ダウンサイズ / Downsizing

マット・デイモンが身長13cmになっちゃった!

映画『ダウンサイズ』のフル動画を無料視聴する方法をオールフリーでレコメンドしています! 多くの配信サイトから動画をチョイス。
今すぐ『ダウンサイズ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Downsizing / アメリカ(2017年) / 日本公開:2018年3月2日 / 135分 / 制作:Ad Hominem Enterprises / 配給:東和ピクチャーズ / 製作費:6800万ドル / 興行収入:

『ダウンサイズ』特報

(C)2017 Paramount Pictures. All rights reserved.

動画
▼『ダウンサイズ』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 日本語訳

VOD2 Huluで動画を見る 動画中無広告

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『ダウンサイズ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなが使わないわけない!
独自の設定でフレッシュな世界観を映像化しワクワクさせてくるユニークな作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを利用するのがオススメ。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという統計もあり、すでにユーザー数は普及を証明するように増えています。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりも素早く、気軽に動画を自由に視聴できる定番になりました。

「無料」より安いものなし!
手に抱えきれないほどの映画パッケージでも、ネット配信は重さゼロ、かつ無料であっさり体験できてしまうのです。利用料金を支払うことになるのが基本的な当たり前ですが、無料試用登録では一定期間が終了した後に、おカネの請求が発生するので、その間に利用を続けるか検討できます。「ニコニコ動画とは大きな違いはあるの?」「普通にサイトで観ているってことなのかな?」そんな疑問にもお答えすると、このサービスはオフィシャルなコンテンツだけを公式提供で配信するものなので、誰でも投稿できるサイトのような乱雑さは無し。アレクサンダー・ペイン監督の「ダウンサイズ」もアリ。

小さい危険も侮れない!
なお、巷に溢れる最小サイズでも怖さが最大級なイリーガルな動画サイトに手を出すべきではないです。マット・デイモン主演の「ダウンサイズ」もダメです。例えば、使用端末に極端な負荷を与える悪質プログラムが動き回り、場合によっては不可逆なダメージを与えることも。それ自体は無視していると悪化するだけです。CPU使用率が異常に上昇すると数値としてわかりやすいですが、密かな攻撃には気づきにくいので、静かな恐怖の原因にも。危ないものはとことん危険充満しているもので動画を見ている場合ですらないわけで、健全動画である方が100倍は安心できるのは自明です。

配信しているのはコレ!
最近公開された新作&準新作から昔の旧作、ビデオスルー作まで、新旧混合映画は魅惑的で今すぐ見たくなります。各企業が展開するビデオサービスで配信作品の顔ぶれがオールイコールになっているなんてありえません。しかも毎日この瞬間にも追加・終了が頻繁に起こるのでてんやわんや。クリストフ・ワルツ出演の「ダウンサイズ」フル動画を視聴できるVOD(ビデオオンデマンドサービス)はどれなのか気になると思います。闇雲に手探りで動画を探しまわるのはやる気をひたすら消耗するだけ。いい加減に時間を無駄にするのは二度と味わいたくない地獄です。このページさえあればシンプルに完了できます。フルムビバースは氾濫している凡庸な動画リンク掲載サイトではありません。無関係で時間を浪費するだけの誘導行為は行っていません。配信は永遠ではありません。あとで観ればいいやと放置していると、いつのまにか動画が消えていることもありえるので要注視です。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、登録月の最終日できっぱり終わりをむかえるパターンも存在してます。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「マット・デイモン」の姿を見る暇もありません。お試し期間の終了日になると契約が更新されて利用料の請求がその時点で初めて発生しますが、自分で更新しないと自動解約のものもあります。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「ダウンサイズ」でもあります。テレビの場合は、対応済みのテレビか、専用機器(Chromecastなど)が必要です。インターネット環境がないとダメなのは基本的な原点です。パソコンの場合は、Windows・Macでもスタンダードに対応しているブラウザ(基本はGoogle Chrome・Internet Explorer・Firefox・Edge)を利用しましょう。ブラウザは重たくなると上手く動作しなくなるものです。不必要なタブを閉じたり、使わない拡張機能は停止しましょう。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

10回でも100回でも
観たい作品はあると思いますが、その映画を何回も観たいと思ったことはありませんか? ホン・チャウ出演の「ダウンサイズ」だって繰り返し鑑賞したくないですか? 何度も観ることでわかる新しい発見もありますし、思わぬ伏線に気づくこともあります。素敵な俳優の演技や名台詞、名シーンなら何度観ても損はしません。でもさすがに映画館だとおカネがかかりすぎます。1回の劇場料金ならまだしも2回、3回となれば数千円のコスト。熱狂的なファンならこんな出費も平気かもしれないですが、普通は躊躇います。でもVODは何度観てもそのたびに支払いは生じません。

その動画サイトは使える?
クリステン・ウィグ出演のユニークドラマで魅力を振りまくヘンテコな映画「ダウンサイズ」を無料で!という需要は膨大にあるものの、あまり大声では言えないかもしれません。なぜなら不正コンテンツに行き当たるのは困りますし、それをもし使っていたら問題です。「Miomio」「Pandora」「dailymotion」「openload」「mixdrop」などの動画サイトがダメな一例ですが、ほんの代表みたいなもので他にも100を超える存在がひしめき合っています。仮にそれらを紹介している親切そうなページを見つけても気を緩めないでください。自己責任論で有害をばらまいて被害の訴えを黙らせるという手口しかありません。

『ダウンサイズ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月25日時点での『ダウンサイズ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Rakuten TV」です。

▼『ダウンサイズ』をさらに知る

マット・デイモンを主演に迎え、人類が体長13センチに縮小することが可能になった未来社会を舞台に、社会風刺を交えて描くコメディドラマ。『ダウンサイズ』の製作総指揮はミーガン・エリソン、ジム・バーク、ダイアナ・ポコーニイ。ノルウェーの科学者によって人間の身体を13センチに縮小する画期的な方法が発見された。この世紀の発明により、人口増加による住環境の悪化という地球規模の社会問題を解決する「人類縮小200年計画」が立ち上がる。これならはどんなに豪華な生活を送っても、ほんのわずかの資源で済む。夢のような省エネが実現する。人類はそのテクノロジーに願望を傾けて飛びついた。アメリカのネブラスカ州オマハでストレスを抱えながら生活を送る、どこにでもいる平凡な男ポール・サフラネックは、このダウンサイズによって人生を変えられるチャンスを得られると確信していた。少しの蓄えでも裕福で幸せな生活が送れるという縮小された世界に希望を抱き、13センチの身体になることを思い切って決意するのだが…。

★『ダウンサイズ』のスタッフ


監督:アレクサンダー・ペイン(関連作品:『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』)
脚本:アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー
撮影:フェドン・パパマイケル
音楽:ロルフ・ケント

★『ダウンサイズ』のキャスト(キャラクター)


マット・デイモン(ポール・サフラネック)、クリストフ・ワルツ(デュザン・ミルコヴィッチ)、ホン・チャウ(ゴック・ラン)、クリステン・ウィグ(オードリー・サフラネック)、ロルフ・ラスゴード、セーレン・ピルマーク、イングヤルド・エッジバーグ、ニール・パトリック・ハリス、ローラ・ダーン、ジェイソン・サダイキス、マリベス・モンロー、ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク

★『ダウンサイズ』の評価

IMDbRTMETA
5.850%??
映画comY!FM
2.82.853.1
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ダウンサイズ』の感想

●『ダウンサイズ』無料ホームシアター 
本音を言えばこの映画を舐めていました。マット・デイモンが小さくなるとかギャグ以外の何物でもないと思ったし、アソコの大きさとか気にしているシーンを見ると、しょうもないコメディなんだろうと「期待値低め」の棚に映画をしまっておいたのも無理ないですよね。ところが何度も心揺さぶられたというまさかの衝撃に度肝を抜きました。小さいのは私の映画を観る能力と人間性でした。人が小さくなることでここまで面白くなれるとは…凄いな。
●『ダウンサイズ』シネマトゥデイ
雑なコメディだと思ったら全く違っていた。現実においてダウンサイズ技術が確立されることは無いが、本当に実在するような説得力ある丁寧な描写になっている。着実に壊れゆく地球への一つの救済策として確かな説得力を持っていたし、小さくなっていくまでのプロセスを一つ一つ丁寧に描くことで、ダウンサイズという現象に真実味が宿っていたので超大真面目に視聴できる。小さくなることに対する人々の葛藤がとても繊細に描かれていて大満足。
●『ダウンサイズ』ユナイテッドシネマ 
人類縮小計画というなんだそのアホっぽいプロジェクトはと馬鹿にするなかれ。この映画、マジである。盛大に爆笑できるコメディとしてもじゅうぶんのクオリティ。一方で、アレクサンダー・ペイン監督の生温かい人間風刺はここでも炸裂。それに勢いを添えるのは、火星に行ったり、万里の長城で戦ったりと大忙しなマッド・デイモン。またネタにされるような映画に出てしまって…いいのかなと思うが、たぶん本人は気にしていない。気軽に観れます。