ブリムストーン(2016)

愛と暴力と信仰をめぐる、壮絶な年代記

映画『ブリムストーン』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 配信サイトを一覧化して整理しています。
今すぐ『ブリムストーン』を見るなら動画リンクをチェック。

オランダの名匠マルティン・コールホーベンが監督・脚本を手がけた、時代と信仰に翻弄されたひとりの女性の生きざまを描いた西部劇スリラー。製作はウーベ・ショット、エルス・ファンデボルスト。小さな村で助産師として働く女性リズ。年の離れた夫や2人の子どもたちと幸せに暮らしていたが、ある事情から言葉を発することができずにいた。それでもその人生を懸命に生きることが自分のできる全てだった。そんなある日、鋼のような肉体と信仰心を持つ牧師の男が村にやって来る。それが波乱の幕開けになるとは思いもしなかった。彼女だけがその意味を知っていた。牧師から「汝の罪を罰しなければならない」と告げられたリズは、脳裏に壮絶な過去をよみがえらせ、家族に危険が迫っていることを伝えるが…。

原題:Brimstone / 製作:オランダ・フランス・ドイツ・ベルギー・スウェーデン・イギリス・アメリカ(2016年) / 日本公開:2018年1月6日 / 148分 / 制作:N279 Entertainment / 配給:クロックワークス

彼女の過去に秘められた"罪"とは… 『ブリムストーン』 予告

(C)2016 brimstone b.v./ n279 entertainment b.v./ x filme creative pool gmbh/ prime time/ the jokers films/ dragon films


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ブリムストーン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

その展開は予測できない!
時代性を強く反映したスリル溢れるサスペンスドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなクールスタイルな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを活用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。ひとつは単体作品ごとにレンタルする都度課金タイプ。もうひとつは対象作品が見放題になる定額の便利なタイプ。どちらで見られるかは作品と時間しだい。じっくり鑑賞する前にまずはチェックするのが先決です。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「お金がかかる…」とためらうことはありません。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。いくら便利便利と連呼されても自分の目が最大の信頼源ですから、初回無料を活用してサービスが自分の趣味嗜好やライフスタイル、保有機器に適しているか判断しましょう。「数十年前の比較的過去の作品がほとんどでは?」と内容の偏りを気にしているかもしれませんが、準新作も順次続々と配信を開始しているサービスもあるので話題作のネタも後追いできるでしょう。「ブリムストーン」も配信中。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ブリムストーン」の視聴はダメです。「動画が見れるからいいや」なんて淡い期待で手を出すつもりならそれは大きく裏切られます。再生なんてろくにスムーズにいかず、広告が映像の邪魔をしてきます。それを閉じようとしても不快な別ページに飛ばされてしまい、戻ることもできません。詳細な被害例は個人情報にあたるので迂闊には言えないですが、世間ではマズいサイトの使用で大損した人は無数にいます。

あなたの選択は自由!
作品のデジタルビデオ供給は今や一般化しており、ディスクよりもVODで見ている人の方が多数派になる勢い。ここで留意すべきはVODのお約束な悩みごと。自分の鑑賞要望のある作品は本当に現在配信しているのか、これを視認しないことには動画体験は幕を開けることはありません。「ブリムストーン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。モヤモヤの感情は綺麗にクリーンアップしてしまいましょう。それが一番の最善策です。このページのVODアイコンは配信中の可能性の高いものを提示しているので、煩雑な確認の手間暇を省くことができます。安全な動画を保証するフルムビバースは、掲載する動画リンクは正規のものであり、不快な誘導などをするページはひとつもなし。残り物には福があると言いますが、VODの場合は残っているだけでは何一つ良いことはありません。兎にも角にも登録しなければ始まらないのです。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、使い始めた月の最終日(月によって異なります)までというルール設定もあったりします。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「ダコタ・ファニング」を乱雑に流すのは嫌でしょう。せっかくのお試しが試し損するという事態にならないように、ひとまずは登録をする前に落ち着いて動画の選考をしないといけません。さあ、絶対に鑑賞したい映画は?

見たい動画をメモしよう
フルムビバースではいくつもの映画鑑賞をサポートする便利機能で補完。そのひとつ「ウォッチリスト」はその名のとおり、ウォッチしたい映画のリストを作れます。なんとなく気になる新作を見かけたのでメモ代わりに…という利用形態でもOK。ウォッチリストに追加したい映画があったら、各記事内の「Favorite」ボタンを押しましょう。これで終わりです。このリストは勝手に他人に見られることはないです。「ブリムストーン」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

動画はフルの方がいい
あまり意識していない人もいますが、民放の番組で映画が放映されているときはたいてい複数のシーンがカットされています。中には30分以上の大幅カットも珍しくないです。これでは映画の本来の面白さが大きく消失してしまい、その作品を100%見たとは言えません。でも、VODならそこも抜かりありません。決められた尺がないので最初から最後のエンドクレジットまで映画全編を鑑賞できます。「ブリムストーン」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「ブリムストーン」だって繰り返し鑑賞したくないですか? 何度も観ることでわかる新しい発見もありますし、思わぬ伏線に気づくこともあります。素敵な俳優の演技や名台詞、名シーンなら何度観ても損はしません。でもさすがに映画館だとおカネがかかりすぎます。1回の劇場料金ならまだしも2回、3回となれば数千円のコスト。熱狂的なファンならこんな出費も平気かもしれないですが、普通は躊躇います。でもVODは何度観てもそのたびに支払いは生じません。

『ブリムストーン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ブリムストーン』をさらに知る

★スタッフ
監督:マルティン・コールホーベン(関連作品:『フォース・ダウン 敵地脱出』)
脚本:マルティン・コールホーベン
撮影:ロジェ・ストファーズ
音楽:ジャンキー・XL

★キャスト(キャラクター)
ダコタ・ファニング(リズ)、ガイ・ピアース(牧師)、エミリア・ジョーンズ(ジョアナ)、カリス・ファン・ハウテン(アン)、キット・ハリントン(サミュエル)

★『ブリムストーン』の評価

IMDbRTMETA
7.139%45
映画comY!FM
3.63.843.6
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ブリムストーン』の感想

●無料ホームシアター 
ストーリーと章立ての構成が巧みに練られており、そのため2時間越えの大ボリュームでも全く退屈に感じることはなかった。スリラーということもあり、精神的に残酷なシーンが出る度に心臓を鷲掴みにされるが、ストーリーの中に自然と溶け込んでいるので、単に目立ちたいだけの悪質な映像ではないのがまた丁寧。監督の趣味や美意識、そしてこだわりがビシビシと隅々に至るまで張り巡らされているので、マッチすれば大傑作になること間違いなし!
●シネマトゥデイ  
監督いわく「オランダ・ウェスタン(Dutch Western)」だそうで、なかなか新鮮でした。2章以降は、ホラー要素が見え隠れしているので、これをどう見るかで評価が分かれるでしょう。ファニングと言えばエル・ファニング全盛の今、姉であるダコタ・ファニングが帰ってきた!というのも個人的な押しポイント。人によっては宗教観や女性蔑視の物語に感じるかもしれないが、今作はあらゆる理不尽に抗い続ける者達の物語だと私は受け取りました。