モリーズ・ゲーム / Molly’s Game

ハリウッドで一大スキャンダルとなった実話を映画化

映画『モリーズ・ゲーム』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 配信サイトを一覧化して整理しています。
今すぐ『モリーズ・ゲーム』を見るなら動画リンクをチェック。

ジェシカ・チャステインが主演を務め、トップアスリートからポーカールームの経営者へと転身した実在の女性モリー・ブルームの栄光と転落を描いたドラマ。製作はマーク・ゴードン、エイミー・パスカル、マット・ジャクソン。モーグルのオリンピック候補だったモリーは試合中の怪我でアスリートの道をやむなく断念する。彼女はハーバード大学へ進学するまでの1年間をロサンゼルスで気ままに過ごそうとするが、その退屈そうな人生は思わぬ展開を迎えていく。勤め先の上司の紹介で、ハリウッドスターや大企業の経営者が法外な掛け金でポーカーに興じるアンダーグラウンドなポーカーゲームのアシスタントをすることになる。しかし、そこでもひたすらに下っ端な扱いに不満を持ち、自分でビジネスをしてみることにする。その才覚で26歳にして自分のゲームルームを開設するなどして成功をおさめていくモリーだったが、10年後、FBIに逮捕されてしまう。モリーを担当する弁護士は、最初は調子に乗って失敗しただけなのではとモリーに不信感を持っていたが、打ち合わせを重ねるうちに彼女の意外な素顔を知る。

原題:Molly’s Game(「モリーズゲーム」) / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開:2018年5月 / 140分 / 制作:Huayi Brothers Pictures / 配給:キノフィルムズ / 製作費:3000万ドル / 興行収入:

Molly's Game | Official Trailer | Own it Now on Digital HD, Blu-ray™ & DVD

(C)2017 MG’s Game, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『モリーズ・ゲーム』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

巧みな脚本に惚れる!
様々な葛藤や苦悩を抱えて自分の人生と向き合っていく激動のヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く活用しましょう。レンタル店でDVDを借りることは過去の手法。今ではネット配信が主流になり、どんどんユーザー数は増加中。ちょっと視聴の時間が取れない人も、スマホで空いている時間に鑑賞するというスケジュールへの合わせやすさも便利です。

「無料」を嫌う人はいない!
これでお腹一杯になるのは早いです。ファーストタッチである利用者には無料のトライアルでまずは前菜が食べられます。「タダで見るって本当は悪いことじゃないのかな? 怒られない?」それは気持ちの問題。これは無料お試しなので、その後にしっかり自分で支払いするのであれば、何も気にすることなし。「3日とかで無料終了ならば、忘れていつのまにかカネをとられる!」そういう恐怖は無いです。ちゃんとじゅうぶんな期間がありますし、事前にメールでも知らせてくれるので、そこは配慮ありです。ダニエル・ペンバートンが音楽を担う「モリーズ・ゲーム」も配信中。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「モリーズ・ゲーム」の視聴はダメです。例えば、使用端末に極端な負荷を与える悪質プログラムが動き回り、場合によっては不可逆なダメージを与えることも。CPU使用率が異常に上昇すると数値としてわかりやすいですが、密かな攻撃には気づきにくいので、静かな恐怖の原因にも。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

迷ったときは?
「早く配信にならないかな~」と待っているあなたに朗報。待ちに待った情報をゲットしてお試しにダイブです。煩わしい面倒部分があるとすれば、それは「一体自分の見たい映画はどこにあるのだろう?」と探さないといけないことであり、これがまた猫の手も借りたいです。アーロン・ソーキン監督の「モリーズ・ゲーム」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。全ての各社サービスをイチイチ目視チェックしていたら目が疲れてきます。そこでこのページは作業の大幅簡略化に貢献することが可能。アイコンを見れば、何となくな最近の動画傾向もわかるでしょう。フルムビバースではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

字幕・吹替、選択は自由
外国語の映画鑑賞(とくに英語)では、字幕と吹替の2バージョンが存在することが多く、どちらを見るかを選別しなくてはいけません。キャスト陣の声をダイレクトに耳にするならば字幕一択ですが、目で文字を追いかけるのが大変で、肝心の映像への集中ができません。一方の吹替は映像に専念できますが、声をあてた人の力量に左右されてしまうので、作品イメージがガラッと変わってしまうことも。一長一短があるので、少し比較してみるのも新しい「モリーズ・ゲーム」の面白さの発見につながるかもしれません。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、平等なレコメンドが最重要なポリシーです。他サイトだと「この作品を視聴するならこのサービスです」と特定の名称を挙げて推してくるものもありますが、それはたいていが単なるビジネス的な宣伝に過ぎません。本来はどのサービスが適切なのかはユーザーの皆さん個人で異なるものです。誰にも万能なサービスはありません。単純に「モリーズ・ゲーム」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

動画はフルの方がいい
あまり意識していない人もいますが、民放の番組で映画が放映されているときはたいてい複数のシーンがカットされています。中には30分以上の大幅カットも珍しくないです。これでは映画の本来の面白さが大きく消失してしまい、その作品を100%見たとは言えません。でも、VODならそこも抜かりありません。決められた尺がないので最初から最後のエンドクレジットまで映画全編を鑑賞できます。「モリーズ・ゲーム」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

俳優好きにも必須
映画を観る時に最重要視するものとして俳優(アクター・アクトレス)を挙げる人は多いでしょう。熱烈な俳優ファンもたくさんいますし、そうでなくでもテレビに出ている有名人やモデルのあの人が気になる!という人も普通。VODでは特定の俳優の出演作を検索してそれだけを鑑賞するという楽しみ方もできます。「ジェシカ・チャステイン」の素晴らしい演技は最高のエンターテインメント・ショーであり、詩的な読み応えすらもあるかもしれません。まだ見ぬ一面にストレスも忘れて今日から新しいフォロワーになってしまうかも。

『モリーズ・ゲーム』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『モリーズ・ゲーム』をさらに知る

★スタッフ
監督:アーロン・ソーキン(関連作品:『スティーブ・ジョブズ』)
脚本:アーロン・ソーキン
撮影:シャルロッテ・ブルース・クリステンセン
音楽:ダニエル・ペンバートン

★キャスト
ジェシカ・チャステイン、イドリス・エルバ、ケビン・コスナー、マイケル・セラ、ジェレミー・ストロング、クリス・オダウド、ビル・キャンプ

★『モリーズ・ゲーム』の評価

IMDbRTMETA
7.782%71
映画comY!FM
3.5???3.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『モリーズ・ゲーム』の感想

●無料ホームシアター
『ソーシャル・ネットワーク』で一躍有名となり、『スティーブ・ジョブズ』でもその才能を見事に発揮させた脚本家アーロン・ソーキン。その彼の初監督作です。監督になっても脚本の切れ味は相変わらずで、もはやお約束のように止まらないセリフとトークの応酬。ぼけーと映像を見ているとあっという間についていけなくなるので、かなりの集中力が試される。これは翻訳担当の人はめちゃくちゃ大変だろうなと心中お察ししますが、見ごたえは最高。
●シネマトゥデイ 
この映画の華はもちろん実在の闇賭博のオーナーを演じるジェシカ・チェスティン。毎度出演作では気品あふれる存在感と芯の強い女性像を体現するような演技で観る者の目を奪う彼女だが、今作もその魅力は健在。一体何通りのドレス姿を披露するのかというくらい、ゴージャスでセクシーなファッションを惜しげもなく披露する。セリフのない場面でさえ早口めなボイスオーバーが永遠と続くので、目の保養にはなるが、耳は疲れる映画ではある。