ジュピターズ・ムーン(2017)

重力を操れる青年が映画の常識をひっくり返す

映画『ジュピターズ・ムーン』のフル動画を無料視聴する方法を直球でレコメンドしています! 多くの配信サイトから動画をチョイス。
今すぐ『ジュピターズ・ムーン』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Jupiter holdja(Jupiter’s Moon) / ハンガリー・ドイツ(2017年) / 日本公開:2018年1月27日 / 128分 / 制作: / 配給:クロックワークス

『ジュピターズ・ムーン』予告

2017 (C) Proton Cinema – Match Factory Productions – KNM


▼『ジュピターズ・ムーン』の動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】日本語訳
VOD2【Hulu】機能充実
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『ジュピターズ・ムーン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使用に迷うことはなし!
独自の設定で観客の好奇心を惹きつけて映像体験で魅了するユニークな映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを駆使しましょう。ネット配信は画質が心配というのはもはや過去の話。今ではDVDと遜色のないハイクオリティな映像を満喫できます。普段はパッケージディスクで視聴する人でも楽しい新鮮な経験ができるので、一度は試してみる価値があるでしょう。

「無料」はやっぱり魅力的!
伝えたいのはここから。あなたにとっておきの無料お試しコースとも言えるトライアルがスタンバイしています。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「動画を見れる無料期間が数時間ってことはない?」「そういうものならば安易に手は出せませんけど」との不安も洗い流しましょう。映画を何本も観るのにじゅうぶんな余裕のある時間があり、適しているかをあらゆる角度で評価・分析できます。コーネル・ムンドルッツォ監督の「ジュピターズ・ムーン」もアリ。

映画視聴できるとしても…
なお、巷に溢れる言い訳は一切通用しないイリーガルな動画サイトの利用には要注意。メラーブ・ニニッゼ出演の「ジュピターズ・ムーン」もダメです。強制表示される広告はアダルト系のものが多いですが、中には登録しないと動画が見れないかのように誤認させるものも。そういうものはあなたを奈落に落とします。それで登録でもしてしまえば、プライバシーはなくなると思ってください。流出騒ぎになってからではもはや手遅れとなります。ウェブページは動画系であれば必ずそこが信用可能かの判断が必須です。無法サイトを紹介するものはすべからく危ないと断言できます。

あなたの選択は自由!
作品のデジタルビデオ供給は今や一般化しており、ディスクよりもVODで見ている人の方が多数派になる勢い。当サイトでは闇雲な楽観主義で紹介するのではなく、多くの人に知ってほしいアテンションとして注意事項も喚起しています。真っ先に覚えるべきは配信確認という最優先ステップです。ゾンボル・ヤェーゲル出演の「ジュピターズ・ムーン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「この作品を配信しているVODはこちらです」というアナウンス(厳密には補助情報)としてお役に立てることができるのがこのページであり、自力でなんとかするよりも作業工程を短縮できてスムーズに進みます。映画の始まりのオープニングから最後の余韻が残るエンディングまで、フル動画をたっぷり満喫できるのがVODの素晴らしさ。配信は常に同じではないので、今視聴可能だとしても、明日は無いかもしれません。損をしたくないなら見たいと思ったときがタイミング。どこかの誰かではないですけど「今でしょ」の言葉どおりです。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の第一段階になる料金の支払い方ですが、ギェルギ・ツセルハルミ出演の「ジュピターズ・ムーン」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。サービスによってはスマホのキャリア決済を利用することも可能です。また、PayPalといった決済サービスやVプリカといったプリペイド型については、使用できない制限が加えられている場合もあるので注意です。クレジットカードを1枚も保持していない人でも残念がる必要はなく、代替手段も用意されています。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

広告ブロックに気をつけて
GoogleのChromeなどブラウザで動画視聴のために外部リンクをクリックした際に「ポップアップがブロックされました」とさっぱりな症状が起きていきなりこれ以上の説明もなく表示されて無反応…そういう状況が強制発生する事例が稀にあります。その原因は広告ブロックツールだったりします。ブラウザと広告除去機能が組み合わせによってはエラーとなるケースが、とくにバージョンアップ時にたびたび報告されやすいです。これでは動画の安定視聴さえも阻害されます。ファンタジーを表にまといつつ裏ではシリアスなテーマが光る「ジュピターズ・ムーン」も見れないかも? オカシイと感じたら作業を一回中止するかたちでブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、それぞれの各サービスを基本的には公平(フェア)に取り扱っているため、他サイトにときどき見られるように特定のものを贔屓したり、スポンサーとして特別扱いしていることはありません(コンプライアンスとして重視しています)。各々が固有の長所短所を持っているものなので、どれがフィットするかはユーザーしだいです。単純にモーニカ・バルシャイ出演の「ジュピターズ・ムーン」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングして生活に密着できることで映画趣味が向上するようなディープな出会いをばっちり届けていきたいと思います。

その動画サイトは使える?
奇想天外なビジュアルでアッと驚かせてくれる「ジュピターズ・ムーン」を無料で堪能するならば星に願いを頼んでも意味はありません。かといってネット上に転がっているものは頼りにならないでしょう。「dailymotion」「Miomio」のような大規模ビデオコンテンツサイト、「mixdrop」「vidia」「vidoo」「clipwatching」「cloudvideo」「openload」のようなファイル共有を主とした一方的な提供サイト。それらは必ず存在していますが、安易に飛び込んでしまうのは推奨しません。それを紹介しているウェブサイトを見つけても変に誘導されないようにしましょう。その行為自体が不正です。

『ジュピターズ・ムーン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月23日時点での『ジュピターズ・ムーン』の動画配信
  • 「U-NEXT」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ジュピターズ・ムーン』をさらに知る

独創的な映画を生み出すことで世界的に注目を集めるハンガリーのコーネル・ムンドルッツォ監督によるSFドラマ。人生に敗れた男と超能力を持った少年が繰り広げる逃避行を、移民問題やテロリズムといった社会問題を絡めつつ圧倒的な映像表現で描く。製作はビクトリア・ペトラニー、ビオラ・フュージェン、ミヒャエル・ベバー、ミヒェル・メルクト。父とともに祖国シリアを逃れてハンガリーを目指す少年アリアンは、混乱の中で父と離れてしまい、国境を越えようとしたところを国境警備隊の男ラズロに銃撃されてしまう。それはとても苦痛に満ちた体験であり、絶望に身を投じることになる。瀕死の重傷を負ったアリアンは、難民キャンプで働く医師シュテルンのもとへ混乱の中で運び込まれる。なんとか一命をとりとめただけでも良かったといえる。一方のシュテルンは医療ミスで患者を死亡させた過去を持ち、訴訟を取り下げてもらうために大金を必要としており、そのために考えたのが、恋人ベラと共謀して違法に難民を逃して金を稼ぐという方法だった。それくらいしか他に手段はなかった。シュテルンの診察を受けたアリアンは急に体調の異変を訴え、とんでもないことを実現させる。シュテルンの目の前で重力を操って浮遊してみせた。それはあまりにも不自然な現象。成り行きからアリアンを連れて難民キャンプを後にしたシュテルンは、このあり得ないようなアリアンの能力を金儲けに利用しようと思いつくが…。

★『ジュピターズ・ムーン』のスタッフ
監督:コーネル・ムンドルッツォ(関連作品:『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』)
脚本:カタ・ベーベル、コーネル・ムンドルッツォ
撮影:マルツェル・レーブ
音楽:ジェド・カーゼル

★キャスト(キャラクター)
メラーブ・ニニッゼ(シュテルン医師)、ゾンボル・ヤェーゲル(アリアン)、ギェルギ・ツセルハルミ(ラズロ)、モーニカ・バルシャイ(ヴェラ)

★『ジュピターズ・ムーン』の評価

IMDbRTMETA
6.446%56
映画comY!FM
3.1???3.2
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ジュピターズ・ムーン』の感想

●無料ホームシアター 
どう考えても表面はSFというジャンルのど真ん中の気がするのだけど、実際はシリア難民やテロの問題も絡めた社会派ドラマの要素が強かったりする。これは前作で犬の飼育放棄の問題を取り上げて強烈なドラマを生み出したコーネル・ムンドルッツォ監督らしさというべきか。ヨーロッパの映画はハリウッドのような分かりやすさは皆無なので、普段、アメリカ映画ばかりを見ている人は面食らうかもしれない。映像だけに釣られてはいけない深い映画だ。
●ユナイテッドシネマ 
PVでも映っているが、長回しの浮遊感がとても印象的で、本当にこちらも浮かんでいるような錯覚に陥る。これはぜひVRとかで観たら大変なことになるだろう。観終わったあともフワフワしているし、脳が追い付いていない。内容は、許されざる罪を背負った主人公は神的存在に最後の救いを見出し、警官は人智を超えた存在を目にして扱い方に戸惑うしかないという、宗教的なテイストを大きく含むので、映像のように軽々しくは向き合えないものである。
●109シネマズ 
今回も前作と同様の寓話的側面でヨーロッパの社会を描くのかと思ったら冒頭から正攻法でガツンと来た。でもよく考えればこの監督は結構テーマに対して表現がストレートなので、一貫しているのかもしれない。テロリストの疑いをかけられた宙に浮ける少年が未知の力を発揮して社会が混乱していくのは、ある人から見れば破壊活動であるし、別の人から見れば救いになっていくという2面性をとらえた構成に感動しながら、映像に酔いしれました。