそのたびに支払いは生じません。

その動画サイトは使える?
森川葵出演のドタバタ劇の王道を貫くコメディ映画「嘘八百」を無料で満喫するなら神頼みをしても仏様は叶えてくれません。かといって電脳の海に漂っているものは依存することもできないでしょう。「Miomio」「dailymotion」のようなスケールの大きい拡充続けているサイト、「mixdrop」「clipwatching」「vidia」「openload」のようなビデオファイルのリンク流入向けのサイト。そのどれもが何かしらの不正の温床になっているので、安易な提案はできないものです。それを知らないで足を踏み入れれば自分のネット履歴に汚点がつくだけです。やめた方が絶対にいいです。

『嘘八百』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月17日時点での『嘘八百』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」「FOD」です。

▼『嘘八百』をさらに知る

『百円の恋』の監督と脚本が再タッグを組み、中井貴一と佐々木蔵之介がダブル主演を務め、「幻の利休の茶器」をめぐって繰り広げられる騙し合いを軽妙に描いたコメディドラマ。製作には間宮登良松、依田巽、井上肇、河野洋範などが名を連ねる。千利休を生んだ茶の湯の聖地、大阪・堺。大物狙いだが空振り続きの古物商・小池則夫は、腕は良いのに落ちぶれてしまった陶芸家・野田佐輔と出会う。その出会いが大きな展開を巻き起こすとは何も知らずに。大御所鑑定士に一杯食わされた2人は、悔しくなって仕返しのため「幻の利休の茶器」を仕立て上げて一攫千金を狙う。これが上手くいけば相手は雪辱を感じるはず。そんな彼らの行動が、家族や仲間、文化庁までも巻き込む大騒動に発展し…。

★『嘘八百』のスタッフ
監督:武正晴(関連作品:『リングサイド・ストーリー』)
脚本:足立紳、今井雅子
撮影:西村博光
音楽:高石真美

★キャスト(キャラクター)
中井貴一(小池則夫)、佐々木蔵之介(野田佐輔)、友近(野田康子)、森川葵(大原いまり)、前野朋哉(野田誠治)、堀内敬子(大原陽子)、坂田利夫(よっちゃん)、木下ほうか(土竜のマスター)、塚地武雅(田中四郎)、桂雀々(文化庁文化財部長)、寺田農絹(田昭太郎)、芦屋小雁(樋渡忠康)、近藤正臣(棚橋清一郎)

★インタビュー
・佐々木蔵之介「若者がちょっとくじけたくらいじゃなく、えらい長いことこじらせ続けていたおっさんたちが遅いでってくらいのタイミングでやっとお互いに火ぃつけたって話ですからね。同世代の方はまだいけるんやって応援したくなると思いますし、若い人にはおっさんらでもがんばるんやなって思っていただけるんじゃないかと」
・中井貴一「決してコメディーではないんですよ。大人が必死に生きると滑稽で面白くなってしまう。世の中は甘いものじゃないよねって。でも、正しく生きるじゃなくて、一生懸命生きることが素敵なんだよって、この映画を観て思ってくれたらうれしいです」

★『嘘八百』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.1???3.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『嘘八百』の感想

●映画無料夢心地
高い評価を得た名作を撮った監督と脚本家が揃い、さらに役者がとにかく贅沢なので、一切の不安なく安心して見られます。ちゃんと平均点超えの作品を生み出してくれる盤石の布陣です。何よりも中井貴一と佐々木蔵之介のコンビが絶妙な味わいを醸し出しており、この時点である程度の面白さが担保されたも同然。俳優好きなら絶対に見て損はないでしょう。二人もすっかり経験を積んだ俳優ですし、ベテランらしい安定した演技はやはり心地よいものです。
●FILMAGA 
日本ならではの落ち着いた大人向けコメディでした。古美術商と陶芸家が「幻の利休の茶器」をネタに、一攫千金を狙って、大博打をしかける。でも、そんなカッコいいクライム映画ではなく、いい年してダメな男たちの七転八倒な一発逆転劇になっています。掛け合いを笑いながらのんびり、ゆったりなテンポでクスクス笑いがいっぱいに包まれます。これが公開されるのは正月明けの1月初め。ぴったりないい時期だったなとしみじみ思います。
●BILIBILI 
正月の娯楽作としては満点じゃないかな。大阪堺を舞台に「幻の利休の茶器」をでっち上げた古物商と陶芸家がドタバタと大騒動を巻き起こす。まさに「ザ・日本コメディ」って感じ。中井貴一と佐々木蔵之介の掛け合いの妙が抜群。これだけでも見る価値はあるけれど、その二人の周りを固める脇役もしっかりしていてこれまた面白い。特に塚地さんが一番美味しい役どころだったな。エンドロールも楽しめるようにできているので、ぜひ最後まで見て。
●TOHOシネマズ 
必ずしもハッピーエンドじゃないし、これといって解決もしてないけど、トークの軽妙さとか、役者さんのはまり具合とか、そういうものを見ているとなんとなくすっきりする。ああ、良いものを見たなと満足感で満たされる。大笑いではなくみんながクスクス忍び笑いするのも、この映画らしさ。利害関係が一致してからの中井貴一と佐々木蔵之介、その他贋物プロフェッショナルの方々はイキイキ! 頼りない男たちの奮闘っぷりを見てあげてください。