ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

スピルバーグが名優二人を迎えて放つ社会派ドラマ

映画『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』のフル動画を無料視聴する確実な方法をレコメンドしています! 多くの配信サイトから動画をチョイス。
今すぐ『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Post / アメリカ(2017年) / 日本公開:2018年3月30日 / 116分 / 制作:DreamWorks Pictures / 配給:東宝東和 / 製作費:5000万ドル / 興行収入:

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』予告編

(C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.

動画
▼『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』の動画リンク▼

VOD1【U-NEXT】 日本語訳

VOD2【Hulu】 スマホ可

VOD3【TSUTAYATV

VOD4【-】

VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

すでにその利便性は浸透済み!
様々な葛藤や苦悩を抱えて自分に立ちはだかる問題を乗り越えようとするサスペンスフルなドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く利用するのがオススメ。スマホ、パソコン、テレビ、タブレット、ゲーム機器と自由自在に視聴スタイルを変更でき、オールメディアで鑑賞できるのはこれだけ。忙しい現代人にとってこの自由度は魅力的で大きな価値があります。

「無料」で感謝!
初心者であることを後ろめたいと思ってはいけません。ラッキーな救済策があるのですからむしろ幸運ではないでしょうか。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「数十年前の比較的過去の作品がほとんどでは?」と特定の映画しかないような使いづらい内容の偏りを気にしているかもしれませんが、準新作も順次続々と配信を開始しているサービスもあるので話題作のネタも後追いできるでしょう。スティーブン・スピルバーグ監督の「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」もアリ。

油断はできないから怖い!
不正な動画ウェブサイトは何が裏で行われているのかも不明で適法性・実用性の二点で非推奨。メリル・ストリープ主演の「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」もダメです。真っ黒な罪だらけのサイトは、業界委縮と健全な発展妨害をもたらすのは言うまでもないですが、それは他人事ではなく、利用者自身も得はせず最悪の場合は破壊的な結果を招きます。映画鑑賞の無料文句で誘惑して個人情報を騙し取る手口は油断している人ほど引っかかることも多く、注意散漫ではいられません。今は何ともなくともいつ何時、底の見えない足場で地雷を踏んでしまうかはわかりません。足が吹き飛べば動画の気分も爆散します。

いちはやくウォッチ!
バラエティに富む多様な映画が並べば、あなたの「観たい欲」を満たせるのは確実。目移りするほどの充実さ。ここで動画氾濫警報です。あなたの見たい映画が大量の動画に埋もれてしまい、退避する時間もなく、捜索に時間がかかることもあります。そのためには準備が必要でしょう。トム・ハンクス出演の「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。闇雲に手探りで動画を探しまわるのはやる気をひたすら消耗するだけ。いい加減に時間を無駄にするのは二度と味わいたくない地獄です。このページさえあればシンプルに完了できます。重要なのは何よりも情報のフレッシュさ。少しでも新しいほうが良いに決まっていますし、情報更新が適度になされます。残り物には福があると言いますが、それはどうしてもネットサービスであるこのVODの場合に適応できるわけでもありません。残っているだけでは何一つ良いことはありません。兎にも角にも登録しなければ始まらないのです。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は映画の内容が以前に再生機器の条件を満たす必要が「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」でもあります。テレビの場合は、対応済みのテレビか、専用機器(Chromecastなど)が必要です。パソコンの場合は、いろいろなメーカーのものがあると思いますが、Windows・Macでも対応のブラウザ(基本はGoogle Chrome・Internet Explorer・Firefox・Edge)を利用しましょう。ウイルス対策ソフトが再生を邪魔していたり、パソコンの更新アップデートで大幅な負荷がかかっていないか気をつけてください。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

邪魔な広告は無し!
巷に溢れる非公式なサイトでは、大量の広告バナーをあちこちに並べているものがいっぱいありますが、運営上の収益として必要というのはわかるとしても、それだけではどうしても大きな満足にはなりませんし、なるべく画面は綺麗にスッキリしてある方が良いに決まっています。フルムビバースはそうしたユーザーの需要に応えるために身を削りながら、見やすさを保証し、サラ・ポールソン出演の「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」視聴を妨げません。ひと目でわかる違いがあると実感できるでしょう。スマホからこのページを閲覧しても広告量がゼロに近いほど少ないということを。画面を埋め尽くす広告などは皆無なので不快指数は最小限のフレンドリーなサイトです。

ホーム鑑賞のご提案
どこでボブ・オデンカーク出演の「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」を見るか。それは大事なことです。場合によっては諸々の事情で外に出たくないこともあります。足腰が悪い高齢者。子どもの面倒を見ないといけない親。病気にかかりたくないので外出を自粛している人。そうした需要に対して答えるのも動画配信サービスです。レンタル店や映画館に通う必要性はありません。家でのんびりとリビングルームやキッチンにいながら、またベッドに寝転がりながら、好きな体勢で映画を満喫できるのは格別です。動画はいつでもどこでも再生できる、最高の暇つぶしです。

その動画サイトは使える?
トレイシー・レッツ出演のポリティカルサスペンス「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」を動画サイトで無料視聴できないか探している場合。検索リンクを表示している掲載ページを見つけたかもしれません。でも安易にアクセスするのはケアレスミス以前の深刻な地獄に突き落とされることもあります。例えば「openload」「dailymotion」「Miomio」「mixdrop」「vidia」「clipwatching」「cloudvideo」…他にも無数のサイトが新旧入り乱れています。それらは不正動画コンテンツの溜まり場になっているということを忘れてはいけません。無責任な紹介丸投げサイトは雑なもので動画どころではないです。

『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月3日時点での『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』の動画配信
  • 「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』をさらに知る

巨匠スティーブン・スピルバーグ監督のもとで、メリル・ストリープとトム・ハンクスという2大オスカー俳優が初共演を果たした社会派ドラマ。製作はエイミー・パスカル、スティーブン・スピルバーグ、クリスティ・マコスコ・クリーガー。ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年、政府がひた隠す真実を明らかにすべく立ち上がった実在の人物たちを描いた。その記録を公表する勇気が試される。1971年、ベトナム戦争を分析・記録した国防省の最高機密文書=通称「ペンタゴン・ペーパーズ」の存在を、ニューヨーク・タイムズがスクープする。そこに書かれている事実は、戦争がアメリカ政府の示しているとおりではないことを意味していた。しかし、それを政府は快くは思わなかった。ライバル紙でもあるワシントン・ポスト紙の発行人キャサリン・グラハムは、決断の時が迫られる。下手をすれば罪に問われてしまうかもしれない。しかし、この事実を闇に葬ることもできない。部下で編集主幹のベン・ブラッドリーらとともに、報道の自由を統制し、記事を差し止めようとする政府と戦うため、ニューヨーク・タイムズと時に争いながら連携し真実を世に出すべく奮闘する。

★『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』のスタッフ
監督:スティーブン・スピルバーグ(関連作品:『BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』)
脚本:リズ・ハンナ、ジョシュ・シンガー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

★『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』のキャスト
メリル・ストリープ、トム・ハンクス、サラ・ポールソン、ボブ・オデンカーク、トレイシー・レッツ、ブラッドリー・ウィットフォード、ブルース・グリーンウッド、マシュー・リス

★『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』の評価

IMDbRTMETA
7.588%83
映画comY!FM
3.7???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』の受賞
第75回 ゴールデングローブ賞のドラマ部門で最優秀作品賞、最優秀主演男優賞、最優秀主演女優賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、最優秀作曲賞にノミネート。

★『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』の感想

●『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』シネマトゥデイ 
『ブリッジ・オブ・スパイ』に続き、スティーブン・スピルバーグはまたもややってくれた。シリアスな社会派ドラマに関しては外れがない。むしろどんどんクオリティアップしているくらいだ。ほんとにこの巨匠は恐ろしい。テンポも良く飽きさせず見てる人を盛り上げる演出はさすが。終盤、重大な決断をするシーンでは、観客から拍手と歓声が沸き起こったくらい、全観客を感動の渦に叩き込む素晴らしい名作だった。ちょっと笑える場面もある愛嬌も。
●『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』TOHOシネマズ 
トム・ハンクスとメリル・ストリープという誰もが認める(トランプは認めてないけど)名俳優を揃えれば面白くないわけがない。しかも、監督はスピルバーグ。完璧すぎる布陣に震えてきますが、だからといってお堅い偉そうなお話になっているわけではないのがまた見事なんです。ちゃんとユーモアもわかっていて、ふざける部分は笑いを取る。そして、カタルシスのある展開を最後に用意して一気に盛りあげるこの鮮やかさ。有無を言わせない傑作です。
●『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』イオンシネマ 
自分にとって気に入らないマスメディアを「マスゴミ」や「フェイクニュース」などといってレッテル貼りに勤しむ人たちもいる昨今。では、本当に必要とされる「マスメディア」とは何なのか。この問いに答える映画が「ペンタゴン・ペーパーズ」である。メディアの本質は大衆のための情報を提供すること。その大衆とは権力者ではないし、権力者を指示する人でもない。社会の弱者なのだ。スピルバーグのそんなメッセージが強く突き刺さる一作だ。